Billboard JAPAN


Special Contents

UNCHAIN アルバム『from Zero to “F”』インタビュー



UNCHAIN 『from Zero to “F”』 インタビュー

昨年は、鬼束ちひろとのコラボレーションをはじめ、年に2枚のアルバムをリリースし、初のホールライブも成功させるなど20周年のアニバーサリー・イヤーをノン・ストップで駆け抜けたUNCHAIN。21年目となる2017年もそのスピードを落とすことなく、オリジナル・アルバム『from Zero to “F”』を完成させた。20年のキャリアを経て、もう一度スタートラインに立ち戻り、新たな試みで制作した全12曲はどれも瑞々しく、生き生きとしたメロディーが印象的だ。

 <UNCHAIN メンバー
 ・谷川正憲(vo,g)
 ・佐藤将文(g,cho)
 ・谷浩彰(b,cho)
 ・吉田昇吾(dr)

ロサンゼルスでトップライナーとの楽曲制作、まさかのトラブルも?

▲UNCHAIN「Fresher」MUSIC VIDEO
▲UNCHAIN「Fresher」MUSIC VIDEO

--20周年を終えても相変わらずノン・ストップで曲作りに励んでいると聞きました。

谷川:最近、曲を作り過ぎて、自分でもよくわからない状態です(笑)。21年目という一区切り終えた翌年という事もあって、とにかく新鮮な気持ちで曲作りがしたかったので、今までのやり方を一度見直そうと思ったんです。これまで、どんな曲をどんな風に作ってきたのか、そんな所から振り返って作り始めたという感じなんですが。

--そんな21年目も休み知らずのUNCHAINですが、ずばり今回はどんなテーマの作品ですか?

佐藤:20周年が終わってみんなでミーティングしたときに、漠然とですけど“21年目に相応しい新しいもの”という事で「フレッシュ(Fresh)」というキーワードが出てきて。

谷川:ここ数年はファンクをロックに昇華させていく事を意識しながらやってきたんですけど、今回はもっとソウルに寄ったものを作りたいなって。そういう共通認識は持ってたけど、漠然とだったので、まだ具体的にはイメージできていなかったですね。作り始めたのが去年の11月からで、その時点ではコンセプトは全く決まっていなくて「さてどうしようかな?」って。そんな時にロサンゼルスでのトップライナーとの曲作りという話が決まり、急遽僕だけ年明けロスに行く事になったんです。

佐藤:ロサンゼルスだったら『10fold』のレコーディング実績もあるし、色んな人とのつながりもあるし、そこでトップライナーと一緒に作ったら、きっと今までにないフレッシュで新しいものが出来るんじゃないかなって予感がしたし、結果見事にそれが当たったという感じで。

--でも年明けは谷川くん、佐藤くんのユニットで動いて、その後すぐにアコースティックツアーがあって、あと谷川くんは舞台(※)もやっていたし、いつロス行ったんですか?
 ※谷川正憲はいま注目の劇作家・加藤拓也氏と組み、舞台音楽を担当し、全公演生演奏を披露した。<劇団た組。第13回目公演「まゆをひそめて、僕を笑って」上演2017年4月20日~23日横浜赤レンガ倉庫ホール>

谷川:アコースティックツアー中の僅かな空き時間を使って10日間位行ってました。向こうのトップライナーも超多忙で、その期間動ける人はもう決まっていたんですよ。

--めちゃくちゃタイトなスケジュールですね。その時点で向こうで作る曲の歌詞は出来ていたんですか?

谷川:そもそもトップライナーとの作業はトラックにメロディーを乗せるという作業なんで、歌詞は後付なんですよ。

--そうなんですね。

谷川:ただ作業自体初めてだったから、どういう流れで作っていくのかわからず「とりあえずリズムトラックだけは作ってきてね」って言われていたので、コード進行も何もない、ただのドラムトラックだけ持って行ったんですよ。そしたら向こうの言うリズムトラックって要はカラオケまでの事で「あのードラムトラックだけじゃ、ちょっと作業できないんですけど…」「え? まじっすか?」みたいな話になり(笑)。

--着いていきなり(笑)。

谷川:僕はてっきり一緒にゼロから作曲するのがトップライナーとのコライト(共同作業)だと思っていたんですけど、そうじゃなくて、出来上がっているトラックにメロディーを付けていくという作業だったんですよ。それで急遽現地でトラックを用意しなくてはいけなくて、どうしようってなって、そこで閃いたのが、佐藤のデモ曲の中からメロディーが付けやすそうなものを選んでそのカラオケトラックを日本から送ってもらって、そこに新たにメロディーを乗せるというアイデアで、それがハマって「Fresher」のメロディーが生まれました。

--今回2人のトップライナーが担当されていますね。

谷川:最初がコートニーで、その次にデイビーですね。3日間ずつ交代でセッションしたんですけど、最初のコートニーとのセッションはトラックを急遽作ったり、やり方を模索してあたふたしながらも「Sunday Morning」を作ったり、デイビーに変わってからは日本から送ってもらった佐藤のトラックのおかげでスムーズに進めることができました。

--どんな感じで進めていったんですか?

谷川:そのカラオケトラックをワンコーラスほど聞いたかと思うと、次の瞬間「OK!」ってマイクの前に行っていきなりバーっと歌うんですよ。そのメロディーのクオリティーが半端なくて。

--ハナモゲラ語的な?

谷川:そう。一応英語っぽくはなってるんですけど、それがいきなり「めっちゃええやん!!」ていう、そんなスピードでデイビーと一番最初に作った「Fresher」は1時間もかかってないですよ。

--へえー、それでたった10日間でアルバム収録の4曲のメロディを作ったんですね。

谷川:今回のアルバムには「Fresher」「Back To Zero」「Dangerous」「Sunday Morning」を収録しましたけど、実際には10曲作りました。

--10曲? でも「Sunday Morning」は意外でした。このアコースティック感は今までのUNCHAINの流れのひとつだったし、これも共作だったんだって。

谷川:これはコートニーと作った曲ですね。デイビーの時も一緒なんですけど、トラックを聴いて、すぐに思い浮かんだメロディーをパッと歌って、それに対して僕もメロディーを出していくみたいな。まるでラップのバトルみたいなのが繰り広げられ、そこで良いメロディーが残っていくんですね。

--という事は今回は谷川くんとトップライナーと共同でメロディーのピースを出し合いながら、まるでパズルのようにはめ込んでいくみたいなイメージ?

谷川:極端にいうとそういう曲もあったりしますね。アイデアが次のアイデアを生むという、そういう現象がものすごい短時間の中でたくさん起きていて、その刺激をもらって日本に帰って更に新たなメロディーやアレンジが浮かんでいくという作業でしたね今回は。

--なるほど、今までのファンの皆さんにはその辺じっくり聴いてもらって、新たな発見をしてもらいたいですね。それでは1曲ずつ振り返っていくと、まず1曲目の「Fresher」。こちらはMVも紹介されましたが、明らかに今作の軸となるナンバーですね。インパクトのあるギター・イントロから始まって、歌詞は日本語なんだけどロサンゼルスの空気をまとって洋楽っぽくいテイストです。

谷川:そうですね。デイビーと一緒に一番最初にこの曲が出来た時に「うわー、すげえのできちゃった!」って。ものすごく印象に残っていて、せっかく良いメロディーになったからアレンジも良いものにしていかないといけないって、メロディーというアイデアが出たからこそ、イントロも出てきたという感じですね。良いものが出たら、そこから新たな良いものが生まれるという連鎖がこの曲なんじゃないかと。

佐藤:歌詞も最初デモでは英語がのっていたし、「最終的に日本語でいけるのかな?」って思ってましたが、聴いた時びっくりするくらい日本語がハマっていて、言葉もいっぱい詰められているのにちゃんと聴こえてくるし。

谷川:メロディーが新鮮だった分、歌詞をのせる作業も新鮮でしたね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. メンバーそれぞれが曲に込めた思いとアイデア
  3. Next >

メンバーそれぞれが曲に込めた思いとアイデア

▲UNCHAIN「Dangerous」MUSIC VIDEO
▲UNCHAIN「Dangerous」MUSIC VIDEO

--「甘い晩餐」は、鬼束ちひろさんの歌詞の持つ日本語の言葉の強さを改めて感じました。

谷川:強さありますよね。

--この言葉を湿り気を帯びたソウルフルなメロディーにのせて歌っていて、この曲にも洋楽とかJ-POPとかの垣根はないなって感じました。

谷川:この曲は前作『20th Sessions』の際に「緊張」と一緒にレコーディングしてたものなんですよ。

--「Back To Zero」は自分たちの事を歌った「Fresher」とは対の届けたい相手へのメッセージが込められていますね。

谷川:ニュートラルに物事を見る大切さというか、音楽だけじゃなくて人生のテーマ的なものでもあるんですけど、流されても影響されても構わないけど、必ず自分のゼロ地点に立ち戻って、ニュートラルに物事を見てみると、正しい景色が見えてくるんじゃないかっていう事を言いたくて、UNCHAINの曲も古いとか新しいとかじゃなくてニュートラルに聴いて欲しいなって、そんな意味を込めています。

--「Dangerous」は今までにないタイプのナンバーですね。レゲエっぽいんだけど、すごく湿り気を帯びているし、サウンドも聴けば聴くほどクセになるというか。

谷川:こういう音がイギリスとかロサンゼルスでいま結構きていて、そんなフレーバーをUNCHAINに持ってきたら、どうなるのかなっていうのが、ひとつの挑戦でしたね。これもデイビーと一緒に作ったんですけど、元は全然違うタイプのトラックで。

佐藤:ジャミロクワイとかマルーン5のギターを歪ませた曲みたいな。

谷川:それは佐藤のトラックではなく、現場で急遽ゼロから作ったトラックにデイビーとメロディーを乗せて作った曲ですね。それを日本に持ち帰って、ガラリとアレンジを変えて、大サビの部分も更に付け加えたりして完成させていきました。

--「Underground Love」はガラッと場面が変わって、ガラージとかサルソウル、あとアシッド・ジャズっぽさもしたし、ザッツ・ダンスナンバーって感じ?

谷川:そうですね。これは吉田のリズムの録り方をちょっと変えてみたんです。

吉田:キックだけとかスネアだけとか各パート、バラバラに録音してつなげるというやり方で作ってみました。

--いわゆるクセのない演奏になるとか?

谷川:そうですね。無機質なリズムにちょとラティーナな空気が入ってくるという、これから夏に聴いて欲しいナンバーですね。

--「Walkin’ Dead」はちょっとスリラーっぽくて、歌詞的には一見そのままにとられがちだけど、その裏側にある言葉を読み取って欲しいというのがあるのかなって。

谷川:そうですね。僕なりの投げかけというか、聴いてもらえたらわかるかなと思います。

佐藤:まさに夜中から朝方にかけて、この曲のラストのシーンのミックス作業をしていて僕らがゾンビ状態やったもんね(笑)。

--「Sunday Morning」はアコースティックなポップナンバーで、さっき聞いたトップライナーとの共作の話を聞くとメロディーラインの楽しみ方がまたちょっと変わってくるなと思いました。そして「Flowered」ですが、吉田くんの作詞は2作目ということですが。

吉田:20年間で2曲です。

--個人的に今回とってもフレッシュを感じた曲です。

吉田:この曲のサビを聴いた時に旅とか冒険を繰り広げる主人公の姿が思い浮かんだんです。ちょっと引っ込み思案で人見知りな主人公なんだけど、大きな事を成し遂げようとするみたいな。まるで映画とかゲームっぽいんだけど、そんな事を歌詞にしてみました。

--歌詞を読むと、まるで自分自身を主人公に投影しているのかなって。

谷川:それは絶対にあると思いますよ。

吉田:できるだけわかりやすい言葉を使いたいと思って一切英語を使ってないんです。持論なんですけどメロディーに合った言葉ってあると思うんですね。そういうのも谷川と話し合いながら作って。

谷川:曲調にも合っているし、吉田っぽさも出ているしそれこそまさにフレッシュな曲ですよね。

佐藤:ほんとに新鮮。3人からは出てこない言葉だし。

:一番アルバムの中でポップだし、今まであるようでなかった曲が出来上がった感じはありましたね。

--次は「Tomorrow」、そして「What You Want」と佐藤くん担当の曲が続きます。

谷川:「Tomorrow」は歌詞だけじゃなくて楽曲のアレンジ、シーケンスのアレンジも佐藤が担当していて、結構「佐藤カラー」が出たんじゃないかな。「What You Want」はサビだけ出来ていて、残り全部を佐藤が仕上げました。

--それぞれどんな内容の曲ですか?

佐藤:「Tomorrow」は21周年ということで〈いままで〉と〈ここから〉を書きたくて、それを花に例えて「咲ききってないんだけど、きっと咲く瞬間がいつかきて、その輝きで永遠に上を目指していきたいね」という曲ですね。「What You Want」は目指すものに向かっていく中で、目指すもの以外にも大切になる(人や物事との)出会いがこの先もいっぱいあるという曲です。自分自身21年やってきて、出会いだったり、そういう得てきたものを絶対残して、これからもつなげていきたいと思っていて。

谷川:ぼく結構「What You Want」の歌詞が好きで、アンラッキーな面も多々ある佐藤の人生だけど(笑)、彼の人生観が詰まってますね。

--「So Good, So Good」谷くんが作詞したナンバーですね。

:デモの時点でサビの「So Good, So Good」だけはあって

谷川:これは去年2の年末のトークライヴに向かっている途中で思いついた曲なんですよ。それで谷にやってもらおうって思って。

:去年作ったブラックスター(※)という名前の星型のベースの事を歌った曲なんですけど、宇宙とか色んなキーワードが浮かんで、それを図書館まで行ってちゃんと調べて書いた曲なんですよ。 ※島村楽器とのコラボ企画で昨年技術学校の生徒となり黒色の星型ベースを製作。現在ステージでも使用している。通称”BLACK STAR”

--ラストは「You & I」これまでのUNCHAINの作品のラストを飾る曲はファンへのメッセージも込められた作品となっていますが今回は?

谷川:この曲は、自分と他人とでは、どんなに仲の良い恋人でも友人でも、わかりあえない部分があって、たとえ自分の息子であったとしても、どんなにわかってもらおうとしても父親と母親の遺伝子の半分ずつって考えたら、自分の半分しかわかってもらえない。それでも人と人は関係しあって、社会を作っていくっていう、その関係性というか、それでも共に生きて行くこと、わかりあえる部分はほんの僅かだとしても、つながっていく事は美しい事なんだっていうのを言いたかった曲ですね。

--スティーヴィー・ワンダーがチラリと顔を覗かせる、そんなキーボードの音色も温かくて。

谷川:この曲は木下航志くんがキーボードで参加してくれたんです。あと「甘い晩餐」も弾いてもらってます。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 今までで一番フレッシュなUNCHAINが見られるんじゃないかな
  3. Next >

今までで一番フレッシュなUNCHAINが見られるんじゃないかな

UNCHAIN アルバム『from Zero to “F”』インタビュー
▲UNCHAIN

--今作はそのプレイ面もチェックしたくて、まずは谷&吉田のリズム隊について。グルーヴ感、一体感がグンと増した印象を受けました。

谷川:前作『with time』はシーケンシャルな部分とフィジカルな演奏の融合を目指していたところもあったんですけど、ふたりには今回はよりフィジカル面を強く押し出して、バンド感が出るような演奏をして欲しいとリクエストしました。

--吉田くんのドラムがとてもカラフルで、改めて今までの作品を聴き直してみると、プレイ面の進化が大きいなって感じましたね。

吉田:プレイ面でも進化はしてると思うんですが、ドラムチューニングの楽しさが分かって来た感じです。チューニングでもカラフルな音を出したいと思っていました。楽しさがわかってきたって感じです。

谷川:吉田はプロフェッショナルですよ。他のドラマーのドラム・チューニングもやっているし、その曲に一番合ったチューニングをしてきますよね。

--そんな吉田くんのプレイに合わせて谷くんのベースも前でうねったり、後ろでボトムラインをがっちりキープしたりとても安定感が増してきて、その中でも今回はやっぱり「Fresher」のベースラインが印象的ですね。

:「Fresher」は一番苦労して、最初にレコーディングしたんですけど、まだ自分の中で今回のアルバムをどう攻めたら良いのか、それが固まってなくて、「Fresher」が一番音数が多いんですけど、今回は特に全体のグルーヴを意識して、曲によっては一歩引いた感じの演奏も心がけましたね。

谷川:ブラックスターの他に島村楽器さんのHISTORYというブランドのベースをお借りしたんですけど、それがめちゃくちゃいい音で。

:そうなんです。やっぱり楽器の鳴りって重要で、音1コだけでも十分説得力があって。

谷川:「甘い晩餐」はその効果が出てるよね。

--谷川&佐藤のギターも今までにないものを感じて、良い意味で「お決まり感」というか「このフレーズ、この音色って定番だよね」が意外に少なくて、でもトータル感でUNCHAINだとわかるというか、その辺も今作の発見ですね。

谷川:最近自分の中でライヴとレコーディング作品の差が出てきて、CDならではの音作りを重視して、昔だったらツインギターでやっていた事から脱却して、ギター1本で表現できるんだったらそれで十分だっていう考え方なんです。

佐藤:昔は自分にしか聴こえない部分にばかりこだわっていて。

谷川:今はその曲をいかに引き立たせるか、それだけを考えてます。

--その考え方が4人の中で無意識に共有できているって事?

谷川:そうですね。各楽器の使い所がだんだんわかってきたっていうのはあるんじゃないですかね。

佐藤:ギターの音でいうと『with time』は割と太くて男らしいインパクト重視の音作りでしたけど、今回はちょっと立体的というか、艷やかで輪郭のある、1音1音わかりやすい音作りを心がけましたね。あと今まで割とエフェクターを色んなところで使っていたんですけど、今回はアンプで出す生の音にこだわりました。

谷川:今回の佐藤のアンプがめっちゃいい音出すんですよ。これはライヴでも要チェックしてもらいたいですね。

--なるほど。これまで以上に注目ポイントの多い今作ですが、改めて出来上がった感想を聞かせて下さい。

谷川:『from Zero to “F”』というタイトルにある通りゼロに立ち戻ってニュートラルになって、時代とか流行りとかそういうのを抜きにして、聴いて欲しいアルバムで、自分だけの“F”になって欲しいなって思いますね。

UNCHAIN アルバム『from Zero to “F”』インタビュー
▲『from Zero to “F”』

--ちなみに“F”の意味って?

谷川:これは聴いてくれた皆さんの“F”を入れてもらえたらそれで良いんですよ。「あなたにとって“F”はなんですか?」ってアンケートを取りたい位です。

:僕の中の“F”はファットなんです。

一同:……。

谷川:……ちょっとフォローできんわ(笑)。

:(笑) いやいやまじめに。“太い”という意味のファットですよ。太い音も出したいし、気持ち的にも太くなりたいなとか思って、レコーディングを通してそのファットを僕なりにちょっと見つけられたと思うんで。まあ良い感じだったかなと思います。なので聴いた人にも気持ちがファットになってもらいたいなって思います。

吉田:いままでアルバムを出してきて、もちろんその時の良いものを作ろうとして出してきたんだけど、みんなに良いと思ってもらえるかなって正直不安だった事もあったんですね。でも今回は本当に自信があって、きっと良いって言ってもらえると思うんです。それ位の完成度の高い作品が出来たんじゃないかなって思ってます。なのでほんと是非聴いて欲しいです。

佐藤:ここ最近のアルバムはジャンル的なものにこだわった作品が多かったんですけど、もの凄くバラエティに富んでいて、でももの凄く統一感のあるアルバムが出来ました。これまでってアルバム作って「自分たちの好きな曲どれ?」って聞いたら、それぞれ答えがバラバラだったんだけど、今回はフレッシュっていうテーマを話し始めたときから「Fresher」とか「Back To Zero」とかみんな共通してこれだ!って自信を持って言える曲が出来上がって、だから吉田の言う作品の手応えって、ちゃんと4人で共有できて形にできて世に出せたっていう、そういう手応えなんですよ。そりゃ売れるでしょ!

--最後に全国ツアー【from Zero to “F” Release Tour 2017】もスタートしました。今回はどんなライヴになりそうですか?

谷川:今までで一番フレッシュなUNCHAINが見られるんじゃないかなと思います。吉田の言った通り、超自信作なんでね。どの会場でもほぼ全曲やりますから。

--作品と違ってライヴではどんな形で演奏されるのかも楽しみなところですね。

谷川:そうですね。ライヴはライヴでCDとはまた別のベクトルで考えているので楽しみに待っていてください!

インタビュアー:福嶋剛

Music Video

UNCHAIN「from Zero to “F”」

from Zero to “F”

2017/06/07 RELEASE
CRCP-40516 ¥ 3,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Fresher
  2. 02.甘い晩餐
  3. 03.Back To Zero
  4. 04.Dangerous
  5. 05.Underground Love
  6. 06.Walkin’ Dead
  7. 07.Sunday Morning
  8. 08.Flowered
  9. 09.Tomorrow
  10. 10.What You Want
  11. 11.So Good, So Good
  12. 12.You & I

関連キーワード

TAG

20th Sessions
UNCHAIN「20th Sessions」
2016/10/19
[CD]
¥2,300(税込)
購入画面へ
with time
UNCHAIN「with time」
2016/03/02
[CD]
¥3,500(税込)
購入画面へ
10fold
UNCHAIN「10fold」
2015/06/17
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
Gravity
UNCHAIN「Gravity」
2009/10/14
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
4TH EVOLUTION
UNCHAIN「4TH EVOLUTION」
2009/09/05
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
Music is the key
UNCHAIN「Music is the key」
2009/01/28
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ

Chartsmore