Billboard JAPAN


Special Contents

DJ OSSHY『ディスコ・トレイン3』リリース・インタビュー ~ 温故知新で楽しむ“平成型ディスコ”の魅力を語る

 近年、これまでにない(再)盛り上がりを見せる国内ディスコ・ムーブメント。その紹介者として、番組や自らのイベントで80sディスコの魅力を伝えてきたDJ OSSHYがこの11月、彼が司会をつとめるテレビ番組『Disco Train』のオフィシャル・ミックスCD第3弾をリリースした。ディスコのノン・ストップ・ミックスCDとしては異例のヒットとなった第1弾、第2弾に続きリリースされた今回の第3弾。DJ OSSHYが提言する“平成ディスコ”をテーマに、アバからLMFAOまで、時代を跨いだ選曲で幅広いリスナーに届くディスコ・ミックスを目指す。

 今回はそんなDJ OSSHYにインタビュー。現在のディスコ・ムーブメントや新作『Disco Train 3』への思い。そして、今なお堂々たる現役で活躍するディスコ・レジェンド達の音楽の魅力まで、幅広い質問に応えてくれた。

「昼のディスコ」の反響から“平成ディスコ”へ

――最近は「ディスコがまた盛り上がっている」と様々な方面から聞きます。


▲『ディスコ・トレイン3』

DJ OSSHY:僕のイベントにも、ディスコ/クラブの初心者がすごく増えてます。あと、一時期そういう夜の踊り場から足が遠のいけど、僕が番組で打ち出している「安心・安全・健全」みたいなイメージなら、もう一度行ってみようかなという人もいます。ダンスが上手な人ばかりではなく、色んな人が居て現場は盛り上がっていますね。

――それはやはりOSSHYさんが番組を始めた頃からの現象だと感じますか?

DJ OSSHY:そうですね。4年前の2011年、InterFM897で『RADIO DISCO』っていうラジオ番組を始めました。現在の流れはその頃からのものだと思います。昼間のオビの時間帯に生放送でディスコを紹介する番組で、やっぱり当時もソウルとかダンスとかは夜のイメージが強かったので、業界的にも衝撃だったみたいですね。

 そのラジオの放送を『Disco Train』のプロデューサーさんが聴いていたらしくて。当時、彼は病気で長期の入院をしていて、番組からすごく元気を貰ったそうです。退院後すぐに「テレビでああいう番組をやりたい」というお話を頂いて、ラジオの1年後に『Disco Train』が誕生しました。なので、きっかけになったのはラジオの方なんですよ。

――4年前にラジオ番組を始めた時、ここまで広がるポテンシャルはあると思ってましたか?

DJ OSSHY:はい。個人的には80年代の音楽の力強さが再認識される時代が絶対に来るだろうと思ってました。なおかつ、健全な形で、ディスコ・ミュージックを親子2世代で楽しむ時代が来るだろうと思って。企画書を作ってラジオ各局にも出してたんですよ。

--その時も昼の番組として企画を出していたんですか?

DJ OSSHY:いえ、その時は夜の番組として考えていて、「昼のディスコ」っていう発想は僕にもなかったです。でも、ちょうど4年前、InterFM897は第2開局のような時期で、他局には無いようなゲリラ的な番組ばかり編成していたんです。「昼のディスコ」はその中の一つにとしてあったんですよ。正直、僕も最初はかなりの博打だなって思ってたんですよ。でも、いざ始めてみたら放送初日から反響がすごくて。

 もちろん今でも夜にディスコを聴きに行く場所はあるんですけど、子育て中の奥様方や主婦の方など、色々な事情や物理的な条件から、そういう場所には行けない方もたくさん居て、そういう方々から押し寄せるようにメールを頂きました。“ディスコ・ミックスを生でやる”ことがテーマのラジオ番組なので、掛ける曲も夜と同じセットで、ディスコがバーチャル体験できるようなイメージでやっています。バースデー・コールを入れたり、チークタイムを作ったり、僕のトークもマイクにエコーをバンバン効かせてやったり。中にはうるさいと感じられるリスナーの方もいたみたいですが、圧倒的に支持が多かったですね。

 加えて、番組を続けていくうちに「ディスコって、不良っぽいイメージがあったけどイメージが変わった」という感想を下さるリスナーもたくさんいました。そういう方々が、僕が番組とかで告知したイベントにも実際に来てくれて、「ラジオのイメージ通り、全然不良じゃない!」「しかも、ジャケット着てDJをやってる!」みたいに、今までの既成概念が取り払われて、普通のディスコやクラブとは違う印象を受けたという感想を下さいます。

――逆に、既存のイメージがお客さんを遠ざけているだろうという感覚はあったんですか?

DJ OSSHY:それはありました。なにせ僕の両親がそうでしたから。昔の世代の人からすると、不良の溜まり場という印象がいまだにあって。当然、ディスコの歴史は元々はそういう場所なんです。でも、やっぱり普段ネクタイをして働いてるような人は、そういうイメージが拭えなくて、足が止まっちゃってるような部分はあるんじゃないかなと思ってました。そういう中で1人ずつでもイメージを変えていけたら良いんじゃないかと思っていて。両親からも早速「不良っぽいとは余り感じなかった。こういう路線で良いんじゃないか」ということを言われて、自分としても後押しされましたね。

 あと、昼間にディスコ番組をやったことで新しいマーケットを開拓した感じもありましたね。昼の生活者にリーチしたというか。普段から夜遊びを楽しんでる人たちはもちろん、そこに昼間からのお客さんが合流してパイが広がった。普通のOLやサラリーマンが新しいファンになってくれましたね。そういうのはここ数年の感覚としてあります。(『Disco Train』の)CDに関しても、シリーズを重ねる毎に聴いてくれている人が増えているようなので、そういう意味でも、最近の流れと合致したのかなと思いますね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. アバ、LMFAO、ダズ・バンド~温故知新に楽しむディスコ
  3. Next >
アバ、LMFAO、ダズ・バンド~温故知新に楽しむディスコ

――シリーズを通して選曲の基準はあるんですか?

DJ OSSHY:あります。最初の『Disco Train』は1979年~82年までの日本におけるサーファー・ディスコ全盛時代の曲を中心に選曲してます。『2』はその辺のフレーバーの曲も入れつつ、プラスαで、84年くらいから87年くらいまで、いわゆるバブル時代に全盛を迎えたユーロビートも入れました。今回の『3』は、“平成ディスコ”をテーマに90年代や2000年代の曲も入れています。キャッチフレーズは「アバからLMFAOまで!」。70年代から続くディスコの40年間の歴史を活かした、温故知新の作品ですね。おそらく、アレクサンドラ・スタンやLMFAOのサウンドは、いまの中高生世代にも馴染みがあるし、親世代ももちろん楽しめる。そんな親子2世代が楽しめる構成を心がけました。これはいま僕が現場でやってる選曲のあり方にも近いですね。90年代や2000年代の曲もフレーバーとして入れつつ、全体としては80年代ディスコっていう打ち出し方を意識してるんです。


▲Dazz Band「Joy Stick」(LIVE)

 『Disco Train 3』で言うと、今度来日するダズ・バンドの曲も収録していますね。彼らはエレクトリック・ファンク的な要素が特徴のバンドで、シンセサイザーとかシンセベースとか、そういう機材をよく使うんですよ。今回入れた「ジョイ・スティック」もそれがかなり反映された曲ですね。

――彼らはヴォコーダー・ボイスも使用してますね。

DJ OSSHY:そうですね。その辺の音色が今のクラブのシーンで結構通用するんですよ。今ってEDMが主流になってるじゃないですか? そのEDMの音作りとダズ・バンドの音作りに親和性があるというか。リリースから30年近く経つけど、なんか「イマっぽい」んです。2000年代の初期とか90年代のR&B全盛時代よりも今の方がずっとウケが良いですね。だから今回の来日もすごいタイムリーだなと思って。ZAPPとマーク・ロンソン「アップ・タウン・ファンク」の関係のように、これからダズ・バンド・リスペクトのアーティストがドンドン出てくると思いますよ。

――なるほど。


▲Dazz Band「Let It Whip」

DJ OSSHY:『Disco Train 2』にもダズ・バンドの曲を入れています。本当に思い入れのあるアーティストで、僕がDJデビューした年が82年なんですけど、この年の象徴的な曲が彼らの「Let It Whip」なんです。渋谷のキャンディ・キャンディっていう、当時大ブレイクしていたお店でもこの曲がガンガン掛かっていて。自分のデビューの体験とヒットが一致してて、思い入れが深いんです。

 彼らがダズ・バンドの名義になったのは80年だから、今年はちょうど35周年。年末はその締めの大晦日ですよね。そう考えると「一体どんなステージになるんだろう?」って本当に観たいですよ(笑)。彼らの音の魅力ってファンク&メロウっていう感じで、ダンス曲だけじゃなくスロー・バラードもいい曲が多いんですよ。「ノック・ノック」とか「ギャンブル・ウィズ・マイ・ラヴ」とか。そういう曲も演奏されるのかな? ぜひお客さんにもチークタイム的に楽しんで欲しいですね。

ジョディ・ワトリー「ナイト・リメンバー」は魔法の一曲

――せっかくなので、『Disco Train』シリーズにフィーチャーされているアーティストで、この年末年始に来日する他のアーティストについても印象を教えて下さい。まず、シャラマーのジョディ・ワトリーはどうでしょう? 『Disco Train』にはシャラマーの「ナイト・リメンバー」が収録されています。


▲Shalamar「A Night To Remember」

DJ OSSHY:彼女が90年代に久々にソロで来日したライブがあって、その時、僕がDJしたんですよ。だから思い入れがありますね。そうでなくても、元々ジョディはシャラマーも含めて大好きで、かなり詳しい方なんですけど(笑)。

 「ナイト・リメンバー」は鉄板曲ですよね。実は、前まではジョディがソロでライブを演る時、シャラマーの曲は全く演ってなかったんですよ。でも、最近は演るようになっていて。ジョディのソロ名義は90年代がメインで、それはそれでライブもすごく良かったんですけど、特にディスコ世代は、やっぱりシャラマーも聴きたいっていう人が多い。今回はソロの曲はもちろん、シャラマーの曲も演ると思うので、2倍楽しめますね。

 あと、「ナイト・リメンバー」は、フロアが停滞してる時に掛けると、お客さんが絶対集まって盛り上がる曲です。そういう魔法の一曲がディスコには数曲あります。困った時の「ナイト・リメンバー」っていうのは絶対ありますね。ディスコ・ファンじゃない、曲名やアーティスト名もよく知らないっていう人でも、この曲が掛かったら絶対にフロアで踊り出すんです。嫌いだって言う人は聞いたことがないですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ディスコをブームではなく文化に
  3. Next >
ABC~ディスコカルチャーにおけるニューウェーブとロック

――『Disco Train』ではABCの「ルック・オブ・ラブ」が選曲されています。


▲ABC「The Look Of Love」

DJ OSSHY:ABCはまた毛色が違って、ブリティッシュ・インベンションのハシリですよね。僕はブラック系だけじゃなくて、ヒューマン・リーグみたいなニューウェーブ系も一方で好きで。82年のDJを始めた頃から結構掛けてたんですよ。「ルック・オブ・ラブ」は彼らの超代表曲ですよね。ニューウェーブ系では鉄板で、掛かるとフロアでみんな合唱になるんですよ。かなり久々の来日だと思うし、これもすごく観たいですね。

――ディスコ音楽の根底には黒人音楽やソウルの流れがあると思うのですが、当時からそういうものとニューウェーブ系は分け隔てなく聴かれていたんですか?

DJ OSSHY:はい、全部掛かってましたね。とは言え、最初はやっぱりブラック・ミュージックの流れなので、掛かるのもそれだけだったんです。ところがその後、MTVとかベストヒットUSAが始まって、TVでミュージック・ビデオが流れる時代が来るんですね。そうすると初めてそのアーティストのビジュアルをみんな見るんですよね。「こんな見た目してるのか!」って言って。そこで時代を掴んだのがデュラン・デュランとかのニュー・ロマンティックのバンドだったんですよ。


▲Michael Jackson「Thriller」

 一方でそういう時代にブラック・ミュージック系で時代を掴んだのがマイケル・ジャクソンの「スリラー」で。ディスコ通いしてた人たちはもちろん前からマイケルを知ってたんですけど、お茶の間で知られるスターになったのはその時期からなんです。それまでディスコの現場ではブラック/ソウルっていう形があったんですけど、デュラン・デュランとがカジャ・グーグーとかが出てきてからは、それが世に知られてるということで、DJもトライアルしながら取り入れて、新しい流れを作っていましたね。

――できるだけ幅広い人達にプレイを聴いて貰えるように。

DJ OSSHY:そうですね。お店によってはロックっぽい曲も入れるところもありました。80年代の初頭、ユーロビートが出る前ですね。僕は渋谷出身なんですけど、当時渋谷にはラ・スカーラとかスターウッズとかってお店があって、そういうお店や僕のやってたキャンディ・キャンディってお店でも、ブラック・オンリーじゃなくてロック的なサウンドもかなり入れてましたね。

――今回の『Disco Train 3』にもKISSの「ラヴィン・ユー・ベイビー」が入ってますね。

DJ OSSHY:そうですね。KISSもすごく人気でした。あとはハードロックのラヴァー・ボーイとか、メン・アットワークとか、アイリーン・キャラの「フラッシュ・ダンス」とか、ジャーニーの「セパレート・ウェイズ」とか。黒い音楽の中にそういう白っぽい、ミュージック・ビデオで流れてたような曲もとり入れてましたね。

――今回のミックスCDもそういう意味ですごく幅広いジャンルの曲が入ったアルバムだと思いました。

DJ OSSHY:そうですね。そういう意味では『1』『2』よりもより多くの人に開けているCDになった気がします。

ディスコをブームではなく文化に

――OSSHYさんは最近「ディスコをブームではなく文化に」ということをキーワードに活動されてます。

DJ OSSHY:はい。その根底にはまず大前提として、僕がDJを始めてから33年間、ディスコに関わる人間として、現場を一切やめずに生活してきた。そういう立場として、ディスコを単なる一時的なブームとして消費するだけの一見意識の人に、このシーンを軽く見られたくはないっていう気持ちがあります。それに、昔からこの世界を愛して、踊り場に来ている人達が報われて欲しいっていう気持ちもありますね。

 僕の一番近い将来のビジョンは2020年の東京オリンピックに絞っていて。東京オリンピックに来たアスリート達やその応援団の人達が、滞在中にストレスを発散できる場としてディスコを提供して、彼らをサポートしたいと思っています。国籍とか人種、性別に関係なく、音楽に合わせて体を動かして踊って楽しめるというのがディスコの世界観なので。それ自体は間違いなく健康だし健全ですよね。そうやってこの文化の魅力を伝えることが出来れば、文化として今よりも根付くんじゃないかなと。一方で、親子2世代でディスコ・ミュージックを楽しめる、そういう遊び場も提供していきたいですね。

――「ディズニー・ディスコ」等のイベントを通して、小さな子どもの前でプレイすることも多いと思うのですが、反応はいかがですか?

DJ OSSHY:今の現象として、子どもの方が親より激しく踊るんですよ。学校とかで習ってるので僕らの世代と違って照れもなくて。「今からファミリー・ディスコでみんなで踊りましょう!」って言うとみんな「ワー!」って踊る(笑)。そこに親の方々の目線もあって。そういう現場がなんだか見ていて微笑ましいんですよ。僕もファミリー・ディスコではちょっとキャラを変えていて。そういう部分も含めて、このシーンが広がっていくと良いですね。いつかビルボードライブさんとかでもやってみたいですね。

(V.A.) アバ ジョージ・ベンソン メル・ブルックス ダイアナ・ロス クール&ザ・ギャング セントラル・ライン レヴェル42「ディスコ・トレイン3」

ディスコ・トレイン3

2015/11/04 RELEASE
UICZ-1608 ¥ 2,640(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ダンシング・クイーン
  2. 02.ターン・ユア・ラヴ
  3. 03.イッツ・グッド・トゥ・ビー・ザ・キング
  4. 04.アップサイド・ダウン
  5. 05.ゲット・ダウン・オン・イット
  6. 06.ウォーキング・イントゥ・サンシャイン
  7. 07.レッスンズ・イン・ラヴ
  8. 08.レット・ザ・ミュージック・プレイ
  9. 09.クロス・マイ・ブロークン・ハート
  10. 10.ファシネーション
  11. 11.シー・トークス・トゥ・ミー・ウィズ・ハー・ボディ
  12. 12.ワード・アップ
  13. 13.ドゥ・イット・ナウ
  14. 14.スーパー・レディ
  15. 15.ミス・ミー・ブラインド
  16. 16.コンガ!
  17. 17.ナウ・ザット・ウィ・ファウンド・ラヴ
  18. 18.ロンドン行き最終列車
  19. 19.ライト・アップ・ザ・ナイト
  20. 20.ジョイスティック
  21. 21.U・キャント・タッチ・ジス
  22. 22.ソー・メニー・メン、ソー・リトル・タイム
  23. 23.パーフェクト・キス
  24. 24.サンバ・デ・ジャネイロ
  25. 25.ミスター・サクソビート~恋の大作戦~
  26. 26.パーティー・ロック・アンセム Feat.ローレン・ベネット&グーンロック
  27. 27.イージー・ラヴァー
  28. 28.ハングリー・ライク・ザ・ウルフ
  29. 29.ラヴィン・ユー・ベイビー
  30. 30.テレフォン・オペレーター

関連商品

グレイテスト・ヒッツ
ジョディ・ワトリー「グレイテスト・ヒッツ」

2002/09/21

[CD]

¥2,307(税込)

ミッドナイト・ラウンジ
ジョディ・ワトリー「ミッドナイト・ラウンジ」

2001/10/24

[CD]

¥2,670(税込)

ABC
ABC「ABC」

2000/06/01

[CD]

¥1,888(税込)

アナザ-・チャプタ-
ジョディ・ワトリー「アナザ-・チャプタ-」

1999/11/17

[CD]

¥1,048(税込)

イフ・アイム・ノット・イン・ラヴ
ジョディ・ワトリー「イフ・アイム・ノット・イン・ラヴ」

1998/08/21

[CD]

¥1,382(税込)

フラワー
ジョディ・ワトリー「フラワー」

1998/03/31

[CD]

¥2,614(税込)

オフ・ザ・フック
ジョディ・ワトリー「オフ・ザ・フック」

1998/02/04

[CD]

¥1,382(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

1997/09/26

[CD]

¥1,320(税込)

スカイスクレイピング
ABC「スカイスクレイピング」

1997/05/21

[CD]

¥2,670(税込)

インティマシ-
ジョディ・ワトリー「インティマシ-」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

アフェアズ・オブ・ザ・ハ-ト
ジョディ・ワトリー「アフェアズ・オブ・ザ・ハ-ト」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

ダンス・ウィズ・ミ-?
ジョディ・ワトリー「ダンス・ウィズ・ミ-?」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

ラ-ジャ-・ザン・ライフ
ジョディ・ワトリー「ラ-ジャ-・ザン・ライフ」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

JODY WATLEY
ジョディ・ワトリー「JODY WATLEY」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

グレイテスト・ヒッツ
ジョディ・ワトリー「グレイテスト・ヒッツ」

1996/02/21

[CD]

¥2,621(税込)

アフェクション
ジョディ・ワトリー「アフェクション」

1995/08/23

[CD]

¥1,363(税込)

アフェクション
ジョディ・ワトリー「アフェクション」

1995/08/23

[CD]

¥2,670(税込)

リミクセズ・オブ・ラヴ
ジョディ・ワトリー「リミクセズ・オブ・ラヴ」

1994/07/21

[CD]

¥2,097(税込)

ホット・スポット
ダズ・バンド「ホット・スポット」

2014/06/04

[CD]

¥2,750(税込)

キープ・イット・ライヴ
ダズ・バンド「キープ・イット・ライヴ」

2013/10/16

[CD]

¥1,047(税込)

グレイテスト・ヒッツ
ジョディ・ワトリー「グレイテスト・ヒッツ」

2002/09/21

[CD]

¥2,307(税込)

ミッドナイト・ラウンジ
ジョディ・ワトリー「ミッドナイト・ラウンジ」

2001/10/24

[CD]

¥2,670(税込)

ABC
ABC「ABC」

2000/06/01

[CD]

¥1,888(税込)

アナザ-・チャプタ-
ジョディ・ワトリー「アナザ-・チャプタ-」

1999/11/17

[CD]

¥1,048(税込)

イフ・アイム・ノット・イン・ラヴ
ジョディ・ワトリー「イフ・アイム・ノット・イン・ラヴ」

1998/08/21

[CD]

¥1,382(税込)

フラワー
ジョディ・ワトリー「フラワー」

1998/03/31

[CD]

¥2,614(税込)

オフ・ザ・フック
ジョディ・ワトリー「オフ・ザ・フック」

1998/02/04

[CD]

¥1,382(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

1997/09/26

[CD]

¥1,320(税込)

スカイスクレイピング
ABC「スカイスクレイピング」

1997/05/21

[CD]

¥2,670(税込)

インティマシ-
ジョディ・ワトリー「インティマシ-」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

アフェアズ・オブ・ザ・ハ-ト
ジョディ・ワトリー「アフェアズ・オブ・ザ・ハ-ト」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

ダンス・ウィズ・ミ-?
ジョディ・ワトリー「ダンス・ウィズ・ミ-?」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

ラ-ジャ-・ザン・ライフ
ジョディ・ワトリー「ラ-ジャ-・ザン・ライフ」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

JODY WATLEY
ジョディ・ワトリー「JODY WATLEY」

1996/03/23

[CD]

¥1,888(税込)

グレイテスト・ヒッツ
ジョディ・ワトリー「グレイテスト・ヒッツ」

1996/02/21

[CD]

¥2,621(税込)

アフェクション
ジョディ・ワトリー「アフェクション」

1995/08/23

[CD]

¥1,363(税込)

アフェクション
ジョディ・ワトリー「アフェクション」

1995/08/23

[CD]

¥2,670(税込)

リミクセズ・オブ・ラヴ
ジョディ・ワトリー「リミクセズ・オブ・ラヴ」

1994/07/21

[CD]

¥2,097(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ・デジタル】藤井風「旅路」初のダウンロード・ソング首位なるか

  2. 2

    清水翔太、THE RAMPAGE、Reolら出演【LIVE YEAH!!!vol.3】開催 LIVE YEAH!!!ならではのエンタメ精神に溢れたオンラインライブ

  3. 3

    BTS、国際レコード業界団体IFPIが選ぶ2020年の年間最優秀アーティストに決定

  4. 4

    Official髭男dism、最新曲「Universe」各パートのトラックが聴ける“Stemプレイヤー”公開

  5. 5

    【先ヨミ】Sexy Zoneのベスト・アルバム『SZ10TH』158,199枚を売り上げ首位独走中 aiko/sumikaが続く

HOT IMAGES

注目の画像