Billboard JAPAN


Special Contents

安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー



安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー

 安藤裕子が多彩なアーティストから楽曲提供を受けて制作した新アルバム『頂き物』がいよいよリリース。今作の収録曲で、昨年の夏フェスでも披露された「Touch me when the world ends」の楽曲提供者・大塚 愛との対談がここに実現! 2人の馴れ初めから、お互いの印象や共通項、虚弱体質同士による新曲やイベントのヴィジョン(?)に至るまで、爆笑&驚愕必至の内容になっているので、ぜひご覧頂きたい。

「キライなタイプのど真ん中にいたと思う」「被害妄想が激しすぎる(笑)」

--お二人はデビューイヤーも同じレーベルメイトということですが、お互い知り合う前はどんな印象を抱かれていたんですが?

※安藤裕子 / NewAL「頂き物」 ‐ティザー映像-
※安藤裕子 / NewAL「頂き物」 ‐ティザー映像-

安藤裕子:同じレコード会社ですけど、畑が違うと思っていて。大塚さんはメジャー系というか、メジャーリーグ!みたいな感じだったので。

大塚 愛:メジャーリーグ(笑)。

安藤裕子:で、私は同じエイベックスにはいますけど、わりとインディー系。そこにはすごく差があったし……私、何故か分からないんですけど、一度だけエイベックスの株主総会に呼ばれて歌わせてもらったことがあったんですよ。そのときにトイレで見かけたんです。「あ、大塚 愛だ! ほっそいなー」とか思いながらも、ちょっと具合が悪そうに見えて。だけど、舞台に立った途端、楽しそうに会場を盛り上げていたから「偉いな~プロだな」って思ったのを覚えてます。それが最初の印象。

--大塚さんは安藤さんにどんな印象を?

大塚 愛:小鳥と話せそうだなぁ。

一同:(笑)

大塚 愛:フィーリング的なものを大事にしながら生きている感じだから、絶対に私のことを心の底からキライだろうなって……

安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー

安藤裕子:この人、ネガティブなんですよ(笑)!

大塚 愛:いや、私はキライなタイプのど真ん中にいたと思う。

安藤裕子:小鳥と話せる優しい人がそんな風に思う?

大塚 愛:「何あれ? 歌じゃなくない?」って思われていたんだろうなって。

安藤裕子:被害妄想が激しすぎる(笑)。

--とは言え、お互い気になったり、仲良くなりたいな~と思ったりはしていたの?

安藤裕子:活動している場所がちょっと違ったので、デビューして10年ぐらいはお互い何をしているのか知る由もない感じだったと思う。

--ゆえに2人が繋がっていることを知って驚いたんですけど、一昨年、大塚さんが安藤さんのライブを観に行ってから親交が始まったそうですね。そもそもなんでライブに行こうと思ったんですか?

大塚 愛:ライブがあったから。

--いや、「そこに山があったから」みたいな感じで言われても(笑)。

大塚 愛:DVDを持ってたんですよ。元々好きだったんです。でも私は他のアーティストのライブに行く感じじゃなかったんですよね。誰かのライブに行って、終演後にお話をする。関係者の皆さんが並んで待ってて、そこで「あ、どうも。楽しかったです。素晴らしかったです」っていうあの定型文を言うのがイヤで(笑)。「本当に楽しかった」と思ってても定型文になるのがイヤだからライブにはあまり行かなかったんですけど、結婚してRIP SLYMEのライブに行くようになってから鍛えられて。

--旦那のライブで鍛えたんですね。

大塚 愛:それで行けるようになりました(笑)。

安藤裕子:私も苦手なんですよね。

--安藤さんの場合は何が理由で?

安藤裕子:音が大きい。

一同:(笑)

安藤裕子:それもあるし、人がいっぱいいるのもそうだし、ある程度集中して観てないといけないじゃないですか。「ご挨拶もしなきゃな」っていう緊張感もあるし、すごく体力を使うんですよね。だから私もなかなか行けない。自分のライブに毎回来てくれてるお客さんとか、尊敬しますよ。

--で、何故に大塚さんは安藤さんのライブへ行ったんでしょう?

大塚 愛:とにかく居づらくて。

--何の話ですか(笑)?

大塚 愛:同じ会社の中に喋っても話が合いそうな人がいなくて。

--同業者で?

安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー
△大塚 愛

大塚 愛:そうです。「もしかしたら○○さんとだったら」と思ったこともあったんですけど、すごくお忙しい方なんで「○○さん、すみません!」って話しかける勇気もなく。先輩ですし。それで怯んじゃって。

--でも安藤さんとだったら仲良くなれるんじゃないかと。でも「多分嫌われてる」と思っていたんですよね?

大塚 愛:多分じゃないです。絶対キライなんです。でも会社の中で「一緒にいてもいいのかな?」っていう雰囲気の女性アーティストが他にいなくて。これはもう行くしかないと。

--嫌われてるけど、もう行くしかないと(笑)。

大塚 愛:「もうしょうがない!」と思って(笑)。誤解を解きに行ったのかもしれない。

--「私は安藤さんが思ってるような人間ではありません」と?

大塚 愛:ハハハハ!

安藤裕子:そんなに自分を追い込んでたの(笑)?

大塚 愛:でもすごい不審者みたいな、タジタジした初対面だったと思う。あと、とにかく私は美人に緊張するんです。なかなかいないですよね、シンガーソングライターでここまでの美女って。

--では、いろんな勇気を奮い立たせて会いにいったんですね。

大塚 愛:ただ、私は悲しみとか緊張とかがピークを超えるとどうでもよくなるので、そうなると「もう気にしなくていいや」って前に進めるんですよ。そこの境地まで行けたから会えたし、今はもう大丈夫。

--そんな大塚さんが自分のライブに来たときはどう思いました?

安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー
△安藤裕子

安藤裕子:私も根本的にあんまり知り合いがいないんですよ。デビューして丸10年ぐらいは新居昭乃さん以外のミュージシャンとはそんなに親しくなくて。そういう人生を送っていたんですけど、大塚さんがライブに来てくれたぐらいから対バンめいたことをしたり、いろんな方から楽曲を提供して頂いたりするようになって、それまではフェスとか出ても知り合いが峯田くん(峯田和伸/銀杏BOYZ)とホルモンさん(マキシマム ザ ホルモン)ぐらいしかいなくて。

--その2組とだけ知り合いっていうのも凄いですけどね。

安藤裕子:あと、ライブに来てくれるミュージシャンは他にもいたんですけど、やっぱりその場限りで終わっちゃうことが多くて、私からしてみると“ライブにたまたま来てくれた芸能人”なんですよ。「すげぇ、テレビに出てる人来た」って感覚。大塚さんも「やべぇ、大塚 愛だ!」みたいな(笑)。でも大塚さんは「お茶しましょう」とお誘いのお手紙をくださって、連絡先もスタッフさんから頂いて、私も“安藤裕子、友達とか作ろうよ”週間に入っていたのもあって、大塚さんと初めてランチへ行くことになったんです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「2人とも体が弱い」「一番の共通項!」「虚弱クラブです(笑)」
  3. Next >
インタビュー写真
安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー

「2人とも体が弱い」「一番の共通項!」「虚弱クラブです(笑)」

--友達を作るのが得意じゃない2人による初ランチはどんな感じだったんですか?

安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー

安藤裕子:2人とも子連れだったから、小奇麗なイタめし屋の個室で子供が騒いでました。

大塚 愛:何かを喋った記憶はあるんですけど、何を喋ったのか覚えてなくて。ただ、会話が途切れてシーンってなるんじゃないか? という心配はいらなかったなって。

安藤裕子:2人っきりだったらそうなっていたかもしれないけど、子供が頼んだパスタを食べなくて、しかもお店の方が気を遣ってコマ切りにしてくれていたのに全く食べないから「食べなさい!」みたいな(笑)。あと、床で遊び始めちゃったから「床、座んない!」と叱っていた記憶が頭の中に焼きついてます。

大塚 愛:子供同士が合わないこともよくある中で2人は仲良く遊べたので、それがまずホッとしました。「あー、よかった」みたいな。そこが合わないと「誘いづらいな」ってなることもあるので。あとは意外と喋った印象がありますね。

安藤裕子:それから子連れで会うようになって。だから大人同士だけで今日会うことにすごく違和感があった。こんな明るい時間から大人だけで会うことなんてほとんどないから。泊りがけで出かけたときも昼はやっぱり子供が主役だからほぼ会話にならないんで、夜になって子供が寝静まってからようやく大人だけの時間になる。部屋の電気を真っ暗にして、はじっこのほうでちょっとお酒を呑みながら話して、でも「明日早いからもう寝よう」みたいな。

大塚 愛:画的には凄いですよ。暗闇の中で酒とツマミ(笑)。

--そこでどんな会話をするんですか?

大塚 愛:文句が多い。

安藤裕子:この人、すごく明るいんですけど、根が暗いんですよ。とにかく明るい根暗。

一同:(笑)

安藤裕子:TEAM NACSで言うと、私たちは大泉洋さんと安田顕さんぐらいの差があるんですけど、おそらく大泉さんも根はちょっと暗いと思うんですよ。彼女は明るい表現をしてるし、陰と陽で言うとすごく陽の人間だけど、捉え方がすごく暗いというか、自分の生きてきた道とかをすごく否定するんです。あと、自分が「可愛い」って言われる事もすごく嫌がるんですよ。「いや、可愛いし」って思うんですけど、嫌がるよね?

大塚 愛:「大塚 愛、可愛い」なんて「可愛いのレベルがめっちゃ低いな、チープだな」と思ってイラっとする(笑)。

安藤裕子:こういうところがあるんですよ。普通だったら羨ましがられるような事に対してすごく憤慨してるから、なんて言っていいか分かんない(笑)。

大塚 愛:ハハハハ!

安藤裕子:あとは、最近の世の中で女のシンガーソングライターが生きるスペースってすごく狭いんですよね。市場も狭いし、シンガーソングライターってどこか嘘があると形になりにくいし、「じゃあ、どう生きていったらいいのかな?」みたいな話をしてました。真っ暗な部屋で……

大塚 愛:「1個のツアーやるのもめっちゃ大変だよね」みたいな。

--ちなみに「どう生きていったらいいのかな?」の答えは見つかったんですか?

安藤裕子:私は「もう分かんないなー」って。

大塚 愛:その暗い部屋で出た答えは「転職だよね」でした。

一同:(笑)

大塚 愛:でも「転職先考えてるんだけど、見つからないな」って言ったら、「とりあえずこういう仕事で生きてきたから一般企業は無理じゃない?」という結論に至りました。

安藤裕子:私はまだ余地があると思うんですけど、この人はもう“大塚 愛”を確立しすぎてるじゃないですか。いまさら会社入れないですよね? 会社側も何かのドッキリかと思っちゃう。「え、なになに?」ってなる。まぁでもそういうネガティブな発想もありますけど、根本的にはどちらも歌を紡いでここまで生きてきて、生業にしてきてますからね。そこからは離れられないと思いますよ。情勢的に今までと同じようには生きていけないと思いますし、子供の世話もして、面倒も見ながら、育てながら「どうやっていけばいいのかなぁ?」っていう不安はありますけど。

大塚 愛:あと、2人とも体が弱い。

安藤裕子:それはあるね、一番の共通項!

大塚 愛:虚弱、虚弱クラブです(笑)。

安藤裕子:虚弱体質が半端ない。私は子供が生まれてだいぶ強くなったんですけど、ずーっと虚弱に生きてきてて、常に風邪ひいてたり、どこか悪くしてましたね。女の歌い手はね、常にどこか病弱な人が実は多いんですよね。私が分析した結果、上手く消化できてないからだと思う。歌をうたう人は感情の起伏が激しいんですけど、そこで上手く放出できないとすべて体に出ちゃう。

--大塚さんも母になってから多少強くはなったんですか?

安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー
△大塚 愛

大塚 愛:ならなかったですね。私、食べられる量が少ないんです。野菜をあんまり吸収できない体なのか、野菜を摂ってもあんまり変わんないんですよね。幼少期をB級で積み上げてきたんで。いわゆる関西の食べ物で作られてきてるんで(笑)、「オーガニック系を食べたらもうちょっと人生変わるのかな?」と思っていたんですけど、そんなに変わらない。

安藤裕子:実際、その人の体に合った食べ物ってあると思うんですよ。私も子供産む前にすごく体調を崩しちゃったときがあって、家で粗食に努めてたんですね。野菜中心の食事を自炊して。そしたら日に日に体調が悪くなっていって(笑)、何が正解かもはや分からなくなって。元々はお肉とにんにくがあればいいぐらいの感じで、月に4回ぐらい焼肉行くとちょうどいいぐらいのサイクルでずっと生きてたんですけど、子供を産んでからそっち寄りに戻していったら元気になりました。体重も子供を産む前から3,4kg増えた状態のままキープできている。

--子供が産まれてどんなことが変わりました?

安藤裕子:全部。生活スタイルも考え方もだいぶ変わりました。

大塚 愛:生息時間。朝7時に起きますからね。

安藤裕子:普通は音楽の人が起きる時間じゃないよね。

大塚 愛:子供に合わせて早く起きるんで、必然的に仕事の連絡も早い時間にしたりするんですけど、朝8時じゃ誰からも返事が来ない。「おーい! みんな、起きろー!」って思いながら私ひとりで起きてる(笑)。

--そんなお2人が完成させた新曲「Touch me when the world ends」についても伺いたいんですが、どんな経緯で安藤さんは大塚さんに曲を書いてもらうことになったんですか?

安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー
△安藤裕子

安藤裕子:今回のアルバム『頂き物』はいろんなアーティストの方々に提供して頂いたものを歌っているんですけど、大塚さんが一番イレギュラーというか、謎めいたスタートだったんです。私はミュージシャンの知り合いが少なかったんですけど、この企画が立つ前の年ぐらいからようやく対バン的なものに呼ばれたりもして増えてきて。初めて打ち上げとかでお酒を飲み交わしたりするようになって「みんな、同じ人間なんだね」と思いながら友達になっていったんです。それで一番最初にスキマスイッチさんにお声掛けしたんですけど、そのあとどうしようか?ってスタッフと話し合っていた時期に大塚さんから「安藤裕子という人に歌ってほしい曲がある。詞は安藤裕子という人に書いてほしい」ってメッセージが届いて。まだアルバムのコンセプトも立つか立たないかの時期だったんで「あれ?」って思ったんですけど、ディレクターが会議か何かで「提供してくれる人を探してます」って話を投げたのかなと思って、「書いてくれるんだったら明るい曲がいい」って返しちゃったんですよ。何故なら今回は自分の暗い曲から離れたアルバムを作ろうと思っていたので。そしたら「あぁ……じゃあ、違うわ。書き直しまーす」って戻ってきたので、それでもう曲があるんだって気付いて「元々書いていた曲も送ってもらっていいですか?」って送ってもらったらすごく良い曲だったので、そっちを歌わせてもらうことにしたんです。で、後からスタッフに聞いたら「いや、俺は何も言ってない」って。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「紅白で歌って」「その期待には応えられない(笑)」「出ましょう」
  3. Next >
インタビュー写真
安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー

「紅白で歌って」「その期待には応えられない(笑)」「出ましょう」

--偶然だったんですね。大塚さんはなぜその曲を安藤さんに歌ってもらおうと思ったんですか?

大塚 愛:私も次のアルバムの構成を立てていて、構成を立てるときは必ずストックしてある曲を全部さらうんですけど、その中に「あ、この曲、良いんだけど、なんか違うんだよな」って制作をずっと止めていた曲があって。それで「ダメだ、ボーカルが違う」って気付いたときに、何とか誰かに歌ってもらえないかと思ったんですよね。そのときに「あ!」って。

--元々自分の為に作っていた曲だけど、他の歌い手に歌ってもらおうと思ったケースって過去にもあったんですか?

※大塚 愛 / クムリウタ
※大塚 愛 / クムリウタ

大塚 愛:「クムリウタ」がそうですね。そのときに伴ちゃん(伴都美子/Do As Infinity)とLINEで繋がってたら「歌ってください」ってお願いしてたんですけど、連絡先を知らなかったんで、結局は自分で歌うことにしたんです。でも今回は連絡先を知っていたので「この曲は託そう」と思って。ただ、送った後にすごく後悔して。

--なんで?

大塚 愛:送ったってことは、彼女に「いや、今、ちょっとそういうアレじゃないんで、ごめんなさい」って言わせることになるかもしれない。彼女にそれを言わせることは罪だな、謝らせる事に「ごめんなさい」だなって思って、「あー、もうダメだ。ケータイなんかあるから! バカ!」「もうケータイなんてしばらく見ない!」ってケータイにあたりました(笑)。それで「返信が来ませんように、来ませんように……」って。

--めちゃくちゃネガティブですね(笑)。

安藤裕子:逆に倍ぐらい能天気な返信しちゃいました。

--その大塚さんの曲を聴いてどんな感想を?

安藤裕子:いわゆる安藤裕子というスタイルで音楽をやってきて、すごく馴染みのあるというか、一聴して「自分の世界で歌いやすいな」って感じましたね。今回のアルバムは「安藤裕子というものを忘れてください」って楽曲提供を依頼させて頂いていたんですけど、でも愛ちゃんはイレギュラーで「安藤裕子に合いそうだ」ってことで送ってくれていたから、わりと世界観が降りてきやすかった。あとは2人の共通項として子を持つ親だったりするので、それは歌詞に影響してると思います。

--そんな安藤さんの歌と詞が乗って完成した「Touch me when the world ends」、聴いてみていかがでした?

安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー

大塚 愛:震えました。「あ、人って震えるんだ?」っていうのを初めて知りました。曲を流している間、それがどんどん体に入っていく感じが……なんて言うんでしょう? 期待通りだったことと、そのクオリティの高さと……いろんなものが全部マッチして返ってきたんですけど、それがこんなに嬉しいものなのかっていう。「こういう歌こそ日本中に聴いてもらわなきゃいけないんじゃないか」ってすごく思ったんですよね。「紅白で歌ってほしい」って思いました。

安藤裕子:その期待には応えられない(笑)。

--いや、出ましょう。

大塚 愛:出ましょう。

安藤裕子:ハハハ!

--日本中に届いてほしいと思うぐらい感動したんですね。

大塚 愛:今の病んでる時代というか、なかなか人との繋がりとか愛情とかが感じにくい時代になってきている中で、いわゆる「みんな仲間だ」とか「みんなひとつだ」とか「愛がある」とか「未来が楽しい」っていう歌はたくさんあると思うんですけど、この曲は初めて「本当にそうだ」って思えた。こういうもので「人は救われるかもしれない」って初めて思えた。

--安藤さんは昨年夏【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015】の自身のステージで、最後にこの曲を歌われたそうですね。

安藤裕子:そうなんですよ。でも気管支炎をこじらせてて全然歌えなかったんですけど、歌いたかったから……うん、歌いたかったんです。

大塚 愛:あのとき、お子さんが道路に飛び出しちゃって救急車で運ばれたんですよ。

安藤裕子:車に接触しちゃったんです。

大塚 愛:そういう状況も重なった中で聴いてたから……多分、誰よりも号泣してました。そこでウチのファンの子たちが「愛ちん!」って声かけてくれたんですけど、「それどころじゃない!」みたいな。

安藤裕子:アハハハ!

--でも状況知らない人から見たら、自分が提供した曲聴いて泣いてるっていう。

大塚 愛:「何、あの人?」みたいな(笑)。

--安藤さんの中で長く歌っていく曲になりそうですか?

安藤裕子:この曲はすごく根本的な愛の歌なので……すごく平和になったら忘れるようなことかもしれないけど、こんな時代なんでね、いろんな場所で歌っていけたらなって思ってます。

--ちなみに、今度また2人で何かするとしたらどんなことをしてみたい?

※安藤裕子 / 「骨」M.V. ‐(Short ver)-
※安藤裕子 / 「骨」M.V. ‐(Short ver)-

安藤裕子:先日、峯田くん主演のMV(※峯田和伸(銀杏BOYZ)提供曲「骨」のMV)を撮ったんですけど、私は金田一シリーズが大好きなんで、金田一耕助を演じてもらったんですよ。それがすごく楽しかったんで、今度は大塚さんに何かの犯人役で出てもらいたいです。金田一シリーズは女の人の犯人が多いんですよ。最後、服毒自殺とかしてもらおうかな。

--大塚 愛が服毒自殺する映像(笑)。

大塚 愛:私は「Touch me when the world ends」の伴奏を自分が演奏して、彼女が歌っている背中を見たい。

安藤裕子:おー、弾いてもらえるんですね。贅沢ですね。

大塚 愛:終わった後、きっと感動でピアノをうらぁ!ってひっくり返す(笑)。

--もし叶うのであれば、2人のツーマンライブで実現してほしいです。

安藤裕子:大丈夫ですか? 私のライブ、暗いですけど(笑)。

大塚 愛:「虚弱体質」っていう曲作る? イベントタイトルは【虚弱会】。

安藤裕子:虚弱な人しか参加できない。受付も虚弱なスタッフしかいない。

大塚 愛:みんな咳き込んでる。

--余計に具合悪くなるじゃないですか(笑)。

安藤裕子:大丈夫、ちゃんと医者もつけます。

Interviewer:平賀哲雄
Photo:外林健太

インタビュー写真
安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー 安藤裕子×大塚 愛「Touch me when the world ends」インタビュー

安藤裕子「頂き物」

頂き物

2016/03/02 RELEASE
CTCR-14894 ¥ 4,950(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Silk Road
  2. 02.骨
  3. 03.霜降り紅白歌合戦
  4. 04.360°サラウンド
  5. 05.夢告げで人
  6. 06.やさしいだけじゃ聴こえない
  7. 07.溢れているよ
  8. 08.Touch me when the world ends
  9. 09.Last Eye
  10. 10.アメリカンリバー

関連キーワード

TAG

関連商品

Chime
大塚愛「Chime」

2019/09/04

[CD]

¥1,320(税込)

Chime
大塚愛「Chime」

2019/09/04

[CD]

¥8,580(税込)

Chime
大塚愛「Chime」

2019/09/04

[CD]

¥7,480(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥3,259(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥6,009(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥6,009(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,290(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,730(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,320(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,980(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥2,530(税込)

頂き物
安藤裕子「頂き物」

2016/03/02

[CD]

¥3,300(税込)

頂き物
安藤裕子「頂き物」

2016/03/02

[CD]

¥4,950(税込)

360°サラウンド
安藤裕子「360°サラウンド」

2015/07/29

[CD]

¥1,100(税込)

LOVE TRiCKY
大塚愛「LOVE TRiCKY」

2015/04/22

[CD]

¥3,025(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,320(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,980(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,980(税込)

グッド・バイ
安藤裕子「グッド・バイ」

2013/10/02

[CD]

¥3,300(税込)

秋の大演奏会
安藤裕子「秋の大演奏会」

2013/03/20

[DVD]

¥4,400(税込)

秋の大演奏会
安藤裕子「秋の大演奏会」

2013/03/20

[DVD]

¥5,447(税込)

勘違い
安藤裕子「勘違い」

2012/03/28

[CD]

¥3,143(税込)

Dramatic Tunes
(V.A.) MONKEY MAJIK 大塚愛 Every Little Thing 安室奈美恵 ふくい舞 Honey L Days 浜崎あゆみ「Dramatic Tunes」

2012/03/07

[CD]

¥3,300(税込)

輝かしき日々
安藤裕子「輝かしき日々」

2011/11/30

[CD]

¥1,100(税込)

クロニクル
安藤裕子「クロニクル」

2008/05/21

[CD]

¥2,934(税込)

クロニクル
安藤裕子「クロニクル」

2008/05/21

[CD]

¥3,562(税込)

パラレル
安藤裕子「パラレル」

2008/03/19

[CD]

¥1,100(税込)

パラレル
安藤裕子「パラレル」

2008/03/19

[CD]

¥1,760(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,981(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,320(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,980(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/03/28

[CD]

¥4,180(税込)

CHU-LIP
大塚愛「CHU-LIP」

2007/02/21

[CD]

¥1,100(税込)

CHU-LIP
大塚愛「CHU-LIP」

2007/02/21

[CD]

¥1,980(税込)

Chime
大塚愛「Chime」

2019/09/04

[CD]

¥1,320(税込)

Chime
大塚愛「Chime」

2019/09/04

[CD]

¥8,580(税込)

Chime
大塚愛「Chime」

2019/09/04

[CD]

¥7,480(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥3,259(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥6,009(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥6,009(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,290(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,730(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,320(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,980(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥2,530(税込)

頂き物
安藤裕子「頂き物」

2016/03/02

[CD]

¥4,950(税込)

360°サラウンド
安藤裕子「360°サラウンド」

2015/07/29

[CD]

¥1,100(税込)

LOVE TRiCKY
大塚愛「LOVE TRiCKY」

2015/04/22

[CD]

¥3,025(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,400(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,950(税込)

モアモア
大塚愛「モアモア」

2014/05/21

[CD]

¥1,100(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,320(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,980(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,980(税込)

グッド・バイ
安藤裕子「グッド・バイ」

2013/10/02

[CD]

¥3,300(税込)

秋の大演奏会
安藤裕子「秋の大演奏会」

2013/03/20

[DVD]

¥4,400(税込)

秋の大演奏会
安藤裕子「秋の大演奏会」

2013/03/20

[DVD]

¥5,447(税込)

勘違い
安藤裕子「勘違い」

2012/03/28

[CD]

¥3,143(税込)

大人のまじめなカバーシリーズ
安藤裕子「大人のまじめなカバーシリーズ」

2011/03/02

[CD]

¥2,934(税込)

I LOVE ×××
大塚愛「I LOVE ×××」

2010/09/08

[CD]

¥734(税込)

I LOVE ×××
大塚愛「I LOVE ×××」

2010/09/08

[CD]

¥1,362(税込)

LOVE is BEST
大塚愛「LOVE is BEST」

2009/11/11

[CD]

¥3,204(税込)

LOVE is BEST
大塚愛「LOVE is BEST」

2009/11/11

[CD]

¥3,981(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,981(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,981(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,320(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,980(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,320(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,980(税込)

クロニクル
安藤裕子「クロニクル」

2008/05/21

[CD]

¥2,934(税込)

クロニクル
安藤裕子「クロニクル」

2008/05/21

[CD]

¥3,562(税込)

パラレル
安藤裕子「パラレル」

2008/03/19

[CD]

¥1,100(税込)

パラレル
安藤裕子「パラレル」

2008/03/19

[CD]

¥1,760(税込)

ポケット
大塚愛「ポケット」

2007/11/07

[CD]

¥1,980(税込)

海原の月
安藤裕子「海原の月」

2007/10/17

[CD]

¥1,100(税込)

海原の月
安藤裕子「海原の月」

2007/10/17

[CD]

¥1,760(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/09/26

[CD]

¥2,608(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,204(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,981(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,981(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,320(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,980(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/03/28

[CD]

¥4,180(税込)

CHU-LIP
大塚愛「CHU-LIP」

2007/02/21

[CD]

¥1,100(税込)

CHU-LIP
大塚愛「CHU-LIP」

2007/02/21

[CD]

¥1,980(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    関ジャニ∞、『ユニバーサル・クリスタル・クリスマス』のアンバサダーに

  2. 2

    サプライズはチャートに有効か?! 香取慎吾の突然の新曲リリース【Chart insight of insight】

  3. 3

    BABYMETAL、アメリカ初のアリーナ公演で圧巻のショー見せつける

  4. 4

    BiSH 禁断のスク水ライブ解禁で全員ダイブ&サプライズ生誕祭にモモコ歓喜

  5. 5

    【ビルボード】ジャニーズWEST『Big Shot!!』が171,051枚を売り上げてSGセールス首位獲得 とき宣/竹内まりやが続く

HOT IMAGES

注目の画像