Billboard JAPAN


Daily News

CKBのクリスマス・ライブが開催、横山剣「ビルボードライブ東京、イーネッ!」

 クレイジーケンバンドによるクリスマス・ライブ【ビルボードライブ東京のクレイジーケンバンド】が12月25日、東京・六本木のビルボードライブ東京にて行われた。

 横浜・本牧で育った東洋一のサウンド・マシーン横山剣を中心に1997年に結成されたクレイジーケンバンド。2016年は横山剣のデビュー35周年、2017年にはクレイジーケンバンド結成20周年、さらに2018年はクレイジーケンバンドのデビュー20周年とアニバーサリーイヤーまっただ中のCKBは、ファンとの距離が近い親密な空間で、渋さと色気の漂う大人なクリスマスを届けてくれた。

 バンドが登場し定番のSEが流れると「ゴッドファーザー愛のテーマ」の演奏に乗せ横山剣(Vo)が“イーネッ!”のポーズを決めて登場。菅原愛子(Vo)とともに「シャンタン」を披露し艶のあるハーモニーで序盤から観客を魅了した。

 横山から「次期大統領です!」と紹介された“ドナルド・ホランプ”こと洞口信也(Ba)が音頭を取り会場とともに「メリークリスマス!!」と乾杯。そのあと2曲続けて「ファイヤー・クラッカー」と「クリスマスなんて大嫌いっ!!なんちゃって」が披露されるとユニークで賑やかなクリスマス・ムードが会場を包んだ。MCでは横山が「サンタはいると思う?」と投げかけ「あのね、いるんだよサンタ」と日本の公認サンタクロースでもあるパラダイス山元の名前を挙げ、小野瀬雅生(Gt.)と洞口の決め笑顔で会場の笑いを誘った。

 終盤では「タイガー&ドラゴン」、「太陽のモンテカルロ」など漢気溢れるナンバーを次々と投下する最中に、スモーキー・テツニ(Vo,Perc)が観客にタンバリンを預けてハンドルを持ち会場中を駆け回り“ドライブ”する一幕も。本編ラストの「横顔」では、スモーキーが横山に退場するよう促し、しょんぼりしながらステージを後にするなど、最後までエンターテイメント溢れる演出で会場を沸かせた。

 アンコールでは、エルヴィス・プレスリーから勝新太郎まで数多のシンガーが歌い継いできた名曲「マイウェイ」を、シャウトやロングトーンを織り交ぜたCKB流で見事に歌い上げ、最後は観客との大合唱で盛大に幕を閉じた。お茶目でキャッチ―、そして深みも渋みもあるクレイジーケンバンドを間近で堪能できた、贅沢なクリスマス・ライブにファンも大満足だったことだろう。

 なお、2017年9月2日、神奈川・横浜赤レンガパークの野外特設ステージで結成20周年記念ライブも決定しており年明けには詳細も発表される。まだまだアニバーサリーバッシュを駆け抜けるクレイジーケンバンドから目が離せない。

2016年12月25日 
クレイジーケンバンド「ビルボードライブ東京のクレイジーケンバンド」

Photo: Masanori Naruse
Text: 神人 未稀

◎公演情報
【クレイジーケンバンド結成20周年記念スペシャルライブ】
2017年9月2日(土)横浜赤レンガ 野外特設ステージ
※公演詳細は後日発表

もうすっかりあれなんだよね
CRAZY KEN BAND「もうすっかりあれなんだよね」
2015/08/12
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
もうすっかりあれなんだよね
CRAZY KEN BAND「もうすっかりあれなんだよね」
2015/08/12
[CD]
¥7,344(税込)
購入画面へ
指輪
クレイジーケンバンド「指輪」
2015/07/01
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
1107
クレイジーケンバンド「1107」
2010/07/21
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
HONMOKU MASSIVE
クレイジーケンバンド「HONMOKU MASSIVE」
2010/07/21
[DVD]
¥8,424(税込)
購入画面へ
サマーサンシャイン
(オムニバス) SOUL’d OUT クレイジーケンバンド 木村カエラ 矢井田瞳 DJ OZMA ザ・ハイロウズ センチメンタル・バス「サマーサンシャイン」
2010/06/30
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
ガールフレンド
クレイジーケンバンド「ガールフレンド」
2009/07/22
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
ガールフレンド
クレイジーケンバンド「ガールフレンド」
2009/07/22
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
CKBMV 2
クレイジーケンバンド「CKBMV 2」
2009/06/03
[DVD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
ZERO
クレイジーケンバンド「ZERO」
2008/08/13
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
流行曲中華風味
(オムニバス) ゴダイゴ クレイジーケンバンド Puffy 渡辺美里 工藤静香 松田聖子 南こうせつ「流行曲中華風味」
2008/07/16
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
青山246深夜族の夜
クレイジーケンバンド「青山246深夜族の夜」
2008/06/20
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
タイガー&ドラゴン
クレイジーケンバンド「タイガー&ドラゴン」
2005/04/27
[CD]
¥1,027(税込)
購入画面へ
CKBMV
クレイジーケンバンド「CKBMV」
2004/12/01
[DVD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
あぶく
クレイジーケンバンド「あぶく」
2004/12/01
[CD]
¥1,512(税込)
購入画面へ
FIRST FINALE 2
杉山清貴 廣石惠一 大島孝夫 高島信二 吉田健二 西原俊次「FIRST FINALE 2」
2004/07/22
[DVD]
¥4,937(税込)
購入画面へ
Brown Metallic
クレイジーケンバンド「Brown Metallic」
2004/06/23
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
ゴー!ゴー!ライダー
(オムニバス) クレイジーケンバンド ↑THE HIGH-LOWS↓ The ピーズ RCサクセション PENPALS NICOTINE Sepa「ゴー!ゴー!ライダー」
2004/05/26
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ゴールドフィッシュボウル
クレイジーケンバンド「ゴールドフィッシュボウル」
2003/05/21
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
パンチ!パンチ!パンチ!
クレイジーケンバンド「パンチ!パンチ!パンチ!」
2003/05/21
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
青山246深夜族の夜
クレイジーケンバンド「青山246深夜族の夜」
2003/05/21
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
クリスマスなんて大嫌い!なんちゃって
クレイジーケンバンド「クリスマスなんて大嫌い!なんちゃって」
2002/12/04
[CD]
¥864(税込)
購入画面へ
タイガー&ドラゴン
クレイジーケンバンド「タイガー&ドラゴン」
2002/12/04
[CD]
¥1,728(税込)
購入画面へ
グランツーリズモ
クレイジーケンバンド「グランツーリズモ」
2002/08/07
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
G.T.
クレイジーケンバンド「G.T.」
2002/07/10
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
まっぴらロック
クレイジーケンバンド「まっぴらロック」
2002/05/22
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore