Billboard JAPAN


Special Contents

リヴィングストン・テイラー来日記念特集&インタビュー~アメリカ・ポップス界の良心

top

 ハートウォーミングな歌とギターで心に響く名曲の数々を届けるリヴィングストン・テイラーが約10年ぶりに来日公演をおこなう。シンガーソングライターとして活動するかたわら名門バークリー音楽院の教壇に立ち、チャーリー・プースなど多くの若き才能の育成もおこなってきたアメリカ・ポップス界の良心的存在。“ジェイムス・テイラーの弟”という肩書きだけでは伝わらない魅力を掘り下げる。

 リヴィングストン・テイラーは1950年に5人兄弟の4番目、テイラー家の三男としてボストンに生まれ、ノース・キャロライナで青春時代を送った。テイラー兄弟は全員ミュージシャン。アレックス、ケイト、ヒュー、そして兄弟のなかで最も早く脚光を浴びた二男=今もアメリカを代表するシンガーソングライターとして活動を続けるジェイムス・テイラーである。“リヴ”ことリヴィングストンのデビューは、兄のジェイムスがデビュー・アルバム『ジェイムス・テイラー』をリリースしてから2年後のこと。オールマン・ブラザーズ・バンドを輩出したことでしられる[カプリコーン・レコード]創設時の契約アーティストのひとりとして、1970年にデビュー作『リヴィングストン・テイラー』を発表。兄ジェイムスがワーナー移籍作『スウィート・ベイビー・ジェイムス』をリリースし「ファイアー・アンド・レイン」が全米大ヒットを記録したのと同年のことである。

CD
▲『リヴィングストン・
テイラー』(1970年)

 デビュー作『リヴィングストン・テイラー』のプロデュースを手がけたのは、ブルース・スプリングスティーンの『明日なき暴走』(1975年)を手がけ、のちに彼のマネージャーを務めたことで知られるジョン・ランドー。さらにレコーディングに参加したプレイヤーたちも名手揃い。のちにマッスルショールズ・リズム・セクションとして数多くの名作に参加することになるセッション・ギタリストのピート・カー、そして60年代後半にデュアン&グレッグ・オールマン兄弟と活動をともにし、のちにキャプリコーン=オールマン・ブラザーズ・バンドの躍進を裏方として支えることになるポール・ホーンズビー&ジョニー・サンドリンだ。いかにもキャプリコーンらしいバンド・メンバーを従えてのレコーディングとなったリヴのデビュー・アルバムだが、そのサウンドは決してサザン・ロックやスワンプ・ロックといったジャンルに分類されるものではない。フォークを基調としたリヴの弾き語りをより爽やかに演出するシンプルで軽快なバッキング、レコーディング当時まだ19歳の青年であったリヴの少しあどけない歌声に、奇をてらわないストレートなソングライティング…若さゆえの瑞々しさとナイーヴさがほどよい加減で調和された聴き心地のいいSSW作品となっている。デビュー作は全米ビルボード82位。セールス的には兄・ジェイムスに到底およばなかったものの、新人としてはまずまずのレコードデビューとなった。ちなみに、ジェイムス家の長男であるアレックスもリヴのデビュー翌年の1971年に同じくキャプリコーンよりレコードデビューを果たしている。

CD
▲『虹の彼方に』(1973年)

 その後リヴはキャプリコーンから『LIV』(1971年)、『虹の彼方に』(1973年)を発表。フォーク・ソングの持つ繊細さや内省的な世界観はそのままに、サザン/カントリー・ロック~ポップスへと音楽の幅を広げていった。3作目となる『虹の彼方に』では、ジャンルを超えて歌い継がれるスタンダードである表題曲のほか、ビートルズのカバーにも挑戦。サウンド的にも素朴でアコースティックなフォーク~カントリーから、より洗練されたポップス=AOR的なアプローチに近いものへと変化している。同作には、兄・ジェイムスとジェイムスの新妻、カーリー・サイモン(のちに離婚)がコーラスで参加。また収録曲の「ロデオ」は、数年後に姉のケイトがカバーしている。

CD
▲『三面鏡』(1978年)

 3枚のアルバムをリリースしたところで、リヴはしばらく制作活動から遠ざかることになる。5年後の1978年にキャプリコーンを離れエピックへと移籍、通算4枚目のアルバム『三面鏡』を発表する。“AORの原点”ともいわれる名盤『イタリアン・グラフィティ』(1974年)のニック・デカロをプロデューサーに起用し、ロサンゼルスでおこなわれたレコーディングには、リー・リトナーやデヴィッド・ハンゲイト、ジム・ケルトナーなど、西海岸の錚々たるミュージシャンが参加した。リヴにとって初めてのLA録音を経てリリースされた『三面鏡 / 3-Way Mirror』は、カプリコーン時代のサザン・ロック的なアプローチは影を潜め、より都会的でソフトなAORとしてより多くのリスナーの耳にとまることになった。そして、この作品から、ついにリヴにとって初のヒット曲「アイ・ウィル・ビー・イン・ラヴ・ウィズ・ユー」が誕生したのだった。普遍的な美しさを持ったメロディーに穏やかな歌声、そして洗練されたアレンジ、決して派手さはないものの、聴けば聴くほど味わい深い、まさに大人のための珠玉のラブソングである。

CD
▲『リンダ・ロンシュタット』
(1972年)

 ちなみに、同作のプロモーションとしてリヴは当時西海岸を代表する歌姫として爆発的人気を誇っていたリンダ・ロンシュタットの全米ツアーに同行し、彼女の前座を務めている。その流れでロンシュタットが1979年に来日公演をおこなった際にも一緒に来日を果たし、オープニングアクトとして日本武道館などのステージに立っている。数多くのアーティストの隠れた名曲をとりあげてヒットさせているロンシュタットだが、実は早々にリヴの楽曲を採用していたのは知る人ぞ知る話。1972年にイーグルスのメンバーをバンドにしたがえてレコーディングをおこなった名盤『リンダ・ロンシュタット』でのなかで、リヴの「イン・マイ・リプレイ」(『リヴィングストン・テイラー』収録曲)をカバーしている。

CD
▲『ベスト・フレンド』
(1980年)

 西海岸のエッセンスを取り入れたサウンドで幸先の良い再出発を果たしたリヴは、キャプリコーン時代の楽曲をあつめたベスト盤のリリースに続いて、80年に5枚目のオリジナル・アルバム『ベスト・フレンド / Man's Best Friend 』を発表。この作品も前作に続き“西海岸人脈”によって集められた豪華布陣によってレコーディングがおこなわれた。まず、プロデューサーにはリンダ・ロンシュタットをバックバンド=イーグルスの結成とともに世に送り出した敏腕マネージャーのジョン・ボイラン、そしてスティーリー・ダン~ ドゥービー・ブラザーズを渡り歩いたセッション・ギタリストの“スカンク”ことジェフ・バクスターの2人を起用。そしてバンドにはラリー・カールトンやジェフ・ポーカロ、ドン・ヘンリーと当時のロック~AORサウンドを担う文句なしの名手たちが集結している。また、これまでは基本的にリヴ1人でおこなってきた楽曲制作についても、この作品では共同ソングライティングを積極的に採用。そして、オリジナル曲のほかにカバーも過去最多となる4曲も収録している。このことからも、リヴにとって同作は1人のシンガーソングライターによるパーソナルなものではなく、時代背景や多くのリスナーに優しく寄り添うポップ・アルバムとしての完成度を追求した作品であったことがうかがえる。ベッドに入る前の子供の心境を歌ったユニークなオリジナル曲「パジャマ」から、マーサ&ザ・ヴァンデラスの名曲「ダンシング・イン・ザ・ストリート」まで、とにかくバラエティー豊富。それでも決して浮ついた印象にならないのは、イヴの歌声が徹底して穏やかで“癒し”を与えてくれるからにおならない。

  『ベスト・フレンド』リリース後は音楽番組のホストを務めたり、名門バークリー音楽院の教授に就任したりと自身の経験を生かした新たな活動を開始。新作発表までに8年の歳月を要したものの、88年には『ライフ・イズ・グッド』を発表。前作の流れを踏襲したAORサウンドをベースに、ルイ・アームストロングのことを歌った「ルイ」や兄ジェイムスとのデュエット「シティ・ライフ」など、聴きどころ満載の大人のポップ・アルバムとなっている。

CD
▲『ブルー・スカイ』
(2014年)

 ペースダウンこそしたものの、90年代~現在まで、忘れた頃にふと良質なポップスを届けてくれるリヴ。最新作となる『ブルー・スカイ』(2014年)では、共同プロデューサーとして意外な人物を起用している。ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」にフィーチャーされて注目を集めたチャーリー・プースだ。彼はなんとバークリー音楽院の卒業生。リヴの教え子なのである。プースは同音楽院コミュニティーサイトのインタビューにて、最も好きな教授としてリヴの名を挙げている。自身の育てた若き才能との共同プロデュースによるオリジナル曲はもちろん、今回もビートルズの「ペーパーバック・ライター」やスティーヴン・ビショップによるAOR名曲「オン・アンド・オン」など、アレンジ・センス溢れるカバーも秀逸だ。2006年以来となる今夏の来日公演は、リヴのソロステージとなる予定だ。すっかりおなじみとなった蝶ネクタイスタイルでステージに立つ「リヴ教授」。その癒しの歌声と繊細なメロディー、優しさと知性に溢れたステージ・パフォーマンスでポップスの真髄にふれる貴重な音楽体験をしてみては?

 


▲ Livingston Taylor in Concert 2010


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. リヴィングストン・テイラーへメール・インタビュー
  3. Next >


「日本に関するものが全て大好きさ。日本にいる時が一番幸せに感じるよ。」

 リヴィングストン・テイラーの2度目の来日公演を主催し、公私とも親交が深かった南青山のレコードショップ“パイドパイパーハウス”店長/オーナーの長門芳郎氏。約10年ぶりに来日するリヴィングストン・テイラーへ、メールインタヴューを行ってもらった。

Livingston_Taylor
▲1989年来日時のリヴ(中)&妻(左)、プロデューサー/ギター・リストのアーティ・トラウン


長門:日本には何度か来日していますが、何か特別な思い出はありますか?

リヴ:日本に関するものが全て大好きさ。食べ物や、自動車、オートバイ、飛行機、電子機器、音楽に芸術と、挙げたらきりがないな。日本にいる時が一番幸せに感じるよ。

長門:あなたは自家用飛行機のパイロットですが、最近も操縦していますか? 一番長距離で行った場所はどこでしょうか?

リヴ:時々ジェット機を操縦する機会があるんだけど、普段は自家用単発セスナ205を飛ばしているよ。地味で質素な機体だけど、お金がかかるんだ。最も長い距離を飛んだのは、ボストンからアラスカまでだね。

長門:自家用飛行機操縦中にメロディや歌詞が浮かんだりすることはありますか? 「ブルー・スカイ」がそうなんでしょうか?

リヴ:歌詞はいつも飛んでいる時に考えている。だから答えはイエス、「ブルー・スカイ」は雲の上で出来たんだ。

長門:この曲は自分の書いた作品だったらと思う曲はありますか? それはどの曲ですか?

リヴ:あるよ、ジョージ・ガーシュウィンの「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー」だね。

長門:ニュー・アルバムの制作予定はありますか?

リヴ:チェスキー・レコーズから2017年1月1日に新作をリリースするよ。もうそろそろだね!



NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 来日公演に寄せてコメント公開
  3. Next >


リヴィングストン・テイラー来日公演に寄せて
FUJI ROCK
▲1989年パイド・パイパーハウス主催で行われた”ライフ・イズ・グッド・ツアー”ポスター

 リヴを知ったのは、兄のジェイムス・テイラーがきっかけだ。もともとジェイムスのファンだったが、当時僕がプロデュースしていた“ヴィレッジ・グリーン・レーベル(ポニー・キャニオン)“で、リヴのアルバム『ライフ・イズ・グッド』をリリースしてから、一気に彼のファンになった。作曲センスが本当に素晴らしく、ぜひ日本のファンにもリヴの楽曲を聴いてもらいたいと思い、パイド・パイパーハウスで来日公演の主催も行った。一緒にご飯を食べに行ったり、テイラー・ファミリーのアルバムリリースを行うなど、そこから親交が深まっていった。リヴを含めて、テイラー・ファミリーは本当に良い人ばかり。 1998年の来日以来、リヴとは会っていない。実はリヴと同い年。インストア・イベントでリヴと話す機会があるので、音楽のことだけでなく、同い年の男として色々聞いてみたい。もちろん、10年ぶりの来日公演も楽しみだ。


長門芳郎
音楽プロデューサー、音楽雑文家。 70年代初期から後期にかけ、シュガー・ベイブ(山下達郎/大貫妙子/村松邦男ほか)、ティン・パン・アレー(細野晴臣/鈴木茂/林立夫)のマネージャーとして、コンサート/レコード制作に携わる。 70年代末~80年代末には、南青山の輸入レコード店パイドパイパーハウスの店長/オーナーを続けながら、ピチカート・ファイヴのマネージメント、海外アーティストのコンサートをプロデュース。80年代末にヴィレッジ・グリーン・レーベル(ポニーキャニオン)をスタートさせ、海外アーティストのレコード制作に携わる。98年からは、ドリームズヴィル・レーベルのプロデューサーとして、数多くのアルバム制作を行なっている。 以上の仕事のかたわら、70年代から現在まで、数多くの洋楽アルバム/CDのリイシュー企画監修、アート・ディレクションを行ない、その総数は1500タイトル以上。現在、放送開始から15年を迎えた音楽番組『ようこそ夢街名曲堂へ!』(K-MIX/FM PORT)にレギュラー出演中。 著書に「魔法のBEAT」(MF WORKS)がある。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 リヴィングストン・テイラーの 10 年ぶりとなる来日公演が心躍るほど嬉しい。 10 年前である 2006 年にリリースされた当時の新作『 There You Are Again 』は、フリーペーパーの bounce 誌にお願いをしてレヴューを書かせてもらった思い出があるのだけれど、驚いたことにそれから半年後にリヴが来日することになり、しかも(当時もいまも僕の勤務先である)タワーレコード渋谷店でインストア・ライブを行ってくれることになったのだ。ところが好事魔多しで、直前に体調を崩した僕は来店当日にまさかの欠勤という事態になり、リヴとの邂逅を果たせずに涙を呑むこととなった。なおインストアを体験した同僚 T は、リヴのパフォーマンスの素晴らしさと温和なパーソナルの魅力に激しく心を打たれたらしく、以来「 JT より LIV 派」を標榜してやまない。 10 年ぶり。僕にとっての、そしてもちろん皆さんにとっての「待ったこの日」が訪れることが、本当に嬉しい。


タワーレコード渋谷店 北爪啓之
タワーレコード渋谷店、5F”DISCOVERY”の名バイヤー。担当ジャンルは洋楽ROCK/POPS。”聴いたことない旧譜は新譜だ!””どんな名盤でも全人類に聴いてもらうまで売り続ける”を合言葉とした”渋DIG隊”の活動やタワーレコードのインターネット・ストリーミング・プログラム、TOWER REVOLVE PROJECT(通称:タワレボ)の洋楽番組にも出演。





リヴィングストン・テイラー「マンズ・ベスト・フレンド」

マンズ・ベスト・フレンド

2016/07/27 RELEASE
SICP-4873 ¥ 1,100(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.レディ・セット・ゴー
  2. 02.ダンス・ウィズ・ミー
  3. 03.ファースト・タイム・ラヴ
  4. 04.サンシャイン・ガール
  5. 05.ユー・ドント・ハフ・トゥ・チューズ
  6. 06.ダンシング・イン・ザ・ストリート
  7. 07.アウト・オブ・ディス・ワールド
  8. 08.フェイス・ライク・ドッグ
  9. 09.パジャマ
  10. 10.マリー

関連キーワード

TAG

関連商品

三面鏡
リヴィングストン・テイラー「三面鏡」

2016/07/27

[CD]

¥1,100(税込)

マンズ・ベスト・フレンド
リヴィングストン・テイラー「マンズ・ベスト・フレンド」

2016/07/27

[CD]

¥1,100(税込)

ブルー・スカイ
リヴィングストン・テイラー「ブルー・スカイ」

2014/08/13

[CD]

¥2,750(税込)

虹の彼方に
リヴィングストン・テイラー「虹の彼方に」

2006/11/22

[CD]

¥2,202(税込)

LIV
リヴィングストン・テイラー「LIV」

2006/11/22

[CD]

¥2,202(税込)

リヴィングストン・テイラー
リヴィングストン・テイラー「リヴィングストン・テイラー」

2006/11/22

[CD]

¥2,202(税込)

ライフ・イズ・グッド
リヴィングストン・テイラー「ライフ・イズ・グッド」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

自転車と僕
リヴィングストン・テイラー「自転車と僕」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

持込音源
リヴィングストン・テイラー「持込音源」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

ベスト・フレンド
リヴィングストン・テイラー「ベスト・フレンド」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

三面鏡
リヴィングストン・テイラー「三面鏡」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

ゼア・ユー・アー・アゲイン
リヴィングストン・テイラー「ゼア・ユー・アー・アゲイン」

2006/04/05

[CD]

¥2,621(税込)

アワ・ターン・トゥ・ダンス
リヴィングストン・テイラー「アワ・ターン・トゥ・ダンス」

1996/02/21

[CD]

¥1,835(税込)

三面鏡
リヴィングストン・テイラー「三面鏡」

2016/07/27

[CD]

¥1,100(税込)

マンズ・ベスト・フレンド
リヴィングストン・テイラー「マンズ・ベスト・フレンド」

2016/07/27

[CD]

¥1,100(税込)

ブルー・スカイ
リヴィングストン・テイラー「ブルー・スカイ」

2014/08/13

[CD]

¥2,750(税込)

虹の彼方に
リヴィングストン・テイラー「虹の彼方に」

2006/11/22

[CD]

¥2,202(税込)

LIV
リヴィングストン・テイラー「LIV」

2006/11/22

[CD]

¥2,202(税込)

リヴィングストン・テイラー
リヴィングストン・テイラー「リヴィングストン・テイラー」

2006/11/22

[CD]

¥2,202(税込)

ライフ・イズ・グッド
リヴィングストン・テイラー「ライフ・イズ・グッド」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

自転車と僕
リヴィングストン・テイラー「自転車と僕」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

持込音源
リヴィングストン・テイラー「持込音源」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

ベスト・フレンド
リヴィングストン・テイラー「ベスト・フレンド」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

三面鏡
リヴィングストン・テイラー「三面鏡」

2006/11/22

[CD]

¥1,980(税込)

ゼア・ユー・アー・アゲイン
リヴィングストン・テイラー「ゼア・ユー・アー・アゲイン」

2006/04/05

[CD]

¥2,621(税込)

アワ・ターン・トゥ・ダンス
リヴィングストン・テイラー「アワ・ターン・トゥ・ダンス」

1996/02/21

[CD]

¥1,835(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」が3.1万DLで首位返り咲き、「BiSH-星が瞬く夜に」がTOP10入り

  2. 2

    【ビルボード】東方神起『XV』が総合アルバム首位 まふまふ、星野源が続く

  3. 3

    【ビルボード】星野源『Same Thing』、大差でダウンロード・アルバム首位に

  4. 4

    BABYMETAL、最新アルバム『METAL GALAXY』が全米アルバム・チャート初登場13位に

  5. 5

    スカパラ、多数アーティストとのコラボ楽曲&セッション映像を30周年記念アルバムに収録

HOT IMAGES

注目の画像