Billboard JAPAN


Special Contents

【再掲】japan(finds) Vol.10 「日本のファンに聴かせたい曲」プレイリスト公開&「シャカタクに聴かせたい日本の楽曲」のコメント

top

 7月下旬から来日公演を控えるジャズ・フュージョン界の伝説のバンド、シャカタク。長年に渡り活躍し、多くのファンに愛されている彼らのショーが今年もまたビルボードライブで行われる。今回、来日を控えるバンドのドラマー、ロジャー・オデルにインタビューし、シャカタクがお薦めする“日本人に聴かせたいジャズ・フュージョンソング”のプレイリストを作成。音楽ファンも唸らせる、ジャズを知り尽くした彼らならではの選曲になっている。
 また、「シャカタクに聴かせたい日本の名曲」12曲を聴いた、ロジャーからコメントも到着。
japan(finds)一覧はこちら>

01. Chameleon - Herbie Hancock

 この曲はジャズとファンクのリズムを見事に融合させた最初の作品のうちの一つで、私達シャカタクに大きな影響を与えた曲だよ。ハービーのアルバム『ヘッド・ハンターズ』に収録されているこの曲は、今聴いても当時の衝撃が全く色あせていないくらい新鮮に聞こえるよ。

02. All Blues - Miles Davis

 この曲は、現代で最も知られている“ジャズ”アルバムのうちの1枚に選ばれる『カインド・オブ・ブルー』からの曲だ。マイルスは自身の音楽を“スムースジャズ”と呼ばれることに嫌悪感を持っていたんだけど、即興演奏やマイルス独特のリラックスしたムードを醸し出す演奏技法が、後のスムースジャズ作品に多大な影響を与えたんだ。

03. The Girl From Ipanema - Stan Getz / João Gilberto

 この曲がきっかけで、ラテンリズム(この曲で言うと、ブラジルのボサノバ音楽)を取り入れたジャズミュージックの独奏が世界的に知られるようになった。この曲はまさに、真のフュージョンが表現されている例の一つで、今ではボサノバのテンポがジャズ音楽作品で多く使われている。女性ボーカルのアストラッド・ジルベルトの歌声と、そのビートに合わせて歌われる言葉の表現がとても美しくて、いつまでも耳に残って離れないね。

04. Birdland - Weather Report

 真のフュージョンミュージックがここにもう一つ! ウェザー・リポートは世界屈指のプレイヤーが各国から集まって結成されたバンドで、とてつもなく素晴らしいベーシスト、ジャコ・パストリアスを迎えたセルフ・タイトル・アルバムは、彼らのベスト作品の一つと言える。この曲で、彼らが美しいメロディーの曲も書けるということを世に証明したね。

05. ミッドナイト・ランデブー - カシオペア

 私達シャカタクはみんな、日本のバンド、カシオペアの大ファンなんだ。これまでの来日で何度か彼らと話をする機会にも恵まれたよ。あれはラッキーだったね。この曲が入った『Mint Jams』と『MAKE UP CITY』はおススメだから、フュージョン・ファンは、ぜひ一度聴いてみてほしい。

06. Miles Runs The Voodoo Down - Miles Davis

 マイルスの出番はこれで2度目だけれど、外さないわけにはいかなくてね。しょうがなかったんだ。この曲が入った『ビッチェズ・ブリュー』は、電子機器と当時では当たり前だったテープ編集のような録音技術を用いて制作された初期のジャズ作品だよ。“フュージョン”であるのは間違いないが、 “スムースジャズ”ではないことは明らかだね!

07. Emergency - Tony Williams

 『エマージェンシー!』からのこの曲は、多くの人達からフュージョン・ジャズとロックをミックスして生まれた初めての曲として知られている。パンチが効いているから、小心者には不向きの曲だが、天才ドラマー、トニー・ウィリアムスとイギリス人ギタリストのジョン・マクラフリン、そして激しく渦巻く、別世界もののサウンドを奏でるオルガン奏者のラリー・ヤングのセッションが、好奇心をくすぐるモダンミュージックを生み出している。

08. Winelight - Grover Washington Jr.

 この曲はスムースジャズ・サウンドの典型的な例で、この曲とビル・ウィザースが歌う「クリスタルの恋人たち(Just The Two Of Us)」が入ったアルバムは発売当時、爆発的に大ヒットしたんだ。ファンキーなリズムにグローバーの感情がこもったサックスプレイがカッコいいよね。

09. Mountain Dance - Dave Grusin

 80年初期、シャカタクのツアー中に訪れたクラブでDJがこの曲を流していたのを覚えている。誰の曲か彼に聞いたら、アルバム・ジャケットを見せてくれたんだ(もちろん、当時はレコードだよ!)。ドラマーの、ハーヴィー・メイソンがこの曲が収録されているアルバム『Mountain Dance』全体を通して、素晴らしいプレイをしているね。

10. Rio Funk - Lee Ritenour

 シャカタクに大きな衝撃を与えたもう一作品がこの曲。真のフュージョンが詰まった作品でもあるけど、これはさらに、ジャズにロックに、ラテン、そしてファンクが融合した作品だ! 『リー・リトナー・イン・リオ』というアルバムに入っていて、リーのギターテクが見事だし、バンドもうまく一つにまとまっているところが良いね。

11. A Night In Tunisia - Chaka Khan

 『WHAT CHA’ GONNA DO FOR ME/ 恋のハプニング』に収録され、作曲をディジー・ガレスピー、作詞をチャカ自身が手掛けたこの曲には度肝を抜かれるよ! チャーリー・パーカーが原曲を手掛けたんだけど、そのブレイク4小節に注目してほしい。ジャズ音楽に影響を受けたチャカの、ソウルとジャズの融合は今でも世界一だと思う。

12. Got A Match? - Chick Corea

 ジャズラテン・バンド、リターン・トゥ・フォーエヴァーの解散後、ジャズロックに転身したチックが発表した作品の一つが、この曲が収録されている『ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド』だよ。リターン・トゥ・フォーエヴァーの代表作の一つ『ライト・アズ・ア・フェザー』の収録曲に関して言うと、彼の音楽のセンスが素晴らしく発揮されている「スペイン」は一聴の価値ありだよ。

13. Street Life - Randy Crawford

 元々は、ザ・クルセイダーズの同名アルバムからの曲で、ビルボードのポップチャートのトップ40にも入った曲なんだ。ザ・クルセイダーズもジャズとファンクを結びつけたバンドを語るのに不可欠なグループで、彼ら音楽の才能と、ボーカルのランディ・クロフォードのソフトで美しく、かつ魂がこもった歌声のコンビネーションを聴いていると、まるで催眠術にかかってしまうかのようだ。

14. 急がば廻れ - 渡辺香津美

 古くからの友人である香津美は類い稀なギタリストで、私達が初来日を果たした時に初めて出会ったんだ。実は、その飛行機の中で彼のアルバム『MOBO』を聴いていたから、彼が弾くフュージョンギタープレイには馴染みがあったんだ。彼には、シャカタクの『ワンス・アポン・ア・タイム』に参加してもらっているよ。

15. Mornin’ - Al Jarreau

 アル・ジャロウは、ジャズ界にどっぷりと浸かったグラミー受賞経歴を持つシンガー。シンプルに自分の名前をタイトルにした、この曲も収録されている『ジャロウ』は、今でも最高傑作だね。彼はスキャットを得意とした卓越したシンガーで、彼をフィーチャーした私達の曲「デイ・バイ・デイ」でもそれがはっきりと分かるよ。彼と共演が出来たことをとても誇りに思っている。

Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「シャカタクに聴かせたい日本の楽曲」を聴いたシャカタクから感想が到着!
  3. Next >

japan(finds) Vol.10:Shakatak
「シャカタクに聴かせたい日本の楽曲」12曲を聴いたシャカタクからコメントが到着!

 来日アーティストに日本の様々なものを探求、発見してもらう企画『japan(finds)』。現在Apple Musicで好評配信中の「シャカタクに聴かせたい日本の名曲」を聴いたシャカタクのドラマー、ロジャー・オデルからコメントが到着した。

01. 雲路(Passage Of Clouds) - THE SQUARE

 私達シャカタクはこのバンドをよく知っているよ。ナイスなソロにインストゥルメンタル・メロディーが上手く効いている。ドラムに関して言えば、もう少し抑えた方が、個人的には好きなんだが、しっかりと曲調に合ったアレンジメントになっていると思う。まさに80年代のサウンドだね。

02. LOVE THEME~ルパン三世愛のテーマ - 大野雄二

 マイルス・デイビスを彷彿とさせるようなサックスとトランペットが見事な、美しいバラードソングだね。コードチェンジが気に入っている。それに、サックスソロに合わせてダブルテンポに切り替わる技はナイスアイデアだと思うよ。最高のプレイヤー達が集まったこの曲は、12曲の中で今回1番気に入ったよ。

03. Butterfly - Mondo Grosso

 彼らのことも知っているよ。個人的には、リズムを少し崩し過ぎた感じがあるのとキックがちょっと大きい気がするけど、ボーカルの歌声がとてもいいね。ボーカルの声とインストゥルメンタルの組み合わせも抜群だ。

04. ONLY A LOVE AFFAIR - 佐藤博

 シンセベースのサウンドが最高だね。まさに、ポップソングって感じの曲だね。僕はあまりポップを聴かないんだが、この曲の素晴らしい出来に「お見事!」って言いたいね。

05. Saturday - paris match

 イントロ、中盤、終盤に流れるボーカルとインストゥルメンタルのリフが好きだな。エレクトロ・ピアノとトランペットのソロも好きだね。ホーンがボーカルの声に覆いかぶさってしまっているのが少し残念だ。

06. 伊豆甘夏納豆売り - 高中正義

 ギターのバースを引き立てる前奏が何とも興味深い。ときおり聞こえる奇妙なサウンドはコーラスなのかな?想像力に富んだ一癖あるボーカルとインストゥルメンタルの使い方だね。最後の長いフェードアウトもいいね。

07. JET COAST - Suchmos

 いろんなリズムが混ざり合った“忙しい”曲だね。もう少し滑らかな曲調の方が僕は好きだな。この曲も典型的なポップソングと言えるね。スクラッチを用いることで、モダン感を出そうとしたのかな。

08. The Great Escape - SING LIKE TALKING

 色んなサウンドが混ざり合ったアレンジメントがまるでタワー・オブ・パワーみたいだ!中盤のブレイクダウンで奏でられるドラムがいいね。もう少しアレンジをシンプルにした方が個人的には好きなんだけど、この曲を聴いていて、楽しそうなレコーディング風景が目に浮かぶよ。

09. 潮の香り - オフコース

 出だしはブラジリアン・テイストなのに、オールド・スタイルのポップに変化する様がとてもいい。あまり耳にしない珍しいサウンドとシンセソロが見事にマッチングしているね。

10. マチルダ - 大橋トリオ

 ほら見て、インディアン達のお出ましだよ!なんてね。とっても変わったサウンドだね!ギターリックがカッコいい。

11. Crush!- SOIL&“PIMP”SESSIONS

 スリップノットmeetsタワー・オブ・パワー! イントロが何ともクレイジー! すさまじい勢いのブラスチューンだね。途中ピアノ演奏で落ち着きを取り戻すけど、サックスソロによって狂気の世界に引き戻されるんだ!すごく気に入ったよ!

12. 銀河鉄道999 - ゴダイゴ

 世の中には今聴くと、ものすごく古くて懐かしく聞こえる曲がいっぱいあるけど、この曲もそういう曲の内の一つだね。









シャカタク「タイムス・アンド・プレイセス」

タイムス・アンド・プレイセス

2016/07/20 RELEASE
VICP-75159 ¥ 2,916(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.アイ・ウィル・ビー・ゼア
  2. 02.タイム・アンド・プレイス
  3. 03.チェック・イン
  4. 04.ヘッズ・トゥ・ザ・スカイ
  5. 05.ホーンティング
  6. 06.キャリー・オン
  7. 07.コラリー
  8. 08.ケープ・タウン
  9. 09.グッバイ・トゥ・ザ・シティ
  10. 10.ワンダフル
  11. 11.サンド・アンド・ザ・シー
  12. 12.オープン・スカイズ
  13. 13.ハウ・ドゥ・ユー・スリープ・アット・ナイト (ボーナス・トラック)
  14. 14.ミスター・ファナティカル (ボーナス・トラック)
  15. 15.ムーヴィン・オン (ボーナス・トラック)

関連キーワード

TAG

ナイト・バーズ +1
シャカタク ビル・シャープ ナイジェル・ライト キース・ウィンター ジョージ・アンダーソン ロジャー・オデル ジル・セイワード ジャッキー・ロウ「ナイト・バーズ +1」
2011/07/20
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
アクロス・ザ・ワールド
シャカタク ビル・シャープ ジル・セイワード ロジャー・オデル ジョージ・アンダーソン アラン・ワーマルド ジャッキー・ヒックス Debby Bracknell「アクロス・ザ・ワールド」
2011/04/20
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
シャカタク・ベスト
シャカタク ビル・シャープ Jill Sward ロジャー・オデル ジョージ・アンダーソン「シャカタク・ベスト」
2009/09/16
[CD]
¥2,469(税込)
購入画面へ
シャカタク/ライヴ・アット・ザ・プレイハウス
シャカタク「シャカタク/ライヴ・アット・ザ・プレイハウス」
2008/09/24
[DVD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
R!45
(オムニバス) クインシー・ジョーンズ シャカタク ルパート・ホームズ ザ・クルセイダーズ ボズ・スキャッグス ジノ・ヴァネリ 10cc「R!45」
2008/07/09
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
フル・サークル+1
シャカタク ビル・シャープ ロジャー・オデル ジル・セイワード ジョージ・アンダーソン キース・ウィンター ロニー・ロウズ ドン・グルーシン「フル・サークル+1」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ターン・ザ・ミュージック・アップ+3
シャカタク ビル・シャープ キース・ウィンター ジル・セイワード ジョージ・アンダーソン ロジャー・オデル Tracy Ackerman ジャッキー・ロウ「ターン・ザ・ミュージック・アップ+3」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
マニック&クール+3
シャカタク ビル・シャープ ジル・セイワード ロジャー・オデル ジョージ・アンダーソン キース・ウィンター Tracy Ackerman ジャッキー・ロウ「マニック&クール+3」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
シティ・リズム+4
シャカタク ビル・シャープ ロジャー・オデル ジル・セイワード キース・ウィンター ジョージ・アンダーソン Simon Morton Tracy Ackerman「シティ・リズム+4」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ライヴ!+3
シャカタク ジョージ・アンダーソン ビル・シャープ ロジャー・オデル ジル・セイワード キース・ウィンター「ライヴ!+3」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ダウン・オン・ザ・ストリート+2
シャカタク ロジャー・オデル ジル・セイワード ディック・モリシー「ダウン・オン・ザ・ストリート+2」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
アウト・オブ・ディス・ワールド+2
シャカタク ビル・シャープ キース・ウィンター ジョージ・アンダーソンJr. ロジャー・オデル ジル・セイワード ノーマ・ルイス Tracy Ackerman「アウト・オブ・ディス・ワールド+2」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
インヴィテイションズ
シャカタク ビル・シャープ キース・ウィンター ジョージ・アンダーソンJr. ロジャー・オデル ナイジェル・ライト ジル・セイワード ジャッキー・ロウ「インヴィテイションズ」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ナイト・バーズ+1
シャカタク ビル・シャープ ナイジェル・ライト キース・ウィンター ジョージ・アンダーソン ロジャー・オデル ジル・セイワード ジャッキー・ロウ「ナイト・バーズ+1」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ドライヴィン・ハード+2
シャカタク ビル・シャープ スティーヴ・アンダーウッド ロジャー・オデル キース・ウィンター ナイジェル・ライト「ドライヴィン・ハード+2」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ビューティフル・デイ
シャカタク「ビューティフル・デイ」
2005/02/23
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ブルー・サヴァンナ
シャカタク「ブルー・サヴァンナ」
2003/07/23
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
シャカタク・グレイテスト・ヒッツ
シャカタク「シャカタク・グレイテスト・ヒッツ」
2002/06/21
[CD]
¥2,307(税込)
購入画面へ
シャカタク・ベスト・ヒッツ
シャカタク「シャカタク・ベスト・ヒッツ」
2001/06/21
[CD]
¥2,307(税込)
購入画面へ
アンダー・ユア・スペル
シャカタク ビル・シャープ ジル・セイワード ロジャー・オデル ジョージ・アンダーソン「アンダー・ユア・スペル」
2001/06/21
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ジャズ・イン・ザ・ナイト
シャカタク&フレンズ「ジャズ・イン・ザ・ナイト」
2000/04/21
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ナイトフライト
シャカタク「ナイトフライト」
1991/06/25
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ
インヴィテーション
シャカタク「インヴィテーション」
1991/06/25
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ
ナイト・バーズ
シャカタク「ナイト・バーズ」
1991/06/25
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore