Billboard JAPAN


Special Contents

桑田佳祐 ソロ活動30周年イヤースタート。



top

 今年、ソロデビュ-30周年を迎える桑田佳祐から目が離せない!スペシャルサイト「ROUND30」が、4月2日にオ-プンした。まず目に飛び込んできたのは、ボウリング場で、一心不乱に投げ続ける彼の姿であった。十代の頃、一度はプロ・ボウラ-を目指したことがある彼のフォ-ムは安定し、きづけば成績は、あわやパ-フェクトに近いハイ・スコア! サイトの公開を2日にしたのは、この偉業がエイプリル・フ-ルと勘違いされないためだったと思われる。この「ROUND30」では、30周年にちなんで取り組むべき30項目におよぶ内容が、順次公開される予定である(現状、3項目のみ公開されている)。想えば昨年、還暦の節目を迎えた桑田だが、その姿勢は「音楽人生を総括する」といったものとは真逆だった。新たな挑戦に満ちていたのだ。まずはそのあたりから…。

2016年は「ヨシ子さん」から「君への手紙」へ

 2016年は、前作「Yin Yang イ ヤン/涙をぶっとばせ!!/おいしい秘密」から実に3年3か月ぶりとなるニュ-・シングル、「ヨシ子さん」でスタ-トする。リリ-ス前に「インドとラテンとペルシャと東南アジアが混ざった、無国籍な匂いがする、平成のロバート・ジョンソンともいうべき曲」とアナウンスされたが、桑田はこの楽曲の仮タイトルを“夢の島”としており、当初は“廃棄物の生命体”のようなものをイメ-ジしつつ制作したという。この仮タイトルから伝わるのは、実績をいったんリセットした上の新たな創造への強い意志…、だろう。



▲「ヨシ子さん」桑田佳祐


 前年、サザンオ-ルスタ-ズの『葡萄』、および同名をモチーフにしたツア-において、究極のバンド・サウンドを追求した彼だったが、これは対極である、“打ち込み”やサンプリングを駆使したものだ。スタジオに集まったのも、必要最低限のごく少数の仲間だった。

 音に限らず、歌詞に関してもサンプリング的な発想がなされた。桑田が多感な時期を過ごした昭和への憧憬、急逝したデヴィッド・ボウイへの哀悼やディランへの意識、さらにコンプライアンスやポリティカル・コレクトネスが行き過ぎて芸能ダイナミズムが失われることへの警鐘なども交差していた。

 テレビ出演の際には、歌詞の中の空想と想われた“ヨシ子さん”が、白無垢にパンダ目の“実写版”として登場し、お茶の間の話題を大いにさらった。

---

 やがて半袖から長袖の季節へ。「ヨシ子さん」のPVではカンカン帽に浴衣姿だった桑田は、サスペンダ-の似合うダンディな佇まいになっていた。そしてリリ-スされたのが「君への手紙」。

 映画『金メダル男』の主題歌として書き下ろされたこの作品は、敢えて分類するなら“アコ-スティック・ロッカ・バラ-ド”と呼ぶべきものであり、そもそも曲作りにおいてイメ-ジされたのは、サザンとしてデビュ-した70年末から80年代にかけて、同時代のなかで親しんだ洋楽だった。



▲「君への手紙」桑田佳祐


 MTV華やかなりしあの時代、チャ-トを席巻した楽曲のなかには、60年代的な循環コ-ドが隔世して花開いたかのような、覚えやすいメロディも多かった。それを新たに、まずはギタ-をつま弾くように作り始めたのがこの作品であり、完成後、彼は“アコ-スティック・ロッカ・バラ-ド”と呼んだのだ。

 全体を通して伝わる胸キュンな、しかもスッと心に染み込んでくる素直さは、晴れ渡った秋の空のように雑味のない、実に良質なものだった。「ヨシ子さん」がサブ・カルチャ-的だったなら、こちらは文句なく老若男女に訴えるポップの王道というか、この2曲が示す幅広さこそが、桑田佳祐という男の柔軟さであり、盤石さなのだった。

 なお、「ヨシ子さん」と「君への手紙」はカップリングの充実ぶりも光った。「大河の一滴」、「愛のプレリュ-ド」、「百万本の赤い薔薇」(以上「ヨシ子さん」カップリング)、「悪戯されて」、「あなたの夢を見ています」、「メンチカツ・ブル-ス」(以上「君への手紙」)と、2016年、桑田は8曲もの新曲を発表したことになり、これらも披露した年末の年越しライブは、まるでニュ-・アルバムのリリ-ス後であるかのごとき新鮮なセットリストとなった。

2017年は、取り組むべき30項目に挑戦

 そして2017年。ソロデビュ-30周年を迎える桑田佳祐が、スペシャルサイト「ROUND30」をオ-プンさせて、これから取り組むべき30項目の内容を、順次公開していくことは既にお伝えした。現状、3項目のみ公開されているのだが、ボウリングに準え最初の大きな“STRIKE!”として伝えているのが、新曲「若い広場」が、NHKの朝ドラ『ひよっこ』の主題歌となっていることだ。すでに放送は始まり、耳にした人も多いだろう。

 ドラマの設定が東京オリンピックを控えた高度成長期の日本、ということも、多分に意識されたことだろう。まさに番組内容にぴったりの、そんな曲調だ。

 かつて水原弘が歌い、ちあきなおみの歌でも知られる「黄昏のビギン」という歌がある。あの作品のオシャレでいて地に足の着いた和洋折衷の佇まいを彷彿させなくもないのが「若い広場」だ。

 2016年に桑田は、WOWOW開局25周年記念特別番組として『桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝~東京の唄~」』 という番組を制作したが、そのなかで改めて昭和の歌謡曲を温故知新してみたことが、新たな彼のオリジナリティとして噛み砕かれ形になったのが「若い広場」かもしれない。

気になるのが今後の展開だ。ソロデビュ-30周年の今年が、地味に人知れず終わっていくとは考えにくい。気温の上昇とともに、ドドンと様々なことが発表されていくことだろう。昨年から今年にかけ、シングルのカップリングを含めると、多くの新曲が既に発表されているが、さらなる楽曲のレコ-ディングが、着々と行われているかもしれない。

 ここ最近の彼の創作に対する旺盛なバイタリティを垣間見るにつけ、それはほぼ確実にも思える。スペシャルサイト「ROUND30」で発表される、さらなる項目から目が離せない。次なる大きな更なる“STRIKE!”が、明日にも伝えられるかもしれない。

桑田佳祐 ソロデビュー30周年スペシャルサイト「ROUND30」
http://special.sas-fan.net/special/kuwata2017



▲桑田佳祐【朗報】 ~けいすけの“お楽しみはこれからだ”~


関連キーワード

TAG

葡萄
サザンオールスターズ「葡萄」
2015/03/31
[CD]
¥4,860(税込)
購入画面へ
葡萄
サザンオールスターズ「葡萄」
2015/03/31
[CD]
¥7,020(税込)
購入画面へ
葡萄
サザンオールスターズ「葡萄」
2015/03/31
[CD]
¥3,564(税込)
購入画面へ
Young Love
サザンオールスターズ「Young Love」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
世に万葉の花が咲くなり
サザンオールスターズ「世に万葉の花が咲くなり」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
Southern All Stars
サザンオールスターズ「Southern All Stars」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
KAMAKURA
サザンオールスターズ「KAMAKURA」
2008/12/03
[CD]
¥3,292(税込)
購入画面へ
人気者で行こう
サザンオールスターズ「人気者で行こう」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
綺麗
サザンオールスターズ「綺麗」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
NUDE MAN
サザンオールスターズ「NUDE MAN」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ステレオ太陽族
サザンオールスターズ「ステレオ太陽族」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
タイニイ・バブルス
サザンオールスターズ「タイニイ・バブルス」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
10ナンバーズ・からっと
サザンオールスターズ「10ナンバーズ・からっと」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
熱い胸さわぎ
サザンオールスターズ「熱い胸さわぎ」
2008/12/03
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
真夏の大感謝祭 LIVE
サザンオールスターズ「真夏の大感謝祭 LIVE」
2008/12/03
[DVD]
¥7,560(税込)
購入画面へ
シュラバ★ラ★バンバ
サザンオールスターズ「シュラバ★ラ★バンバ」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
ネオ・ブラボー!!
サザンオールスターズ「ネオ・ブラボー!!」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
真夏の果実
サザンオールスターズ「真夏の果実」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
フリフリ’65
サザンオールスターズ「フリフリ’65」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
さよならベイビー
サザンオールスターズ「さよならベイビー」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
女神達への情歌(報道されないY型の彼方へ)
サザンオールスターズ「女神達への情歌(報道されないY型の彼方へ)」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
匂艶 THE NIGHT CLUB
サザンオールスターズ「匂艶 THE NIGHT CLUB」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
チャコの海岸物語
サザンオールスターズ「チャコの海岸物語」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
栞のテーマ
サザンオールスターズ「栞のテーマ」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
涙のアベニュー
サザンオールスターズ「涙のアベニュー」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
C調言葉に御用心
サザンオールスターズ「C調言葉に御用心」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
思い過ごしも恋のうち
サザンオールスターズ「思い過ごしも恋のうち」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
いとしのエリー
サザンオールスターズ「いとしのエリー」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
気分しだいで責めないで
サザンオールスターズ「気分しだいで責めないで」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
勝手にシンドバッド
サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」
2005/06/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

ジョン・メイヤー最新作『ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』発売記念特集
ジョン・メイヤー最新作『ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』発売記念特集
4年ぶり通算7作目の最新作を徹底解説
Anly 1stアルバム『anly one』インタビュー
Anly 1stアルバム『anly one』インタビュー
伊江島出身の20歳は、初めてのアルバムで何を歌いたかったのか
A Closer Look at Spotify Live
A Closer Look at Spotify Live
注目のアーティストのライブセッションを世界へ発信する人気プログラム“Spotify Live”の第一弾国内アーティストの配信がスタート。一体どんなプログラムなのか?一つずつ紐解いていきましょう。
NGT48『青春時計』インタビュー
NGT48『青春時計』インタビュー
NGT48、いよいよメジャーデビュー。
少女たちの熱くてピュアな想い―――解禁。
甲斐よしひろ インタビュー
甲斐よしひろ インタビュー
「エド・シーランもそうですけど、 いま本当にシンガーソングライターが要求されている感じがします」
特集:萩原健一~デビュー50周年!日本随一のロックンローラー
特集:萩原健一~デビュー50周年!日本随一のロックンローラー
日本を代表する俳優でありながら、カリスマ的なロック・シンガーにスポットを当てる。
スコット&リバース最新作『ニマイメ』発売記念特集
スコット&リバース最新作『ニマイメ』発売記念特集
約4年ぶりの2枚目!新作の魅力を豪華なゲスト・ラインアップの紹介とともに紐解く
大塚 愛『LOVE HONEY』インタビュー
大塚 愛『LOVE HONEY』インタビュー
歌うことの楽しさも取り戻した大塚 愛による、待望の新アルバム『LOVE HONEY』完成。
 サバイバル化が進む音楽シーンにおける彼女の生き方。そして本音と夢。

Chartsmore