Billboard JAPAN


Special Contents

【再掲】ナ・レオ&アリアナ・セイユ来日記念特集

top

ー美しい “声の集まり” ナ・レオー 正式なグループ名はナ・レオ・ピリメハナ(Na Leo Pilimehana)。ハワイ語で、“暖かさに包まれた声の集まり”という意味だ。それを省略して、ナ・レオ。ハワイ語の“声の集まり”の部分にあたる。つまり、メンバーであるアンジェラ・モラレス、ナラニ・チョイ、レフア・カリマ3人の声のことだ。今年も、彼女たちの美しい歌声を堪能できる夏が、ビルボードライブにやってくる。演奏が始まったとたん、会場はハワイのそよ風が吹き抜けるような心地よさに包まれ、その風に乗って、お馴染みのトップフラダンサー、アリアナ・セイユが華麗な舞を披露する。今年もトロピカルな一夜となることは間違いないだろう。

 ナ・レオは2014年に結成30周年を迎えた。今までにリリースしたアルバムは23枚。ハワイ版のグラミー賞として名高いナホク・ハノハノ・アウォードでの受賞数は22にのぼる。名実ともにハワイを代表する女性ヴォーカルグループだが、3人はどのようにして出会い、グループを結成したのか。ナ・レオの歴史をたどってみよう。

出会いはカメハメハ・スクール時代

 3人が出会ったのは学校を通じてだった。アンジェラとナラニは1年生(小学校1年生)のときからの幼なじみだ。ふたりとレフアとの出会いは、少しあとの7年生(中学校1年生)のときのこと。3人はハワイの名門私立学校カメハメハ・スクールの同級生だった。仲良しとなった3人は、グリークラブ(合唱団)に所属した。しかし、歌うことだけでは満足できず、バンドを結成する。ここにナ・レオが誕生したのだ。楽器はアンジェラがウクレレ、ナラニがアコースティックギター、レフアがウッドベースの担当だった。当時、ラジオ局KIKIが主催するブラウン・バグズ・トゥ・スターダムというティーンの間で人気のあったタレントコンテストがあり、彼女たちはそのコンテストに出場することにした。そして、みごと優勝を飾る。1984年のことだ。


▲ナ・レオ

 優勝グループにはKIKI局によるレコーディングという特典が与えられていた。お陰で、ナ・レオはシングルレコードをリリースすることができた。その記念すべき最初のシングルが、コンテストで歌ったナラニ作曲のオリジナルソング「Local Boys」だ。3人が声をそろえて“私にとってハワイアンの男の子がノ・カ・オイ(一番)、誰が何を言ってもね”と歌う陽気なポップソングだ。これがハワイの若者に大いに受けた。そして、きっと誰もが予想できなかった結果が待ち受けていた。「Local Boys」はシングル盤として、ハワイ音楽史上最高のセールスを記録したのだ。なんと、その記録は今でも破られていないという。

 高校生バンドにかかわらず一躍有名となったナ・レオは、同じ年にデビューアルバムもリリースすることになる。そして翌1985年、ナホク・ハノハノ・アウォードで初受賞に輝いた。「Local Boys」が年間シングル曲賞に選るという、誰もが納得の結果だった。ナ・レオは、ミュージシャンのキャリアとして、理想的なスタートを切ったのだった。

▲「Local Boys」


それぞれの道から再びひとつの道に

 ところが、彼女たちが高校卒業を前に下した決断は意外なものだった。音楽活動の休止だ。結婚、就職、アメリカ本土への大学進学と、それぞれお互いの生活の道に歩むことを決めたのだった。休止といっても、事実上は解散に近かっただろう。美しいハーモニーもさることながら、キャッチィなメロディとハワイのロコガールならではという目線で書かれた歌詞。コンポーザーとしても注目をされていただけに、多くのファンがそのニュースに落胆したに違いない。大好きな音楽の道。ファンからの大きな期待と名声。音楽ビジネスとしての成功。しかし、彼女たちには他にすべきこと、やりたい目標があった。それぞれの道を進んだアンジェラ、ナラニ、レフア。学生時代とは違い、お互い離ればなれの生活が始まった。だが、彼女たちの友情関係が終わったわけでは決してなかった。

 大学卒業や子育てなど、それぞれの目的がひと段落したころ、3人は活動を再開した。あらためて、3人で音楽に向き合う機会が巡ってきた。人気のトラディショナル・ハワイアン・バンド、パンダナス・クラブのリーダーであるケネス・マクアカーネの協力を得て、2枚目のアルバムがリリースされた。タイトルはシンプルに彼女たちのグループ名と同じ『Na Leo Pilimehana』。1993年のことだった。ファーストアルバムから9年、活動を休止してから7年が経っていた。しかし、待っていたファンがいた。アルバムは着実に売り上げを伸ばし始めたのだった。

▲「Friends」


 アルバムに「Friends」という曲が収められている。クリスチャン・ミュージックのシンガー、マイケル・W・スミスの曲だ。なぜこの曲を取り上げたのか。歌のサビ部分にこんなフレーズがある。“And friends are friends forever”。“友だちは永遠に友だち”。グループのリユニオンを果たした彼女たち。それは3人がカメハメハ・スクール時代から築き上げてきた友情があったからこそ。別れを乗り越えて、これからは音楽の道をともに歩んでいこう、その決意を「Friends」に込めているのだと思う。

 以後、ナ・レオは精力的に活動を開始し、アルバムをリリースし続けた。1996年には、アルバム『アイランド・ブリーズ』で日本デビューを果たしている。これで一気に日本のファンを獲得したのだった。また、レフア・カリマは2011年にソロアルバムを発表している。そして、3人がひとつとなって今日まで途切れることなく活動を続けている。


フレンズ・フォーエヴァー

 ここで、ナ・レオのコンサートに彩りを添えるフラダンサー、アリアナ・セイユの経歴を紹介しよう。


▲アリアナ・セイユ

 クム・フラ(フラの先生)である母イヴァラニ・セイユの三女として、3歳からフラを学ぶ。ナ・レオの3人と同じカメハメハ・スクール卒業。在学中には生徒会長を務めたという。1999年にはミス・ハワイ・ティーンUSAを獲得。モデル業を行いつつ、ハワイを代表するフラダンサーとしてアメリカ、ヨーロッパ、アジア各地の公演に出演する。2007年にはフラ最高の競技大会メリー・モナーク・フェスティバルでミス・アロハ・フラ第1位を獲得。2009年 ミスハワイ USAに選ばれ、ハワイ州観光局の大使として現在も活躍中だ。日本でもアリアナがセルフプロデュースしたコンサートが渋谷オーチャードホールなどで行われたが、筆者はミュージシャンとして、彼女のコンサートでギターを担当したことが何度かあるのだが、常にサムシングニュー(新しい何か)を求める、エンターテインメントに対して真摯な素晴らしい女性であった。

 アリアナがナ・レオのダンサーとして踊り始めたのは1995年、10歳のときからだという。21年という長きにわたって続くナ・レオとのパートナーシップ。その間に培った信頼関係があるからこそ、ナ・レオのハーモニーと見事にシンクロした踊りをすることができる。アリアナはナ・レオのもうひとりのメンバーと言っていいかもしれない。今回も曲ごとに衣装を替えて、キュートな、そして優雅なフラを披露してくれるに違いない。

▲Aureana Tseu Do The Hula


 ハワイという大地で長い友情関係から醸成された極上のハーモニー。そして、ハワイの伝統文化であるフラとのコラボレーション。ハワイの風に吹かれながら、ナ・レオの魅力に今年もきっと酔いしれることだろう。


ナレオ「ハワイアン・ヴォイセズ ~30周年記念ベスト・コレクション~」

ハワイアン・ヴォイセズ ~30周年記念ベスト・コレクション~

2014/07/16 RELEASE
VICP-75138 ¥ 2,916(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ローカル・ボーイズ
  2. 02.アイ・ミス・ユー・マイ・ハワイ
  3. 03.ソフィスティケイテッド・フラ
  4. 04.ストローリング・オン・ザ・ビーチ・アット・ワイキキ
  5. 05.フライング・ウィズ・エンジェル
  6. 06.ジャスト・マイ・イマジネーション
  7. 07.ハワイアン・アイズ
  8. 08.キャンドル・イン・ザ・ナイト
  9. 09.フレンズ
  10. 10.パイナップル・プリンセス
  11. 11.リズム・オブ・ジ・オーシャン
  12. 12.ラヴ(ハワイアン・スタイル)
  13. 13.ハワイアン・ララバイ
  14. 14.クウ・ホア
  15. 15.ウア・マウ
  16. 16.ドゥ・ザ・フラ
  17. 17.セイヴィング・フォーエヴァー
  18. 18.ザ・レスト・オブ・ユア・ライフ
  19. 19.ノース・ショア・セレナーデ
  20. 20.ワイキキ

関連キーワード

TAG

ロマンティック・ワイキキ
ナレオ「ロマンティック・ワイキキ」
2013/06/19
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
アロハ・ヘヴン~ラニカイ
(オムニバス) ケアリイ・レイシェル ナレオ ナ・パラパライ マカナ ライアテア ネイサン・アウェアウ ナタリー・アイ・カマウウ「アロハ・ヘヴン~ラニカイ」
2013/06/19
[CD]
¥2,777(税込)
購入画面へ
アロハ・ヘヴン~ハワイアン・デイズ
(オムニバス) ケアリイ・レイシェル ナレオ ライアテア マカナ マウナルア ネイサン・アウェアウ ジェフ・ピーターソン「アロハ・ヘヴン~ハワイアン・デイズ」
2013/06/19
[CD]
¥2,777(税込)
購入画面へ
フラレア クラシックス
(オムニバス) スター・カラヒキ ナレオ イカイカ・ブラックバーン ナタリー・アイ・カマウウ コリー・パラキコ・オリヴェロス ネイサン・アウェアウ ライアテア「フラレア クラシックス」
2013/06/19
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
アロハ・ヘヴン~ルアナ
(オムニバス) ケアリイ・レイシェル ナレオ カラエロア マウナルア ライアテア ジェフ・ピーターソン マカナ「アロハ・ヘヴン~ルアナ」
2013/06/19
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
アロハ・ヘヴン~マイ・ハワイ
(オムニバス) ケアリイ・レイシェル ナレオ マカナ ライアテア ネイサン・アウェアウ エイミー・ハナイアリイ マウナルア「アロハ・ヘヴン~マイ・ハワイ」
2013/06/19
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
ハワイアン・メモリーズ
ナレオ「ハワイアン・メモリーズ」
2005/07/21
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ポケットフル・オブ・パラダイス
ナレオ「ポケットフル・オブ・パラダイス」
2005/07/21
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
アイ・ミス・ユー・マイ・ハワイ
ナレオ「アイ・ミス・ユー・マイ・ハワイ」
2005/07/21
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
カラーズ
ナレオ「カラーズ」
2005/07/21
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
フライング・ウィズ・エンジェル
ナレオ「フライング・ウィズ・エンジェル」
2005/06/22
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
フレンズ
ナレオ「フレンズ」
2005/06/22
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
カラーズ
ナレオ「カラーズ」
1997/06/21
[CD]
¥2,412(税込)
購入画面へ
フライング・ウィズ・エンジェル
ナレオ「フライング・ウィズ・エンジェル」
1996/11/01
[CD]
¥2,412(税込)
購入画面へ
アイランド・ブリーズ ~ベスト・オブ・ナレオ
ナレオ「アイランド・ブリーズ ~ベスト・オブ・ナレオ」
1996/06/01
[CD]
¥2,412(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

エリック・ロバーソン来日記念特集 ~R&B界のレジェンドが放つ新たな魅力について、柳樂光隆氏が解説~
エリック・ロバーソン来日記念特集 ~R&B界のレジェンドが放つ新たな魅力について、柳樂光隆氏が解説~
【かわさきジャズ】で10年ぶりの来日。「すごさ」ではなく、「うまさ」や「色気」を楽しむ。
デヴィッド・T.ウォーカーが振り返るDCT recordsとドリカムとの22年~ベスト・アルバム発売記念インタビュー
デヴィッド・T.ウォーカーが振り返るDCT recordsとドリカムとの22年~ベスト・アルバム発売記念インタビュー
「私のことを信じてくれ、自分が信じる作品を作らせてくれた。」
スクリッティ・ポリッティ来日記念特集
スクリッティ・ポリッティ来日記念特集
高橋健太郎が語る80年代NYと『キューピッド&サイケ'85』の衝撃
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 音楽評論家・渋谷陽一をゲストに迎えた番組
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 音楽評論家・渋谷陽一をゲストに迎えた番組
「桑田さんは“普通であること”を常に意識しているんです」
ベイビーフェイス 来日記念特集
ベイビーフェイス 来日記念特集
そのキャリアと音楽性を振り返る&本人セレクトのプレイリストとビデオ・メッセージ公開
s**t kingz インタビュー ―10th anniversary―
s**t kingz インタビュー ―10th anniversary―
結成10周年を迎えたs**t kingzの現在までの経緯、アニバーサリー・ライブへの意気込みを語る。
シェネル インタビュー
シェネル インタビュー
J-POPと世界をつなぐ歌姫が見据える未来とは?
【Live Hackasong 参加企業インタビュー】レコチョク
【Live Hackasong 参加企業インタビュー】レコチョク
昨年に続いての参加となったハッカソンに期待することや、テクノロジーと音楽の関係についてインタビュー

Chartsmore