Billboard JAPAN


Special

<わたしたちと音楽 Vol.31>家入レオ×加藤ミリヤ 影も歌に乗せる、内面を開示するというエンパワーメントの方法

インタビューバナー

 米ビルボードが、2007年から主催する【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック(WIM)】。音楽業界に多大に貢献し、その活動を通じて女性たちをエンパワーメントしたアーティストを毎年<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>として表彰してきた。Billboard JAPANでは、2022年より、独自の観点から“音楽業界における女性”をフィーチャーした企画を発足し、その一環として女性たちにフォーカスしたインタビュー連載『わたしたちと音楽』を展開している。

 今回ゲストに登場したのは、加藤ミリヤと家入レオ。二人は、2024年2月8日に開催される【Billboard JAPAN Women In Music vol.2】で、東京フィル・ビルボードクラシックスのオーケストラをバックに力強い歌声とメッセージを届ける。同じシンガーでありながら全く異なる表現でリスナーを勇気づけてきた二人、共通点は自分の内面を掘り下げて音楽に昇華しているところだ。対談でもそれぞれが胸の内を明かし、ステージに向けて良い刺激を交換し合った。(Interview & Text:Rio Hirai[SOW SWEET PUBLISHING])

初対面の二人に共通する、
内面を掘り下げるという表現方法

――【Billboard JAPAN Women In Music vol.2】のオファーを受けた感想と、意気込みをお聞かせください。

加藤ミリヤ:このライブの目的である“女性のエンパワーメント”は、私が活動を通して使命感を持ってずっと大切にしてきたもの。お声がけいただけて嬉しかったですし、ステージにどういう気持ちで立つかもすぐイメージできました。TOKYO DOME CITY HALLという会場でオーケストラのセットと一緒にやるのは初めてですし、家入レオさんと一緒にできるのもスペシャルですし、より広がりのあるステージが作れるんじゃないでしょうか。


家入レオ:私たちは今回「はじめまして」なのですが、お相手が(加藤)ミリヤさんだと聞いたときには驚くと同時にとてもうれしかったです。私は中高大一貫の女子校に通っていたのですが、当時のクラスメイトもみんなミリヤさんの歌に心を傾けていました。まさか自分がご一緒する日が来るなんて、すごく光栄です。


加藤:家入さんは、私より歳下かな。フレッシュで素晴らしい歌声を持つアーティストだと認識していましたし、自分のパーソナルな部分をディグして曲を作るスタイルは私たちの共通点なのかなと思いました。そうやって自分自身のダークサイドをシェアできる人のことに親近感があるんです。


家入:ありがとうございます。やっぱり恋をしたり、人を想う経験は傷つくことが大前提ですよね。自分の魂が幼いときにはその傷に耐えられなくて、そこからまた歌が生まれたりもする。歳を重ねるにつれて経験も増えていくと、傷も含めて人を愛することだと理解できるようになる。そういう女性自身の心境の変化や成長を、歌を通して伝えたいと思っています。学生時代に聴いたミリヤさんの「Aitai」という曲も、こうして大人になって改めて聴いてみるととてもフレッシュで、今ミリヤさんが書いていらっしゃる歌詞ともまた違う心境なのがわかります。そんな風にして歴史を重ねている女性アーティストは、素敵ですよね。


変化する自分自身と向き合い、
影の部分も音楽に昇華させてきた

加藤:ありがとう。私は10代でデビューして、20代、30代と歌手として過ごしてきて、やっぱり生きている様やどういう風に生活しているかが曲に表れてくるのを感じています。「長く続けているから偉い」とは自分では思っていないけれど、私が長く続けられているのは聴いてくれる人がいるからなので、とてもありがたいことですよね。だから、ライブなどの楽しい場所を作って、感謝の気持ちを伝えていきたいんです。


――加藤さんは、女性をエンパワーメントするのを使命に感じているとおっしゃっていましたが、昔からそう思われているのでしょうか。

加藤:私は自分がモヤモヤしていることを歌にして、歌手になりました。16歳のときに出した3枚目のシングルは、「ディアロンリーガール」。当時は高校生で、大人がめちゃくちゃ嫌いだったの(笑)。自分をジャッジされるのがたまらなく嫌で、でも自分でも自分のことをわかっていないし、なんだかちょっと寂しかった。ブリーチしたブロンドヘアでその気持ちを歌ったら、周りの女の子たちがたくさん共感してくれたんです。そのときに「私の存在に気づいてくれたんだ」という感覚があって、「私が歌うべきことはこれだ」って、歌を通して女性たちを勇気づけるのが使命だと思いました。それを今もずっと続けているんです。


家入:カッコいいな。私は、女性をエンパワーメントすることについては、これまであまり意識してこなかったんです。女性と男性という性別以外にも限りなくたくさんの異なるアイデンティティがあるし、1人の人間が持つ喜怒哀楽に性差はないと思ってきたんですよね。私自身が、“女性であること”を改めて意識し出したのは、20代後半になってからかな。いわゆる“クォーターライフクライシス”といわれる期間だと思うんですけれど、「これから先、どうやって生きていったらいいのか」と模索する中で、結婚や出産をする友人が増えて、自然にですね。でも、そういう自分の変化する気持ちや何気ない日常から生まれるメロディが一番人の心に響くと思うので、そうやって歌を歌い続けていきたいですね。


加藤:自分が30代になって、「人間ってこんなに変わるんだ」って思うくらい考え方も変わったと思う。女性は特に、ホルモンバランスやライフステージの変化で色々な波がありますよね。でも一度立ち止まって自分自身を振り返ってみると、その年代ごとに一生懸命やってきたのだと思いますよ。私も、その時々の自分と真剣に向き合ってきた結果が、楽曲に現れています。


家入:そうですよね!私は今29歳で、もともと30代を迎えるのはすごく楽しみだったのですが、今ミリヤさんのお話を聞いてより強くそう思いました。自分の恥ずかしい部分や弱い部分も曲にしてきたから。成長するにつれて過去に自分が作ったものを振り返って「なんであのときあんな風に思っていたんだろう」と思うこともあるんですよ。でもそれって、私がちゃんと心の扉を開けて本気で音楽を作ってきた証。私は人に作っていただいた曲を歌わせてもらうこともあるし、それもとても面白いのですが、自分で歌詞を書くこともちゃんと続けていこうと思いました。


長く健やかに活動を続けるために、
大切にしている気持ち

家入:女性は、ペルソナが増えていきますよね。結婚するかしないか、子供を持つか持たないか、色々な道があって本当に担わせられる役割が多いなと思う。そんな中でどうやって自分自身の軸を持つかが大切だと思うんですけれど、ミリヤさんのInstagramを見ているとすごくエネルギッシュだなって。体作りもストイックだし、一方で心のご褒美のためにかき氷とかも楽しんでいらっしゃって……止まらない人は、自分に厳しい時と自分に優しい時をちゃんと作っていて、二面性を持っているんだなと思いました。


加藤:えー!見てくれてるの?(笑)そう、私は“チャレンジする人生”の方が絶対面白いって思うのね。「美容を突き詰めたい」という人もいれば、「贅沢しなくていいから質素に暮らしたい」という人もいるだろうし、何にチャレンジするかはなんでも良いんだけれど。「誰かをエンパワーメントしたい」と思うとつい強い言葉になって、受け取った側に「大きなことを達成しないといけない」と思わせてしまうかもしれないけれど、私が本当に伝えたいことはそうじゃない。“生きていく”って、人生かけて自分自身をどれだけ好きなるかってことでもあると思うんです。ただ人間って誰でもコンプレックスがあるし、ずっと無理して頑張り続けるのは無理。でも、何かに挑戦するのはみんな平等にできる。どんなに小さくても良いから挑戦を続けると、今よりももっと自分を好きになれるんじゃないかな。


――小さな挑戦が、ミリヤさんを輝かせているのですね。おっしゃる通り、女性はライフステージによって環境も感性も変化すると思うのですが、お二人は歌手活動を長く健やかに続けていくために大切にしていることはありますか。

加藤:そうですね、大切にしているのはやっぱり「常に強くなくてもいいから、強くあろうという気持ち」でしょうか。ソロアーティストって矢面に立つのは自分だけだけど、その裏でスタッフやファンが支えてくれているんですよ。だからこそ、そうやってみんながついていきたいと思ってもらえる自分であるために、強く明るく、パワフルでいたいなと思っています。緊張するようなことがあっても強くいられるのは、それを忘れないからです。


若いときの自分たちに伝えたいのは
「もっと自由に」というメッセージ

家入:人間って、実際みんな弱いと思うんですよね。男性と女性は心の部分は平等だけど、どうしても体の作りが違う。その違いによる向き不向きなどが影響して、女性が家庭内に押し込められて弱い立場に追いやられてしまった時代もありました。その置かれた環境で、「私ってかわいそうだな」と思いながら生きるのも、「かわいそう」と言われたくないから強く生きるのも、どちらを選ぶかは自分自身。ミリヤさんはどんな状況に置かれても使命感を持って、自分を信じて歩いてこられた本当に強い人なんだなと思いました。私は、「向いてないな」と思って音楽をやめようと思ったこともあったんですよ。その時、絵本が好きなこともあって、保育園でお手伝いをさせてもらったんです。でもそうやって別の世界に飛び込むと、自分の置かれた環境を客観的に見る事ができて。「やっぱり歌が好きだ」と戻ってきてしまいました。向いてるか向いていないかはわからないけれど、好きだという気持ちは偽れなかったんです。


――家入さんのように活躍していても、そうやって悩んだことがあったのですね。では、キャリア1年目の自分にアドバイスを送るとしたら、なんと声をかけますか?特に加藤さんは、弱冠16歳でデビューしていますが、どんなことに悩んでいたのでしょうか。

加藤:キャリア1年目の自分は、今の100倍くらい強気な女って感じでした(笑)。経験や実力が伴っていない、無知故の強気でしたね。でも、声をかけるとしたら「もっと気にしないでいいよ」でしょうか。今と違ってSNSも盛んじゃなかったし、その意味でももっと生きやすかったのかもしれないのですが、強気ではあるけれど「さすがに怒られるかな」と周りを気にしている部分もあった。でも、「もっとやっちゃえ!」って言いたいかな。


家入:そうですね、私は自分の世界観をどうやって守るかに必死になっていました。優しさで言われていることも、自分を否定されている気がして怖かったんです。今は、外からの刺激があるからこそ自分の世界を広げられると思っているから、「どんどん言ってください」って感じなんですけど……でもああやって守ってきた時期があるからこそ、のちのちの出会いも楽しくなる。変に大人びなくていいし、怖かったら守っても良い。「嫌なことがあったら、“何が嫌か”を噛み砕いてその気持ちを外に出していこうよ」と当時の自分に伝えたいです。


関連商品

Naked
家入レオ「Naked」

2023/02/15

[CD]

¥3,300(税込)

Naked
家入レオ「Naked」

2023/02/15

[CD]

¥4,620(税込)

Naked
家入レオ「Naked」

2023/02/15

[CD]

¥5,500(税込)

Answer
家入レオ「Answer」

2020/05/13

[CD]

¥2,200(税込)

Answer
家入レオ「Answer」

2020/05/13

[CD]

¥3,300(税込)

Naked
家入レオ「Naked」

2023/02/15

[CD]

¥3,300(税込)

Naked
家入レオ「Naked」

2023/02/15

[CD]

¥4,620(税込)

Naked
家入レオ「Naked」

2023/02/15

[CD]

¥5,500(税込)

空と青
家入レオ「空と青」

2021/01/20

[CD]

¥1,320(税込)

空と青
家入レオ「空と青」

2021/01/20

[CD]

¥1,980(税込)

Answer
家入レオ「Answer」

2020/05/13

[CD]

¥2,200(税込)

Answer
家入レオ「Answer」

2020/05/13

[CD]

¥3,300(税込)