Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>ONE N' ONLYは“Step Up”し続ける 新曲「Step Up」で届けたい思い



インタビューバナー

 ONE N' ONLYが新曲「Step Up」を9月5日に配信リリースした。テレビ東京系アニメ『デュエル・マスターズ WIN』のオープニング・テーマに起用されている本楽曲は、前向きなエネルギーが詰まったロックチューンだ。7月末に初の海外ライブを成功させ、一回りも二回りも大きくなったワンエンが次に進みたいステージとは? リリース直前の彼らに話を訊いた。(Interview:吉田可奈/Photo:Yuma Totsuka)

初の海外公演を終えて

――念願だったブラジルでのライブが実現されましたが、いかがでしたか?

REI:ブラジルのみなさんは、常に曲と一体化して情熱的に盛り上がってくれたんです。僕たちもそこに引っ張られましたし、本当に僕たちを待っていてくれたことがわかり、感動しましたね。

KENSHIN:ブラジルは声を出すことが解禁されていて、一緒に歌ってくれたことがすごく嬉しかったです。さらに、僕らが出演したのは【Anime Friends 2022】だったので、アニメの楽曲以外はわからないかなと思っていたんです。でも、僕たちのノンタイアップの曲も歌ってくれていて、本当に応援してくれていたことが伝わってきたんです。すごく嬉しかったですね。

NAOYA:泣いている子もいたんですよ。そこはグッときましたね。ブラジルのみなさんはTikTokでコメントをしてくれてはいましたが、実際にライブに来てくれるって、本当に好きじゃないとできないことだと思うんです。そこであらためて、本当に待ってくれていたことを感じたんです。

TETTA:ブラジルに行ったことで、視野がグッと広がった気がします。なにより、僕は初めての海外だったんですよ。そこでの感動も大きかったですね。日本にいる時から、ブラジルのみなさんの熱量は伝わっていましたが、あらためて圧倒されたんです。今度はブラジルの別の都市や南米各国、インドネシア・東南アジアなど、他にも僕たちのことを愛してくれる人たちがいる国にライブをしに行きたいですね。


Photo:Yuma Totsuka

――前回のインタビュー(初の海外ライブ間近! 英語詞に挑戦した新曲「LUCKY」でONE N' ONLYが伝えたいこと│https://www.billboard-japan.com/special/detail/3570)でカレー屋に週6で通っているという話がありましたが、カレーは食べましたか?

TETTA:それがブラジルにはいつものチェーン店はなくて……。

HAYATO:ないだろうね(笑)。

TETTA:でもフェスの会場では、日本の料理を扱っているコーナーがあったんです。そこにたこ焼きとかカレーがあったんですよ。それまでずっとブラジル料理を食べていたので、久々にカレーを食べて“日本食って本当に美味しい!”って感動したんです。それから3日間はずっとカレーを食べていました(笑)。

HAYATO:日本食コーナーでの料理はおいしかったんですが、オリジナリティあふれるお寿司などもあったんですよ。イチゴが巻かれていたお寿司には驚きましたね(笑)。

EIKU:僕はブラジルのみなさんに“やっと会えた!”という感情がすごく大きかったんです。みんなが一緒に歌ってくれた時は泣きそうになるくらい、感動をもらいました。それに、みなさんがストレートに愛を伝えてくれるんです。日本の方はシャイな方が多いので、こんな風に愛情をストレートに伝えるのってすごく素敵だと思いましたし、日本に帰ってからは、もっと愛情を伝えられるようになろうって思いました。

――なれましたか?

KENSHIN:まだまだ! 全然足りない!

EIKU:あはは。少しは伝えるようになったと思うけど……(笑)。

REI:そんなEIKUが一番シャイだよね(笑)。

EIKU:だからこそ感じた!

KENSHIN:もっと伝えて欲しい!

EIKU:頑張ります(笑)。


Photo:Yuma Totsuka

HAYATO:それにしても、ブラジルも日本も、SWAGの熱量に差がないことが分かったのがすごくうれしかったですね。なにより、いつ会えるかわからない僕たちの曲を聴いて、SNSを追って、このライブに来てくれるって、すごく衝撃的だったんです。あとは、サンパウロで歩いていたら、何度も声をかけられたんですよ。

KENSHIN:日本じゃ味わえない!(笑)

TETTA:日本の方は遠慮しているのかな?(笑)

EIKU:ほら、シャイだから!

HAYATO:そうなのかな(笑)。でも、スター気分を味わえましたね。写真を撮ろうと言ってくれたり、話しかけてくれたり、すごく嬉しかったです。

TETTA:あと、ブラジルで食べたラーメンも美味しかった! ブラジルの方も、慣れない箸を使ってすすって食べてくれていたんですよ。それを見ると愛らしいなと思ってしまって……。

HAYATO:誰目線なの、それ(笑)。

TETTA:日本人を代表して、思いました(笑)。


Photo:Yuma Totsuka

――そんな貴重なブラジルでの体験を終えて、帰国後はすぐに【SUMMER STATION】のライブがありましたよね。こちらも、ものすごく盛り上がっていましたね!

HAYATO:SWAGのみんなの反応が、すごく良かったんです。声は出せないけれど、全力でタオルを回すシーンでは、一体感があったんですよね。きっと会えなかった分だけ、絆が深まったんじゃないかなと思いました。もしかしたら、ブラジルでの盛り上がった映像も出ていたので、対抗心があったのかもしれないですね(笑)。

KENSHIN:そうだったら嬉しいよね。いつも以上に熱量を感じましたし、なによりも、いつか【SUMMER STATION】には出演してみたいなって思っていたんです。その気持ちをぶつけることができましたし、すごくいい経験になりました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 主題歌を通して希望を与えられたら
  3. Next >


主題歌を通して希望を与えられたら

――そして配信リリースされた新曲「Step Up」について教えてください。とてもポジティブな曲となっていますね。

REI:この曲は、少しずつでいいから前に進もうと、背中を押してくれる曲になっているんです。誰もが、人生の階段を上がっている時ってなかなか気づかないんですよね。でも、少しずつでも前に進んでいるんだよということをこの曲を聴いて感じてもらえたらいいなと思っています。

――REIさんは、なかなか前に進めないことに対して悩むタイプですか?

REI:僕は性格的に熱中してしまうタイプなので、悩む暇もなく没頭しちゃうかもしれないですね(笑)。でも、やっぱり出来ないことがあると、くじけそうになったり、どうしようと考えることがあるので、そういう時にこの曲を聴いてもらいたいです。

――メンバーにこういったポジティブなタイプがいるといいですよね。

一同:(シーン)

REI:ちょっと待ってよ! そこは肯定してよ!(笑)

HAYATO:うんうん。いいですよ。僕はですね……。

REI:すごいサラッと次の話になっちゃった(笑)。

HAYATO:あはは。この曲は本当に前向きで、夢に向かって突き進んでいくぞという気持ちが溢れているんです。これまで「YOUNG BLOOD」など、僕たちの気合いや熱量を表した曲が多かったんですが、この曲はより真っ直ぐにわかりやすく届けられるんじゃないかなと思っています。実は、この曲は「Be Mine」という曲としてライブでパフォーマンスしてきたんですが、テレビ東京系アニメ『デュエル・マスターズ WIN』のオープニングテーマに決定したことで、歌詞を変えて新たに生まれ変わったんです。僕は小さな頃からこの『デュエル・マスターズ』のカードゲームをしていたのですごく嬉しいですね。何世代も続いているシリーズだからこそ、曲を通じて小さな子供たちに希望を与えられたらいいなと思っています。


Photo:Yuma Totsuka

――みなさん『デュエル・マスターズ』世代ですよね。

HAYATO:めっちゃ世代です! ただ、戦う相手がいなかったので……。

TETTA:ちょっと! それは寂しい話!?

HAYATO:違う、違う!(笑) 戦うよりも、カードを集めるのに必死だったの! なので、ゲームはひとりでアニメを完全再現してやっていました。

REI:そんな楽しみ方があるの?

TETTA:それは僕もやってた!(笑)

HAYATO:アニメだと攻撃を喰らうんですよ。それもマネして、呪文を唱えてやっていました。兄弟なら、恥ずかしくないから一緒にセリフを言い合ったりしていて。ねぇ、みんなでやろうよ!

NAOYA:今なら戦い方も絶対違うよね。カードショップに行って、高いのも買えちゃうし!

EIKU:それは楽しそうだな~!

REI:実家にカードいっぱいある!

TETTA:今みんなで戦うのはロマンがあるよね。

NAOYA:戦い方も“Step Up”していると思います。

一同:おぉ~!(笑)


Photo:Yuma Totsuka

――曲の話に戻りましょうか(笑)。

EIKU:はい(笑)。最初に聴いたときはすごくロックだなと思いましたね。バンドサウンドに勢いがありますし、気分がアガる曲だと思いました。歌詞もストレートで歌っていてすごく気持ちがいいんですよ。SWAGのみんなが合いの手を入れてくれたら絶対に楽しいなって思うんです。早く声が出せるライブで歌いたいですね。あとは、ドライブにすごく向いている曲だと思いました。

――ワンエンにはドライブに向いている曲が多いですよね。

EIKU:そうですね。「LUCKY」とか「HOLIDAY」などはいいですよね。その仲間入りができたんじゃないかなと思っています。

TETTA:いまEIKUも言った通り、アニメの主題歌になっているからこそ、歌詞がシンプルなんです。ぜひお母さま方が子どもたちに勧めてもらいたいですね。これを聴くことによって、いい成長が見込めると思います!

HAYATO:間違いないね(笑)。

NAOYA:それに、振り付けも“Step Up”しているんです。より楽しくなっていますし、ボーカルも変わっているので、まったく新しいものになったんじゃないかなと思っています。

KENSHIN:これまで愛されてきた「Be Mine」が変化したことは、受け入れてくれたら嬉しいですね。ライブでも盛り上がる、みなさんと一体化できる曲になっています。メンバーみんなが大好きなアニメの曲を歌うという、またひとつ、大きな夢が叶いました。

――次の夢は見つかりましたか?

KENSHIN:アニメソングだからこそ、この曲からいろんな方に知ってもらって、また世界中のいろんなところで披露したいですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ワンエンが“Step Up”したいことは?
  3. Next >


ワンエンが“Step Up”したいことは?

――新たにツアーも始まりますが、どんな姿が見られそうですか?

REI:これまでは曲によって分かりやすい色気を表現していたんですが、そのなかに複雑なもの、同じ色気でも違う見せ方などを見せたいなと思っているんです。

HAYATO:REIくんは最近、セクシーさが増してきたよね。パフォーマンスの仕方がより艶やかになっていたように感じる。

REI:お、嬉しい!

――それは皆さんも感じている?

一同:……。

REI:なんでだよ!(笑)

TETTA:リーダーが言うなら、そうなのかも……(笑)。

REI:無理やり同意しなくていいから(笑)。

HAYATO:いやでも「Breathe」ではAメロで世界観をガラッと変えてくれるから、そこはすごいと思うよ。

TETTA:今回のライブは、それぞれの色の出し方をより研究したいなって思うんです。個人の魅力をちゃんと表現するというのが裏テーマなので、そこを突き詰めたライブがしたいですね。


Photo:Yuma Totsuka

――さて、いまみなさんが“Step Up”したいことを教えてください。

NAOYA:僕は嫌いな食べ物が少なくなりました! これまではしいたけがマジで嫌いだったんですが、いまは本当に好きです!

TETTA:どうしてひっくり返ったの?

NAOYA:20歳になって、「ちょっと食べてみようかな」って思ったら、ビックリするくらいおいしくて、なんで気づかなかったんだろうって思ったんです(笑)。今では焼き鳥屋さんに行けばしいたけの丸焼きをすぐに頼むほど好きですね。

EIKU:僕は朝が強くなりました。これまではアラームが鳴っても止めてまた寝ちゃっていたんですよね。でも、これではダメだと思ってちゃんと起きるようになったんです。そしたら、ちゃんとヘアスタイルもこだわる時間が出来て、意識が高くなりました。

REI:前から意識高かったよ?

EIKU:いや、もっと高くなりました(笑)。

TETTA:僕は画力がアップしましたね。文房具屋さんや水彩画屋さんに行って、新しい絵をたくさん描いているんです。ただ、習う時間が無いので、YouTubeを見て、筆先の使い方や、タッチの仕方などを勉強したら、どんどんしっくりくる絵が描けるようになったんですよ。

REI:本当に上手だよね。

HAYATO:頭の中がどうなっているのかなって思うくらい!

TETTA:いつかワンエンのアートワークもやりたいですね。


Photo:Yuma Totsuka

REI:僕は、自分に素直になる部分が多くなりました。もともと好きなものを好きということは出来ていたんですが、それをより実践して、言葉にすることで仕事に繋がることも増えてきたんです。これからももっと好きなものを伸ばしていきたいですね。

KENSHIN:僕は前屈がやっとできるようになりました! 他の箇所はやわらかいのに、前屈だけは出来なくて……。お風呂上りに地道にストレッチをするようになったらやっとつま先に手が届くようになったんです! ペタッとなれた時はみなさんに報告します!(笑)

HAYATO:僕は、SWAGのみんなのダンス力を“Step Up”したいですね。

TETTA:いきなり!?

HAYATO:最近は、身体の使い方を勉強して、骨の名前などを覚えているんです。なので、SWAGのみなさんが真似できるように骨を意識したダンスをTikTokなどにアップするので、みんながそれをできるように指導していきたいと思います(笑)。

REI:SWAGみんなが骨の名前に詳しくなるのは怖いでしょ?(笑)

KENSHIN:独特なファンダムになりそうだね(笑)。


Photo:Yuma Totsuka

関連キーワード

TAG

関連商品

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥8,250(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥4,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥3,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥2,500(税込)

Category/My Love
ONE N’ ONLY「Category/My Love」

2019/10/16

[CD]

¥1,200(税込)

Category/My Love
ONE N’ ONLY「Category/My Love」

2019/10/16

[CD]

¥1,200(税込)

Category/My Love
ONE N’ ONLY「Category/My Love」

2019/10/16

[CD]

¥1,200(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥8,250(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥4,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥3,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥2,500(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    <ライブレポート>Roselia、テクニカルなステージを届けた【BanG Dream! 10th☆LIVE】初日公演

  2. 2

    スヌーピーのクリスマスコンサート、ゲスト城田優が『キンキーブーツ』のナンバーをオーケストラとともに歌唱決定

  3. 3

    BE:FIRSTがNHK『Venue101 Presents』出演決定、楽曲リクエストも募集

  4. 4

    <ライブレポート>RAISE A SUILEN、エンターテイナーとしての練度の高さを発揮した【BanG Dream! 10th☆LIVE】最終公演

  5. 5

    【先ヨミ・デジタル】Ado「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」ストリーミング首位9週目に突入 YOASOBI「祝福」がトップ10に

HOT IMAGES

注目の画像