Billboard JAPAN


Special

武藤昭平(勝手にしやがれ)【BJMA2013 スペシャルパフォーマンス】インタビュー

muto TOP

 12月14日にテレビ東京系列で放送される音楽アワード『Billboard JAPAN Music Awards 2013』。「50年前、世界を変えた歌。今、私たちが歌う未来」をテーマとしたスペシャルパフォーマンスに武藤昭平(勝手にしやがれ)の出演が決定!歌うのは、ルーファス・トーマスによる1963年のヒット曲「Walking The Dog(犬も歩けば)」。これを記念し、BJMA2013出演への意気込みはもちろん、日本全国で100本以上のライブを敢行したという2013年の活動について、そして先日他界したルー・リードへの思いなどを訊いた。

歌番組で松田聖子さんのあとにルースターズが出てきた、
あの時の衝撃を少しでも伝えられたら

――今回、武藤さんには選曲からご参加いただいたんですよね。

武藤昭平:1963年のビルボード年間チャートを見たときに、馴染みのアーティストがたくさん出て来るわりには、実は知ってる曲が少なかったんですよね。「あれ、この人のこの曲って63年じゃなかったの?」みたいな印象で。そのなかで「Walking The Dog」が目に留まって。

――「Walking The Dog」との出会いは?

武藤昭平:上京する前なんで、だいぶ前ですね。福岡でいろんな先輩がこの曲を演奏しているのを耳にしていて、なかでもルースターズがストーンズ・バージョンでカヴァーしていたのがすごく印象的だったんですよ。だから俺はストーンズ経由でルーファス・トーマスに行きついたんだけど。実は、数年前にルースターズの花田(裕之)さん生誕50周年イベントで「昭平、ドラム叩きながら何か一曲歌ってくれ。」って声をかけてもらった時、この「Walking The Dog」を、花田さんと一緒に演ったんですよ。

――テレビでこの曲を歌うことについては、どういう心境ですか?

武藤昭平:この曲は年間チャート73位ってことで、いわゆる“大ヒット曲”ではないけど、そうやって地元の先輩たちから受け継がれた大好きな曲をアワードで歌わせてもらえるっていうのは福岡の人間として本当に嬉しく思いますよ。今回はソロで呼ばれているから、バックを務めていただくバンドのみなさんとは「はじめまして」なわけだけど、それでも画面を通しても伝わるようなグルーヴと、この曲の良さをヴォーカリストとして表現したいですね。俺が小さい頃、アイドルばかりの歌番組で松田聖子さんが歌ったあとにルースターズが出てきた、あの時の衝撃。それと同じようなものを、少しでも伝えられたらなと。

――50年間たくさんの人に歌い継がれてきた曲を、今度は武藤さんが継承する番ですね。

武藤昭平:そうだね。リアルタイムでビートルズを体験した人たちが、俺らの先輩世代にビートルズを叩きこんで、それで俺らもそんな先輩たちからビートルズの音楽を教わって…俺は、ビートルズのアルバムのなかでも『フォー・セール』がすごく好きなんだけど、この間のポール・マッカートニー来日公演の一曲目が「エイト・デイズ・ア・ウィーク」(※同アルバム収録)だったでしょ。何十年経ってもポール自身がその曲を継承していて、本人の知らないところでも、その音楽は次世代へと継承されている。そういうのって素晴らしいよね。

――武藤さんは普段からよくカヴァー曲を演奏されていますが、その醍醐味とは。

武藤昭平:やっぱり一番は原点回帰が出来ることかな。オリジナル曲はもちろん大切だけど、その曲が持つ歴史は自分以降の歴史になるでしょ。それがカヴァー曲の場合は、自分とは違う次元に陶酔できる、あの人になりきれる、というのかな。若いころは特に自分を磨くためにカヴァーをやって、憧れの誰かになりきること自体がすごく楽しかったし、自分が大好きな曲だからすごく張り切ってしまったりとかね(笑)。今はキャリアを重ねて、オリジナルでもカヴァーでも特にテンションが変わることはないけど。

――でも、今でもライブ中の武藤さんにはエルヴィスが降臨しますよね(笑)。

武藤昭平:そうだね(笑)。そうやって、その人になりきる場合もあるけど、あとは純粋に音楽自慢したいっていう気持ちもありますよ。スティングの「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」を武藤ウエノではラテン風にカヴァーしてるんだけど。はじまりは、バルセロナのチェ・スダカっていうバンドのスペイン語リメイクがすごく格好良くて…でも俺はスペイン語は分からないから、歌詞は原曲の英語詞で、アレンジはチェ・スダカのラテンチックな感じで歌ってみようっていうことだったりしてね。そうやって、「この曲かっこいいでしょ!」って自慢するような気持ちで演奏ができるのもカヴァーの醍醐味かな。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 音楽を掘り下げるのが好きで、生演奏が好きで、
    クオリティを求めた結果、ジャズまで辿り着いた
  3. Next >
音楽を掘り下げるのが好きで、生演奏が好きで、
クオリティを求めた結果、ジャズまで辿り着いた

――先日、ロックの礎を築いた偉人のひとりであるルー・リードが亡くなりましたが、その際SNSでコメントを出されていましたよね。

武藤昭平:俺がパンクを聴くようになったきっかけのひとりがルー・リードだったんですよ。普通は、ピストルズとかクラッシュでしょ。でも、みんながやたらいいって言い過ぎてて、それがなんか嫌だったっていうのがあって、あえて外して(笑)。まず最初にイギー・ポップだったんですね。それで、「イギーが好きなら、これも聴いてみろよ。」って先輩に薦められたのがルー・リードとデヴィッド・ボウイだった。だから俺は、いわゆる攻撃的・破壊的なパンクっていうものとは少し違うところからは入ったんですよね。

――もう少し文学的というか詩人的というか。

武藤昭平:そう。当時、音だけじゃなくて詞の世界観にものめり込みなさいってことを、確か先輩にも言われてたと思うんだけど。まあ、学校を卒業して、改めてピストルズやクラッシュを聴き直したらやっぱりこれはこれでいいなって感じたけど(笑)。でも、イギー・ポップにしてもルー・リードにしても、俺にとっては神様みたいなもんだなって改めて思うね。その後、80年代に入るとパンクという音楽が精神的なものだけではなく、PILを筆頭にニューウェーブを取り入れたり、またはハードコアに、より暴力的になっていったりと、色んなものが増えていって…自分としてはもう少し普通に音楽をしたい、って思うところがずっとあって。だから、今となって振り返ると、俺らの青春時代はブランク・ジェネレーションだったのかなって。楽器を演奏したらこういう音が鳴って、それで、もっとカッコイイものを作ろうっていうのが、俺らの世代であまり流行りの音楽ではなくなっちゃって…もう少し流行りの音楽を取り入れないといけないのかなって思っていたその後に、ブルーハーツが出てきたんだよね。その時にまだ音楽をやってなかったら、ブルーハーツを聴いて音楽始めよう!ってことになったと思うんだけど、俺は中途半端に早く音楽を始めてたから。素直にブルーハーツに入ることも出来なくて(笑)。

――その人の音楽性を形成するにあたって、その世代の“流行”というのは多かれ少なかれ影響を及ぼしているような気はしますね。

武藤昭平:それでも、俺は常にバンドがやりたいっていうのが第一にあったから、ひねくれて育った部分はあるけどね。音楽を掘り下げるのが好きで、生演奏が好きで、そのクオリティを求めて…だからこそ、ジャズまで行っちゃったんだよ。もともとジャズが好きだから聴いていたわけじゃなくて、掘り下げた結果、ジャズに辿り着いちゃったってだけだから。

――勝手にしやがれ、武藤昭平 with ウエノコウジ、ソロと様々な形で活動を行われているなかで、今年、特に印象的だったライブや土地、できごとはありますか。

武藤昭平:俺はもともと仏教が趣味で、大仏を見て回ったり、写経をしてるんだけど、ある時、お寺の副住職さんがライブを観に来てくれたんですよ。その住職さんとお話をした時に、ぜひうちのお寺でライブをやってくださいって言われて、それで、御本堂でライブをやらせていただいたんです。御本堂でのライブは相当インパクトがあったし、自分自身もご利益を受けた感じがして。ライブだけじゃなくて、みんなでお参りもできたという、非常にハッピーな一日でしたね。

――『海福寺写経会×武藤昭平ライブ』ですよね。写経×ライブというのは、どのような形で行われたんですか。

武藤昭平:御本堂でライブをやらせていただくなら、御本尊(仏様)に失礼があってはいけない、じゃあライブに参加するみんなで写経をして、御経を収めてから御本堂におあがりしましょうってことになって。それで、一部:写経会、二部:ライブっていう二部構成でやったんですよ。

――武藤さんならではの二部構成で、とても興味深いです。

武藤昭平:ライブっていうのは、みんな辛いことやハッピーなこと、それぞれ色々とあるなかで、音楽を聴くためにひとつの場所に集まってくれるわけでしょ。そこで、好きなアーティストの音楽を聴いて、明日から頑張ろうって思って、またそれぞれの場所に帰って行く。人の前に立って、人のために何かをする人間っていうのは、昔で言うなら、お坊さんですよね。みんなの心を癒すために、清めるために、色んな村を旅している僧侶。訪れた町で、人々に前向きに生きられるような、ちょっとした施しをする。俺の場合、それが歌なわけで。仏教と自分を重ね合せているのはそういった部分なんですよね。

――「東北ライブハウス大作戦」のもと建設されたライブハウス三店舗(石巻、大船渡、宮古)を回るツアー「東北マリアッチ大作戦」はいかがでしたか。

武藤昭平:三陸の現状を目の当たりにして…メディアではもうあまり取り上げられることが少なくなったけど、全然復興なんてできてないし、整備が済んだだけ。鉄道も、道路も手つかず、国道のない町もたくさんあるし。そこに暮らしている人もいれば、出て行かざるを得ない人もいる。そういう町では、もちろん大都市でのライブよりも来てくれる人数は少ないけど、ひとりひとりが、本当に「こんなに小さな町に来てくれてありがとう。」ってすっごく喜んでくれるんですよね。大きな爪痕を残す町で一生懸命暮らしてる人がいて、そこに音楽を楽しむ場所[ライブハウス]が出来て、誰のライブか分からないけど観に来てくれて、それで感動してくれて、「また来てください!」って言ってくれる。なんか、町の大きさや動員数がすべてじゃないってしみじみ感じましたね。

――確かに最近では被災地の現状をメディアで目にする機会は激減して、継続的な復興支援活動やライブを行っているアーティストのSNSやブログを通じて目にする機会のほうが多いかもしれませんね。

武藤昭平:そうですよね。そういった場所に行って周りを見渡しても、荒れた区画は荒れたまま。相変わらずブルドーザーやダンプカーが走り回ってるからね。みんな完全に忘れているわけではないだろうけど、今どうなっているのかもう少し興味を持って欲しいし、メディアも定期的に取り上げて現状を報せるなり、興味喚起をするべきだとは思うよ。だって、「東北ライブハウス大作戦」で、あの町(宮古、大船渡、石巻)にライブハウスを造らなかったら、もしかすると町自体がそのまま多くの日本人に忘れられちゃう可能性だってあるし。ライブハウスが出来たから、俺らが実際に訪れることが出来て、「あの町は良かったよ!」ってみんなに言えるわけだしさ。大船渡にはもともと映画館すらなかったっていうから、そこにライブハウスを作ってくれた「東北ライブハウス大作戦」主宰者の西片さんは本当にすごいと思うよね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 必要だと感じてくれるなら、
    俺は何度でもその場所に行って歌いますよ
  3. Next >
必要だと感じてくれるなら、
俺は何度でもその場所に行って歌いますよ

――震災以降の様々なアーティストの復興支援活動を見ていると、ギター一本あるいは歌だけで勝負出来るミュージシャンは強い、と改めて感じさせられます。

武藤昭平:訓練して技術さえ持っていればね。色々な芸術のなかでも、特にシンプルで分かりやすいのが音楽だなって俺は思っていて。例えば絵画や写真は、それがどんなに素晴らしいものでも、ずっと日本全国を連れまわし続けることはできない。音楽は、そこにひとつの声、もしくは二人の簡単なアンサンブルがあって、アーティストの気持ちがあって、さらにお客さんのエネルギーもそこに乗っかって…シンプルだけど優れた芸術だなって思うよね。しかも、曲の根本は変わらないけど、アレンジ次第で洋服を着替えるのと同じように、どの時代にも生まれ変わることが出来るんだから。「上を向いて歩こう」という曲もまさにそうだよね。とはいえ、ただ着せ替えるんじゃなくて、その曲の「根本」や「骨組み」の部分を大事にしたいと俺は思っているけど。

――武藤さんにとって2013年はどんな1年でしたか。

武藤昭平:とにかくライブ三昧の一年だったね。多分これまでのキャリアの中で一番ライブをやったんじゃないかな。数えてないけど100本は超えてると思うよ。しかも、色んなパターンの色んなライブをやったからね。「こんな場所でもライブが出来るんだ!」っていうのもあれば、何回も訪れていて「おうっ!元気?」みたいな場所までさまざま。だから、今年はスタジオにじっくり籠って曲作り~レコーディングみたいな「作る」という作業は出来なかったね。個人的には曲作りはしているけど。

――年間100本以上のライブもやって、さらにレコーディングも、ってさすがに無理じゃないですか。

武藤昭平:やろうと思えばできたとは思うんだけどね。今年はメンバーとのスケジュールもうまく合わなくて、「このタイミングでのレコーディングは無理だね。」ってなったら、「じゃあ、ライブ入れるわ!」って(笑)。その結果、100本超のライブになったという話だから。でも、それだけ声を掛けてくれる人がいるっていうのは本当にありがたいことですよね。来年のスケジュールもすでに埋まり出してるから、早めにミーティングをして、ここで絶対レコーディングをしますっていうのを決めないと、とは思ってて。勝手にしやがれ、武藤ウエノ、それぞれやりたいこと、温めていることはあるから、それが後手に回らないように(笑)。

――健康や体調管理について、なにか特別気にかけてることはありますか。

武藤昭平:うーん。お酒もガンガン飲んでるし、煙草も吸うしね…最近は、なるだけ良く寝る、かな。睡眠は大事だと気付いて(笑)。だからホテルのチェックアウトの時間をちゃんと聞いて、そこから睡眠時間を計算して、その時間まで飲んどこう!っていう。

――割と重要ですよね、逆算(笑)。ひとえにライブ100本と言っても、都市部だけでなくアクセスにかなり時間のかかる場所にもたくさん行かれているので、そういう意味でもハードですよね。

武藤昭平:そうだね。今年は沖縄の宮古島に二回、さらに那覇に石垣島と、なんだか沖縄にすごく縁があった年みたいだね。やけに北海道ばっかり行ってるなっていう年もあるし。俺は、呼んでいただけるなら、日本中どこにだって行けるスタンスでいるから。機材もなるだけ軽くして、最悪ギター一本だけ持って、自分ひとりでそこに行ってライブが出来る。だからフットワークも軽いし、ブッキングする側だって呼びやすいよね。「武藤さん、俺の店で歌ってよ、予算ないんだけど…」「じゃあ、俺ひとりで行くよ。」ってことも出来るから。そうやって気軽に日本全国から声を掛けてもらって、年間100本以上のライブをやらせてもらえるに至ったという。

――さきほどの仏教の話にも通じますね。武藤昭平は必要としてくれる場所があればどこへでも旅をする、と。

武藤昭平:そうだね。喉が乾くのと同じように、俺の歌が欲しくなったり、それが必要だと感じてくれるなら、俺は何度でもその場所に行って歌いますよ。

勝手にしやがれ「勝手にしやがれ ベスト シルバー&ゴールド~ゴールド 2004-2010」

勝手にしやがれ ベスト シルバー&ゴールド~ゴールド 2004-2010

2012/06/20 RELEASE
ESCL-3921/2 ¥ 4,180(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.フィラメント
  2. 02.円軌道の外
  3. 03.ブラック・マリヤ
  4. 04.ヴァニタス
  5. 05.哀しみのクラウン
  6. 06.U-K
  7. 07.ブコウスキーの夢
  8. 08.イズ・ユー・イズ・オア・イズ・ユー・エイント・マイ・ベイビー?
  9. 09.ハウリング・ウィンド (インスタント・セッション/武藤Vo.)
  10. 10.オーヴェール・ブルー
  11. 11.エル・ソル
  12. 12.ロミオ
  13. 13.黒い瞳
  14. 14.マ・ジョリー
  15. 15.ラスト・ダンス
  16. 16.ケーキーズのテーマ
  17. 17.ラグタイム
  18. 18.ゼン・サマー・ケイム

関連商品

ニルヴァーナ・サン
勝手にしやがれ「ニルヴァーナ・サン」

2021/01/27

[CD]

¥3,300(税込)

ニルヴァーナ・サン
勝手にしやがれ「ニルヴァーナ・サン」

2021/01/27

[CD]

¥3,300(税込)

ニルヴァーナ・サン
勝手にしやがれ「ニルヴァーナ・サン」

2021/01/27

[CD]

¥3,300(税込)

ジャスト・アナザー・デイ
武藤昭平 with ウエノコウジ「ジャスト・アナザー・デイ」

2018/02/28

[CD]

¥3,190(税込)

ジャスト・アナザー・デイ
武藤昭平 with ウエノコウジ「ジャスト・アナザー・デイ」

2018/02/28

[CD]

¥3,190(税込)

ジャスト・アナザー・デイ
武藤昭平 with ウエノコウジ「ジャスト・アナザー・デイ」

2018/02/28

[CD]

¥3,190(税込)

ア・デイ・カムズ
勝手にしやがれ「ア・デイ・カムズ」

2017/04/12

[CD]

¥3,190(税込)

ア・デイ・カムズ
勝手にしやがれ「ア・デイ・カムズ」

2017/04/12

[CD]

¥3,190(税込)

STRANGERS
武藤昭平 with ウエノコウジ「STRANGERS」

2015/04/22

[CD]

¥3,190(税込)

STRANGERS
武藤昭平 with ウエノコウジ「STRANGERS」

2015/04/22

[CD]

¥3,190(税込)

パンドーラー
勝手にしやがれ「パンドーラー」

2014/09/10

[CD]

¥3,080(税込)

パンドーラー
勝手にしやがれ「パンドーラー」

2014/09/10

[CD]

¥3,080(税込)

メロディ
勝手にしやがれ「メロディ」

2012/01/18

[CD]

¥3,080(税込)

マリアッチ・パンクス
武藤昭平 with ウエノコウジ「マリアッチ・パンクス」

2011/03/16

[CD]

¥3,080(税込)

トゥーペア
武藤昭平「トゥーペア」

2010/02/10

[CD]

¥3,188(税込)

ワインレッドの心/リコ
武藤昭平「ワインレッドの心/リコ」

2009/12/23

[CD]

¥1,337(税込)

ワインレッドの心/リコ
武藤昭平「ワインレッドの心/リコ」

2009/12/23

[CD]

¥1,944(税込)

ロミオ
勝手にしやがれ「ロミオ」

2004/07/07

[CD]

¥1,282(税込)

フィンセント・ブルー
勝手にしやがれ「フィンセント・ブルー」

2004/05/19

[CD]

¥2,750(税込)

COMEDY
勝手にしやがれ「COMEDY」

2003/11/12

[CD]

-

デカダンス・ピエロ
勝手にしやがれ「デカダンス・ピエロ」

2003/03/26

[CD]

-

WILD ROOM
勝手にしやがれ「WILD ROOM」

2001/02/23

[CD]

-

ニルヴァーナ・サン
勝手にしやがれ「ニルヴァーナ・サン」

2021/01/27

[CD]

¥3,300(税込)

ニルヴァーナ・サン
勝手にしやがれ「ニルヴァーナ・サン」

2021/01/27

[CD]

¥3,300(税込)

ニルヴァーナ・サン
勝手にしやがれ「ニルヴァーナ・サン」

2021/01/27

[CD]

¥3,300(税込)

ジャスト・アナザー・デイ
武藤昭平 with ウエノコウジ「ジャスト・アナザー・デイ」

2018/02/28

[CD]

¥3,190(税込)

ジャスト・アナザー・デイ
武藤昭平 with ウエノコウジ「ジャスト・アナザー・デイ」

2018/02/28

[CD]

¥3,190(税込)

ジャスト・アナザー・デイ
武藤昭平 with ウエノコウジ「ジャスト・アナザー・デイ」

2018/02/28

[CD]

¥3,190(税込)

ア・デイ・カムズ
勝手にしやがれ「ア・デイ・カムズ」

2017/04/12

[CD]

¥3,190(税込)

ア・デイ・カムズ
勝手にしやがれ「ア・デイ・カムズ」

2017/04/12

[CD]

¥3,190(税込)

STRANGERS
武藤昭平 with ウエノコウジ「STRANGERS」

2015/04/22

[CD]

¥3,190(税込)

STRANGERS
武藤昭平 with ウエノコウジ「STRANGERS」

2015/04/22

[CD]

¥3,190(税込)

パンドーラー
勝手にしやがれ「パンドーラー」

2014/09/10

[CD]

¥3,080(税込)

パンドーラー
勝手にしやがれ「パンドーラー」

2014/09/10

[CD]

¥3,080(税込)

メロディ
勝手にしやがれ「メロディ」

2012/01/18

[CD]

¥3,080(税込)

マリアッチ・パンクス
武藤昭平 with ウエノコウジ「マリアッチ・パンクス」

2011/03/16

[CD]

¥3,080(税込)

トゥーペア
武藤昭平「トゥーペア」

2010/02/10

[CD]

¥3,188(税込)

ワインレッドの心/リコ
武藤昭平「ワインレッドの心/リコ」

2009/12/23

[CD]

¥1,337(税込)

ワインレッドの心/リコ
武藤昭平「ワインレッドの心/リコ」

2009/12/23

[CD]

¥1,944(税込)

チェリー・ザ・ダストマン
勝手にしやがれ+オダギリジョー「チェリー・ザ・ダストマン」

2006/08/23

[CD]

¥1,282(税込)

チェリー・ザ・ダストマン
勝手にしやがれ+オダギリジョー「チェリー・ザ・ダストマン」

2006/08/23

[CD]

¥1,282(税込)

ヴェルモット・フラワーズ
勝手にしやがれ+EGO-WRAPPIN’「ヴェルモット・フラワーズ」

2006/06/21

[CD]

¥1,282(税込)

U-K
勝手にしやがれ「U-K」

2005/09/21

[CD]

¥1,602(税込)

シュール・ブルー
勝手にしやがれ「シュール・ブルー」

2005/04/20

[CD]

¥3,204(税込)

ラグタイム
勝手にしやがれ「ラグタイム」

2005/03/16

[CD]

¥1,282(税込)

ロミオ
勝手にしやがれ「ロミオ」

2004/07/07

[CD]

¥1,282(税込)

フィンセント・ブルー
勝手にしやがれ「フィンセント・ブルー」

2004/05/19

[CD]

¥2,750(税込)

COMEDY
勝手にしやがれ「COMEDY」

2003/11/12

[CD]

-