Billboard JAPAN


Daily News

【ビルボード】104,753枚を売り上げたSexy Zone「ROCK THA TOWN」が3冠で総合首位 僅差の℃-uteはセールス合計指標で雪辱

  • Sexy Zone「【ビルボード】104,753枚を売り上げたSexy Zone「ROCK THA TOWN」が3冠で総合首位 僅差の℃-uteはセールス合計指標で雪辱」1枚目/1

 初動で℃-uteとの3万枚差を覆したSexy Zone「ROCK THA TOWN」が、シングル、ルックアップ、Twitterで1位となり、3冠でJAPAN HOT100総合首位を獲得した。シングル・セールスにおいて僅か1,301枚差で逆転された℃-uteのラスト・シングル「To Tomorrow」は、ダウンロードでポイントを獲得、シングル+ダウンロード+ストリーミングのセールス合計指標でSexy Zoneを逆転して雪辱を果たした。とはいえ、Sexy Zone「ROCK THA TOWN」は他指標で℃-ute「To Tomorrow」以上にポイントを積み上げており、セールスの僅差に比べ、合計ポイントでは思いのほか大差をつけて総合1位となった。

 コンスタントにセールスを積み上げている乃木坂46「インフルエンサー」は、おそらく今週には90万枚の大台を突破すると予想され、前週首位から今週3位に留まっている。各指標では、ラジオ12位、シングル3位、ダウンロード16位、ストリーミング15位、ルックアップ2位、Twitter3位、動画再生9位と、バランス良く高ランクを維持、通常のアイドル系楽曲と異なり、シングル発売初週のみならず、次週以降でも強さを発揮する底堅さを見せている。

 今週ダウンロード1位となったのは、WANIMA「やってみよう」。同2位のオースティン・マホーン「ダーティ・ワーク」、同3位の菅田将暉「見たこともない景色」に大差をつけての1位となり、ダウンロード・ポイントが牽引する形で総合9位まで順位を上げた。ちなみに、驚異のロング・ヒットを続けている星野源「恋」は、動画1位はもちろんだが、ダウンロードとルックアップで5位に留まっており、この3指標が今週総合4位と総合上位をキープし続ける要因となっている。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「ROCK THA TOWN」Sexy Zone
2位「To Tomorrow」℃-ute
3位「インフルエンサー」乃木坂46
4位「恋」星野源
5位「見たこともない景色」菅田将暉
6位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
7位「HAPPY」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
8位「やってみよう」WANIMA
9位「TOKYO GIRL」Perfume
10位「はやく逢いたい」Dream Ami
11位「ユメひとつ」刀剣男士 team新撰組 with 蜂須賀虎徹
12位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
13位「不協和音」欅坂46
14位「荒野を歩け」ASIAN KUNG-FU GENERATION
15位「この闇を照らす光のむこうに」Anly+スキマスイッチ=
16位「Bye Bye」Apink
17位「YESTERDAY」Block B
18位「ようこそジャパリパークへ」どうぶつビスケッツ×PPP
19位「おとなの掟」Doughnuts Hole
20位「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」ジャスティン・ビーバー

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore