Billboard JAPAN


Shoping

JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.10 RO69JACK 13/14

(V.A.)

(V.A.)「 JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.10 RO69JACK 13/14」

  • 定価:¥ 690(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:ROJR-36
  • 発売日:2014/11/05
  • 発売元:JACKMAN RECORDS
  • JAN:4582307860366
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 690(税込)
  • 加算ポイント:138pt
  • 在庫情報:僅少あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

ロッキング・オンの音楽情報サイト“RO69”が運営するアマチュア・コンテスト“RO69JACK”のコンピレーション・アルバム・シリーズ10作目。本作には“RO69JACK 13/14”で、優勝・入賞を勝ち取った全16組の新人アーティストの音源を収録。赤色のグリッター、LAMP IN TERRENをはじめ、王道ギターロックから弾き語り、超絶インストまで、ジャンル不問、高濃度な一枚。 (C)RS

セツナ
赤色のグリッター「セツナ」
2017/04/05
[CD]
¥1,700(税込)
購入画面へ
LaLaLa-prima
the equal lights「LaLaLa-prima」
2016/08/03
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
LaLaLa-prima
the equal lights「LaLaLa-prima」
2016/08/03
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ラン・ロン・ロン
赤色のグリッター「ラン・ロン・ロン」
2016/07/06
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
存在証明
赤色のグリッター「存在証明」
2015/12/02
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
未来飛行機/1.2.3
赤色のグリッター「未来飛行機/1.2.3」
2015/03/04
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
Curious
CICADA「Curious」
2005/10/21
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
シンプル カオス ステレオ
CICADA「シンプル カオス ステレオ」
2003/03/05
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
GIG GIGGER GIGGEST
CICADA「GIG GIGGER GIGGEST」
2002/04/24
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
「BiSと言えば、プー・ルイとアヤだよね」って言われるようになりたい
チームしゃちほこ インタビュー
チームしゃちほこ インタビュー
“VICTORY YEAR”を振り返り
メンバーの卒業を経験し5人になって初めてリリースされる2ndアルバム『おわりとはじまり』について
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
祖母の死から紡がれた新曲「愛を両手に」完成
生命や宇宙を表現してきた20年―――
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
どんなにネガティブな声や視線にも怯まず、
バンドシーン全体を唸らせる存在になるまで―――
大塚 愛『私』インタビュー
大塚 愛『私』インタビュー
転職? もう辞める? 新たなスタンダードソング誕生!?
切実な状況を爆笑トークでお届けする新感覚インタビュー
【スペシャル対談】小島麻由美×武藤昭平(勝手にしやがれ)×DUB MASTER X
【スペシャル対談】小島麻由美×武藤昭平(勝手にしやがれ)×DUB MASTER X
なんで今までこの組み合わせで出来なかったんだろう?
「奥深きプログレッシヴ・ロックの世界」ライブハウス編
「奥深きプログレッシヴ・ロックの世界」ライブハウス編
アンダーソン,ラビン&ウェイクマンやスティック・メン、セキュリティ・プロジェクトの公演が控え、にわかに来日ラッシュで賑わいを見せているプログレッシヴ・ロックを特集
JOE来日記念特集~不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力
JOE来日記念特集~不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力
不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力やリリースしたばかりの最新作について、村松カナ氏が語る。

Chartsmore