Billboard JAPAN


Daily News

スペイン・バスク地方の伝統打楽器チャラパルタ、アイヌの伝承歌が絡み合い、気鋭のダンサーとコラボ

  • オレカTX「スペイン・バスク地方の伝統打楽器チャラパルタ、アイヌの伝承歌が絡み合い、気鋭のダンサーとコラボ」1枚目/4
  • オレカTX「平山素子 (c)Shiratori Shintaro 」2枚目/4
  • オレカTX「オレカTX」3枚目/4
  • オレカTX「床絵美(c)Takeshi Kainuma」4枚目/4

 コンテンポラリーダンサー、振付家として活躍する平山素子の企画公演「Hybrid-Rhythm & Dance」では、音楽にスペイン・バスク地方の伝統打楽器チャラパルタとアイヌ伝承歌を迎えて作り出す、まったく新しい舞台となる。

 2008年「春の祭典」でストラヴィンスキーに初挑戦し、13年「フランス印象派ダンス Trip Triptych」ではラヴェル、ドビュッシー、サティという3人の作曲家の音楽を用いた舞台を作り出した平山素子による、音楽シリーズの第3弾。今回はスペイン・バスク地方の伝統打楽器であるチャラパルタとアイヌの伝承音楽とのセッションにより、『ダンスとリズム』という身体の持つ根源に迫る。

 スペイン・バスクの伝統打楽器であるチャラパルタとは何か、知る人は少ない。森から切り出される「ただの木材そのもの」並べられた木材を、必ず2人1組となって演奏する。それぞれが長さ約10インチ、直径約1.5インチの木撥を持ち、一方の奏者が2本の木撥で基本的なリズムを奏で、もう一方の奏者は相方のリズムの合間に叩いて音を出すという演奏スタイル。来日するグループ「オレカTX」の活動を折った映画『遊牧のチャラパルタ』は国際的に高い評価を受け、14ヶ国の国際映画祭で受賞を果たしている。

 アイヌの伝承音楽「ウポポ」とは、「歌」を意味する。「座り歌」と訳されることもある。一種の輪唱の形式をしたもので、成句一つだけで歌われていることが多い。仕事歌、舟漕ぎ歌、踊りながら歌う歌、輪唱歌などがあるが、いずれにしろ即興性が高いのかが特徴だという。今回の舞台には阿寒や祖母から伝承されてきたウポポ(歌)を中心に、各地で歌を通した文化活動を行う床絵美が登場する。

 先鋭のダンサーたちの身体とスペイン・バスク地方の伝統打楽器「チャラパルタ」、そしてアイヌの伝承音楽の音とリズムが強烈に絡み合い、新たなるハイブリッドな世界が誕生する瞬間を見逃さないようにしたい。text by yokano

◎公演概要
平山素子【Hybrid -Rhythm & Dance】
2016年3月25日(金)~27日(日)3回公演
新国立劇場 中劇場

more info:http://goo.gl/3gdRcm

シレックス
オレカ・ティー・エックス「シレックス」
2014/06/15
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
ノマダク TX
オレカTX「ノマダク TX」
2013/08/25
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore