Billboard JAPAN


Daily News

Song Review: テイラー・スウィフトのプッシュで大ブレイク中!悩んだ時こそレイチェル・プラッテンの「ファイト・ソング」を

  • レイチェル・プラッテン「Song Review: テイラー・スウィフトのプッシュで大ブレイク中!悩んだ時こそレイチェル・プラッテンの「ファイト・ソング」を」1枚目/1

 いま、何かにつまづいていませんか?そんな時は、レイチェル・プラッテンの「ファイト・ソング」をお聴きいただきたい。

 レイチェル・プラッテンは、マサチューセッツ州ニュートン出身の、シンガー・ソングライター。幼少期からピアノにギター、バンド活動と、音楽に携わった学生時代を経て、2003年にデビュー・アルバム『トラスト・イン・ミー』でデビュー。その後、8年のブランクを経て2ndアルバム『ビー・ヒア』をリリースするが、アダルト・トップ40で注目されるも、セールス自体は不振が続く。

 もう、ダメかもしれない…。

 そんな長い低迷期を経て、2015年初頭、起死回生を賭けてリリースしたのが、この「ファイト・ソング」。歌詞の中にもあるように、“失くしてしまった人生をとり戻す”と、自らの人生と照らし合わせた、タイトルまんまの応援歌が、オーストラリアから拡散し、全世界で大ブレイク中。アメリカでは、現時点(2015年7月)で8位まで上昇し、初のTOP10入りを果たす、大躍進を遂げている。“大爆発は起こせるの”、まさに、歌の内容そのままの、展開だ。

 刺激的なサウンドは、常にラジオやネットから流れてくる。そんな中、流行を取り入れることなく、典型的なアメリカン・ポップスを忠実に表現したことが、ストレートな歌詞とマッチし、多くのリスナーの心に響いた。音も言葉も、シンプルなものこそ、いつの時代にも必要なのかもしれない。

 この曲のブレイクのキッカケとなったのが、現代のポップス界を支配する、女王・テイラー・スウィフト。彼女がこの曲に共感し、お気に入りの1曲として取り上げたことで、レイチェルとのセッションが実現。ケルシー・バレリーニを交えて、女子会風に楽しんで歌う動画が拡散し、ワールド・セールスにまで繋がった。“誰かの一言で心が開いていくよう”ここでも、「ファイト・ソング」のリリックが、再現されている。

 “友達も離れていくし、夜もなかなか眠れない。”毎晩、スマホ片手に悩めるSNS世代には、グッとくるシーンも、ちらほら。全世界のぽっちゃり女子へ向けた、メーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース」とはちょっと違う、ダニエル・パウターの「バッド・デイ」再来、といったところか。壁にぶち当たった時、明日への糧になる…そんな1曲になるはず。

 5月で34歳を迎えたばかりの、レイチェル・プラッテン。その美貌から、予測できなかった実年齢に驚かされるが、下積みが長かっただけに、この「ファイト・ソング」をキッカケに、さらなる邁進を期待したいアーティスト。

Text: 本家 一成

◎「Fight Song」MV
https://youtu.be/xo1VInw-SKc

ウェイヴズ
レイチェル・プラッテン「ウェイヴズ」
2017/11/08
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ワイルドファイア
レイチェル・プラッテン「ワイルドファイア」
2016/10/05
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ワイルドファイア
レイチェル・プラッテン「ワイルドファイア」
2016/04/13
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore