Billboard JAPAN


NEWS

2018/06/27

【グラミー賞】主要4部門、2019年からノミネート数が8つに

 1959年の発足以来一度も変更されていなかった【グラミー賞】の主要4部門のノミネート数が増えることになった。2019年の【第61回グラミー賞】から実施される。

 同賞の発足以来、引き分けの場合を除いて必ず5つだったノミネート数が、<年間最優秀レコード>、<年間最優秀アルバム>、<年間最優秀楽曲>、<最優秀新人賞>(第2回から創設)の4部門で8つに増やされる。他の80部門は変わらず5つで据え置きとなる。【グラミー賞】を主催するナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス(NARAS)全会員により投票で決定される、“ジェネラル・フィールド”と呼ばれるジャンルで制限されない部門へのエントリーが多いことを反映させたものとみられる。

 投票の第1ラウンドではこれまで通り一般会員が各部門で5つのノミネート作品/アーティストを選考する。選ばれた中から上位20ノミネーションをNARASの審査委員会が8までに絞り込み、最終選考で受賞者が投票で決定される。票の格差はない。

 今回発表された変更点はほとんどが部門の定義を調整または明確にするというものだったが、<最優秀コンピレーション・サウンドトラック・アルバム>部門で音楽監督もノミネートされる資格が与えられたことや、<最優秀ヒストリカル・アルバム>部門でレストレーション・エンジニアに資格が与えられたことなども含まれている。

 また、<最優秀映像作品楽曲>部門で、10月1日から9月31日までの本年度期間内にリリースされた楽曲が収録されたサウンドトラック・アルバムが翌年にリリースされた場合、その楽曲が本年度にどの部門にも提出されなかった場合に限り翌年の【グラミー賞】への提出が認められることになった。

What's Hot

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】Hey! Say! JUMP / 山田涼介『Lucky-Unlucky / Oh! my darling』が14.3万枚を売り上げ首位独走中

  2. 2

    【ビルボード】赤西仁『THANK YOU』が2,015DLでダウンロードAL初登場1位、miletの2ndEP『Wonderland 』が僅差で追う

  3. 3

    TWICE、爽やかな夏の昼『HAPPY HAPPY』&クールな夏の夜『Breakthrough』ジャケット写真を公開

  4. 4

    【ビルボード】亀梨和也「Rain」が14.2万枚を売り上げて3冠、総合首位も獲得 菅田将暉「まちがいさがし」は11.4万ダウンロードで初登場2位に

  5. 5

    Billboard Japan Hot 100

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像