Billboard JAPAN


Daily News

デビュー・アルバムが全米2位!ホールジー 延期となっていた初来日公演が決定

  • ホールジー「デビュー・アルバムが全米2位!ホールジー 延期となっていた初来日公演が決定 」1枚目/2
  • ホールジー「」2枚目/2

 2015年にリリースされたファースト・アルバム『バッドランズ』が全米アルバム・チャート2位を獲得したホールジーの待望の初来日公演が決定した。

 米ニュージャージー出身の21歳の歌姫ホールジー。デビュー前からYouTubeでカヴァーを披露し注目を集め、16歳の時に始めたTumblerのブログには数千のフォロワーが付くなど、デビュー前から影響力を持つテイスト・メイカー的な存在だった。バイレイシャル、バイセクシャル、バイポーラー(双極性障害)であることも公言する新世代ポップ・アイコンとして、様々な音楽と歯に衣着せぬ正直な表現の歌詞をブレンドした独自の世界観でアメリカの若者を熱狂させている。

 そんな彼女の待望の初来日公演が5月に決定。今回の来日は今年1月に予定されていた来日公演が延期になったものだが、アメリカの新しい世代を代表するアーティストとして脚光を浴びている彼女を間近で見られるとあって、注目を集めそうだ。ハローキティの大ファンで、デビュー・シングル『ゴースト』のMVを東京で撮影するなど親日家でもあるホールジー。先日公開された『カラーズ』のMVでは人気俳優タイラー・ポージーと共演し、話題を呼んでいる。

◎『ゴースト』ミュージックビデオ
https://youtu.be/ao4o-XRU_KM

◎『カラーズ』ミュージックビデオ
https://youtu.be/JGulAZnnTKA

◎公演情報
【HALSEY JAPAN TOUR 2016】
東京公演
日時:2016年5月5日(木・祝)OPEN 17:00/ START 18:00
会場:渋谷duo MUSIC EXCHANGE
チケット:オールスタンディング6,500円(税込)別途1ドリンク
※未就学児入場不可

大阪公演
日時:2016年5月6日(金)OPEN 18:00/ START 19:00
会場:梅田AKASO
チケット:オールスタンディング6,500円(税込)別途1ドリンク
※未就学児入場不可

◎リリース情報
『バッドランズ』
2015/12/04 RELEASE
UICC-10027 2,376円(tax in.)

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore