Billboard JAPAN


Daily News

グッバイフジヤマ あのちゃん(ゆるめるモ!)参加MV公開&インストアツアー決定

  • グッバイフジヤマ「グッバイフジヤマ あのちゃん(ゆるめるモ!)参加MV公開&インストアツアー決定」1枚目/2
  • グッバイフジヤマ「」2枚目/2

 9月9日にミニアルバム『スイートセブンティーン』をリリースするグッバイフジヤマ。あのちゃん(ゆるめるモ!)参加の「はっぴいえんど」のMV(https://youtu.be/FYMocXS0nG0)が公開された。

 あのちゃんがフィーチャーされたジャケットはすでに公開されているが、彼女がコーラスでも参加した楽曲「はっぴえんど」のミュージックビデオにも登場。ファンならずともぜひチェックしてみよう。また、特典として初回プレス分のみに、ここでしか観れない&手に入れる事のできないグッバイフジヤマのレア映像等がダウンロードできるカード「ダウンロードフジヤマ!」が封入される(各店舗の特典情報は、グッバイフジヤマ オフィシャルサイトにアップされている)。

 10月25日には『スイートセブンティーン』レコ発ワンマンライブが渋谷CLUB QUATTROにて開催。9月13日からはレコ発インストアライブツアーも実施される。


◎ミニアルバム『スイートセブンティーン』
2015/09/09 RELEASE
LADR-001 1,700円+税
収録曲:
01.HELLO
02.レノンとマッカートニー
03.やまぐちみかこに騙された
04.はっぴいえんど
05.めんどくさがりな僕とおせっかいな君
06.スイートセブンティーン

◎レコ発インストアライブツアー
09月13日(日)21:00~タワーレコード新宿店
09月16日(水)19:00~タワーレコード難波店
09月17日(木)19:00~タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
09月27日(日)21:00~ヴィレッジヴァンガード下北沢
※CDを購入してインストアイベントにご参加いただいた人には、グッバイフジヤマメンバーが登場するアザージャケットのステッカーをプレゼント!
※サイズは通常のCDジャケットと同じ大きさ(12×12cm)になります。

◎ライブ【『スイートセブンティーン』発売記念ワンマン“HELLO,goodbye,HELLO”】
10月25日(日)渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 17:30 / START 18:00
チケット:3,000円

孤独と逆襲EP
ゆるめるモ!「孤独と逆襲EP」
2017/03/15
[CD]
¥1,800(税込)
購入画面へ
孤独と逆襲EP
ゆるめるモ!「孤独と逆襲EP」
2017/03/15
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
この胸いっぱいの愛を
グッバイフジヤマ「この胸いっぱいの愛を」
2016/11/02
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
スイートセブンティーン
グッバイフジヤマ「スイートセブンティーン」
2015/09/09
[CD]
¥1,836(税込)
購入画面へ
スイートセブンティーン
グッバイフジヤマ「スイートセブンティーン」
2015/09/09
[CD]
¥1,836(税込)
購入画面へ
文学と破壊EP
ゆるめるモ!「文学と破壊EP」
2015/08/12
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore