Billboard JAPAN


NEWS

2016/05/14

鈴木亮平“変態ヒ-ロ-”像を熱く語る 清水富美加は広瀬すずをライバル視?!

 映画『HK/変態仮面 アブノ-マル・クライシス』の初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ、福田雄一監督ほかが登場した。
 本作は、パンティをかぶった興奮のパワ-で悪を倒す“変態ヒ-ロ-”物語の続編。
 前作に続いて変態ヒ-ロ-役を演じた鈴木は、本作について「本気で海外のヒ-ロ-物にも負けないヒ-ロ-映画を目指しました。僕は大学時代に英語を選考していまして、一応自分では英語のスペシャリストだと思っているんですけど、ヒ-ロ-(HERO)って何だって考えた時に、よく見るとH(エッチ)とERO(エロ)なんですよね。つまり、Hというのは和製英語では変態の頭文字ですから“変態でエロ”。これを満たしているヒ-ロ-こそが本物のヒ-ロ-なんです。本物のヒ-ロ-を見たいなら、これを見ろ」と熱く語り、会場を沸かせた。
 一方、ヒロインの愛子を演じた清水は「1作目に出させていただいた時に、ふざけたことを真面目にやるっていうことがどういうことか全く分かっていなくて、次は呼んでもらえないだろうなと思っていて。でも、とにかく真剣にやることだと気付いたので、月9ばりの気合を入れて演じました」と話した。
 「誰が(代わりに)出ると思ったの?」と福田監督やムロに振られると、清水は「やっぱり今をときめく広瀬すずちゃんとか」と即答。
 すかさずムロが「大丈夫、広瀬すずちゃんは変態仮面に出ないの。清水富美加は出るの」と断言すると、清水も「そうですね。(事務所から)ストップもかからなかったです」と返して、笑いを誘った。

鈴木亮平 その他の画像・最新情報へ

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】Mr.Children 『SOUNDTRACKS』がチャートイン2週目でDLアルバム首位を獲得

  2. 2

    【ビルボード】SixTONES「僕が僕じゃないみたいだ」436,911枚を売り上げ総合首位に 星野源「創造」総合7位に初登場

  3. 3

    宮本浩次の単行本『宮本浩次』本人の直筆タイトル入り表紙が公開

  4. 4

    【ビルボード】星野源「創造」DLソング初登場1位、NiziU/あいみょん/からあげ姉妹がトップ10入り

  5. 5

    ミュークラブ改めMEW“つまらない現実から抜け出す為”選んだアイドル人生(2期BiS~meme tokyo./ヒルネ逃避行)涙ながらに語る「世界、変えっから」

HOT IMAGES

注目の画像