Billboard JAPAN


Special Contents

倖田來未『Dance In The Rain』インタビュー

倖田來未 『Dance In The Rain』 インタビュー

 今の倖田來未が一番格好良い。そのことを世に伝える為だけに熱烈オファー/実現した今回のインタビュー。結果的に読み手を感涙/鼓舞させるドキュメンタリーにもなった。読んで何かを感じた人は、ぜひこの倖田來未を世に広めてほしい。“素の倖田來未”が15周年で暴れ回る為にも。

挫折したら倖田來未は終わっちゃうから。傷ついたときこそ……

--今年の夏【KODA KUMI LIVE TOUR 2014 ~Bon Voyage~】の東京国際フォーラムホール公演を観て、個人的には“今の倖田來未が一番格好良い”と……

倖田來未:そう言って頂けて嬉しいです!

--ということを世に伝えたいと思い、今回のインタビューを実現させて頂いたんですが、自分の中では今回のツアーにどんな印象や感想を?

※倖田來未 / Winner Girls (from「Koda Kumi Hall Tour 2014 ~Bon Voyage~」)
※倖田來未 / Winner Girls (from「Koda Kumi Hall Tour 2014 ~Bon Voyage~」)

倖田來未:私の中では、EDMを打ち出すのって今更というか、それこそアメリカのビルボードでは以前からランクインしていたりするでしょ。今回のアルバム『Bon Voyage』ではEDMを意識して例えば「Crank Tha Bass」を入れた訳じゃなくて、あの曲が頭ひとつ抜けてるなと思ったから、良いなと思ったから入れただけで。それでツアーではダンスを今まで以上にクローズアップして、なおかつアーティストとして音をすごく大事にしたかったの。日本人アーティストにはなかなかないような、でも、最先端に行き過ぎてると思わせないレベルで。その上で倖田來未らしいものが出来たかなって。あれこそ倖田來未というか。

--あれこそ倖田來未でしたよね。歌もダンスもあらゆるエンターテイメントも、アスリートばりの鍛練を15年近く続けてきたからこそ到達できる境地。終始「格好良いいなぁ」と思って泣いてました。

倖田來未:ありがとうございます。少し前ぐらいから新しい制作スタッフが入って、そこにはやっぱり新しい角度の意見もたくさんあって。「もっとシンプルでいいんじゃないのか」っていう意見もあったんですけど、例えば映像に関しては、子供たちが来たときも楽しんでもらえるようにおもしろく創ってきたし、緊張するシーンも多いライブだからちょっと心を休めてもらえるような要素も大事にしてて。今回は“Bon Voyage”で旅立ちがテーマだったからファニーな部分も取り入れつつ、アーティスト目線で作り変えたりはしたんですけど、ベースの部分で倖田來未はエンターテイナーだと思うからエンターテインメントからは引けなかったんですよね。

--その結果、歌、ダンス、演出などのエンターテイメントが絶妙なバランスになっていました。

※倖田來未 / LOL (from「Koda Kumi Hall Tour 2014 ~Bon Voyage~」)
※倖田來未 / LOL (from「Koda Kumi Hall Tour 2014 ~Bon Voyage~」)

倖田來未:あと、ライブ全体の尺についても考えて。やっぱり倖田來未のライブは長すぎるから(笑)、今回は意図的に短くしました。短いって言っても2時間以上あるんですけど、今まで本編が2時間以内で終わることがなかったんですよね。

--初見さんが観ても全部楽しんで帰れるライブでしたよね。

倖田來未:そうそう! やっぱりまた倖田のライブに来たいって思ってほしいから。お腹いっぱいじゃなくて「また食べたいな」って思ってもらえるライブ創りを意識しました。

--「新しいリスタート」をテーマにしていたそうですが、そもそもこのタイミングでそれをテーマにしたのは?

倖田來未:MCでも話したんですけど、この14年は楽しいことばかりではなくて、辛いこと、苦しいこともたくさんあったんですね。表には見えないところで、色々なことが起きていたりして…………そういう意味も込めてもう一回スタート。気持ちをリセットすることも大事なのかなと思って「Imagine」って曲が出来ました。すごく挫折しそうなときもあるけど、そこで挫折したら倖田來未は終わっちゃうから。傷ついたときこそ“ラッキー! 上が見えた!”って思うと、もっと頑張れる。そうしないとやっていけへんなと思ったんですよね。それで出来たアルバムが『Bon Voyage』だったりもして。

--なるほど。

倖田來未:あとは新しいことに挑戦する。新しいスタッフが入ったことで、これまで出逢えなかった楽曲と出逢えるようになったんですよね。そういう意味での「新しいリスタート」でもあります。

--倖田來未はもうすぐ15周年を迎える訳ですけど、そこに向けて。という部分もあったんですか?

倖田來未:15周年を迎えるまでに整理したかったんです。例えば遠足に行く前にはやっぱり準備しなきゃいけないじゃないですか。15周年の初日に「よし、行くぞ!」って言うスタンバイをする為にも、これまで以上にいろんな物事に対してシビアな目で見なきゃいけないし、そういうジャッジをする為にも良い時期なのかなって。今もそうだし、しばらくはそういう時期なのかなって思ってます。

倖田來未『Dance In The Rain』インタビュー

--あのライブを観ても、今の発言を聞いても思いましたけど、「あ、この人、もう一度天下獲りに行こうとしているな」っていう。倖田來未というものをもう一度見つめなおして、何が一番自分の表現において重要なのか、どんな見せ方がベストなのか考えている。

倖田來未:はい。今回の新曲「Dance In The Rain」にしても配信だけでリリースするって初の取り組みなんですよ。私は好きなアーティストの作品はCDで買うタイプだし、映像もDVD買ってテレビで観る人だから、パッケージという形態を大切にしていたんですね。でも世界初の360°バーチャルリアリティミュージックビデオをつくったり、最先端のテクノロジーで新しい倖田來未を見せていく以上は、それに合ったリリース形態を取っていく必要があった。デビューして14年たった今もまだまだ挑戦することはたくさんあるけど、新しいことにトライすることは怖さもある。でも挑戦しないと何も始まらない。歩いていかなきゃいけないから。あと、15周年前の今、色々なことにトライして皆さんの反応を見てみたいという気持ちもあります。もちろん上手くいくかもしれないし、どうなるかは分からないけど、やっぱり自分の足で一歩踏み出して、それに対してみんながどういう風に思うか、どう感じるのかを知らないと! やっぱりトライしてみないと何も始まらない。マンネリ化していくだけになる。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. どんなに苦しくても、雨の中でも力強く踊る。生き続ける。
  3. Next >
どんなに苦しくても、雨の中でも力強く踊る。生き続ける。

--誰もやってないことをやって世を振り向かせた人ですからね。そこはいつまでも求めたくなるし、求められる。

倖田來未:そうやって忘れられない存在でいたいなと思います。今はライブや音楽制作に集中しているので、その分、みなさんに会える機会も減っちゃうじゃないですか。でももう一回原点に戻って倖田來未の音楽、倖田來未の声というものを純粋に聴いてもらいたいなって。とはいっても、今までに比べると大きく変化している時期なので、怖いのー!

--急に弱気な乙女(笑)。「今の倖田來未をしっかり世に示したい。今の私を知ってほしい」という想いは強い?

※倖田來未 / 「Dance In The Rain」 Trailer
※倖田來未 / 「Dance In The Rain」 Trailer

倖田來未:そうですね。特に今回の「Dance In The Rain」は、私の中ではデモを聴いた段階で「絶対に歌いたい!」と思って。ずっとバラードで踊りたかったんだけど、シングルでバラードで踊れる曲って全然なくって。2005年の「hands」まで戻るんじゃないかなってぐらい。だから「やっと来た!」っていうのがあったので、この曲は勝負曲にしたかったんですよね。メッセージも「Imagine」と通ずるものがあって、雨に打たれながらも、どんなに苦しくても、その中でも力強く踊る。生き続けるっていう。そういうメッセージを今回の楽曲で伝えたくて、それを体で表現、ダンスで表現するっていうのも、今すごく倖田來未でやりたかったことで。だからぜひミュージックビデオも見てもらいたい。

--倖田來未の歌力を最大に引き出せるバラードでありながら、激しく踊り倒せるダンスミュージックでもある。そして倖田來未の人生ともリンクするドラマティックさ。倖田來未にしか体現できない曲だと思います。

※倖田來未 / 恋のつぼみ
※倖田來未 / 恋のつぼみ

倖田來未:そうですよね。今までは楽曲に倖田來未がキーを合わせる。例えば「恋のつぼみ」のような可愛い曲はキーを上げて、可愛く聴こえるように、こういう女の子に見えるようにってレベルを合わせていった感じなんですけど、今回は私がズバリ歌いたかったキーで歌ってるんです。すっごい低いんですよ。自分らしい楽曲を初めて自分らしいキーで自分らしくパフォーミングできたのかなって。14年目にしてやっとね。

--この曲はちゃんと広がってほしいですよね。

倖田來未:そう! だから「CD出さないでいいのかな?」みたいなところがあったわけ(笑)!だけど、やっぱり良い試みだと思うし、勝負に出なきゃなと思ったので。本当にひとりでも多くの人に聴いてもらいたい曲です。

--おそらく倖田來未ファンとまで呼べない世間の人は、それこそレコード大賞を獲得した前後だったり、初の東京ドーム公演を実現した瞬間だったりを“キャリアハイ”と呼ぶと思うんです。でも倖田來未は今が一番格好良いし、キャリアハイを迎えている状態だと思うので。

倖田來未:やー!嬉しいわー!

--それがこの曲「Dance In The Rain」や今度のライブを通して伝わってほしいと思います。

倖田來未:キャリアハイかどうかは自分では分からないけど、他の人が出来ないことだったり、表現したいけど出来ないことを“倖田來未だからこそやらせてもらえた環境”があったと思ってるんですよ。最先端の格好良いことを私なりに表現して聴いてもらう、このタイミングで誰もやってないことをよりやっていきたい。今日、いろいろ言ってもらって「倖田來未は他のアーティストにないものを持ってるのかな」って改めて思ったし、基本的にはオンリーワンでいたいから、周りがやってない楽曲だったり、やりたくても出来ない表現を倖田來未がやっていく。それが一番面白いと思うから。

--その通りだと思います。

倖田來未:いろんなアーティストさんのライブを観に行くけど、そこにはエンターテインメントを追求しているアーティストさんもいれば、ダンスを突き詰めている人もいれば、ボーカルだけを突き詰める人もいて。でも倖田來未はどれかひとつじゃなくいろいろな要素を取り入れたい。そのためにはひとつひとつ深く掘り下げていかないと、全部薄く平べったくなっちゃう。だから才能だけじゃなく運も持ってなきゃダメだし、華も持つようにしなきゃダメだし、しっかり努力もしないと生き残れない。それが分かるようになってから傷ついても「よし!今だ!」って思えるのかなって。

--好転させるきっかけと思えると。

倖田來未:例えば信じすぎて傷ついても、私はそれによって生まれるものがあると思うので……。ある意味でアーティストってラッキーだなと思いますよ。そういうことも音楽という形で表現できるから。自分の言いたいことを伝えて、それに共感してもらえたりするので。挫折したり、人に裏切られたり、信頼を失くしたりってきっとどこにでもあると思うんですよね。私自身もやっぱり人なんで、みんなと同じように葛藤するし、そういう気持ちも全て音楽を通して伝えられたらいいなと思います。

--「Dance In The Rain」の世界初バーチャルリアリティMVについても話を伺いたいんですが、初めて体感したときはどんな気持ちになりました?

倖田來未『Dance In The Rain』インタビュー
倖田來未『Dance In The Rain』インタビュー

倖田來未:最初観たときはまだ50%ぐらいしか出来てなくて、監督に「もっと本人が動いたらどう?」とか「もっと引っ張られたり、周りが動いたりしてほしい」とか……私の意見もちゃんと取り上げてくれたんですよ。それからラスト2週間で別モノと言っていいぐらい、ストーリーも何もかも変わってて。監督含め制作チームのマインドが凄いなって思いました。その仕上がりを観たときは、変に酔うこともないし、でも異空間にいるバーチャル感も出たなって。こんなミュージックビデオは観たこともないし、本当に新しいことが出来たなって思ってます。

--世界初ですからね。ちなみに近年の日本の音楽シーンは“海外戦略”に力を入れるアーティストが徐々に増えてきています。倖田來未も海外で戦っていきたい想いは強いですか?

倖田來未:私の気持ちの準備がまだ出来ないというか、不安な気持ちが強くてなかなか動けなかったんですけど、台湾でのライブを重ねてやらせてもらったりして、「音楽って国境がない」ってことにやっと気付けた。それは前から言ってはいたんですけど、実際に海外に行って評価されるのかなって思ってて。ビルボードチャートには入ったけど、あれも15年前の話だから。でも今後は台湾以外でもやりたいと思ってます。グルーバルファンクラブも出来て、LINEとかで倖田來未の情報を世界中に見てもらってるんですけど、意外な場所で認知されてたりするので。例えばFacebookではブラジルの人が反応してくれてたりするので、ようやく「行ってみよう」って思えたんですよね。だから早い段階から海外行ってるアーティストさんはマインドが強いなって思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「出る杭は打たれる。やってないことをやってるから打たれる」。
  3. Next >
「出る杭は打たれる。やってないことをやってるから打たれる」

※Fergie - Big Girls Don't Cry (Personal)
※Fergie - Big Girls Don't Cry (Personal)

--がっつり歌って踊れた上でエンターテインメントも出来る倖田來未は、海外でも評価されると思いますよ。エンターテインメントだけで評価されてるアーティストがいるんですから。

倖田來未:日本にはいろんなジャンルのアーティストがいるってことを知ってもらいたい。あと、私はファーギー(ブラック・アイド・ピーズ)やファー・イースト・ムーブメント、オマリオン、T-PAINをはじめ海外アーティストともコラボさせて頂いているので、そういう意味では少しは強気でいかないといけないなって思います(笑)。そこは自信持って行きたいなって。次のアルバムでも海外アーティストとコラボできたら嬉しいなって思ってます!

--楽しみにしてます。それにしても今回のインタビューを目にする読者は、いろいろセンセーショナルなことをやってきて、あらゆる成功を収めてきた今の倖田來未がこれほど臆病だとは思ってないでしょうね(笑)。

倖田來未:いや、意外と臆病者です(笑)。セクシーなファッションを始めたときもやっぱり批判が多かったじゃないですか。最初はすごく気にしてました(笑)。

--『ミュージックステーション』に過激な姿で出演しましたからね。

※倖田來未 / キューティーハニー
※倖田來未 / キューティーハニー

倖田來未:そう(笑)! でもそのときにスタッフに「出る杭は打たれるよ。やってないことをやってるから打たれてるだけだから、間違いじゃないと思うなら気にせずがんばれ」って言ってくれて。それでやり通したら「エロかっこいいファッションがしたい」ってブームになった。だから自分が間違ってないと思ってるんだったら批判されてもやるべきだなって。でも基本は臆病ですよ。嫌われたくないし、支持してもらいたいし。

--それでも折れずに打ち出していく戦いを続けなきゃいけない。

倖田來未:自分で自分を落とし込んだ時期もあったし、人生何があるか分からないし、やっぱり臆病にはなる時期、落ち込んだ時期もあったけど、知った痛みがあったからこそ生まれた曲もあった。そういう意味では、自分にとってはとても大事な時期でした。

--表現者が本領発揮するのは傷ついてるときですからね。

倖田來未:いや、ほんとにそうやと思う! いや、そう思いたいです(笑)。

一同:(笑)

倖田來未:そういう意味でもすごく良いアルバムが出来つつあるかも(笑)!海外へも発信していきたいって考えているから、より音楽的に研ぎ澄まされたアルバムになっていくかなと思ってて。もしかしたらこれまで以上に引き離されたって感じる人も出てくるかもしれないぐらい、洋楽好きは絶対好きなアルバムなんですけどね。「うわ、倖田來未ってこんなに攻めてるんだ」ってなると思う。で、ライブを観たら「あ、こういうことがしたかったんだ!」って分かって楽しくなる。そんなアルバムにしたいなと。

--めっちゃ期待しますよ、そんなアルバム。

倖田來未:楽しみにしてて! でも意識としては、日本のカルチャーで育ってきたので、格好良さの中にキャッチーさを残していきたいとは思ってます。格好いいけどキャッチーじゃない曲にはしない。すごく良いアルバムになると思う。

--なるほど。

倖田來未:ただ、結構……またこれも挑戦。

--今、またちょっと臆病になったでしょ(笑)?

倖田來未:そうそう(笑)。だけど、きっと気に入ってくれるアルバムになると思います!

--さて、まだまだお話を聞いていたいんですけど、時間もアレだと思うので……

倖田來未:あっという間!

--(笑)。15周年の倖田來未はどうなっていく。もしくはどうしていきたいと思っていますか?

倖田來未:うーん……さっきも言いましたけど、今までの辛さや苦しみがあったことによってジャンプアップできる。15周年を迎える準備。その為に負った傷だと思ってるから、それは私にとってすごく大事な通過点やと思ってるし、だから15周年の私はすごくパワフルな気がする! 「もう出来ないことはないな」っていう自信にも繋がってきてるから。今回の「Dance In The Rain」は自分の言いたいことを込めることができて、自分がアーティストとしての原点に気付かせてくれた曲なんですよね。飽きがこないように、聴き手の人が楽しいように、楽曲によっていろんなキーに合わせたりしてきましたけど、次は倖田來未というアーティストに合わせたアルバムが出来るんじゃないかなって。だからもしかしたら“素の倖田來未”が15周年で一番出てくるかもしれない。暴れ回りそうな予感(笑)!

Interviewer:平賀哲雄

Music Video

関連キーワード

TAG

関連商品

DNA
倖田來未「DNA」

2018/08/22

[CD]

¥3,240(税込)

DNA
倖田來未「DNA」

2018/08/22

[CD]

¥4,968(税込)

DNA
倖田來未「DNA」

2018/08/22

[CD]

¥4,212(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥3,240(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥4,968(税込)

W FACE~inside~
Koda Kumi「W FACE~inside~」

2017/03/08

[CD]

¥2,808(税込)

W FACE~inside~
Koda Kumi「W FACE~inside~」

2017/03/08

[CD]

¥4,536(税込)

W FACE~inside~
Koda Kumi「W FACE~inside~」

2017/03/08

[CD]

¥3,780(税込)

W FACE~outside~
Koda Kumi「W FACE~outside~」

2017/03/08

[CD]

¥2,808(税込)

W FACE~outside~
Koda Kumi「W FACE~outside~」

2017/03/08

[CD]

¥4,536(税込)

W FACE~outside~
Koda Kumi「W FACE~outside~」

2017/03/08

[CD]

¥3,780(税込)

HOTEL
Koda Kumi「HOTEL」

2014/08/06

[CD]

¥1,944(税込)

Bon Voyage
倖田來未「Bon Voyage」

2014/02/26

[CD]

¥3,240(税込)

Bon Voyage
倖田來未「Bon Voyage」

2014/02/26

[CD]

¥4,968(税込)

Bon Voyage
倖田來未「Bon Voyage」

2014/02/26

[CD]

¥4,212(税込)

恋しくて
倖田來未「恋しくて」

2012/12/26

[CD]

¥1,296(税込)

恋しくて
倖田來未「恋しくて」

2012/12/26

[CD]

¥1,944(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,080(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥4,536(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥5,616(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥5,616(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥8,640(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥2,808(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥1,080(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥1,944(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,080(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,296(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,944(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥3,240(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥1,296(税込)

DNA
倖田來未「DNA」

2018/08/22

[CD]

¥3,240(税込)

DNA
倖田來未「DNA」

2018/08/22

[CD]

¥4,968(税込)

DNA
倖田來未「DNA」

2018/08/22

[CD]

¥4,212(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥3,240(税込)

AND
倖田來未「AND」

2018/02/28

[CD]

¥4,968(税込)

W FACE~inside~
Koda Kumi「W FACE~inside~」

2017/03/08

[CD]

¥2,808(税込)

W FACE~inside~
Koda Kumi「W FACE~inside~」

2017/03/08

[CD]

¥4,536(税込)

W FACE~inside~
Koda Kumi「W FACE~inside~」

2017/03/08

[CD]

¥3,780(税込)

W FACE~outside~
Koda Kumi「W FACE~outside~」

2017/03/08

[CD]

¥2,808(税込)

W FACE~outside~
Koda Kumi「W FACE~outside~」

2017/03/08

[CD]

¥4,536(税込)

W FACE~outside~
Koda Kumi「W FACE~outside~」

2017/03/08

[CD]

¥3,780(税込)

SUMMER of LOVE
KODA KUMI「SUMMER of LOVE」

2015/07/22

[CD]

¥2,484(税込)

SUMMER of LOVE
KODA KUMI「SUMMER of LOVE」

2015/07/22

[CD]

¥3,780(税込)

SUMMER of LOVE
KODA KUMI「SUMMER of LOVE」

2015/07/22

[CD]

¥3,024(税込)

WALK OF MY LIFE
Koda Kumi「WALK OF MY LIFE」

2015/03/18

[CD]

¥3,240(税込)

WALK OF MY LIFE
Koda Kumi「WALK OF MY LIFE」

2015/03/18

[CD]

¥4,968(税込)

WALK OF MY LIFE
Koda Kumi「WALK OF MY LIFE」

2015/03/18

[CD]

¥4,212(税込)

Bon Voyage
倖田來未「Bon Voyage」

2014/02/26

[CD]

¥3,240(税込)

Bon Voyage
倖田來未「Bon Voyage」

2014/02/26

[CD]

¥4,968(税込)

Bon Voyage
倖田來未「Bon Voyage」

2014/02/26

[CD]

¥4,212(税込)

Dreaming Now!
倖田來未「Dreaming Now!」

2013/11/13

[CD]

¥1,944(税込)

Summer Trip
Koda Kumi「Summer Trip」

2013/07/31

[CD]

¥1,296(税込)

Summer Trip
Koda Kumi「Summer Trip」

2013/07/31

[CD]

¥1,944(税込)

恋しくて
倖田來未「恋しくて」

2012/12/26

[CD]

¥1,296(税込)

恋しくて
倖田來未「恋しくて」

2012/12/26

[CD]

¥1,944(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,080(税込)

Go to the top
倖田來未「Go to the top」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥4,536(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥5,616(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥5,616(税込)

JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」

2012/01/25

[CD]

¥8,640(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥2,808(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥1,080(税込)

Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」

2011/11/30

[CD]

¥1,944(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,080(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,296(税込)

愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」

2011/09/21

[CD]

¥1,944(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥3,240(税込)

4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」

2011/08/17

[CD]

¥1,296(税込)

Dejavu
倖田來未「Dejavu」

2011/03/02

[CD]

¥4,104(税込)

Dejavu
Koda Kumi「Dejavu」

2011/03/02

[CD]

¥3,146(税込)

Dejavu
Koda Kumi「Dejavu」

2011/03/02

[CD]

¥5,122(税込)

Gossip Candy
KODA KUMI「Gossip Candy」

2010/07/07

[CD]

¥1,296(税込)

Gossip Candy
KODA KUMI「Gossip Candy」

2010/07/07

[CD]

¥1,296(税込)

Gossip Candy
KODA KUMI「Gossip Candy」

2010/07/07

[CD]

¥1,944(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    東方神起、チケット入手困難となった最新ツアーの模様が放送されることに

  2. 2

    BTS(防弾少年団)総合SG首位、RAD新譜にワンオクTakaら参加、HYDE×YOSHIKI再共演:今週の邦楽まとめニュース

  3. 3

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Flamingo」が2週連続の1位、back number「オールドファッション」が続く

  4. 4

    アリアナ・グランデ、トレードマークのポニーテールをバッサリ!  新しい髪形にファンの反応は?

  5. 5

    BTS (防弾少年団)、『Burn the Stage: The Movie』公開 前売り販売枚数が世界で約94万枚突破

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像