Billboard JAPAN


Special

<連続インタビュー:第1回>“オフコースを最も知る男”が語る、1982年6月30日の真実



 1982年6月30日、オフコースは前人未到の武道館10日間公演の最終日を迎えた。それから40年後の同じ日同じ場所で、同じ曲目がオーケストラと珠玉のシンガーたちにより甦る……

 2019年に制作されたアルバム『オフコース・クラシックス』の発売記念コンサートとしてスタートした【オフコース・クラシックス・コンサート】。2021年は東京/福岡/名古屋/大阪/横浜の5都市を巡るツアーとして開催され、各地で様々なアーティストが熱演を繰り広げた。そして2022年、伝説の地・武道館に舞台を移して集大成のコンサートとなる【オフコース・クラシックス・コンサート2022・6・30 -in Budokan-】の開催を前に、複数回にわたりオフコースにゆかりある方々に話を訊いていく。今回は長年オフコースを担当し、1982年の武道館公演にもスタッフとして立ち会っていた柿崎譲志にオフコースとの出会い、そして魅力を語ってもらった。

オフコースとの出会い

――まずは柿崎さんとオフコースの出会いから教えて下さい。

柿崎譲志:オフコースを最初に聴いたのは、学生時代にソニーミュージックでアルバイトしていて、その時先輩から「日比谷野音で色々なアーティストが出るコンサートがあるから手伝いに来い」と言われて行ったらオフコースも出演していて。「何これ!日本のグループでこんなにハイセンスで洒落た音楽をやるグループがいるんだ」ってビックリして、噂には聞いていましたが凄いと思いました。それが1976年で、翌年にフジパシフィック音楽出版(以下フジパ)に入社して、オフコースを担当することになります。

――フジパに入社してすぐにオフコースの担当になったのでしょうか。

柿崎:そうです。入社したら「うちの会社でオフコースの原盤とか色々やってるんだよ」って教えられました。「秋の気配」(1977年)をスタッフみんなで会議で聴いた時、「これ、売れるんじゃないか」みたいな話になって。特別派手な曲ではないのですが、何か不思議な魅力があって、二人ならではのハーモニーが美しくて個人的にも「すごくいい曲だな」と思いました。ある時、会社に小田さんが来ていて、僕は先輩から当時のオフコースの所属レコード会社の東芝EMIに届けものをして来いと言われて、ちょうど小田さんも東芝EMIに向かう予定だったみたいで、小田さんの車に乗せてもらったんです。車の中で、何か話さなければと思って、緊張しながらも「小田さん、最近ストリングスとかブラスのアレンジもご自分でやられているみたいですけど、どこかで勉強されたんですか?」って聞いたら「君の高校では音楽の授業、なかったの?」って言われて、「うわ、嫌な人だな~」て思っていたら、入社して3~4か月後に担当になりました(笑)。それからライブやレコーディング、あらゆる現場に行き特にベースの清水仁さんには仲良くしていただきました。

――少しずつオフコースの音楽が広がってきていた時ですね。

柿崎:当時田園調布に田園コロシアムという5~6000人入る野外テニスコートがあって、そこで色々なアーティストがコンサートをやっていて、オフコースも1979年8月にやったのですが、それを観に行って「愛を止めないで」(1979年)のイントロが流れた時に、満員のお客さんがワーッて沸いたんです。その時に一緒に観ていたフジパの先輩が「柿崎、売れたぞ」って涙を流していて、それが印象に残っています。

――2人から5人体制になるという大きな変革期があって、サウンドが変わってシングル「愛を止めないで」のジャケットは、5人のライブ写真使われていました。

柿崎:(大間)ジロー、松尾(一彦)、ヤッさん(鈴木康博)はロック志向で、特にヤッさんはボストンとか大好きでした。どんどん音がそっちの方向にいって、大きかったのは小田さんがボズ・スキャッグスの『Middle Man』(1980年)というAORの名盤を聴いて、その音に感銘を受けて「すげぇこのエンジニア、連絡とれないか」ってなったことでした。会社の上司を通じてビル・シュネー氏(『We are』『over』『I LOVE YOU』のエンジニア)にコンタクトをとりました。それで『We are』(1980年)につながって、当時のウエストコーストサウンド色が強くなっていきました。その『We are』のトラックダウンで僕も一緒にロスに行って、それでメンバーとより親密になれました。

――少しお話が前後しますが、1979年に発売した「さよなら」で大ブレイクして、ツアーの規模もどんどん大きくなっていきました。

柿崎:やっぱり最初からレコード、CDが売れる人と、ライブが魅力的で少しずつ動員を増やしていって、世間に広がっていくアーティストがいると思いますが、オフコースを後者ですよね。1973年頃からライブをはじめて、「オフコースの小さな部屋」(1975年)とか色々な企画ライブを重ねて、その音楽の良さがシングルやアルバムを出すたびに広がっていきました。今思えばアルバム『over』のあたりまで、本当に一緒になって走り抜けたような印象です。『over』のツアーで日本武道館10daysをやると聞いて「とうとう、ここまで来ちゃったな」と、感無量になったことを覚えています。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 伝説のライブと、当時のメンバーの様子
  3. Next >

伝説のライブと、当時のメンバーの様子

――1980~81年の『We are』のツアーで日本武道館4daysを行なうなど、人気はまさに絶頂だった中で、解散の噂がまことしやかに流れ始めました。『We are』の次のアルバムが『over』というタイトルで、『over』ツアーの武道館10daysが最後のステージになるのでは?等様々な憶測が飛び交いました。

柿崎:そうですね。我々スタッフの中でも最終日の6月30日には、何かが起こるんじゃないか、という話は出ていました。例えば「言葉にできない」の時にバックに流れる、ひまわりの映像に入る「We are」「over」「Thank you」の文字の「Thank you」が、「Good Bye」になるんじゃないかとか、僕は勝手にそう思っていました。

――53万通もの応募があるという異常な雰囲気の中で、武道館10daysの初日は1982年6月15日にスタートしましたが、柿崎さんは武道館の全公演観ているんですよね。

柿崎:このツアーは地方に何か所か観に行って、武道館は全部観ました。それこそ解散とかキナ臭い噂もあったので、観ておかないと損するんじゃないかと思って(笑)。

――最終日の楽屋はどんな雰囲気だったんですか?

柿崎:最終日は、開演前から何か妙にみんな吹っ切れているような感じで、いつもダジャレばっかり言ってるジローが、その日はいつもより口数が少なくて、開演直前になるとみんな無口になっていました。それはよく覚えています。

――30日は柿崎さんはどの辺りでライブを観ていらっしゃったんですか?

柿崎:ステージ袖で観たり、PAのところで観たり、スタンドの一番後ろに行ったり、色々なところで観ていました。最終日とあって、それまでのライブの時と客席も空気が違いました。特に女性ファンの、何か重大発表があったらどうしようという気持ちが漏れ伝わってきて、緊張感がありました。

――「言葉にできない」のワンコーラス目で、小田さんが涙で歌えなくなったときって、メンバーの方の様子はどうだったか覚えていますか?

柿崎:あの時PA卓の横で観ていて、そのときに何か「今日は怪しいぞ」みたいな予感はあったんです。「歌えなくなるのでは?」って。あの涙はメンバーに対する色々あったけどここまで来たねっていう思いとか、1万人のファンに対するメッセージだったり、スタッフに対する感謝、色々な思いからの涙だと思います。でも歌い終わった小田さんを松尾が「何やってんの?」みたいな目で見ていたのが印象的でした(笑)。

――1曲前の「心はなれて」の最後の方で、小田さんもぐっときていましたよね。

柿崎:そうでしたね。だから「今日何か起こりそうだな」っていうのは、漠然とありました。小田さんは泣き虫ですからね(笑)。「言葉にできない」で思い出しましたが、この曲を最初に聴いた時に「すごくいい曲、日本のスタンダードになる」と思って。当時、僕も小田さんのバスケットチームに入っていたので、その練習の後に小田さんに「『言葉にできない』って、シングルカットしないんですか?あの曲30年、40年後には確実にスタンダードになっていると思うんですよね」って話したことを思い出しました(82年2月シングルとして発売)。

――「言葉にできない」のバックに流れた映画「ひまわり」の映像が印象的でしたが、あのアイディアは?

柿崎:あれは多分小田さんだと思います。ビジュアルについて、あれやりたい、これやりたいというのは、小田さんが絵コンテまで描いてアイディア出しをすることが多かったです。それに対してジローが「そこでこういう感じでさ、こういうのどう?」って言うと、小田さんは大概「ダセえよ、それ」って却下でした(笑)。

――30日は全ての演奏が終わって客電が点いて「YES-YES-YES」が流れたら客席から大合唱が起こるという、伝説になっている感動的なシーンがありました。

柿崎:聴いていました。メンバーもステージ袖で「何が起こったんだろう」って最初はわかっていなくてきょとんとしていました。でもすぐに「あ、みんなで歌ってるんだ」ってわかって嬉しそうでした。全てが終わった後はみんな妙にすっきりしていました。やりきったっていう力の入った感じではなくて、「終わったぜ」みたいな感じでした。ジローだけが「本当にこれで終わっちゃうのかな」ってひどく淋しそうでした。それにしても、今思い出してもサウンド、映像、照明、どれをとっても本当にすごいライブでした。オフコースはやっぱりライブで動員を増やしてきたライブバンドです。それを証明しているのは、今も小田さんがツアーをやるとチケットはいつも即ソールドアウトです。地方の公演も売り切れます。やっぱりオフコース、小田和正のライブは絶対観たいという人が多いし、一度観た人はもう一回観たくなる。観た人は「すごくいいライブなんだよ」って友達、自分の子供に伝えたくなる。それがあの頃から脈々と続いていると思います。

オフコースというバンド

――オフコースの音楽がその後の音楽シーンにどんな影響を与えたと思いますか。

柿崎:やっぱり歌におけるハーモニーを大切にする考え方、アレンジの仕方は影響を受けたアーティストが多いのではないでしょうか。いつも小田さんが主旋律を歌うと、「じゃあ次ヤス頼むぞ」っていうと、ヤッさんはおもむろに譜面に向かって書き始めて、方向性さえ決まればレコーディングはすごく早かったです。「愛の中へ」(『over』)のレコーディングのとき、僕はたまたまフリーダムスタジオにいて、ヤッさんがコーラスダビングをやっていて<きかせて あなたの声を>というサビのフレーズが決まったら、どんどん声を重ねてダビングして、あっという間に終わって驚きました。うまく言えませんが、、小田さんのハイトーンで鋼のような素材の声に、そこにまるで金粉のようなヤッさんの声を振りかけて、素晴らしいハーモニーが生まれていました。だからヤッさんが抜けた時は、それが聴けなくなるのかって寂しい気持ちになりました。

――4年目の「オフコース・クラシックス・コンサート」は、日本武道館で、40年前のあの日に行われるということで、ファンも感慨深いと思います。

柿崎:あれから40年も経ったんですね。実はこのコンサート、まだ観たことがなくて(笑)。でも服部隆之先生にはフジパ時代、いつもドラマの劇伴でお世話になっていますし、それこそオフコースと同じくらい長く自分が担当してきた稲垣潤一さんも出演するので、是非観に行きたいです。客席やステージを見ると、40年前の6月30日のことを思い出しそうです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. オフコースというバンド
  3. Next >

関連キーワード

TAG

関連商品

NEXT SOUND TRACK
オフコース「NEXT SOUND TRACK」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

I LOVE YOU
オフコース「I LOVE YOU」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

over
オフコース「over」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

We are
オフコース「We are」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

LIVE
オフコース「LIVE」

2019/09/25

[CD]

¥4,180(税込)

Three and Two
オフコース「Three and Two」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

FAIRWAY
オフコース「FAIRWAY」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

JUNKTION
オフコース「JUNKTION」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

SONG IS LOVE
オフコース「SONG IS LOVE」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

ワインの匂い
オフコース「ワインの匂い」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

オフ・コース1/僕の贈りもの
オフコース「オフ・コース1/僕の贈りもの」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

君を待つ渚
松尾一彦「君を待つ渚」

2019/05/29

[CD]

¥2,037(税込)

YOU (with 小田和正)
HIROBA 小田和正「YOU (with 小田和正)」

2019/04/17

[CD]

¥1,019(税込)

YOU (with 小田和正)
HIROBA 小田和正「YOU (with 小田和正)」

2019/04/17

[CD]

¥1,528(税込)

元気であれば
鈴木康博「元気であれば」

2018/10/17

[CD]

¥3,056(税込)

Another Select +
鈴木康博「Another Select +」

2016/11/09

[CD]

¥3,056(税込)

NEXT VIDEO PROGRAM
オフコース「NEXT VIDEO PROGRAM」

2016/06/08

[Blu-ray Disc]

¥3,850(税込)

1982・6・30武道館コンサート
オフコース「1982・6・30武道館コンサート」

2016/06/08

[Blu-ray Disc]

¥3,850(税込)

愛を止めないで
オフコース「愛を止めないで」

2016/05/11

[CD]

¥1,019(税込)

あの日 あの時
小田和正「あの日 あの時」

2016/04/20

[CD]

¥3,972(税込)

あの日 あの時
小田和正「あの日 あの時」

2016/04/20

[CD]

¥3,972(税込)

FORWARD
鈴木康博「FORWARD」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

あなたに明日を
鈴木康博「あなたに明日を」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Acoustic
鈴木康博「Acoustic」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

LULLABY
鈴木康博「LULLABY」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

SING MODE
鈴木康博「SING MODE」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Sincerely
鈴木康博「Sincerely」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

ゴールデン☆ベスト 鈴木康博
鈴木康博「ゴールデン☆ベスト 鈴木康博」

2013/08/21

[CD]

¥2,096(税込)

MY PLEASURE
鈴木康博「MY PLEASURE」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Hello Again
鈴木康博「Hello Again」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

LULLABY
鈴木康博「LULLABY」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

MY PLEASURE
鈴木康博「MY PLEASURE」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

SING MODE
鈴木康博「SING MODE」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Hello Again
鈴木康博「Hello Again」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Sincerely
鈴木康博「Sincerely」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Acoustic
鈴木康博「Acoustic」

2011/11/09

[DVD]

¥3,024(税込)

SINCERELY
鈴木康博「SINCERELY」

2011/11/09

[DVD]

¥3,080(税込)

Acoustic
鈴木康博「Acoustic」

2011/11/09

[DVD]

¥3,024(税込)

SINCERELY
鈴木康博「SINCERELY」

2011/11/09

[DVD]

¥3,080(税込)

自己ベスト・2
小田和正「自己ベスト・2」

2009/11/09

[CD]

¥3,204(税込)

自己ベスト
小田和正「自己ベスト」

2009/11/09

[CD]

¥3,204(税込)

自己ベスト・2
小田和正「自己ベスト・2」

2009/11/09

[CD]

¥3,204(税込)

自己ベスト
小田和正「自己ベスト」

2009/11/09

[CD]

¥3,204(税込)

NEXT SOUND TRACK
オフコース「NEXT SOUND TRACK」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

I LOVE YOU
オフコース「I LOVE YOU」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

over
オフコース「over」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

We are
オフコース「We are」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

LIVE
オフコース「LIVE」

2019/09/25

[CD]

¥4,180(税込)

Three and Two
オフコース「Three and Two」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

FAIRWAY
オフコース「FAIRWAY」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

JUNKTION
オフコース「JUNKTION」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

SONG IS LOVE
オフコース「SONG IS LOVE」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

ワインの匂い
オフコース「ワインの匂い」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

オフ・コース1/僕の贈りもの
オフコース「オフ・コース1/僕の贈りもの」

2019/09/25

[CD]

¥3,080(税込)

君を待つ渚
松尾一彦「君を待つ渚」

2019/05/29

[CD]

¥2,037(税込)

YOU (with 小田和正)
HIROBA 小田和正「YOU (with 小田和正)」

2019/04/17

[CD]

¥1,019(税込)

YOU (with 小田和正)
HIROBA 小田和正「YOU (with 小田和正)」

2019/04/17

[CD]

¥1,528(税込)

元気であれば
鈴木康博「元気であれば」

2018/10/17

[CD]

¥3,056(税込)

Another Select +
鈴木康博「Another Select +」

2016/11/09

[CD]

¥3,056(税込)

NEXT VIDEO PROGRAM
オフコース「NEXT VIDEO PROGRAM」

2016/06/08

[Blu-ray Disc]

¥3,850(税込)

1982・6・30武道館コンサート
オフコース「1982・6・30武道館コンサート」

2016/06/08

[Blu-ray Disc]

¥3,850(税込)

愛を止めないで
オフコース「愛を止めないで」

2016/05/11

[CD]

¥1,019(税込)

あの日 あの時
小田和正「あの日 あの時」

2016/04/20

[CD]

¥3,972(税込)

あの日 あの時
小田和正「あの日 あの時」

2016/04/20

[CD]

¥3,972(税込)

FORWARD
鈴木康博「FORWARD」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

あなたに明日を
鈴木康博「あなたに明日を」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Acoustic
鈴木康博「Acoustic」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

SING MODE
鈴木康博「SING MODE」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Sincerely
鈴木康博「Sincerely」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

ゴールデン☆ベスト 鈴木康博
鈴木康博「ゴールデン☆ベスト 鈴木康博」

2013/08/21

[CD]

¥2,096(税込)

MY PLEASURE
鈴木康博「MY PLEASURE」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Hello Again
鈴木康博「Hello Again」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

ゴールデン☆ベスト 鈴木康博
鈴木康博「ゴールデン☆ベスト 鈴木康博」

2013/08/21

[CD]

¥2,096(税込)

FORWARD
鈴木康博「FORWARD」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

あなたに明日を
鈴木康博「あなたに明日を」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

LULLABY
鈴木康博「LULLABY」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

MY PLEASURE
鈴木康博「MY PLEASURE」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

SING MODE
鈴木康博「SING MODE」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Hello Again
鈴木康博「Hello Again」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

Sincerely
鈴木康博「Sincerely」

2013/08/21

[CD]

¥2,409(税込)

忘れ得ぬ人
松尾一彦「忘れ得ぬ人」

2013/07/24

[CD]

¥3,143(税込)

SELECT 30 Vol 2
鈴木康博「SELECT 30 Vol 2」

2013/06/19

[CD]

¥2,619(税込)

SELECT 30 Vol 1
鈴木康博「SELECT 30 Vol 1」

2013/06/19

[CD]

¥2,619(税込)

Acoustic
鈴木康博「Acoustic」

2011/11/09

[DVD]

¥3,024(税込)

SINCERELY
鈴木康博「SINCERELY」

2011/11/09

[DVD]

¥3,080(税込)

Acoustic
鈴木康博「Acoustic」

2011/11/09

[DVD]

¥3,024(税込)

SINCERELY
鈴木康博「SINCERELY」

2011/11/09

[DVD]

¥3,080(税込)

グッバイ
小田和正「グッバイ」

2010/11/17

[CD]

¥550(税込)

せつなくて
松尾一彦「せつなくて」

2010/10/20

[CD]

¥1,572(税込)

自己ベスト・2
小田和正「自己ベスト・2」

2009/11/09

[CD]

¥3,204(税込)

自己ベスト
小田和正「自己ベスト」

2009/11/09

[CD]

¥3,204(税込)

自己ベスト・2
小田和正「自己ベスト・2」

2009/11/09

[CD]

¥3,204(税込)