Billboard JAPAN


Special Contents

Caos Caos Caos 『Let's stand up』インタビュー

Caos Caos Caos 『Let's stand up』 インタビュー

 ソロアーティストやモデルなどの活動を経て、2011年にダンスボーカルプロジェクト Caos Caos Caosのボーカルとしてアニメ『名探偵コナン』オープニングテーマでデビューした白石乃梨。

 自分のことを「ドリームメッセンジャーです」と表現したり、「結構、猫かぶって生きてきたんですけど…」と口にしたり、「良かったらもらってください!」と笑顔で名刺を差し出してきたり。とにかく真っ直ぐな彼女が、今ある力を全て注いだというニューシングルについて、そして自分自身について語ってくれた。

私自身を取り繕うことなく表現できた曲

--メジャーデビューしてからもうすぐ1年半経ちますね。

白石乃梨:早いですね~! 仕事でもプライベートな部分でも自分との葛藤が多くて、感情の変化が凄くありましたね。とにかく激しい1年半でした。

--8月22日にリリースする3rdシングル『Let's stand up』は、白石さんが作詞作曲を手掛けていますよね。

白石乃梨:ソロ時代は自分で作詞作曲していたんですけど、Caos Caos Caosになってからは詞だけを書かせて頂いていまして。それが今回は曲も含め全て一からプロデュースさせて頂けて嬉しかったです。
 「Let's stand up」は、色々な葛藤の中で前に進まなくちゃいけないなって、モチベーションを上げて頑張っていこうという想いで制作したんです。何も考えずに作ったというか、Caos Caos Caosの白石乃梨としてやりたいように、表現したいように、他のことは気にせず作った曲。それは音や詞だけじゃなくてプロモーションビデオも。

--プロモーションビデオは、白石さんの挑発的な姿が印象的でした。

白石乃梨:コンセプトは特に無くて、本当に“白石乃梨!”って感じに仕上がっていると思います。個人的には檻のシーンが一番気に入ってるんですよ。当日、ヘアメイクさんと「なんか面白いことしようよー」ってアイディアを出し合って、急遽あんな宇宙人みたいな感じになったんです。

--「白石乃梨って感じ」と仰いましたけど、白石乃梨らしさって何でしょう?

白石乃梨:正直自分が一番理解できないです。難しい。相手のことを分析する方が得意かもしれない。ただ、いつも楽しく過ごせたらいいなって気持ちで毎日を生きています。面白いことを追求したい。

--確かにブログも明るいですよね。

白石乃梨:畏まっていた時期もあるんですけど、最近は「まぁいいや」ってなってきてます。今回のシングルを制作している頃からですかね? 周りからどう見られてもいいやって思えるようになったんです。色々なことがあって、何かが吹っ切れたんでしょうね(笑)。

--だからなのか「Let's stand up」を最初に聴いたとき「ぶっ飛んだ曲だな!」って驚いたんですよ。

白石乃梨:え~! ホントですか~!? フフフフフ。ただ、本当に私自身を取り繕うことなく表現できた曲だとは思っています。日々感性は変わるのでギリギリまで音を変えたり、アレンジャーの方と何度も討論させて頂いたり、サウンド面もかなり拘っているので。今までは、自分の意見を多数決とかで否定されたときに「私が間違っていたのかな」って素直に思っていたんですけど、今回は頑固たる意志で自分を貫き通しました!

--確かにアレンジも拘っていますし、何より中毒性の高い曲ですよね。

白石乃梨:それは作戦です! 一度聴いただけでクドイくらい耳に残るようなサビにしたくて。日本語、英語、色々と考えたんですけど、「Let's stand up」が一番しっくりきたので、そればかりをポンポンポンポン!って置いてみました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 攻めの姿勢は「私の性格そのもの」
  3. Next >
攻めの姿勢は「私の性格そのもの」

--ライナーノーツには「自分らしく好きな音楽を表現した」と書いてありますけど、そもそも幼少期はどんな音楽を聴いていたんですか?

白石乃梨:主に洋楽ですね。元々はゴスペルが好きで歌を始めたんですけど、母親がダンススタジオをやっていたり、祖母が日本舞踊をやっていたりで、ダンスミュージックを聴くことも多かったんです。そこから、ブラックミュージック、R&B、HIP HOPもガンガン聴くようになっていて。最初は日本人に受けが良いような曲作りを意識していたんですけど、今はアレンジも海外よりになってきています。

--じゃあ、将来的には海外進出も狙っている?

白石乃梨:そこまで大きいことは考えていないですけど、どこでも歌えます!って感じです。去年NYに行ったときも、たまたまジャズクラブでイベントがあったので、急遽グロリア・ゲイナーの曲を歌わせてもらったんです。最初は「死ぬ~」「もう歌ヤダ~」って思うくらい緊張しましたけど、サビ辺りからハイテンションだったらしいです。緊張しすぎて自分では覚えていないんですけど。

--貴重な経験ですね。今回の楽曲では全体的に攻めの姿勢を感じたのですが、それは敢えてですか?

白石乃梨:というか、私の性格そのもの? パーソナリティじゃないでしょうか。

--似たような曲が多い今の日本の音楽シーンへ刺激を与えるような、時代に左右されていない曲だと感じました。白石さん自身“みんなと一緒”とか“右に習え精神”みたいなものに対して苦手意識があるんですか?

白石乃梨:昔から苦手です。小さい頃も周りと馴染めなかったり、女の子の軍団に入れなかった子ですね。私、ずっと習い事ばかりでクラブ活動をしてこなかったんです。チームで何かをやることがなかった。だから、大勢でバレーボールをやっている子とか羨ましかったんですけど。そういう団体行動に慣れていない部分が影響しているのかもしれないですね。あと、曲を作るときに流行りとか周りのことは何も気にしなかったです。

--そもそも“Caos Caos Caos”というグループ名自体、「予測不可能な展開で型にはまらない音楽を作っていきたい」という意味を持っていますしね。

白石乃梨:でも最初は意味も分からなかったんですよ。良いグループ名が思い浮かばなくて、紙とペンを持って友達のところへ駆け込んだとき、ふと『Chaos』という名前の香水が目に入ってきて。友達に「カオスだよ」って読み方を教えてもらって紙に書いたとき“h”の文字が抜けていたんです。

--え?

白石乃梨:面倒だったんですかね? 書き忘れていたんですよ。そこから「Caos」になって。ただ、1回だけじゃつまらないな、3回続けた方がクドくて面白いじゃん!ってことで「Caos Caos Caos」になったんです。その後に「カオス」の意味を調べたら“無秩序”“混沌”ということだったので「あ、私っぽい! OK~!」ってなった。

--また、2曲目にはバラードナンバー「take your hand」が収録されていますけど、この曲はどんな想いで制作されたんでしょう?

白石乃梨:この1年間で本当に色々なことがあって、そのたびに沢山の方に助けて頂いて、自分は1人では生きていけないなって改めて思ったんです。そういう想いを感じたままに書きました。全精力を注いだ曲です。凄い精神状態でレコーディングもやり遂げましたし。白石桔梗(しらいしききょう)、白石乃梨としても色々な曲を発表させて頂きましたけど、その総まとめというか。余分なものをはぶいてストレートに私を表現した曲です。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 結構、猫かぶって生きてきたんですけど…
  3. Next >
結構、猫かぶって生きてきたんですけど…

--「いつだって未来はこの手で変えられる」というフレーズが印象的でした。

白石乃梨:メロディが暗めじゃないですか。コード進行も明るくはないですし。だから最初は歌詞も暗い方向で書いていたんですけど、途中で「私がこんなに暗かったら駄目だ!」と思って、前向きな言葉に変えたんです。発信していく者として、楽しい自分でいないといけないなって。一種のマインドコントロール?

--今回のシングルは白石さんにとって特別な1枚になったんじゃないですか?

白石乃梨:かなり気に入ってます。妥協も一切していないですし、今までで一番と言えるくらい想い入れの強い作品です。もう全力。思い出すと泣けてくるくらい。

--1st、2nd、3rd、全くジャンルの違うシングルに仕上がっている点も面白いです。白石さんは幅広い音楽性を持っていますけど、それはNYやLAなどに留学した経験も影響しているんですかね?

白石乃梨:日や時間によって私自身の心境が変わるからじゃないですかね。喜怒哀楽が激しいというか、色々な顔があるというか。だから、今日はどの私が来るかな? みたいな。フフフフフ(笑)。
 そもそもNYに行ったのは、高校生の時に自分で行きたいと思ったから行っただけなんです。「向こうの音楽に触れてみたいなぁ」って細かいことは考えずに思いつきで行っちゃった。すぐ行動に移しちゃうんですよね。その分、失敗が多いんですけど。

--その行動力は素晴らしいと思います。この2曲を完成させるうえで、先程から「葛藤の中で」とか「色々なことがあって」などと仰っていますけど、一体何があったんですか?

白石乃梨:詳しくは言えないんですけど、周りの人との対立とか…。思ったことは何でもぶつけてしまうんですよね。ちゃんと話し合いたいし。

--ネットの普及からか、最近では面と向かって自分の意見を言える人が少なくなっていますけど、白石さんは言えるタイプ?

白石乃梨:言います。ちょっと顔色は伺いますけどね(笑)。ちゃんと分かり合いたいからこそ伝える。別に嫌われてもいいし、それが私だと思うので。ちゃんと「ごめんね」とは言いますけどね。

--その真っ直ぐさは魅力の一つですし、楽曲にも反映されている気がします。

白石乃梨:結構、猫かぶって生きてきたんですけど、最近全然できていないみたいで…。

--(笑)。今後はどんなアーティストになっていきたいですか?

白石乃梨:自分を全力で表現できる、周りに流されない、芯の通ったブレないアーティストでいたいですね。まぁ、自分のことをアーティストだとは思ってないですけど。

--そうなんですか?

白石乃梨:ただの音楽好きだよ~って感じです。「何してる人?」ってよく訊かれますけど、私は「ドリームメッセンジャーです!!!」(ぶりっ子しながら)って答えていますから。みんな「はぁ?」ってなりますけど。

--では、白石さんにとってCaos Caos Caosとは?

白石乃梨:むっちゃくちゃです。ごめんなさい!って感じですけど、表現したい音楽も言っていることもその時々で変わるかもしれなので。ただ、ライブでも挑戦的というか、わっと驚いてもらえるようなパフォーマンスをしていきたいと思っています。私、普段は無茶苦茶ですけど、踊っているときはカッコイイんですよ(笑)!
 あと、最近はFacebookとかもやっていますし、ファンの方との交流も大事にしていきたいですね。やっぱり応援してくれる方がいるとそれだけで元気を頂けるので。意外と寂しがり屋なんじゃないでしょうか、私は。

Caos Caos Caos「Let’s stand up」

Let’s stand up

2012/08/22 RELEASE
GZCA-7167 ¥ 1,080(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Let’s stand up
  2. 02.take your hand
  3. 03.Let’s stand up -Instrumental-
  4. 04.take your hand -Instrumental-

関連キーワード

TAG

関連商品

Let’s stand up
Caos Caos Caos「Let’s stand up」

2012/08/22

[CD]

¥1,080(税込)

tear drops
Caos Caos Caos「tear drops」

2011/02/23

[CD]

¥1,080(税込)

norizmⅡ
白石乃梨「norizmⅡ」

2010/02/10

[CD]

¥2,057(税込)

norizm
白石乃梨「norizm」

2009/04/15

[CD]

¥2,057(税込)

Let’s stand up
Caos Caos Caos「Let’s stand up」

2012/08/22

[CD]

¥1,080(税込)

tear drops
Caos Caos Caos「tear drops」

2011/02/23

[CD]

¥1,080(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    TM NETWORK、Zeppで全曲ノーカット『TMN final live LAST GROOVE 1994』ライブハウス上映

  2. 2

    【深ヨミ】HKT48『意志』指原莉乃ラストシングルの地域別販売動向は?

  3. 3

    back number、アリーナツアー【back number NO MAGIC TOUR 2019】開幕

  4. 4

    DA PUMP、フリーライブで「U.S.A.」振り付けを「カズダンス」にアレンジ

  5. 5

    筋肉少女帯、聖地・中野ブロードウェイで【筋肉少女帯展】開催

HOT IMAGES

注目の画像