Billboard JAPAN


NEWS

2017/01/23

カセット・テープの年間セールスが74%増、2年連続TOPはアノ映画のサントラ

 2016年は米国でストリーミングが初めてフィジカルとデジタル・セールスを上回った年だったが、アナログ盤のセールスも11年連続で前年を上回り、相変わらず根強い人気を誇っている。

 そんな中、実はカセット・テープもカムバックの兆しを見せている。ニールセン・ミュージックによると、2016年はカセットのフォーマットで発売されたアルバムが129,000本のセールスを記録し、これは2015年の74,000本から74%増えた計算になる。

 もちろんこれは2016年のデジタルとアナログ・アルバムの合計(2億80万枚、内アナログ盤が1,310万枚)には遠く及ばない数字だが、LP盤の温かみのあるサウンドを愛してやまないマニアが存在するアナログ盤とは違い、カセットは一時期完全に消滅したと思われたフォーマットであることを思えば、復活しつつあること自体が驚きかもしれない。

 カセット・セールスの増加の要因は、2016年にそれぞれ1,000本近く売れたジャスティン・ビーバーの『パーパス』やザ・ウィークエンドの『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』などの最近のアルバムや、エミネムの『ザ・スリム・シェイディLP』(3,000本)やプリンス&ザ・レヴォリューションの『パープル・レイン』(2,000本)などの名盤の再発が影響しているとみられる。これらの新しいカセットには、プレイヤーを持っていないリスナーのためにデジタル・ダウンロード用のコードが大抵付いている。

 2015年に少なくとも1,000本売れたカセット・アルバムは8作だったが、2016年は25作だった。両年ともトップは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のサントラで、各年ともに4,000本ずつ売れている。2014年に発売されたこのテープはトータルで11,000本のセールスを記録しており、実際に映画に登場したカセット・テープというフォーマットであえて発売したことが好セールスにつながったものとみられている。

 カセットの販売ルートも独特だ。前出の『パーパス』と『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』や、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のサントラ、カニエ・ウェストの『イーザス』、そしてThe 1975の『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』のカセットはアーバン・アウトフィッターズが独占販売している。このように、従来とは異なる方法で販売されたカセットは2016年に全体のセールスの21%を占め、残りはオンライン経由と独立小売業者、チェーン店の実店舗経由で購入されている。

 カセットの販売促進のために毎年開かれている【カセット・ストア・デイ】もセールスを後押しした。2016年は10月8日に開催され、その場でしか買えない商品の販売やインストア・ライブなどが世界中の小売店で開かれ、盛り上がりを見せた。

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ビルボードジャパン #stayhome プレイリスト企画vol.123<日向坂46・佐々木美玲/小坂菜緒/渡邉美穂>

  2. 2

    ライブハウス・渋谷Gladのクロージングパーティに、2016年に解散したBPM15Qが出演

  3. 3

    ビルボードジャパン #stayhome プレイリスト企画vol.120<MACO>

  4. 4

    ビルボードジャパン #stayhome プレイリスト企画vol.124<シャカタク ビル・シャープ>

  5. 5

    ビルボードジャパン #stayhome プレイリスト企画vol.122<ウォルピスカーター>

HOT IMAGES

注目の画像