Billboard JAPAN


Daily News

野宮真貴 11/4スタートの東名阪ツアーで話題の「今夜はブギーバック」をカバー 今年のテーマは“サウンドトラック渋谷系”

  • 野宮真貴「野宮真貴 11/4スタートの東名阪ツアーで話題の「今夜はブギーバック」をカバー 今年のテーマは“サウンドトラック渋谷系”」1枚目/2
  • 野宮真貴「」2枚目/2

 デビュー35周年を迎えた“渋谷系の女王”野宮真貴が、11月4日のビルボードライブ大阪からスタートする今年のツアー『野宮真貴、渋谷系を歌う -2016-。“男と女”』のセットリストを先行公開した。

 注目の内容は、8月31日にリリースしたデビュー35周年記念アルバム『男と女 ~野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。』からの曲を中心に、“サントラ(サウンドトラック)渋谷系”をテーマに構成。映画やテレビ番組やテレビCMで使われた“渋谷系サウンド・トラック”を選曲している。

 海外からは、ミッシェル・ルグラン、エンリオ・モリコーネ、アルマンド・トロヴァヨーリらのサントラ渋谷系の大ルーツの作家、そして日本からは、荒井由実、フリッパーズ・ギター、大滝詠一らの名曲を披露する。

 またリオパラリンピック閉会式で楽曲起用された「東京は夜の七時」はもちろんのこと、BEAMS40周年MVに森高千里らと出演して話題となっている「今夜はブギーバック」も披露する予定。恒例となったピチカート・ファイヴのメドレーも含めて充実の選曲となっている。

 また、こちらも毎年恒例となっているスペシャル・カクテルの発売も決定。タイトルは「True Love」で、12月に全国コスメキッチンにて限定発売される、野宮真貴プロデュースの同名のハーブティーを使ったカクテルとなる。こちらは東阪名全会場で販売予定で、ツアーをさらに彩ってくれそうだ。

◎公演情報
【野宮真貴、渋谷系を歌う−2016−。“男と女”】
11月4日(金)ビルボードライブ大阪
11月5日(土)愛知・名古屋ブルーノート
11月11日(金)・12日(土)ビルボードライブ東京

<セットリスト(曲順未定)>
2013年、Billboard LIVEから始まった、野宮真貴が渋谷系とそのルーツとなる良質な音楽を歌い継ぐ《渋谷系スタンダード計画》も、ついに4回目。今回のテーマは“サントラ(サウンドトラック)渋谷系”です。

01. 東京は夜の七時/ピチカート・ファイヴ(作詞/作曲:小西康陽)
02. 双子姉妹の歌/ミシェル・ルグラン(作詞:ジャック・ドゥミ/作曲:ミシェル・ルグラン)
03. ラヴ・スコール/サンドラ・ホーン(作詞:槇小奈帆/作曲:大野雄二)
04. メロディ・フェア/ビー・ジーズ(作詞/作曲:ビー・ジーズ)
05. 哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)/エルザ(作詞:レジス・ヴァルニエ、カトリーヌ・コーエン/作曲:ロマーノ・ムスマッラ/日本語詞:大貫妙子)
06. 快盗ルビイ/小泉今日子(作詞:和田誠/作曲:大滝詠一)
07. Topless Party/ピエロ・ウミリアーニ(作曲:ピエロ・ウミリアーニ)
08. 太陽の下の18才/ジャンニ・モランディ(作詞:ルチアーノ・サルチェ/作曲:エンニオ・モリコーネ)
09. 黄金の七人/アルマンド・トロヴァヨーリ(作曲:アルマンド・トロヴァヨーリ)
10. 恋とマシンガン/フリッパーズ・ギター(作詞/作曲:DOUBLE KNOCKOUT CORPORATION)
11. ルージュの伝言/荒井由実(作詞/作曲:荒井由実)
12. 渋谷で5時/鈴木雅之(作詞:朝水彼方/作曲:鈴木雅之)
13. 男と女/ピエール・バルー&ニコール・クロワジール(作詞:ピエール・バルー/作曲:フランシス・レイ)
(アンコール)
今夜はブギーバック/スチャダラパー featuring 小沢健二(作詞/作曲:光嶋誠、小沢健二、松本洋介、松本真介)
ピチカート・ファイヴ ・メドレー

◎カクテル情報
「野宮真貴、渋谷系を歌う−2016−。“男と女”」スペシャルカクテル「True Love」

<野宮真貴コメント>
この度、私のフィトテラピー(植物療法)の先生である森田敦子さんとハーブティーをプロデュースすることになりました。名前は「True Love」(2016 年12 月全国コスメキッチンにて限定発売予定)。
血流促進の「赤ブドウ葉」、女性らしくうるおう「ラズベリー葉」、穏やかな気持ちにしてくれる「メリッサ葉」、ビタミンCが豊富な「ハイビスカス花」、ホルモンバランスを整える「ダマスクローズ花」。“いくつになっても、恋する女性でいたい。“ と願う女性のための、女性力アップに作用する薬理効果のあるハーブを配合した「恋する、モテるハーブティー」です。
そして恒例の野宮真貴プロデュースのビルボードライブ・スペシャルカクテルは、このハーブをベースした「恋するカクテル“True Love”」。シャンパーニュ等を使ったカクテルと、ノンアルコールのハーブティー・スカッシュの二種類を用意しました。このカクテルを飲みながら、ゆったりと華やかな気分でライブをお楽しみください。

※各会場にて販売予定

ロマンティーク96
PIZZICATO FIVE「ロマンティーク96」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ピチカート・ファイヴ TYO
PIZZICATO FIVE「ピチカート・ファイヴ TYO」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
オーヴァードーズ
PIZZICATO FIVE「オーヴァードーズ」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ゴールデン☆ベスト ポータブル・ロック
Portable Rock「ゴールデン☆ベスト ポータブル・ロック」
2004/11/25
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
ドレスコード
野宮真貴「ドレスコード」
2004/07/07
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
月面軟着陸
PIZZICATO FIVE「月面軟着陸」
2004/04/28
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
女王陛下のピチカート・ファイヴ
PIZZICATO FIVE「女王陛下のピチカート・ファイヴ」
2004/04/28
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ベリッシマ
PIZZICATO FIVE「ベリッシマ」
2004/04/28
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
カップルズ
PIZZICATO FIVE「カップルズ」
2004/04/28
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
EXPO 2001
PIZZICATO FIVE「EXPO 2001」
1993/11/01
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
スーヴニール2001
PIZZICATO FIVE「スーヴニール2001」
1993/07/01
[CD]
¥3,460(税込)
購入画面へ
BOSSA NOVA 2001
PIZZICATO FIVE「BOSSA NOVA 2001」
1993/06/01
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
インスタント・リプレイ
PIZZICATO FIVE「インスタント・リプレイ」
1993/03/21
[CD]
¥2,935(税込)
購入画面へ
スウィート・ピチカート・ファイヴ
PIZZICATO FIVE「スウィート・ピチカート・ファイヴ」
1992/09/21
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
女性上位時代
PIZZICATO FIVE「女性上位時代」
1991/09/01
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
「BiSと言えば、プー・ルイとアヤだよね」って言われるようになりたい
チームしゃちほこ インタビュー
チームしゃちほこ インタビュー
“VICTORY YEAR”を振り返り
メンバーの卒業を経験し5人になって初めてリリースされる2ndアルバム『おわりとはじまり』について
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
祖母の死から紡がれた新曲「愛を両手に」完成
生命や宇宙を表現してきた20年―――
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
どんなにネガティブな声や視線にも怯まず、
バンドシーン全体を唸らせる存在になるまで―――
大塚 愛『私』インタビュー
大塚 愛『私』インタビュー
転職? もう辞める? 新たなスタンダードソング誕生!?
切実な状況を爆笑トークでお届けする新感覚インタビュー
【スペシャル対談】小島麻由美×武藤昭平(勝手にしやがれ)×DUB MASTER X
【スペシャル対談】小島麻由美×武藤昭平(勝手にしやがれ)×DUB MASTER X
なんで今までこの組み合わせで出来なかったんだろう?
「奥深きプログレッシヴ・ロックの世界」ライブハウス編
「奥深きプログレッシヴ・ロックの世界」ライブハウス編
アンダーソン,ラビン&ウェイクマンやスティック・メン、セキュリティ・プロジェクトの公演が控え、にわかに来日ラッシュで賑わいを見せているプログレッシヴ・ロックを特集
JOE来日記念特集~不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力
JOE来日記念特集~不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力
不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力やリリースしたばかりの最新作について、村松カナ氏が語る。

Chartsmore