Billboard JAPAN


Special Contents

【#BJMA】2014年ビルボードジャパン・チャート解析/毛利嘉孝

【BJMA】特集


ソーシャルメディアと音楽の幸福な出会い


 今年のチャートで最も興味深いのは、何と言ってもファレル・ウィリアムスの「ハッピー」だろう。もちろんロビン・シックやダフト・パンクとの共同作業で、ファレルが2014年最も重要なアーティストであることはすでに予言されていた。けれども、誰がこの「ハッピー」で踊った人々が自分たちで映像を撮影してオリジナルのPVを作ってネットにアップしていくなんて状況を想像しただろうか。チャートランキングという点ではややスロースターターだったこの曲は2月から3月にかけて世界中からPVがアップされ始められると、YouTubeやTwitterで大きな話題となり、異例のロングセラーとなった。ソーシャルメディアと音楽の幸福な出会いを象徴する楽曲である。

Happy Sri Lanka #HappySriLankans - Pharrell Williams
Happy from Harajuku Tokyo - Pharrell Williams

BJMA2014


プロフィール写真

毛利嘉孝 1963年生。東京藝術大学准教授。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジPh.D.(社会学)。専門は社会学・文化研究。特に音楽や現代美術、メディアなど現代文化と都市空間や社会運動をテーマに批評活動を行う。主著に『ストリートの思想』(日本放送出版協会)、『文化=政治』(月曜社)、『増補ポピュラー音楽と資本主義』(せりか書房)ほか。

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】Kis-My-Ft2『Luv Bias』16.9万枚で現在シングル1位

  2. 2

    【ビルボード】Mr.Children 『SOUNDTRACKS』がチャートイン2週目でDLアルバム首位を獲得

  3. 3

    BTS、『MTV Unplugged』でコールドプレイのカヴァーを含む計5曲を披露「出演できて光栄」

  4. 4

    宮本浩次の単行本『宮本浩次』本人の直筆タイトル入り表紙が公開

  5. 5

    【ビルボード】SixTONES「僕が僕じゃないみたいだ」436,911枚を売り上げ総合首位に 星野源「創造」総合7位に初登場

HOT IMAGES

注目の画像