Billboard JAPAN


Daily News

モーニング娘。道重さゆみ 4329daysの最後に壮絶なる愛示す“永遠の愛の形”

 2014年11月26日 横浜アリーナにて【モーニング娘。'14 コンサートツアー秋 ~GIVE ME MORE LOVE~ 道重さゆみ卒業記念スペシャル】が開催され、道重さゆみが4329daysにわたるモーニング娘。人生に終止符を打った。

<これが伝説にならず何が伝説になるというのか“愛”が濃縮された3時間強>

 モーニング娘。の、アイドルの、音楽シーンの長い歴史から見ても、この日の公演は壮絶過ぎた。これが伝説にならず何が伝説になるというのか。そう思わずにはいられない“愛”が濃縮された3時間強。Juice=Juice、3期を入れた形では初となるスマイレージのパフォーマンスを経て、道重さゆみは愛の軍団を引き連れて颯爽とランウェイを練り歩く。その神々しさに超満員の観客、世界中のライブビューイングに集ったファンは悲鳴にも似た大歓声を響かせる。のっけから「TIKI BUN」「わがまま 気のまま 愛のジョーク」「What is LOVE?」と“モーニング娘。は今が一番格好良い”ことを証明するキラーチューンが畳み掛けられ、続く「時空を超え 宇宙を超え」の切なく幻想的なパフォーマンスで早くも涙する者たちが続出。この時点で道重さゆみ卒業公演の成功は約束されたようなものだったが、この日のライブはメンバーすらも想像していなかったであろう、前代未聞の物語を生む。

<道重さゆみ、鞘師里保の唇にキッス。しかもブチュ~と思いっきり>

 「今日はツアーの最終日。私がモーニング娘。を卒業する日です。大好きなメンバーと大好きなファンの皆さんとこの時間を大切に過ごしたいと思います」と挨拶したあと、自身が卒業した後の2015年より本格的にメンバーとして活動していく12期の4人を招聘。全メンバーが揃ったところで「お知らせがあります!」と、道重の口から次期リーダー/サブリーダーを発表。次期リーダーは譜久村聖、次期サブリーダーは飯窪春菜/生田衣梨奈の2人に決定したことを告げる。この瞬間から3人の顔つきは変わり、グループを背負っていく覚悟は早くもこの日の立ち振る舞いから何度も感じることができた。

 また、3人とは別の形で道重イズム……というか、道重からの愛を受け取ったメンバーが1人。自身のソロ曲「シャバダバドゥ~」あたりから無邪気でキュートなさゆみ節を大爆発させていた彼女だが、「彼と一緒にお店がしたい!」の終盤でなんと鞘師里保の唇にキッス。しかもブチュ~と思いっきり。恥ずかし過ぎてのたうちまわる鞘師を尻目に「皆さん、道重さゆみ、やりましたぁ! こんな大勢の前での公開りほりほへのキスは、とーっても気持ち良いでーす! これでさゆみは悔いなく卒業することができます!」と大喜び。以前「前のように可愛がってくれる感じではない」と寂しげに語っていた(http://bit.ly/ZPyR7u)鞘師の想いも、これで報われたことだろう。

<「あ、4年前に立ってますね」「れいな、4年前に立ったんですよ!」>

 そんな一件落着のあと、道重の卒業を祝うべくモーニング娘。初代リーダーの中澤裕子、ハロプロ新リーダーの矢島舞美(℃-ute)、同期の盟友 田中れいなの3人が登場。中澤に「しげちゃん、可愛いね」と褒められ「さゆみ的にも可愛さのピークを今日に合わせてきたので」と返したり、矢島に「道重さんが卒業した後も道重さんが大好きだったハロー!プロジェクトをもっともっと大きくしていけるように頑張ります」と告げられたり、和気藹々とした時間が流れる。そして田中とは「さゆ~!」「れいな~!」と抱き合い、「さゆはれいなが卒業してからもずっと頑張りよって、横アリで卒業式をするって聞いたときに“すごいなぁ~”と思って。横アリってデビュー当時かな、立ったことあるの。れいなたち」「あ、4年前に立ってますね」「れいな、4年前に立ったんですよ、ここに!」と相変わらずのクロストークで笑いを誘った。

<後に伝説となるであろう壮絶メドレー 足が不調訴えるも止めない道重>

 そしてライブは「シルバーの腕時計」から怒涛のメドレーに突入するのだが、このブロックが実に壮絶だった。終盤ということもあり、超ハッピーな「ラララのピピピ」でもウルウルしてしまうような空気感ではあったのだが、道重リーダー時代の象徴的なナンバー「ワクテカ Take a chance」「ブレインストーミング」のくだりで、道重だけがメインステージに残り、9期10期11期が遠く離れたセンターステージで歌い踊るという構図が“卒業後の道重さゆみとモーニング娘。”をイメージさせ、観客は動揺を隠せなくなる。そして「好きだな君が」で譜久村が道重のもとに駆け戻り、他のメンバーもメインステージへ戻ってきたときの安心感。このファンの感情を激しく揺らす流れに“このまま終わらないでほしい”という卒業公演特有の感覚をより一層掻き立てられた人は少なくなかっただろう。

 が、メドレーの壮絶さはこれで終わらない。鈴木香音/飯窪春菜/佐藤優樹/工藤遥/小田さくらによる「青春コレクション」のあと、再び全メンバーによるパフォーマンスとなるのだが、道重はステージ中央の階段に座ったまま歌い踊り出す。最初はフォーメーションの一環と捉えられなくもなかったのだが、時に苦しい表情を浮かべて足をさすったり、スタッフが彼女のもとへ駆け寄ったり、何曲にもわたって立つことができなかったりと、道重の足が不調を訴えているのは一目瞭然だった。しかし彼女はそのことに触れない。他のメンバーも触れない。心配じゃない訳がない。それでも汗だくになりながらパフォーマンスに集中し、歌とダンスにエモーションを爆発させ続ける。ならばファンにできることは応援することだけだ。会場にはいまだかつてないヒリヒリした空気が張り詰め、もう涙を堪えることなど不可能だった。

<しかし道重さゆみは歌い踊り続ける。何度も飛び跳ねる>

 そして道重さゆみは立ち上がる。笑顔で「メドレーお送りいたしましたぁ!」と締め括る。9期10期11期も元気に観客を煽り続ける。そしてライブは本編最後の畳み掛け「シャボン玉」「One・Two・Three」「Password is 0」と、さらに激しいパフォーマンスを要する時間帯へ。しかし道重さゆみは歌い踊り続ける。何度も飛び跳ねる。その鬼気迫る後ろ姿でモーニング娘。の生き様を後輩たちに教えているようでもあった。本編残すところあと1曲。見るからに満身創痍の道重は「お送りしてきました、GIVE ME MORE LOVE…………」と言葉を詰まらせる。それでも瞳に涙を浮かべながら「続いてがラストの曲になります…………皆さんも一緒に歌ってください!」と、同ツアーのアンセムとも言える「Be Alive」を披露。小田さくらの目からも綺麗な涙がこぼれ落ちた。君を守る 星を守る 今日を生きる 明日に繋ぐ いつか争うことない 優しき時代が この世界中 包み込むさ―――

<何度も立ち上がり、後輩たちの想いを受け止めた卒業セレモニー>

 本編が終了すると、美しいピンクの光が横浜アリーナを埋め尽くす。長い時間「さゆみん」コールが響き渡り続けた。再びステージに現れた9期10期11期の面々は「皆さん、さゆみんコールありがとうございます」と告げ、「私たちから道重さんへの感謝の気持ちを込めて。心を込めて歌います」と、愛する千両役者の先輩へ「見返り美人」を歌い始めるのだが、そこへ着物姿の道重さゆみが現れ、9人の見つめる先をゆっくりと歩いていく。まず鞘師が涙を流す。他のメンバーも目に涙を溜める。それでも心の限りに歌い上げ、10代には難しい演歌であっても大きな感動を生んでみせた。そしてライブはいよいよ卒業セレモニーへ……入るはずだったのだが、道重がステージにしゃがみこんでしまう。「ちょっと一回暗くしてもらってもいいですか?」

 彼女の足が限界であることを知り、騒然とする観客。しかし道重が途中退場をするような先輩でないことを誰よりもメンバーが知っていた。9期10期11期12期の面々は暗闇の中で観客に「さゆみん」コールを促す。先輩は再び立ち上がる。何度も立ち上がる。後輩たちひとりひとりのメッセージをひとつ残らず受け止める為に。まずは12期の4人、そして11期小田さくらと後輩順に涙ながらの言葉を届けていった。

 小田さくら「私が2年間モーニング娘。にいた間、ずっとリーダーは道重さんで、リーダーのすべてが道重さんです。とっても格好良いです。私は道重さんに憧れてばかりで近付けないんですけど、これからも同期がいないとか全然気にせずに、道重さんが創って下さったモーニング娘。で頑張っていきたいと思います」

 工藤遥「いつも道重さんは「工藤も甘えてきていいんだよ」って言って下さっていたのに、なかなか自分から行くことができなかったんですけど、そんなときに道重さんはいつも「工藤、工藤」って声をかけて近づいてきて下さって、本当に感謝しています。とっても嬉しかったです。これから道重さんに教わったことを12期メンバーにもどんどん伝えていけたらいいなと思います」

 佐藤優樹「道重さんは初めて話してくれたときに「あ、怖い人だ!」って思ったんですけど、今じゃお姉ちゃんみたいに「まーちゃん!」とか……優樹が「誰か助けて!」っていうときに……すみません。いつもそばにじーっといてくれたり、メールしたときも面白く返してくれるのがとってもスカっとしてたんですよ。これからも……すみません。ちゃんと道重さんからもらった大きな愛を……モーニング娘。'15になっても包み込んでいきたいなと思います。道重さん……卒業…………卒業おめでとうございます!」

 石田亜佑美「私、今、すっごい楽しくって、毎日が幸せで……そうやって幸せを感じる瞬間って必ずそばに道重さんがいてくれたんですよ。私は道重さんが笑っているだけで幸せなんです。だから……笑ってください! 道重さんとは思い出がたくさんあって、記憶力ってなんでこんなに限界があるんだろうって、こんなに苦しく思ったことはありません。でもそんなときに道重さんが「忘れたくない思い出は“絶対忘れない”って信じればきっと忘れないよ」って教えてくれたじゃないですか。だから道重さんとの思い出、全部、一生忘れません!」

 飯窪春菜「道重さんは「モーニング娘。に入ったからには1番になりたかった」っていう風に仰っていたんですけど、道重さんが好きでモーニング娘。に入った私にとっては、表現力もトークも歌もダンスも可愛さも何でも1番です! 道重さんはいつも私に「自分に自信を持って」と言って下さいました。私もモーニング娘。になったからには1番になりたいと思います。表現力でもトークでも何でもいいから道重さんに勝てるように頑張りたいと思います」

 鈴木香音「道重さんは私にモーニング娘。として活動する上での心構えや大切さを日々行動で教えて下さったので……私はもっともっと前に出れるようになったし、こんなキャラクターも引き出せるようになったんですよ(笑)。だから「最近、すごく良い感じだな!」って思うのは道重さんのおかげなんですよ。私は加入前のモーニング娘。のファンだったんですけど、これからはこれからのモーニング娘。のファンに道重さんがなってもらうように頑張るので、ずっと見ていてください」

 鞘師里保「道重さんのひとつひとつの発言とか行動を大切にするところとか、人を大切にするところとか、常に自分の気持ちに正直でいる女性だなと見ていました。存在感があって、たくさんの方に影響を与える道重さんは「本当に格好良いなぁ!」って思いました。そんな格好良い道重さんを見て、私、何度も何度も嫉妬しちゃうことがあって。そのときに「自分が成長しなきゃ」とか「変わらなきゃ」とか思えるのがすごく嬉しくて、「道重さんに勝ちたい!」って思える自分がいるのが嬉しかったです。道重さんがこうやって創ってきてくれたモーニング娘。をこれからは私たちがしっかり引き継いでいきます! そして私、道重さんに対して感情表現が上手じゃなかったと思うんですけど……今日は言わせてください。道重さん、本当に本当に大好きです!」

 生田衣梨奈「道重さんとの思い出は、入って5か月ぐらいでイジられたときに泣いちゃって、私。で、道重さん、目の前で土下座してて。そのときに自分が良い子キャラじゃないんだなって分かったんですね。そういう風にキャラを作ってくれたのは道重さんだと思っているので、このまま、このセンターステージを突き抜けるぐらい、世界一周できるぐらい前へ前へ進んでこれからも頑張っていきたいと思います。ぜひ見ててください。そしてサブリーダー頑張ります!」

 譜久村聖「聖にとって特別で幸せな瞬間は、道重さんの隣にいるときです。道重さんとふたりで歌っている間はずっと幸せで。だからこれから隣で歌う人がいなくなってしまうことがとっても寂しいです。でも私は道重さんの隣で歌えたから成長できたんじゃないかなって思います。この先、モーニング娘。を引っ張っていくのは、道重さんのリーダーがとっても格好良かったから少し不安な部分もあります。でも聖もモーニング娘。を大好きな気持ちは負けないと思います。だから道重さんのモーニング娘。が大好きな気持ちをしっかり背負って、これからもモーニング娘。として胸を張って活動していきたいと思います」

<「モーニング娘。になる為に生まれてきたんだ」>

 愛の炸裂とも言える瞬間だらけだった卒業セレモニーを経て、ライブはダブルアンコールへ。今度は道重が想いを告げる番。これまでの卒業公演は卒業メンバーが前もって書き綴った手紙を読むのが通例だったが、彼女は手紙を持たず、客席をまっすぐに見つめながら語り始めた。

 「2002年にモーニング娘。のオーディションを受けて、2003年1月19日 モーニング娘。の第6期メンバーとして合格して、大好きなモーニング娘。になりました。私は芸能界に興味があった訳ではなくて、「歌が好き」とか「ダンスがやりたーい」とか、そういう気持ちも全然なくて、ただ「モーニング娘。が好き」その気持ちだけでここにやってきました。そして加入して12年間で本当にいろんなことがありました。メンバーと一緒にステージに立って歌ったり踊ったり……ちょっと今日は踊れないときもあったんですけど、そういう時間がすごく楽しかったり、テレビのお仕事も新鮮だったし、ツアーでいろいろなところにも行きました。加入して何年かはソロパートが全然なくって、ステージに自分の立ち位置はあるのにそこに居場所がない気がして、「私ってモーニング娘。に必要あるのかな?」って感じたときもありました。でも「モーニング娘。が好き」その気持ちだけは一度もブレずにここまでやってきました!

 どんなに頑張っても上手くいかないこともあるし、どんなに努力したって報われないことだってあります。だけど、少しずつ前を進めるということに気付くことができたし、そうやってモーニング娘。からいろんなことを教えてもらって、学んで、そして念願のリーダーにもなりました。リーダーになってからも決して順調ではなかったんですけど、それこそ食欲がなくなってしまうぐらい「大変だなぁ」って思ったときもあったし、心が折れそうになったときもありました。だけど、そんな私をファンの皆さんが大きな愛で支えてくれましたね。そんなさゆみのファンの人たちは……変な人が多いです(笑)。変わってると思います。変わり者の集まりだなっていつも思ってました。だって、他に歌やダンスが上手いメンバーはいるし、こんな大事な日に足を痛めたりしないメンバーだし、他のみんなはね。それにさゆみなんかより魅力的な芸能人はいっぱいいます。そんな中でさゆみのことを応援してくれました。大して何も出来ないのに、今日も何も出来なかったのに……

 口だけは一人前だし、顔はまぁ可愛いほうだと思うんですけど(笑)、そういうこともぜーんぶ自分から言っちゃうし、こんなアイドル、普通は応援したくないでしょ。それなのに、さゆみのちょっと変なファンの人たちは、晴れの日も、雨の日も、大雪でも、台風が来ても、嵐の日だって! さゆみに会いに来てくれた。全力で応援してくれた。勇気くれた。パワーくれた。優しさもくれましたね。強さもくれた。自信もくれた。安心感もくれた。そして……愛をくれた。みんなに出逢えてよかったです。さゆみのこと、見つけてくれて、出逢ってくれて、ありがとう。モーニング娘。になって皆さんと出逢えたから「道重さゆみが存在する意味はあった」と思いました。「モーニング娘。になる為に生まれてきたんだ」って、「生まれてきてよかったなぁ」って思いました。さゆみのファンの人たちが他の誰でもない……みんなでよかった。変な人たち、サンキュー! ありがとう!

 そしてメンバーのみんな。気付いたら12年前に加入したときのメンバーは誰一人いなくなっていました。でもそんな私のすぐそばには、9期10期11期のみんながいてくれました。みんなと過ごす時間が楽しかったです。いっぱい笑った。でも怒ったときもあります。それでも「道重さん、大好きぃ!」って言ってくれて嬉しかったです。みんなのことが愛おしくてたまりません。さゆみの後輩たちは、今までで一番の後輩たちだと思います。だからこれからももっともっとあの娘たちなら頑張れると思います。さゆみも見守っています。そして「後輩たちに見せたい景色がある」って今までいろんなインタビューやテレビでも言ってきたんですけど、私は……この景色を見せてあげたかったんです。これが私にできる最後の恩返しです。今回は私が卒業ってことでここに立つことが出来たけど、これからは単独のコンサートで、みんなでもここに立って、この景色を見てほしい。そして私も知らなかったような、もっともっと大きな景色をみんなには見ていってほしい。そのときは、みんなから見る景色の一部にさゆみもいると思います。

 最後に、もう一度、すべての人に言わせてください。今まで……本当にありがとうございました!」

<モーニング娘。道重さゆみが最後に歌う曲>

 そして彼女は「それでは、私の人生のはじまりの曲。この曲を歌ってモーニング娘。になりました! 心を込めて歌います」と、メロン記念日の「赤いフリージア」を歌い始める。オーディション合宿時は音程も取れずにいた曲だが、この日は超満員の観客の胸を打つだけの歌を響かせてくれた。そして“愛おしくてたまらない”最後の仲間たちがステージに戻ると、同じく道重さゆみの人生において大切な曲「歩いてる」を披露。歩いてる 一人じゃないから みんながいるから――― この曲を今ここで仲間たちと歌う意味深さ。それを噛み締めながら、道重さゆみの4329daysにわたるモーニング娘。人生は最後の1曲を迎える。「モーニング娘。道重さゆみが最後に歌う曲。そして10人でのラストパフォーマンス! いきますよー! Happy大作戦!!」

 忘れちゃならない
 忘れちゃならない
 一人じゃないことを
 愛を信じよう
 捨てたもんじゃないぜ

 正しくモーニング娘。の歌。道重さゆみからの、道重さゆみへの、忘れちゃならないメッセージ。今から4年前もこの場所でモーニング娘。の卒業公演が行われた。その際に卒業した彼女の盟友はこんな言葉を残している。「モーニング娘。は永遠の愛の形」。モーニング娘。メンバーには必ず卒業が待っている。それは抗いようのない切ない事実だし、やっぱり寂しいもんは寂しい。でもそれはモーニング娘。が“愛”をいつまでもリレーしていく為の儀式であり、ゆえにモーニング娘。は尊いのだ。そのことを道重ほどその人生のすべてを使って体現したメンバーもいない。そんな彼女の生き様、意思を受け継いでまだ見ぬ未来、今までのモーニング娘。も見たことのない景色を目指して13人の愛の軍団はひた走る。
 
取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:内山直也

◎ライブ【モーニング娘。'14 コンサートツアー秋 ~GIVE ME MORE LOVE~ 道重さゆみ卒業記念スペシャル】
11月26日(水)横浜アリーナ セットリスト:
01.TIKI BUN
02.わがまま 気のまま 愛のジョーク
03.What is LOVE?
04.時空を超え 宇宙を超え
05.Do it! Now
06.明日を作るのは君
07.Fantasyが始まる
08.I WISH(updated)
09.シャバダバドゥ~(道重さゆみ)
10.笑顔の君は太陽さ
11.彼と一緒にお店がしたい!
12.シルバーの腕時計(鞘師里保・生田衣梨奈・石田亜佑美)
13.Help me!!(updated)
14.恋愛レボリューション21(updated)
15.恋愛ハンター(updated)
16.ラララのピピピ(道重さゆみ)
17.A B C D E-cha E-chaしたい
18.ワクテカ Take a chance(updated)
19.ブレインストーミング(updated)
20.好きだな君が(道重さゆみ・譜久村聖)
21.この地球の平和を本気で願ってるんだよ!
22.青春コレクション(鈴木香音・飯窪春菜・佐藤優樹・工藤遥・小田さくら)
23.LOVEマシーン(updated)
24.Give me 愛
25.シャボン玉
26.One・Two・Three
27.Password is 0
28.Be Alive
En.1.見返り美人(9期~12期メンバー)
Wen1.赤いフリージア(道重さゆみ)
Wen2.歩いてる
Wen3.Happy大作戦

Special Contentsmore

KAI TAKAHASHI(LUCKY TAPES)×KENTO(WONK) Billboard Live対談インタビュー
KAI TAKAHASHI(LUCKY TAPES)×KENTO(WONK) Billboard Live対談インタビュー
3月に初共演を果たす新世代2バンドのフロントマンが対談
映画『ラ・ラ・ランド』に出演、楽曲提供、エグゼクティブ・プロデューサーも務めるジョン・レジェンドの魅力に迫る
映画『ラ・ラ・ランド』に出演、楽曲提供、エグゼクティブ・プロデューサーも務めるジョン・レジェンドの魅力に迫る
音楽、映画、その他の幅広い領域で活躍するジョン・レジェンドとは
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
「BiSと言えば、プー・ルイとアヤだよね」って言われるようになりたい
チームしゃちほこ インタビュー
チームしゃちほこ インタビュー
“VICTORY YEAR”を振り返り
メンバーの卒業を経験し5人になって初めてリリースされる2ndアルバム『おわりとはじまり』について
『プリンスとパープル・レイン 音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏 』刊行記念特集
『プリンスとパープル・レイン 音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏 』刊行記念特集
映画『パープル・レイン』の謎に迫ったドキュメンタリー本が発売。その概要と魅力をDU BOOKSが語ってもらった。
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
祖母の死から紡がれた新曲「愛を両手に」完成
生命や宇宙を表現してきた20年―――
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
どんなにネガティブな声や視線にも怯まず、
バンドシーン全体を唸らせる存在になるまで―――
大塚 愛『私』インタビュー
大塚 愛『私』インタビュー
転職? もう辞める? 新たなスタンダードソング誕生!?
切実な状況を爆笑トークでお届けする新感覚インタビュー

Chartsmore