Billboard JAPAN


NEWS

2018/02/22

“記者”岩田剛典、共演者に取材を敢行! 北村一輝は「岩ちゃんとのデ-ト」希望

 映画『去年の冬、きみと別れ』のジャパンプレミアが21日、東京都内で行われ、出演者の岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、北村一輝、瀧本智行監督ほかが登壇した。
 芥川賞作家・中村文則氏によるサスペンス小説を映画化。最愛の女性との結婚を控える記者・耶雲(岩田)は、世間を騒がせた猟奇殺人事件の容疑者・木原坂(斎藤)について調べ始めるが、真相を追う過程で、木原坂の危険なわなが婚約者・百合子(山本)にまで及んでしまう。
 岩田は、演じた記者役にちなんで共演者に“取材”を敢行。「どうしても聞きたいことがありまして」と切り出すと、浅見に「最近のスク-プしたこと、されたことは?」と質問した。浅見は「撮影中の北村さんが、本当にレディ-ファ-ストだった。エレベ-タ-に一緒に乗ると、絶対に女性陣を先に行かせてくれるんですよ」と声を弾ませたが、これを聞いた斎藤は「男性にもそうなんですよ」とあっさり告白。北村は「男も女も好きなんです」とまとめて、笑いを誘った。
 また、岩田から「この映画をもう一度、撮影するとしたらどの役を演じたい?」と尋ねられた北村は、「どれも難しいけど、女優陣だと岩ちゃんとキスできるからな。岩ちゃんとのデ-トシ-ンに憧れる。だから(女性役なら)どっちでもいいです」と熱望し、会場を盛り上げた。
 一方の岩田は、「自分ならどの役をやりたいか」と聞かれると、「工さんの演じた木原坂ですかね。基本タンクトップ。セクシ-で、“まんまやん”って思いました」とにっこり。しかし斎藤は「何かの雑誌に『タンクトップの男は駄目だ』と書いてあったので、それを信用してタンクトップはやめました。(下に着ている)これはインナ-だと思ってます」とこだわりを主張し、笑わせた。
 映画は3月10日から全国公開。
(前列左から)北村一輝、山本美月、岩田剛典、斎藤工、浅見れいな(後列左から)瀧本智行監督、主題歌を担当したm-flo

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    <ライブレポート>歓喜の雪解け。玉置浩二、1年振りの再始動コンサートを開催

  2. 2

    【ビルボード】Snow Man「Grandeur」アニメ首位、LiSA「炎」首位記録ストップも歴代3位に

  3. 3

    【ビルボード】Snow Man「Grandeur」が総合首位獲得 Ado「うっせぇわ」ダウンロード1位で総合6位に

  4. 4

    Billboard Japan Hot 100

  5. 5

    Billboard Japan Hot Albums

HOT IMAGES

注目の画像