Billboard JAPAN


NEWS

2018/07/17

ドレイク、全米ソング・チャートで最もNo.1獲得したラッパーに エミネム/ディディらの記録抜く

 2018年7月21日付の最新米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で、ドレイクの「イン・マイ・フィーリングス」が先週6位からジャンプアップし、今週見事1位に輝いた。

 これによってドレイクは、エミネム、ディディ、リュダクリスの記録(いずれも5曲の“Hot 100”No.1を獲得)を抜き、そのニックネーム“6 God”にふさわしく6曲目の全米1位をマークし、“Hot 100”で最もNo.1に輝いたラッパーとなった。

 「イン・マイ・フィーリングス」は、同曲を使ったダンス・チャレンジの人気に後押しされ、ニールセン・ミュージックによると先週から58%増となるストリーミング数7170万回をアメリカ国内で記録し、ストリーミング・チャート“Streaming Songs”で先週2位から1位にランクアップした。また、デジタル・ソング・セールス・チャート“Digital Song Sales”では、337%増となる89,000ダウンロードを獲得している。

 ドレイクが“Hot 100”首位を獲得した6曲のうち3曲「ゴッズ・プラン」、「ナイス・フォー・ホワット」、そして「イン・マイ・フィーリングス」はいずれも2018年にリリースされた楽曲で、先月解禁となり、数々の記録を打ち立てた『スコーピオン』に収録されている。


◎ドレイクが全米No.1を獲得した楽曲
(タイトル/チャート日付/1位の週数)
「ホワッツ・マイ・ネーム?」(リアーナfeat.ドレイク)2010年11月20日付 1週間
「ワーク」(リアーナfeat.ドレイク)2016年3月5日付 9週間
「ワン・ダンス」(feat.ウィズキッド&カイラ)2016年5月21日付 10週間
「ゴッズ・プラン」 2018年2月3日付 11週間
「ナイス・フォー・ホワット」 2018年4月21日付 8週間
「イン・マイ・フィーリングス」 2018年7月21日付 1週間

ドレイク その他の画像・最新情報へ

What's Hot

関連商品

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    BTS (防弾少年団)、エド・シーラン参加の新曲を初パフォーマンス

  2. 2

    【先ヨミ・デジタル】THE YELLOW MONKEY 19年ぶりアルバム『9999』が9,647DLで首位独走中 富士葵/乃木坂46が続く

  3. 3

    フレディー・マーキュリーのセクシャリティーや死に至るまでの秘話を告白、特番が6月に放送

  4. 4

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が5週ぶり33度目の首位に、HIROOMI TOSAKAは2曲がトップ10内に

  5. 5

    郷ひろみ、ゲーセンやカラオケで大盛り上がり「JAN JAN JAPANESE」MV公開

HOT IMAGES

注目の画像