Billboard JAPAN


Daily News

8年ぶりに全米TOP10入りしたガールズ・グループ=フィフス・ハーモニーによる中毒性抜群の「ワーク・フロム・ホーム」(Song Review)

  • フィフス・ハーモニー「8年ぶりに全米TOP10入りしたガールズ・グループ=フィフス・ハーモニーによる中毒性抜群の「ワーク・フロム・ホーム」(Song Review)」1枚目/1

 2015年、「ワース・イット」の大ヒットでブレイクした、フィフス・ハーモニー。全米アルバム・チャートで5位にデビューした、デビュー・アルバム『リフレクション』に続く、2ndアルバム『7/27』が、5月20日に発売されることが決定し、本作からの先行シングル「ワーク・フロム・ホーム」が、最新の米ソング・チャート(4月30日付)で、7位まで上昇するヒットを記録している。

 フィフス・ハーモニーと同時期にデビューした、LA出身のラッパー、タイ・ダラー・サインをゲストに迎えた最新のR&Bトラックで、プロデューサーには、ビヨンセやケイティ・ぺリー、ケシャなどのヒット曲を手掛けた、アモが担当している。ミッドテンポのフロアライクなナンバーで、ラジオやクラブでへヴィプレイされるのも納得の1曲。

 「ワーク、ワーク、ワーク…」と繰り返されるサビが、リアーナの「ワーク」とカブっている?と話題になっていたが、実はこの曲、当初は「ワーク」というタイトルだったそうで、リアーナがこのタイトルでリリースするということを受け、彼女に敬意を表し、タイトルを変更したという噂も浮上している。とはいえ、「二番煎じ」や「パクリ?」という印象は一切なく、フィフス・ハーモニー独自の世界観が確立されている。

 間もなく2億回の視聴回数を記録する公式ビデオは、工事現場でマッチョな男性と絡み合うシーンが印象的で、「仕事なんてしないで2人で愉しみましょう」と歌う内容が、ポップに描かれた内容に仕上がっている。5人の立ち位置も絶妙で、ガールズ・グループらしい映像が楽しめるのがウレシイ。

 全米ソング・チャートで、ガールズ・グループがTOP10入りを果たしたのは、2008年の夏に9位をマークした、プッシーキャット・ドールズの「ホエン・アイ・グロウ・アップ」以来、およそ8年ぶりとなる。フィフス・ハーモニーの大ブレイクをキッカケに、90年代のR&Bシーンのように、ガールズ・グループが再燃してくれれば、ミュージック・シーンはさらに盛り上がるだろう。

Text: 本家 一成

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore