Billboard JAPAN


Special

【20/20 今年20周年を迎える20枚】1997年/2017年洋楽編~『OKコンピューター』からハンソンのデビュー作まで

“特集

 今から20年前の1997年。CDの売上が最高潮で音楽業界がまだ活況を呈していたこの時期には、続々と素晴らしいアーテイストが登場し、歴史に残る作品が発表されていった。ここではそんな懐かしい時代に生まれ、今年20周年を迎える名盤20枚を紹介しよう。

『OK コンピューター』
レディオヘッド

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 1997年のみならず90年代を代表するロック・アルバムの傑作。UKギター・ロックの流れを汲みながらも、トリップ・ホップやエレクトロニカから、プログレやクラシックまでを取り込んだ内省的な世界が絶賛された。ファンに人気の高い楽曲が揃うが、とくに「Karma Police」や「No Surprises」といったメランコリックなナンバーが素晴らしい。




▲ 「No Surprises」



『ホモジェニック』
ビョーク

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 すでに異色アーティストとして確固たる地位を築いていたビョークが、エレクトロニカやポスト・ロックの世界にさらに一歩踏み込んだ初期の代表作。先鋭的であると同時に、どことなくフォークロアな雰囲気もあり、そのバランスは絶妙だ。日本を代表するアコーディオン奏者のcobaが参加したことでも話題になった。




▲ 「jóga」



『ホームワーク』
ダフト・パンク

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 今や世界を制するエレクトロ・デュオの記念すべきデビュー作。カラフルなハウスやテクノのビートに往年のファンクやソウルのエッセンスを加えた新しさと懐かしさの入り混じったサウンドは、クラブ・ピープルたちを中心に熱狂的なファンを生み出した。ヘルメットをかぶって素顔が見えない神秘性も成功した要因ひとつだ。




▲ 「Da Funk」



『ディグ・ユア・オウン・ホール』
ケミカル・ブラザーズ

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 デジタル・ロックのムーヴメントを生み出したのがケミカル・ブラザーズ。彼らの2作目となる本作で、ロックとダンス・ミュージックを完全に融合させることに成功した。ひたすら硬質かつファンキーなビートが全編を覆い、ダークな世界を作り上げている。オアシスのノエル・ギャラガーが参加した「Setting Sun」も話題になった。




▲ 「Setting Sun」



『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』
プロディジー

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 ケミカル・ブラザーズと並んでこの年のデジタル・ロックを牽引したのが、世界22カ国で1位を獲得したザ・プロディジーの本作だ。レイヴ・カルチャーをルーツに持つテクノに、ヒップホップの要素を加えながら斬新なサウンドを作り上げた。フロントに立つキースが隈取メイク、マキシムがドレッドの黒人という編成で、ビジュアル面でのインパクトも大きかった。




▲ 「Firestarter」



『バニシング・ポイント』
プライマル・スクリーム

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 何をやるのか予想がつかないバンドというイメージだったプライマル・スクリーム。前作『Give Out But Don't Give Up』ではアーシーなアメリカン・ロックに傾倒したかと思ったら、この本作ではダブを大胆に取り入れた。アルバム・タイトルは70年代のカルト・ムービーから拝借したこともあり、映像的なサウンドは今聴いても刺激的だ。




▲ 「Kowalski」



『宇宙遊泳』
スピリチュアライズド

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 元スペースメン3のジェイソン・ピアースが中心となって結成されたスピリチュアライズドが、決定的な人気を獲得した3作目。サイケデリックな持ち味を活かしつつ、ウォール・オブ・サウンドの手法やブラック・ミュージックのエッセンスを加えたUKロックを繰り出した。邦題通り、まさに宇宙空間をゆらゆらとさまよっているような浮遊感が魅力の傑作。




▲ 「Electricity」



『ブラー』
ブラー

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 前年まで盛り上がっていたブリットポップのムーヴメントだが、本作発表当時のデーモン・アルバーンによる「ブリットポップは死んだ」という発言によって一気に終息。USオルタナティヴからの影響を受けながら異質の世界へ踏み出したのがこの5作目。シングル・ヒットした 「Song 2」のようなローファイ感が、ブラーの新しい魅力となった。




▲ 「Song 2」



『ビー・ヒア・ナウ』
オアシス

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 ブラーのライバルと煽られて疲弊していったオアシスも、それまでのブリットポップ路線から微妙にシフトチェンジ。この3作目では仰々しいまでのエモーショナルなサウンドと、一曲一曲が長いということで酷評されたにも関わらず大ヒットを記録した。後にノエル・ギャラガー自身も毛嫌いしているが、彼らの良さを体現した名曲が多数揃っている。




▲ 「Stand By Me」



『ミドル・オブ・ノーウェア』
ハンソン

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 オクラホマ州でアイザック、テイラー、ザックという3人によって結成された兄弟バンドのデビュー作。少し重苦しいサウンドが主流だったこの年に、初々しい風を吹き込んだ。シングル・カットされたポップ・ロックの名曲「MMMBop」は、ビルボードのシングル・チャートで1位を獲得しただけでなく、日本でも大ヒットを記録して一大旋風を巻き起こした。




▲ 「MMMBop」



『バックストリーツ・バック』
バックストリート・ボーイズ

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 ワン・ダイレクションにつながるボーイズ・グループの先駆けといえるのが、バックストリート・ボーイズだ。 前年にデビューして大ブレイクした後の2作目で、ダンサブルなポップ・チューンからバラードまで様々なタイプのナンバーで構成されている。ヨーロッパや日本先行だった人気も、ここからのシングル・ヒットで米国でもスターとなった。




▲ 「Everybody (Backstreet's Back) 」



『イーザー/オア』
エリオット・スミス

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 オルタナティヴ・ロックとシンガー・ソングライターの良さを絶妙にミックスしたアーティストが、エリオット・スミスだろう。内省的なイメージをまといながらも、メロディアスな楽曲はニック・ドレイクの再来とも高く評価された。この屈指の名盤から影響を受けたというミュージシャンは後を絶たない。映画『グッド・ウィル・ハンティング』にも数曲使用された。




▲ 「Lucky Three: An Elliott Smith Portrait by Jem Cohen」



『タイム・アウト・オブ・マインド』
ボブ・ディラン

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 先頃ノーベル賞で話題になったボブ・ディランだが、90年代前半には創作活動を休止していた期間がある。しかし、その沈黙を破って7年ぶりに発表して大きな話題となったのが本作。ダニエル・ラノワがプロデュースを手がけ、奥行きのあるサウンドから聞こえてくる渋いヴォーカルが新鮮。ビルボードのアルバム・チャートで10位を記録し、グラミー賞も獲得するなど代表作のひとつとなった。




▲ 「Not Dark Yet」



『ザ・ヴェルヴェット・ロープ』
ジャネット・ジャクソン

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 マイケル・ジャクソンの妹というイメージからすっかり脱皮していたジャネットは、さらにアーティスティックな表現へと向かう。4年ぶりとなった本作では、同性愛やDVといったヘヴィーなテーマの歌詞が多く、ダンサブルかつクールなサウンドも大きな評価を得ることになる。ジョニ・ミッチェルの名曲をモチーフにし、Qティップが参加した「Got 'til It's Gone」も話題になった。




▲ 「Got Til It's Gone」



『バドゥイズム』
エリカ・バドゥ

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 R&Bにジャズやヒップホップの要素を加えたネオ・ソウルといわれるムーヴメントの中、その最先鋒として颯爽と登場したのがエリカ・バドゥだった。このデビュー作でいきなりビルボードのアルバム・チャートで2位を記録し、グラミー賞も受賞。クールで神秘的なヴォーカル・スタイルは、日本を含め多くのシンガーたちに大きな影響を与えた。




▲ 「On & On」



『ライフ・アフター・デス』
ノトーリアス・B.I.G.

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 東西のヒップホップ抗争に巻き込まれ、24歳の若さで暗殺されたビギーこと ノトーリアス・B.I.G.。彼の死の直後に発表されたのがこの2枚組大作で、結果的に彼の代表作となった。R.ケリー、ジェイ・Z、リル・キム、パフ・ダディといった豪華なゲスト陣を迎え、スタイリッシュなサウンドと安定したラップで90年代末を代表するヒップホップ・アルバムと評価が高い。




▲ 「Hypnotize」



『ノー・ウェイ・アウト』
パフ・ダディ&ザ・ファミリー

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 亡くなったノトーリアス・B.I.G.の片腕でもあり、プロデューサーとして活躍していたパフ・ダディが発表した初のアルバム。ポリスの名曲をサンプリングし、フェイス・エヴァンスのヴォーカルをフィーチャーした「I'll Be Missing You」が世界中で大ヒット。ビルボードのシングル・チャートおよびアルバム・チャート両方で1位を獲得した。




▲ 「I'll Be Missing You feat. Faith Evans & 112」



『ウータン・フォーエヴァー』
ウータン・クラン

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 ウータン・クランは1993年に鮮烈にデビューしたが、メンバーそれぞれのソロ活動が多忙のため開店休業状態だった。その封印が解かれて突如発表されたのが、4年ぶり2作目となる本作。RZAやメソッドマンといった天才肌を擁するグループの中だけに、リリックもトラックも綿密に練られ、2枚組という大作でありながらも一気に聴かせるパワーを持つ意欲作だ。




▲ 「Triumph feat. Cappadonna」



『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 ライ・クーダーがキューバに赴き、忘れ去られていたベテラン・ミュージシャンたちを集めてセッションした企画アルバム。イブライム・フェレール、コンパイ・セグンド、オマーラ・ポルトゥオンドといった渋みのある歌い手たちがフィーチャーされ、翌々年に公開された映画とともに、日本でもキューバ音楽ブームを生み出すほどの社会現象となった。




▲ 「Chan Chan」



『リーヴロ』
カエターノ・ヴェローゾ

CD
▲ 詳細・購入はこちら



 60年代から活躍するブラジルの至宝が、長いキャリアの変遷の中で熟成され、見事に結実したMPB作品。坂本龍一との共演でも知られるチェリストのジャキス・モレレンバウムを共同プロデューサーに迎え、サンバとアフロ・ブラジリアンが交じり合いながらもどこかクラシカルな気品漂う内容は、多数ある代表作の中でも最高傑作と評価されている。




▲ 「Livros」


◎【20/20 今年20周年を迎える20枚】1997年/2017年洋楽編

レディオヘッド「OK コンピューター」

OK コンピューター

2014/01/29 RELEASE
WPCR-80155 ¥ 1,540(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.エアーバッグ
  2. 02.パラノイド・アンドロイド
  3. 03.サブタレニアン・ホームシック・エイリアン
  4. 04.エグジット・ミュージック(フォー・ア・フィルム)
  5. 05.レット・ダウン
  6. 06.カーマ・ポリス
  7. 07.フィッター、ハッピアー
  8. 08.エレクショネアリング
  9. 09.クライミング・アップ・ザ・ウォールズ
  10. 10.ノー・サプライゼズ
  11. 11.ラッキー
  12. 12.ザ・ツーリスト

関連商品

ディス・イズ・アス
バックストリート・ボーイズ「ディス・イズ・アス」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

アンブレイカブル
バックストリート・ボーイズ「アンブレイカブル」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

ネヴァー・ゴーン
バックストリート・ボーイズ「ネヴァー・ゴーン」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

ブラック&ブルー
バックストリート・ボーイズ「ブラック&ブルー」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

ミレニアム
バックストリート・ボーイズ「ミレニアム」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

バックストリーツ・バック
バックストリート・ボーイズ「バックストリーツ・バック」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

バックストリート・ボーイズ
バックストリート・ボーイズ「バックストリート・ボーイズ」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

ANIMA
トム・ヨーク「ANIMA」

2019/07/19

[CD]

¥6,600(税込)

ANIMA
トム・ヨーク「ANIMA」

2019/07/19

[CD]

¥6,600(税込)

ANIMA
トム・ヨーク「ANIMA」

2019/07/19

[CD]

¥6,600(税込)

ANIMA
トム・ヨーク「ANIMA」

2019/07/19

[CD]

¥6,600(税込)

ANIMA
トム・ヨーク「ANIMA」

2019/07/17

[CD]

¥2,750(税込)

ネヴァー・ゴーン
バックストリート・ボーイズ「ネヴァー・ゴーン」

2019/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

ブラック&ブルー
バックストリート・ボーイズ「ブラック&ブルー」

2019/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

ミレニアム
バックストリート・ボーイズ「ミレニアム」

2019/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

Pablo Honey
レディオヘッド「Pablo Honey」

2017/08/11

[CD]

¥1,540(税込)

The Bends
レディオヘッド「The Bends」

2017/08/11

[CD]

¥1,540(税込)

Kid A
レディオヘッド「Kid A」

2017/08/11

[CD]

¥1,540(税込)

Amnesiac
レディオヘッド「Amnesiac」

2017/08/11

[CD]

¥1,540(税込)

ディス・イズ・アス
バックストリート・ボーイズ「ディス・イズ・アス」

2015/12/23

[CD]

¥1,100(税込)

燃えよウータン
ウータン・クラン「燃えよウータン」

2015/12/23

[CD]

¥1,100(税込)

ザ・ベスト・オブ
ブラー「ザ・ベスト・オブ」

2015/12/02

[CD]

¥1,320(税込)

ザ・デイ・イズ・マイ・エネミー
ザ・プロディジー「ザ・デイ・イズ・マイ・エネミー」

2015/04/01

[CD]

¥2,750(税込)

レディオ・リライト
スティーヴ・ライヒ ジョニー・グリーンウッド ヴィッキー・チョウ アラーム・ウィル・サウンド アラン・ペルソン Erin Lesser Elisabeth Stimpert Chris Thompson「レディオ・リライト」

2015/01/28

[CD]

¥2,860(税込)

バイオフィリア・ライヴ
ビョーク「バイオフィリア・ライヴ」

2014/11/19

[CD]

¥5,940(税込)

バイオフィリア・ライヴ
ビョーク「バイオフィリア・ライヴ」

2014/11/19

[Blu-ray Disc]

¥5,170(税込)

ヘイル・トゥ・ザ・シーフ
レディオヘッド「ヘイル・トゥ・ザ・シーフ」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

アムニージアック
レディオヘッド「アムニージアック」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

キッド A
レディオヘッド「キッド A」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

OK コンピューター
レディオヘッド「OK コンピューター」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

ザ・ベンズ
レディオヘッド「ザ・ベンズ」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

パブロ・ハニー
レディオヘッド「パブロ・ハニー」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

ディスカバリー
ダフト・パンク「ディスカバリー」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

ホームワーク
ダフト・パンク「ホームワーク」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

シンク・タンク
ブラー「シンク・タンク」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

13
ブラー「13」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

ブラー
ブラー「ブラー」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

ザ・グレイト・エスケープ
ブラー「ザ・グレイト・エスケープ」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

パークライフ
ブラー「パークライフ」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ
ブラー「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

レジャー
ブラー「レジャー」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

ディス・イズ・アス
バックストリート・ボーイズ「ディス・イズ・アス」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

アンブレイカブル
バックストリート・ボーイズ「アンブレイカブル」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

ネヴァー・ゴーン
バックストリート・ボーイズ「ネヴァー・ゴーン」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

ブラック&ブルー
バックストリート・ボーイズ「ブラック&ブルー」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

ミレニアム
バックストリート・ボーイズ「ミレニアム」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

バックストリーツ・バック
バックストリート・ボーイズ「バックストリーツ・バック」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

バックストリート・ボーイズ
バックストリート・ボーイズ「バックストリート・ボーイズ」

2019/09/25

[CD]

¥1,760(税込)

ANIMA
トム・ヨーク「ANIMA」

2019/07/19

[CD]

¥6,600(税込)

ANIMA
トム・ヨーク「ANIMA」

2019/07/19

[CD]

¥6,600(税込)

ANIMA
トム・ヨーク「ANIMA」

2019/07/19

[CD]

¥6,600(税込)

ANIMA
トム・ヨーク「ANIMA」

2019/07/19

[CD]

¥6,600(税込)

ネヴァー・ゴーン
バックストリート・ボーイズ「ネヴァー・ゴーン」

2019/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

ブラック&ブルー
バックストリート・ボーイズ「ブラック&ブルー」

2019/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

ミレニアム
バックストリート・ボーイズ「ミレニアム」

2019/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

Pablo Honey
レディオヘッド「Pablo Honey」

2017/08/11

[CD]

¥1,540(税込)

The Bends
レディオヘッド「The Bends」

2017/08/11

[CD]

¥1,540(税込)

Kid A
レディオヘッド「Kid A」

2017/08/11

[CD]

¥1,540(税込)

Amnesiac
レディオヘッド「Amnesiac」

2017/08/11

[CD]

¥1,540(税込)

オアシス:スーパーソニック
オアシス「オアシス:スーパーソニック」

2017/03/22

[Blu-ray Disc]

¥5,217(税込)

オアシス:スーパーソニック
オアシス「オアシス:スーパーソニック」

2017/03/22

[DVD]

¥4,180(税込)

ミレニアム
バックストリート・ボーイズ「ミレニアム」

2016/12/21

[CD]

¥1,100(税込)

ブラック・アンド・ブルー
バックストリート・ボーイズ「ブラック・アンド・ブルー」

2016/12/21

[CD]

¥1,100(税込)

blur:NEW WORLD TOWERS
ブラー「blur:NEW WORLD TOWERS」

2016/09/28

[Blu-ray Disc]

¥5,170(税込)

ヴァルニキュラ:ライヴ
ビョーク「ヴァルニキュラ:ライヴ」

2016/07/13

[CD]

¥2,640(税込)

ディス・イズ・アス
バックストリート・ボーイズ「ディス・イズ・アス」

2015/12/23

[CD]

¥1,100(税込)

燃えよウータン
ウータン・クラン「燃えよウータン」

2015/12/23

[CD]

¥1,100(税込)

ザ・マジック・ウィップ
ブラー「ザ・マジック・ウィップ」

2015/04/29

[CD]

¥2,703(税込)

ヴァルニキュラ
ビョーク「ヴァルニキュラ」

2015/04/01

[CD]

¥2,640(税込)

ザ・デイ・イズ・マイ・エネミー
ザ・プロディジー「ザ・デイ・イズ・マイ・エネミー」

2015/04/01

[CD]

¥2,750(税込)

レディオ・リライト
スティーヴ・ライヒ ジョニー・グリーンウッド ヴィッキー・チョウ アラーム・ウィル・サウンド アラン・ペルソン Erin Lesser Elisabeth Stimpert Chris Thompson「レディオ・リライト」

2015/01/28

[CD]

¥2,860(税込)

バイオフィリア・ライヴ
ビョーク「バイオフィリア・ライヴ」

2014/11/19

[CD]

¥5,940(税込)

バイオフィリア・ライヴ
ビョーク「バイオフィリア・ライヴ」

2014/11/19

[Blu-ray Disc]

¥5,170(税込)

ザ・ベスト・オブ
ブラー「ザ・ベスト・オブ」

2014/08/20

[CD]

¥1,430(税込)

ザ・ベスト・オブ
レディオヘッド「ザ・ベスト・オブ」

2014/08/20

[CD]

¥1,430(税込)

ヘイル・トゥ・ザ・シーフ
レディオヘッド「ヘイル・トゥ・ザ・シーフ」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

アムニージアック
レディオヘッド「アムニージアック」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

キッド A
レディオヘッド「キッド A」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

OK コンピューター
レディオヘッド「OK コンピューター」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

ザ・ベンズ
レディオヘッド「ザ・ベンズ」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

パブロ・ハニー
レディオヘッド「パブロ・ハニー」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

ディスカバリー
ダフト・パンク「ディスカバリー」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

ホームワーク
ダフト・パンク「ホームワーク」

2014/01/29

[CD]

¥1,540(税込)

シンク・タンク
ブラー「シンク・タンク」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

13
ブラー「13」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

ブラー
ブラー「ブラー」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

ザ・グレイト・エスケープ
ブラー「ザ・グレイト・エスケープ」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

パークライフ
ブラー「パークライフ」

2013/12/25

[CD]

¥2,703(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    新世代トランスジェンダーアイコン“サリー楓”誕生の瞬間を捉えたドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』公開へ

  2. 2

    Tempalay×玉置 周啓(MONO NO AWARE)×Margt(PERIMETRON) 最新アルバムのSpotify Canvas動画が公開

  3. 3

    Billboard Japan Hot 100

  4. 4

    Hey! Say! JUMP、ニューシングル全貌&新ビジュアル公開 DECO*27、映秀。が楽曲提供

  5. 5

    アリアナ・グランデ/オリヴィア・ロドリゴなど、米ミネソタで再び起きた黒人男性の理不尽な死にSNSで反応

HOT IMAGES

注目の画像