Billboard JAPAN


Special Contents

小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー



小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー

 無料で楽しめるインターネットテレビ局・AbemaTVにて放送されている音楽番組『TK MUSIC FRESH! by AWA』(http://bit.ly/2nWSxpx)。小室哲哉がMCを務めるこのプログラムとの連動企画として、番組内でTKが作成しているプレイリストをフィーチャーし、そこでセレクトされたアーティストや楽曲について本人に語ってもらう連載インタビューをスタート!

 その第一弾メニューは以下の通り。

 ・小室哲哉が語る『TK MUSIC FRESH! by AWA』
 ・小室哲哉が語る加藤ミリヤ(前回放送ゲスト)
 ・小室哲哉が語るアヴリル・ラヴィーン
 ・小室哲哉が語るディオンヌ・ワーウィック
 ・小室哲哉が語るフィフス・ハーモニー
 ・小室哲哉が語るMia
 ・小室哲哉が語る浜崎あゆみ
 ・小室哲哉が語るKEIKO(globe)
 ・小室哲哉が語るつんく♂とモーニング娘。(対談リクエスト枠)

小室哲哉が語る『TK MUSIC FRESH! by AWA』/加藤ミリヤ(前回放送ゲスト)

--AbemaTVにて放送されている音楽番組『TK MUSIC FRESH! by AWA』。1年以上配信している冠番組ですが、ご自身ではどんな番組になってきてるなと思いますか?

小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー

小室哲哉:MCという立場ではあるんですけど、番組の進行はアシスタントの人がやってくれるし、僕はミュージシャンとして音楽の話しかしてないんですよね。他のメディアに出ていくときはね、趣味の話もしたりしますけど、この『TK MUSIC FRESH! by AWA』に関しては音楽を語る人間。というところに徹していて、分かりやすいと言えば分かりやすい番組なのかなと思います。

--それは観ていて感じます。

小室哲哉:なので、細かい打ち合わせとか必要なくて僕が座っていれば自然と音楽番組になっていくんです。ただ音楽の話をしてればいいだけ。あと、そこに居てくれる人たちの音楽の話にも興味を持つ。それだけでひとつの形になってるんですよね。それは、ゲストで来てくれる人たちも含め、僕がミュージシャン以外の何者でもないと思ってくれてるからだと思います。「なんでそんなに音楽のことばっかり聞くの? 他のことに興味ないの」って思わない(笑)。そういう意味ではすごくラクですね。

--この番組では、ZEEBRAやMIYAVI、MAN WITH A MISSIONのジャン・ケン・ジョニー、スキマスイッチ、SCANDAL、森山直太朗、キュウソネコカミ等々、これまで錚々たる顔ぶれと対談されてますよね。

小室哲哉:そうですね。各アーティストの情報があの2時間でドバッと得られるというか、今の音楽業界において勢いがある人、波に乗っている人と触れ合えるというのは、僕の為にも良いことだなって思います。

--前回のゲストは加藤ミリヤさんでした。話してみてどんなことを感じました?

小室哲哉:これは加藤ミリヤさんに限ったことではないんですが、とにかくみんな……僕らがTM NETWORKをやっているときと同じというか、本当に音楽と真摯に向き合ってる。職業を音楽としている。寝ても冷めても音楽のことで「どうしたらいいのか?」と考えているんだなって。ポッと出とか、たまたま上手くいっちゃった人はなかなかいないんだなって(笑)。ちゃんと道筋がある。だからここまで来てる。って納得せざるを得ないぐらい音楽に対してエネルギーを消費してる方たちで、それはミリヤさんからも感じました。逆にプライベートはどうなってるんだろうと思うぐらい、音楽だけで日々が過ぎていってる方たちばかりですよね。

--キャリアやスタイルに違いはあれど、そういう意味ではどのアーティストも小室哲哉と変わらなかった?

小室哲哉:そうですね。皆さん、ひとりの社会人ではあるんだけれども……絶対に仕事量が凄い。昨今「働かない、働けない」という問題が取り沙汰されたりしますけど、そんなことを考えたこともない人たち。皆さん、すごくのめり込んでやってますよね。

--小室哲哉と加藤ミリヤの分かりやすい接点と言えば、ミリヤさんは「19 Memories」なる楽曲で安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」をサンプリングされていましたよね。あの時代のTK楽曲がスタンダードソングになったことを証明するようなトピックでしたが、小室さんはどんな印象を持たれたりしましたか?

加藤ミリヤ「19 Memories」

小室哲哉:今は膨大な量の情報の中から選び出さなければいけない大変さがあって、ちゃんと吟味して、自分にとってプラスかどうか、意味があるかどうか、そもそもその情報は得たほうがいいのか、選択せざるを得ない。そういう環境になっているので、自分の音楽にとって有効なものかどうか。それがスタンダードなものであったとしても、今はそこを見分けなきゃいけないんですよね。だからその膨大な選択肢の中から僕の曲を選んでくれたことは嬉しいですし、何か自分を構築するピースのひとつにはしてくれたのかなって。何万何億とある楽曲や音から選んで、それをくっつけると自分のどこかの一部になる。っていう意味で使ってくれたのかもしれない。分かりやすく言うと、栄養素みたいな感じですかね。これを摂っておくと体に良かった。そんなイメージかもしれない。

--小室さんは、自分に中にあらゆる洋楽の情報があって、それを自分なりに分解したり組み合わせたりしながら楽曲を構築している。そう80年代から仰っていましたけど、今は拾える情報量が無限大なので、その選択作業が最も難しい作業になってますよね。

小室哲哉:そうだと思います。簡単に言えば拾い放題だし、今ここで流れている音でさえすぐ自分のものにできちゃう時代ですから、前よりそこに費やすエネルギーは大きくなってるかもしれませんね。巨大なライブラリみたいなところにポンと立たされて、まずどこの部署からまわるのか。何課、何類、どこから行ったらいいのか。選び放題な訳だし、行き放題な訳だし、そこは大変かもしれない。

--それこそ80年代は、レコード屋に行く。ラジオを聴く。ベストテン観る。洋楽好きなら小林克也さんの番組観る。選択肢がそれぐらいに限られていたじゃないですか。

小室哲哉:まずどこ行こうかの“まず”がすごく簡単だったと思います。今は帰れないというか、家に戻ってこれないということも多々ありますからね(笑)。「何を望んでいたんだっけ?」「どんな気持ちだったんだっけ?」って忘れちゃうぐらい、誘惑が多い。

小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー

--迷子になりかねないし、そもそも「自分は何者なんだ?」ってなりかねない(笑)。

小室哲哉:YouTubeとかのぶら下がりみたいな感じで、スキップせずついついそっち行っちゃうと、本当はあの店であのメニューを食べようと思っていたんだけど、気付いたら別の店で呑んじゃってた(笑)みたいなことがネット上で日々行われているので。テレビも然りですけどね。

--ゆえに『TK MUSIC FRESH! by AWA』のあらゆる世代に音楽の魅力を分かりやすく伝えていく構成は、一周まわって今重要になっているというか、ああいう番組があってくれないとリスナーも何をどう聴けばいいのか分からない。

小室哲哉:そうですね。そういうところは周りで番組を作ってくれているスタッフもわかってくれてるかもしれない。あんまり崩さないで、日本でのブームとかそういうことじゃなくて、品質がちゃんと高い音楽を提供してくれる人たちの音楽の考え方とか、次の楽しめる音楽の探し方とか、そういうところを大事にしてる。

NEXT PAGE
  1. 小室哲哉が語るアヴリル/ディオンヌ/フィフス・ハーモニー/Mia/浜崎あゆみ
  2. Next >
小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』写真

小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー


小室哲哉が語るアヴリル/ディオンヌ/フィフス・ハーモニー/Mia/浜崎あゆみ

--また、前回の『TK MUSIC FRESH! by AWA』では“女性アーティストのラブソング”というテーマでプレイリストを作られていますが、ここにリストアップされているアヴリル・ラヴィーンすら知らないリスナーも今はいる訳で、それが分かった上でアヴリル・ラヴィーンもちゃんと紹介していくじゃないですか。

小室哲哉:なので、プレイリストの半分は「これは知らないだろ!」みたいなことで選んでいる訳では全くなくて「これを知らないとマズいかもしれない」と思われるものも選んでるんです。

--では、そのプレイリストで小室さんがセレクトされたアーティストについて語っていただきたいんですが、まず小室哲哉から見たアヴリル・ラヴィーン。

Avril Lavigne「Girlfriend」

小室哲哉:パーティーみたいなので会えるというか、目にするタイミングがあったんですけど、めちゃくちゃ小柄で、変に飾りっ気もなくて「スターってこういうもんなんだな」と久しぶりに思えた人だったんですよね。音楽好きな女の子がスターに上り詰めていく、それを絵に画いたような女の子でした。「こういう子が、メディアとかいろんな人たちがタッグを組んで作り上げるとスターになるんだな」っていう、その象徴的な存在。アヴリル以降、敢えて「作ってもらってます」というか「チームみんなで作ってます」っていう人が増えてきた気がしますけど、アヴリルほど荒っぽいというか、素のまんまの感じのスターは少ないと思います。

--最後の等身大のスターらしいスターだった気がしますね。楽屋で暴れたりとか、好き勝手やっているワガママなイメージも含めて。

小室哲哉:そうですね。あと、ギターをホイと渡したらコード弾いて、それで歌えばどんな曲か分かる。そういう構成でもヒット曲が作れる時代の最後だったかもしれない。今、コードを鳴らせばその曲になるって少ないですからね。僕もそれは無理なので。ひとつのトラックを鳴らしたら分かるっていうのはなかなか難しくなってきてる。

--続いて、ディオンヌ・ワーウィック。歴代の世界的歌姫の中からディオンヌの「ハートブレイカー」をセレクトしたのは何故なんでしょう?

Dionne Warwick「Heartbreaker」

小室哲哉:そこらへんの歌姫ってよく考えたら何十人もいて、亡くなっちゃいましたけどドナ・サマーとかね。いくらでも挙げられるんですけど、そういった中で完全にプロデューサーが白人。この曲はビー・ジーズが手掛けているんですけど、なんとなく僕のような形でのプロデュースの仕方をされていて、その作家達の色がもろに出てるんですよ。それまでの流れとかじゃなくて、ビー・ジーズがプロデュースするならビー・ジーズ風な楽曲。「そこに私みたいなブラックでソウルフルな歌い方でいいの? でもそのまま歌っちゃうわよ」みたいな(笑)。それが良いケミストリーを生んでいる楽曲だなと思っていて。

--ディオンヌと言えば、バート・バカラック作品のイメージが強烈にあって、その中でビー・ジーズと組んで今小室さんが仰ったようなアプローチをするというのは、当時はかなり衝撃的だったはずですよね。

小室哲哉:そうなんです。で、僕はビー・ジーズをプロデューサー集団として見ていたので、「いろいろ仕掛けてくるなぁ」っていうオンタイムでの衝撃があったんですよね。いろんな人たちを手掛けていく上でのビー・ジーズは良い例えなんです。それぐらい影響は受けています。音楽プロデューサーはどこまで踏み込んでいいのか、どこまでイジっていいのか。っていうところでのお手本のひとつですね。

--続いて、フィフス・ハーモニー。オーディション番組『Xファクター』から出てきたガールズ・ボーカルグループですよね。

Fifth Harmony「Top Down」

小室哲哉:そうですね。僕が今手掛けているガールズグループ・Def Willと同じで、別にみんな同じ学校の同級生とかじゃないし、バンドの成り立ち方とは違うんですけど、その行く末を見守っていくタイプのグループ。サイモン・コーウェルがおそらく「スパイス・ガールズが流行ったような時代がもう1回やってくる」と思って仕掛けてるんじゃないかなって。そういう意味で興味がある。サイモンはプロデューサーの中のスターなんで。

--そこもプロデューサー視点で感心があるんですね。続いて、Mia。こちらの女性アーティストは存じなかったんですが、何者なんでしょう?

Mia「Freedom」

小室哲哉:僕がロンドンで制作しているときに、まだフラッとタワーレコードに寄って何か見つける時代だったんですけど、ちょうど売り出し中で。で、音も斬新で、これもプロデューサーの色がすごく濃くて。スリランカかどこかのアーティストで、社会派の運動をしている子なんですよね。なので、どちらかと言うとラップに近かったりとか、いろんな部分でプロデューサーが考えるプロセスに乗っかりやすそうな、実際に乗っけてもらったんですけど。元々スターを目指すようなタイプじゃなかったんですよ。でもプロデューサーが「この音で何とかポップなほうに持っていけたら面白いんじゃないか」と考えて取り組んでいたんですよね。最初は歌とリズムトラックしかないような曲もあったりしたんですよ。ジャングルかドラムンベースか分かんないぐらいな感じの。そういういろんな部分での新しいもの、という意味で衝撃だった。

--そして国内勢からは先程触れた加藤ミリヤ「19 Memories」と、浜崎あゆみ「Love song」をセレクトされていました。日本の歌姫と言えば、浜崎あゆみというイメージもありますが、彼女に対してはどんな印象を持たれていますか?

浜崎あゆみ「Love song」

小室哲哉:20世紀と21世紀をギリギリ繋いでくれている数人の中のひとり。女性は何十年も歌にすべてを懸ける生き方以外の道も選べる訳なんですけど、彼女の場合はデビューのときから壮絶な人生を送ることになることが……上手くいってしまった場合は普通の女の子ではいられなくなるが分かっていたというか。実際、歩いたり、座ったり、寝たり、笑ったり、怒ったり、何気ないそのすべての行動が「良い、悪い」「好き、嫌い」の対象にされてしまう。それが歌姫ということなのかもしれないんですけど、良いことも悪いこともツラいことも大変なことも力に換えて自分を出せる、数少ないアーティストのひとりだと思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 小室哲哉が語るKEIKO(globe)/つんく♂×モーニング娘。/音楽ファン
  3. Next >
小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』写真

小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー


小室哲哉が語るKEIKO(globe)/つんく♂×モーニング娘。/音楽ファン

--2017年現在、浜崎あゆみのような生き様で戦っていくアーティストは、新たに生まれる気配すらしないですもんね。

小室哲哉:そこを目指すのは怖すぎるんだと思います。あまりにもリスキーだなと最近の子は感じちゃってるんでしょうね。

--「私には無理だ」ってなりますよね、きっと。

小室哲哉:今はもっと堅実というか……アンパイ(笑)。そっちを選びがちですよね。それは別にいけないことでも何でもなくて、時代的にしょうがない。

--でもめちゃくちゃ寂しい状況でもあります。小室さんや浜崎さんのようなアンパイを選ばない人たちを見て育った身としては。

小室哲哉:(笑)。でもきっとそれも情報だと思うんだよね。「ここの道を行くとこうなる」みたいな。それが見えちゃってるから、敢えて地雷があるところに踏み出さないというか、逃げちゃうんだと思う。

--そしてプレイリストは最後の1組になります。globe「Is this love」。

globe「Is this love」

小室哲哉:KEIKOがそれまで「やらなきゃいけないこと」しかない忙しい状況からちょっと落ち着いてきて、グループの一員なんだけど、ひとりのソウルシンガー、女性シンガーとして自立してきた頃の曲で。当時はほぼ大変なことしかなかったはずなんですよ。その中で這い上がってきて、音楽の楽しさとか歌える素晴らしさとか感じ出した始まりぐらい。

--なるほど。それが実に伝わりやすい楽曲だったのは偶然なんですか?

小室哲哉:それは偶然です。

--では、また次回のプレイリストも楽しみにしてます。続いて、これからの『TK MUSIC FRESH! by AWA』について伺いたいんですが、番組で今後会ってみたい、対談してみたいアーティストって誰かいますか?

小室哲哉:基本は来るもの拒まず。スタッフがキャスティングする上で吟味してくれているので、僕のほうから「この人と会ってみたい、対談してみたい」と言い出したことはないんです。非常にイーブンな状態というか、同じミュージシャン同士ということで来てくれる人であれば全然ウェルカム。それも今回何度も話題に出ていますが、とにかく今は情報量が多いので。もちろん「探して選んでください」という形であればそれはそれで考えると思うんですけど、でもそれで「面白そうだ」「きっとこういう話になるだろう」と思って僕が誘っちゃうとまた違う形になってしまうし、プログレの人ばっかり呼んじゃったりするかもしれないから(笑)。

--個人的に「この番組に呼んでほしいな」と思うゲストがいるんですけど。

小室哲哉:誰ですか?

--小室さんは「90年代のライバルはつんく♂」と仰っていますが、でもそのつんく♂さんが育てたモーニング娘。と小室さんが話しているところは観たことがない。

小室哲哉:そうですね。たしかにお話したことはないですね。

--なので、ぜひ観てみたいなと思うんですが、そもそもつんく♂さんとモーニング娘。の関係性って、同じプロデューサーの小室さんにはどんな風に映っていたんですか?

小室哲哉:彼を通してここ数年で知ったところも結構あるんですけど、あくまでも音楽が中心にあって、基本的にそこは貫かれている。もうちょっと均等にというか、バリエーションがいっぱいあって、その中のひとつが音楽だと以前は思っていたんですけど、そうではなくて楽曲制作がまずありきだった。音楽が中心だったんですよね。

--ゆえに歌もダンスも常に進化を求めるし、音楽に関してはアイドルだからという言い訳は許さないというか、プロのアーティストとして育ててきた印象を受けます。それはつんく♂さん自身が小室さん同様ミュージシャンだからなのかなって。

小室哲哉:それは大きいと思いますよ。それをアイドルというジャンルの中に持ち込んできたのはつんく♂だと思います。それこそ優先順位をちゃんとわきまえているとか、楽屋の使い方を知ってるとか(笑)、つんく♂がバンドシーンの中でどんな気持ちで活動してきたのか。そうしたものがモーニング娘。には反映されてるんでしょうね。それは芸能界のルールとはまた違う、ライブハウスとかバンドシーンのルールに通ずるものかもしれない。対バンするにも上下関係というのはあって、後輩のバンドだと「絶対俺たちのほうが出番先だろう」とかね。

--また、近年のつんく♂さんはモーニング娘。をはじめとしたグループでEDMを精力的に取り入れたり、あらゆるジャンルやサウンドを取り入れた音楽の追求ぶりが印象的です。

小室哲哉:彼も音楽マニアですよね。どんなジャンルも大好きですし、非常に音楽知識も豊富だし、僕と同じで音楽ファンなんだと思います。なるべく多く音楽と対峙していたい。芸能界と行き来しやすいパーソナリティの持ち主ではあるんですけど、それもひとつの自分の取り柄としながら、基本的には音楽の人ですよね。

--今、音楽ファンという言葉が出ましたけれども、小室さんの番組『TK MUSIC FRESH! by AWA』も音楽ファンとしての気持ちで今後も続けていきたい?

小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー

小室哲哉:うん。特に日本の若いミュージシャンたちと音楽ファンとして接していきたい。その人のファンというところまでは入れないかもしれないけど、その音楽については語っていきたい。なので、ゲストで来てくれる人の最新のアルバムとか新曲を聴いたとき、何かしら「これ良いな」って思うところが何かないと……それが僕は表情に出ちゃいますから(笑)。でもそこはスタッフがよく考えてキャスティングしてくれているので、自然と賞賛できますよね。あと、明らかに音楽の聴かれ方は変わってきてるんだけど、番組には必ず若い女性タレントの方たちにも出てもらっていて、その子たちのプレイリストの選曲の仕方とか聞くと、音楽の使い方はそんなに変わってないのかもしれなくて。やっぱり自分の感情とか状況に添った曲を選んでますよね。それを知ると「音楽を楽しんでくれてるんだな」って、ちょっとホッとします(笑)。

Interviewer:平賀哲雄

◎番組『TK Music FRESH! by AWA #10』

03月29日(水)20:00~22:00
AbemaSPECIAL 2チャンネル
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/9MY9L7SvnxFNRV

番組概要:

MCの小室哲哉が毎回豪華なゲストをお招きして 音楽トークを繰り広げる生放送!今回は前半ゲストにゴスペラーズ、後半ゲストに清木場俊介が登場!
キャスト:
小室哲哉
ゴスペラーズ
清木場俊介

小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』写真

小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー 小室哲哉×AbemaTV『TK MUSIC FRESH! by AWA』連載第1弾インタビュー

TETSUYA KOMURO「JOBS#1」

JOBS#1

2017/03/15 RELEASE
AVCD-93599/600 ¥ 7,344(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Can You Celebrate? (Art Mix)
  2. 02.RAISE UR HAND
  3. 03.Have Dreams! (tk piano mix)
  4. 04.#RUN
  5. 05.maze
  6. 06.HERE WITHOUT YOU
  7. 07.rever feat.大森靖子
  8. 08.a new lease on life
  9. 09.BLUE OCEAN

関連商品

Blueprint
PANDORA「Blueprint」

2018/02/07

[CD]

¥2,700(税込)

Blueprint
PANDORA「Blueprint」

2018/02/07

[CD]

¥5,400(税込)

Be The One
PANDORA「Be The One」

2018/01/24

[CD]

¥1,404(税込)

Be The One
PANDORA「Be The One」

2018/01/24

[CD]

¥1,944(税込)

Be The One
PANDORA「Be The One」

2018/01/24

[CD]

¥2,160(税込)

Remode 2
globe「Remode 2」

2016/08/03

[CD]

¥3,240(税込)

ハートブレイカー
ディオンヌ・ワーウィック「ハートブレイカー」

2016/07/27

[CD]

¥1,080(税込)

フレンズ・イン・ラヴ
ディオンヌ・ワーウィック「フレンズ・イン・ラヴ」

2016/07/27

[CD]

¥1,080(税込)

MADE IN JAPAN
浜崎あゆみ「MADE IN JAPAN」

2016/06/29

[CD]

¥3,348(税込)

エッセンシャル・ミックス
アヴリル・ラヴィーン「エッセンシャル・ミックス」

2015/12/23

[CD]

¥1,080(税込)

ベスト・ダム・シング
アヴリル・ラヴィーン「ベスト・ダム・シング」

2015/12/23

[CD]

¥1,080(税込)

アンダー・マイ・スキン
アヴリル・ラヴィーン「アンダー・マイ・スキン」

2015/12/23

[CD]

¥1,080(税込)

レット・ゴー
アヴリル・ラヴィーン「レット・ゴー」

2015/12/23

[CD]

¥1,080(税込)

僕らのアニメ・ヒッツ
(アニメーション) TM NETWORK 杏里 岩崎良美 今井美樹 斉藤由貴 小比類巻かほる H2O「僕らのアニメ・ヒッツ」

2015/02/11

[CD]

¥2,376(税込)

LOVE CLASSICS
浜崎あゆみ「LOVE CLASSICS」

2015/01/28

[CD]

¥3,240(税込)

少年少女
加藤ミリヤ「少年少女」

2015/01/14

[CD]

¥1,680(税込)

少年少女
加藤ミリヤ「少年少女」

2015/01/14

[CD]

¥1,300(税込)

Blueprint
PANDORA「Blueprint」

2018/02/07

[CD]

¥2,700(税込)

Blueprint
PANDORA「Blueprint」

2018/02/07

[CD]

¥5,400(税込)

Be The One
PANDORA「Be The One」

2018/01/24

[CD]

¥1,404(税込)

Be The One
PANDORA「Be The One」

2018/01/24

[CD]

¥1,944(税込)

Be The One
PANDORA「Be The One」

2018/01/24

[CD]

¥2,160(税込)

フレンズ
ディオンヌ・ワーウィック「フレンズ」

2017/08/23

[CD]

¥1,080(税込)

さよならは一度だけ
ディオンヌ・ワーウィック「さよならは一度だけ」

2017/08/23

[CD]

¥1,080(税込)

JOBS#1
TETSUYA KOMURO「JOBS#1」

2017/03/15

[CD]

¥4,104(税込)

JOBS#1
TETSUYA KOMURO「JOBS#1」

2017/03/15

[CD]

¥7,344(税込)

グッバイ・ララバイ
アヴリル・ラヴィーン「グッバイ・ララバイ」

2016/12/21

[CD]

¥1,080(税込)

アヴリル・ラヴィーン
アヴリル・ラヴィーン「アヴリル・ラヴィーン」

2016/12/21

[CD]

¥1,080(税込)

Remode 2
globe「Remode 2」

2016/08/03

[CD]

¥3,240(税込)

ハートブレイカー
ディオンヌ・ワーウィック「ハートブレイカー」

2016/07/27

[CD]

¥1,080(税込)

フレンズ・イン・ラヴ
ディオンヌ・ワーウィック「フレンズ・イン・ラヴ」

2016/07/27

[CD]

¥1,080(税込)

MADE IN JAPAN
浜崎あゆみ「MADE IN JAPAN」

2016/06/29

[CD]

¥3,348(税込)

ベスト・ダム・シング
アヴリル・ラヴィーン「ベスト・ダム・シング」

2015/12/23

[CD]

¥1,080(税込)

アンダー・マイ・スキン
アヴリル・ラヴィーン「アンダー・マイ・スキン」

2015/12/23

[CD]

¥1,080(税込)

レット・ゴー
アヴリル・ラヴィーン「レット・ゴー」

2015/12/23

[CD]

¥1,080(税込)

何かいいことないか子猫チャン
バート・バカラック トム・ジョーンズ ディオンヌ・ワーウィック マンフレッド・マン「何かいいことないか子猫チャン」

2015/05/20

[CD]

¥1,080(税込)

東京スタイル
(V.A.) 加藤ミリヤ 井上陽水 野宮真貴 松たか子 BEGIN 森高千里 藤井フミヤ「東京スタイル」

2015/04/29

[CD]

¥3,100(税込)

A ONE
浜崎あゆみ「A ONE」

2015/04/08

[CD]

¥3,240(税込)

A ONE
浜崎あゆみ「A ONE」

2015/04/08

[CD]

¥4,536(税込)

少年少女
加藤ミリヤ「少年少女」

2015/01/14

[CD]

¥1,680(税込)

少年少女
加藤ミリヤ「少年少女」

2015/01/14

[CD]

¥1,300(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    齋藤飛鳥&西野七瀬、乃木坂46の現・旧メンバーがツーショット披露

  2. 2

    板野友美 水着でラジオ公開収録「演技などいろんなことにチャレンジしてみたい」

  3. 3

    the pillows、熱狂のツアーファイナルのライブレポートが到着「オレたちの音楽に意味があったと感じることができたよ」

  4. 4

    Billboard Japan Hot 100

  5. 5

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】BUMP OF CHICKEN「Aurora」が初登場首位 星野源「Pop Virus」はツイート数が3倍以上増加

HOT IMAGES

注目の画像