Billboard JAPAN


Special Contents

マジック!来日記念インタビュー&サイン入りポラロイド写真を抽選で2名様にプレゼント!

マジック来日記念インタビュー

 2014年に「ルード★それでも僕は結婚する」が世界中で大ヒットし、一躍話題となった4人組のレゲエ・ポップ・バンド、マジック!。約2年ぶりとなる新作『プライメリー・カラーズ』を2016年7月27日にリリースし、その新作を引っ提げて2016年12月に東京、横浜、名古屋、大阪を回るジャパン・ツアーを開催した。新作はレゲエ・ポップのみならず、ロックやアコースティックにも挑戦したマジック!を来日中(2016年12月2日)にキャッチし、4人全員にインタビューを敢行!“マジック!”の結成、大ヒット曲「ルード★それでも僕は結婚する」、新作『プライメリー・カラーズ』、そして来日公演の内容まで全て網羅したインタビューがこちら。

マジック!結成のきっかけ、そして曲作りは?


2016.12.1 @赤坂ブリッツ

――今回は何度目の来日でしょうか?

ベン:確か4回目かな。バンドとして日本に来るのは。

――4度目の来日なんですね!日本は気に入っていますか?

ナズリ:みんな日本が大好きだよ!

アレックス:でもすごく遠いんだよね。もし日本がもう少し近くだったら、もっと来てると思うよ。


2016.12.1 @赤坂ブリッツ

ナズリ:そう、距離的に遠いからツアーを計画的に立てないといけなくてね。

――日本に来る際に、いつも楽しみにしていることはありますか?

ナズリ:食べ物!

ベン:それから買い物!

マーク:あとでイカしたジャケットでも買いに行こうかな。


2016.12.1 @赤坂ブリッツ

――日本ではどこで買い物するんですか?

アレックス:渋谷とか原宿かな。

ベン:古着屋とかがすごくいいんだよね。


――日本を気に入ってくれているみたいで嬉しいです。それでは、まずマジック!について教えてください。みなさんはカナダのトロント出身でしたよね?でもバンドとして結成したのはLAだったと聞きました。

ナズリ:そうだね、正式にマジック!として結成したのはLAだった。というのも俺がLAにいたからっていうこともあるかな。他の3人はトロントに住んでたんだけど、みんなが俺のスタジオに集まってバンドが結成されたんだ。でも俺たちはマジック!として活動する前から知り合いだったんだよ。マークとは何年も前に出会って、ベンとはたぶん10年前くらいにスタジオで出会ったんだったかな?

アレックス:そうだったね。その頃はすでに俺とマークは繋がりがあった。というかみんな何かしらで繋がってたんだ。マークとは昔、一緒にバンドもやっていたからね。それにマークはベンとも一緒にバンドをやってたりもしたんだ。それで、ある夜、ナズリが俺の夢に出てきたんだよ。10年前くらいかな。

ナズリ:俺は今みたいに疲れた顔はしてなかったと思うよ(笑)もっと若かったしね。

マーク:いったいどんな夢だったの?

アレックス:よくは覚えてないけど、夢の中のナズリは短パンに赤毛だったよ(笑)

――なるほど(笑)でもその夢がマジック!結成のきっかけとなったかもしれませんね。でも、なぜLAだったんでしょうか?ミュージシャンであればNYも刺激的な場所かと思います。

ベン:それは俺が答えるよ!

マーク:いや、俺が!

――みなさん、どうぞ(笑)。

マーク:俺が思うのは、NYのミュージシャンとLAのミュージシャンの仕事の仕方が少し違うと思うんだ。もちろんスタジオ収録とかはそこまで変わらないだろうけど、ライブとなるとNYではブロードウェイのショーだったりジャズ・クラブが主流だったりする。でもLAはもっとポップでそれぞれのアーティストならではのスタイルでやってるように感じるんだ。

ナズリ:俺はNYに3年間住んでたことがあるんだけど……騒がしすぎたんだ。NYにいた頃はダンサーとしてトレーニングしててね。ヒップホップとかアフリカの踊りとかをやってたんだけど、ある日、お金が全然ないことに気付いてね。すごく困っていたときに、あるプロデューサーにLAに来ないかと誘われて、それでLAに移ったんだよ。そしたらLAはNYよりも静かなところで、「ここいいじゃん」って思ったんだ。

アレックス:LAは暖かいし気候もいいよね。

ナズリ:でもLAに移って最初の1カ月は、空港近くのホテルに住んでたんだ。朝昼晩の毎食、ホテルの中華料理を食べてたよ。他のレストランの料理が激マズでね。でもその頃は一文無しだったから、俺をLAに招いてくれたプロデューサーがそのホテルにお金を預けてくれてたんだけど、中華料理しか食べることができなくて、毎日食べてた思い出があるよ。他にも話しきれないほどたくさんの思い出がある。

アレックス:俺も中華好きだよ!

一同:(笑)

写真

――そんな時代もあったとは今の姿からは想像がつかないですね。LAで結成されたマジック!ですが、曲作りは普段どのように行っていますか?

マーク:Logic Pro X を使ってる。っていうのは冗談(笑)。

ナズリ:俺たちは人工的に作られた音を使うことはあまりないんだ。もっとオーガニックな環境で曲作りをしている。実際にみんなでスタジオに集まって曲を書いたりしているよ。みんなそれぞれの楽器を弾きながら、メロディーを考えたりして。実際、色んなメロディーが生まれてきて、どうゆう曲に仕上げていくかいつも迷ってしまうくらいなんだ。そういったオーガニックな自然体で音楽を作っているよ。プロダクション工程までいくための秘訣もあるんだけど、、

アレックス:それは教えちゃダメだよ!(笑)

ナズリ:ハハ、まあそれは、自分たちは良い曲を作っているって信じることかな。

アレックス:俺は、みんなでステージにいるときに曲を作るのが好きかな。ショー前のサウンドチェック中に、誰かが新しいリズムとメロディーを弾き始めたりして、みんなでJamを始めるんだ。それを携帯で録音しておいて、あとでまた聴いてみたりする。ショーの前だと、楽器も揃ってるから良いチャンスなんだ。特に俺はドラマ―で、スタジオにドラム・セットがないときもあるから、実際にステージで音を奏でながら曲作りすることが好きだし、そういった状況から生まれた曲もたくさんあるよ。

――そうなんですね。昨日の赤坂公演の前も何か新しいメロディーは生まれましたか?

アレックス:昨日は、時間がなくて出来なかったよ。

――ナズリさんは、今でもジャスティン・ビーバーやクリス・ブラウンといった有名アーティストの楽曲もプロデュースしていますが、他のアーティストの音楽をプロデュースするときと自身のバンドであるマジック!の音楽をプロデュースするときの違いはありますか?

ナズリ:もちろん俺もだけど、他のメンバーもみんなマジック!として活動する前は色んなアーティストやバンドの音楽を作ったりプロデュースしたりしてきた。他のアーティストの曲をプロデュースする上で、一番難しいことは、やっぱり“この曲を誰が歌うのか”ってことを考えながら作ることかな。他人の曲を作るときはその人がどんな風に思ったり考えたりするのか心を読まなきゃいけないけど、自分が歌う曲であれば自分のことだけ考えればいいからね。でもたまに混乱しちゃうけど。

アレックス:ナズリの頭の中を覗いたことがあるけど、かなりめちゃくちゃだったね。

――(笑)

ナズリ:まあでも、マジック!の曲を作る方がもっとクリエイティブに考えられるかな。もちろん信頼できるアーティストもいるけど、人によっては「これが僕のアイデアだから、これで曲作りをして」って頼まれることもあるし、「これが僕の意見だから」って言われてその意味を読み取らないといけないこともある。でもみんながハッピーになるような曲を作ろうと常に思っているよ。

▲MAGIC! - Don't Kill the Magic


Live Photo: Kazumichi Kokei
NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 大ヒット・ソング「ルード★それでも僕は結婚する」
    サイン入りポラ応募詳細は3ページ目☞
  3. Next >
大ヒット・ソング「ルード★それでも僕は結婚する」

――なるほど。そんな中、マジック!としての大ヒット曲「ルード★それでも僕は結婚する」ですが、全米&全英で1位、そして私達が発表しているBillboard JAPAN HOT Overseasチャートでも2014年9月22日から10月13日付のチャートで4週連続の1位を獲得しています。


▲ナズリ

マーク:日本のチャートでも1位だったの?

ナズリ:本当に?それは嬉しいね!

アレックス:イチバーン!

――もちろん日本でも流行っていましたよ。みなさんはいつ、どのタイミングで自分たちが“ヒットしているな”という実感が湧きましたか?

ベン:あれは火曜日だったかな。

――火曜日?(笑)

アレックス:今、この瞬間。

▲MAGIC! - Rude


ナズリ:ヒットしているっていう事は日々感じるね。でも1位を獲得したからって完璧なわけじゃないんだ。ミスをしてしまうことだってある。このヒットについて俺たちはどう反応したらいいのか、明確にはわからない。本当に衝撃的だったからね。とりあえず今は目の前のツアーや自分たちのパフォーマンスに集中しようと思っているよ。だからこうして日本にも来て、自分たちの新しい曲を披露したりしてるんだ。あの曲がすごくヒットしてしたことで、マジック!として止まらずに継続していかなきゃと思っているよ。

――「ルード★それでも僕は結婚する」のヒットは歌詞の内容もあってか、アメリカなどで一般の“お父さん”がパロディーの動画をYouTubeにアップしたことも話題となりました。“父親側からの視点”というようなテーマで。あの動画についてはどう思いましたか?

アレックス:あの動画については、俺たちは世間の人よりも遅れて知ったと思うね。

ナズリ:俺たちはそんなにネットで音楽や動画を探したりしないんだ。

アレックス:だからああいったパロディー動画も友達に言われて知ったよ。しかもイスラエルにいた友達も、「この動画見た?」って送って来たくらいだから、世界中で反響があったみたいだね。

――あの内容についはどう思いましたか?

ベン:面白いと思ったよ。

ナズリ:それに、あの曲で音楽のカルチャーを動かせたってことが重要だと思ってる。「ルード★それでも僕は結婚する」はレゲエ調の曲だったけど、あの曲でまたレゲエの音楽が流行るようになってきたんじゃないかな。だから今もレゲエをフュージョンした曲作りを続けているんだ。それに俺たちはもっと良い曲を作れると信じてる。レゲエのリズムがまた世界中で聞かれるようになっているということがとても嬉しいんだ。

 とは言っても、今はレゲエ風な曲が溢れてきているから、今回のアルバムには「ノー・リグレッツ」のようなアコースティック調の曲も作ったんだ。もともと俺たちはバンドとして、色んな側面を持ったメンバーが集まっているからすごくラッキーだと思ってる。みんな俺たちのことを“レゲエ・バンド”って呼ぶけど、他のジャンルの曲もできるってことを知ってほしかったから、今回の作品ではアコースティックにも挑戦したんだ。

――ナズリさんの言う通り新作の『プライメリー・カラーズ』を聴くと、前作とは少しテイストが変わってきたなと思いました。「グロリア」はポリスを思い起こさせるような曲ですし、「ノー・リグレッツ」もアコースティックで、レゲエだけじゃないということが伝わってきました。またその「ノー・リグレッツ」は、昨日のライブでも“一番パーソナルな曲”と紹介していましたよね?

ナズリ:うん、俺にとってとてもパーソナルな曲だよ。この曲を簡単に説明すると、「俺は君が背負っているものを知っているし、俺も俺で背負っているものがある。怒鳴り合いの喧嘩もしてしまう。だけど俺たちならこの関係を修復できるから、後悔なしで前へ進もう」ってことなんだ。恋人の関係において一番やっかいなものは“過去に囚われること”だと思ってる。でも、過去に囚われても何の役にも立たないし、意味がないと思っているんだ。もっとポジティブなことに重点を置くべきなんだ。だからこの曲は“もう過去は全部忘れて。何があっても僕は君を愛してる。またここから始めよう。”っていう思いが込められてる。

――実際にそういった経験をしたことで、生まれてきた曲なんでしょうか?

ナズリ:そうだね。実際にこうゆう経験をしたよ。それに、この曲が1位を取れたらいいなって思ってる。

▲MAGIC! - No Regrets


――昨日のステージを観にいきましたが、「ノー・リグレッツ」は本当に素晴らしかったです。また、今回のアルバムにおいてインスピレーションを受けたアーティストはいましたか?「グロリア」はポリスの影響を受けているのでしょうか?

アレックス:今回のアルバムは色んなジャンルに挑戦している。それぞれの曲で違ったアーティストに影響受けたかな。「グロリア」はポリスだし、「レイ・ユー・ダウン・イージー」はもちろんレゲエだし、「アイ・ニード・ユー」はビートルズとかコールドプレイっぽい感じもするし、俺たちのバンドの良いところは“ルールはない”ってことだね。ジャンルに捕らわれずに自分たちのスタイルで作っているよ。みんな音楽が好きがら、色んなアーティストから影響を受けているね。それにプロデューサーのアダム・メッセンジャーは素晴らしいプロデューサーで、彼の協力なしには今作も出来なかったと思ってる。

写真


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. マジック!の音楽が持ついくつかの顔
    サイン入りポラ応募詳細は次のページへ☞
  3. Next >
マジック!の音楽が持ついくつかの顔

――ファースト、そしてセカンド・アルバムどちらもアダム・メッセンジャーがプロデュースに携わっていますもんね。また、今作ではショーン・ポールとフィーチャーした「レイ・ユー・ダウン・イージー」もあります。彼との仕事はどうでしたか?

ナズリ:素晴らしかったよ。ショーンは俺たちにとってレゲエ界のレジェンド的な存在だからね。みんなショーンの音楽を聴いて育ってきたんだ。俺たちが作った曲をショーンに聴いてもらったら気に入ってくれて、それで一緒にやることになったんだよ。ショーンはシーアとのコラボ曲もヒットしたし、また新しい曲を出すみたいだしね。彼と仕事が出来て本当に嬉しかったし、彼の音楽キャリアの一員になれて光栄だね。

▲MAGIC! - Lay You Down Easy (Studio Version) ft. Sean Paul


――ショーン・ポールの他にこれからフィーチャーしてみたいアーティストはいますか?

アレックス:ブルーノ・マーズ。

ナズリ:スティング。

ベン:ブルーノもスティングもいいね。俺は、、ポール・マッカートニーかな。

ナズリ:キャリー・アンダーウッドも。

マーク:うーん、そうだな。俺たちにフィットするかどうかは別として、スティーヴィー・ワンダーの大ファンだから、、


▲マーク

ナズリ:スティーヴィーは俺たちに合わないって思うの?

マーク:いや、なんていうか、スティーヴィーは誰でもフィットしちゃう思うよ。

ナズリ:スティーヴィーは最高のミュージシャンだよ。

――なるほど。でもマジック!とスティーヴィーがコラボした曲を聴いてみたいですね。

ナズリ:実は今、考えている曲のアイデアがあって、もしかしたらその方法でスティービーとコラボできないかなと思ってるんだよね。スティーヴィーがハーモニカで参加してくれないかなって。

マーク:まあ手っ取り早い方法は、大金を払っちゃえばいいと思うけどね(笑)。

アレックス:200万円払うから一緒にコラボしてーって頼むとか(笑)。

――ということは、すでに新しいアルバムの制作を始めているのでしょうか?

アレックス:今はそのための資金集めの真っ最中だね。

ナズリ:『プライメリー・カラーズ』がリリースされて約半年が経って、今はこのアルバムのツアーに集中しなきゃいけない時期なんだ。でも、もちろんみんなもっと曲を作りたいって思ってるから、辛抱強く我慢しているところだよ。まあでも1月から新しい曲作りにも力を入れていこうかなと思ってるところさ。俺たちの曲をファンにもっと聴いてほしいと思っているからね。

――新曲も楽しみにしていますね。『プライメリー・カラーズ』からのセカンド・シングル「レッド・ドレス」ですが、なぜ“赤”という色を選んだのでしょうか?


▲ベン

ナズリ:セクシーだから。

アレックス:赤はお気に入りの色なんだよ。

ナズリ:赤は力強い感じもするしね。

マーク:ベンも今、赤を着ているだろ?

ベン:マークも赤だね。似合ってるよ。

ナズリ:赤いドレスを着ている女性はとてもセクシーだと思うんだ。

マーク:昨日のライブで、赤いドレスを着ている人がいたんだよ!ナズリが見つけてね。ああいう風に曲のイメージ合わせて赤いドレスを着てライブを見に来てくれるのは、すごく嬉しいよね。

ナズリ:俺もそう思うよ。マジック!の音楽は、いくつかの顔を持っているんだ。スタンダードなレゲエもあれば、ポップな一面もあるし、それからロックっぽく曲を作るときもある。そういう様々な側面を持つことで、ライブを更に良いモノにできると思っているんだ。だからこれからもマジック!らしいスタイルで続けていきたいと思ってるよ。もちろん一番重要だと思ってることは、ライブを見に来てくれたファンに楽しんでもらおうと思いながらパフォーマンスすることだね。

▲MAGIC! - Red Dress (Official Video)

――昨日のライブもすごく楽しかったです。また、昨日はドレイクの「ホットライン・ブリング」もカバーしていましたよね?ドレイクもみなさんと同じくカナダのトロント出身ですが、なぜあの曲にしたのでしょうか?

アレックス:みんなドレイクのファンなんだ。

ナズリ:「ホットライン・ブリング」にしたのは、あの曲しかリハーサルできなかったから(笑)。

アレックス:あの曲が俺たちを選んだんだよ。ハリー・ポッターのマジック(魔法)みたいに(笑)。

ナズリ:リハーサルの関係もあるけど、あの曲のメロディーがすごく好きなんだ。それに俺たちのスタイルでカバーできるドレイクの曲は限られてると思うんだけど、あの曲はいわゆるヒップホップの王道ともいえるし、みんなあの曲が好きだからね。あとはファンが喜んでくれるなら歌いたいと思って。

 それに実は昨日、ジョージ・マイケルの「フェイス」もカバーしようかと思ってたんだけど、歌詞を忘れちゃってね。(笑)

マーク:ブルーノ・マーズの「24K・マジック」とかもね。


▲アレックス

ナズリ:俺たちは色んな曲をカバーできると思ってるんだけど、ライブに来ているファンがどう反応するかを見て決めたいと思うこともある。昨日のセットリストは昨日来てくれてたファンに合っていたと思ってるよ。俺たちのセットリストは毎回全て同じにはならない。どんな人が聴きに来ているかによって変えているよ。

アレックス:それに、俺たちはそれぞれ色んなバンドで活動してきたから、カバーしたことがある曲は300曲くらいあると思う。トロントにいた頃にもね。でも今は自分たちのオリジナル曲を持っていて、それを自分たちのファンの前で披露できることが本当に嬉しいんだ。自分たちの曲を演奏して、ファンが一緒に歌ってくれて。それはもう最高の気分だよ。もちろん他のアーティストの曲をカバーすることは楽しいけど、今こうして自分たちのオリジナル・ソングを聴いてもらえることが俺たちにとって幸せなことなんだ。

――それでは、最後にこのインタビューを読んでくれているファンへメッセージをお願いします。

ナズリ:このインタビューを読んでくれてありがとう!セカンド・アルバム『プライメリー・カラーズ』をこうして日本のファンの前で披露できて本当に嬉しかったよ。みなさん、良い年を迎えてね。心から愛してます!

――ありがとうございました!



マジック!のサイン入りポラロイド写真を抽選で2名様にプレゼント!

写真

応募〆切:2016年12月19日(月)正午までに、Billboard JAPANの公式twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)と洋楽専用アカウント(@BillboardJP_INT)を両方フォロー&ハッシュタグ#Magic_PolaJPでツイートした読者の中から抽選で2名様に取材時に撮影したサイン入りポラロイド写真をプレゼント!下記注意事項を必ず確認の上、ふるってご応募下さい!

・写真は選べません。予めご了承ください。
・応募締め切りは、2016年12月19日(月)正午となります。
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMを送ります。当選時に@Billboard_JAPAN@BillboardJP_INTをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・当選は発送をもって代えさせて頂きます。

関連キーワード

TAG

Chartsmore