Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>Novelbright、「これまで」と「これから」を詰め込んだ最新アルバム『Assort』を語る



インタビュー

 大阪発の5人組ロックバンド、NovelbrightによるMajor 2nd Full Album『Assort』がリリースされる。メジャーデビュー作となる『開幕宣言』からおよそ1年ぶりの本作は、「詰め合わせ」という意味のアルバムタイトルが冠せられているように、メンバーの「これまで」と「これから」が詰め込まれた意欲作。アレンジの振り幅も格段に広がり、5人が奏でる有機的なバンドアンサンブルを基軸としながらピアノやオーケストラ、エレクトロなどを大々的に導入するなど、「ロック」というジャンルに囚われない彼らならではの作品に仕上がっている。現在は全国ホールツアー中で、バンド初となる武道館でのファイナル公演を控える彼らに、新作の制作エピソードなどたっぷりと話してもらった。

メンバーやスタッフと力を合わせれば、自分の想像を余裕で超える作品ができると確信できた

――前作『開幕宣言』からおよそ1年ぶりのニューアルバム『Assort』が完成した、今の心境をお聞かせください。


竹中雄大(Vo):タイトルの「Assort」には「詰め合わせ」みたいな意味があるのですが、今回も前回同様、やりたいことを詰め込んだアルバムになりました。

novelbright

沖聡次郎(G):『開幕宣言』ではできなかったことに挑戦したいという意識もありました。それを音として具現化するのはすごく大変でしたが、かなり長い時間をかけて納得のいく仕上がりになったので今はほっとしていますね。

ねぎ(D):曲によっては今回、生のドラムを叩いていないセクションもあって。今までは「バンドサウンド命!」という気持ちだったし、そこは絶対にこだわりたいとメンバーにも話していたのですが、やっぱり新しいことに挑戦することも大事だし、そこのこだわりを今回手放せた自分がいたというか。おかげでバンドとしての振り幅を大きくすることができたとも思っています。

novelbright

圭吾(B):前作を作り終えたときに、その完成度にすごく満足してしまって。「これ以上の作品が作れるのだろうか?」というプレッシャーも実はありました。でも実際に取り組んでみたら、前作を軽く超えるような仕上がりになって。メンバーやスタッフと力を合わせれば、自分の想像を余裕で超える作品ができると確信できたのも嬉しかったです。

山田海斗(G):前作以上に振り幅もあって、いろんなタイプの楽曲を入れているけど、アルバムとしての統一感もちゃんと感じられるところが気に入っています。今ねぎが話したように、バンドアンサンブルにとらわれないアレンジの曲もたくさんあるので、それをライブでどうやって再現したらいいのかをワクワクしながら考えていますね。

novelbright


――ダウンロードソフト『ポケモンユナイト』とのタイアップ楽曲かつ、アルバムの冒頭を飾る「Okey dokey!!」は、他の楽曲と比べるとかなり明るくハッピーな曲調に仕上がっていますね。


:僕自身、小さい頃からポケモンの大ファンなので、「ポケモンのテーマ曲だったらこういう音が入ってほしい」みたいなファン目線の思いをたくさん詰め込みました。昔から僕は映画のサウンドトラックを聴くのが好きだったので、オーケストラアレンジはそういうところからの影響もあると思います。

novelbright


――TVドラマ『真犯人フラグ』の主題歌にも起用された 「seeker」は、バンドのクールでアグレッシブな側面が全面的にフィーチャーされています。オーケストラとバンドサウンドと、エレクトロを融合したサウンドは、Novelbrightの真骨頂。そのバランスでオリジナリティを生み出しているように感じました。


:この曲はドラマのタイアップということもあり、制作サイドの人と話し合う中で「マイナー調で、どこか攻撃的な部分もあるロックサウンド」というリクエストをもらいました。それを踏まえつつアレンジを考えたのですが、まずデモを作ってそこに雄大がメロディを乗せて、そこからメンバー全員でブラッシュアップして完成させた楽曲です。

竹中:この曲の歌詞は、西島秀俊さん演じる主人公・相良凌介の気持ちに寄り添ったものですが、その中にも自分の心情も散りばめています。たとえ絶望の淵に立たされたとしても、“粉々になった幸せはきっと どこかに身を隠しているんだろう”と歌うことで、「闇の中にも「希望の光はある」というメッセージを込めることが出来ました。

novelbright


――“黒く染まった世界じゃ 纏わり付いたレッテルを 信じる者しか居なくて 心が溺れてしまいそう”というラインは、コロナ禍で分断、断絶した社会を歌っているように感じました。


竹中:このところ、SNSを中心に盛り上がる誤った情報に振り回されてしまったり、自分が直接目にしたものではない噂や情報を真に受け、そのレッテルで人を判断したりするような風潮が、最近は確かにまかり通っていますよね。そういう社会について歌っている部分も多少はあるかもしれないです。


▲Novelbright - seeker [Official Music Video]
NEXT PAGE
  1. 「武道館でよくやったなあ」で終わるのではなく、もう一つ先のステージが見えるようなライブにしたい
  2. Next >

「武道館でよくやったなあ」で終わるのではなく、もう一つ先のステージが見えるようなライブにしたい

――4月15日に配信リリースされたリード曲、「愛とか恋とか」にはどのような思いを込めましたか?


竹中:さっきねぎくんが言ったように、この曲はバンドサウンドではなく電子ドラムとシンセベースにアコギを組み合わせた、これまでにない試みをしています。ここ最近、聴いていて気持ちが明るく朗らかになるような、前向きなラブソングをあまり書いていなかったんですよ。なのでこの曲は、自分の身近にいる大切な人に愛を伝えたくなるような、恋愛に対して前向きになれるような、恋愛をしていない人でも恋愛をしたくなるような歌詞を書こうと思いました。日常を切り取ったような描写も多いので、そういう部分でも共感してもらえたら嬉しいです。

novelbright


――「The Warrior」はTVアニメ『リーマンズクラブ』のオープニングテーマとして書き下ろされた楽曲ですね。


山田:初のアニソンやったので、個人的にもかなり気合が入っています。アニソン特有の疾走感だったり、ポップスとは違う力強さだったりを存分に入れました。最近のNovelbrightは、ずっと打ち込みのエレクトロサウンドやオーケストラアレンジ、ピアノの導入などに挑戦してきたのですが、この曲はほとんど5人だけのバンドサウンドで勝負していて。そこにも注目してもらえたら嬉しいです。


▲Novelbright - The Warrior [Official Music Video]


――ドラマ『漂着者』の主題歌「優しさの剣」も、アルバムのクライマックスにふさわしい壮大なオーケストラが入ったバラードです。


:仮タイトルは「風に一人で」やったよね。暗い荒野に一人で佇んで、風に吹かれているようなそういう寂しい情景をイメージしていたと思う。

竹中:サビのメロディは突き抜ける感じで、心に突き刺さってくるようなハイトーンボイスだけど、メロディには優しい部分もあって。そのコントラストが切なくて自分でもグッとくるなと思っています。


▲Novelbright - 優しさの剣 [Official Music Video]


――アルバムの中で、特に印象に残っている曲は?


竹中:最後の曲「流星群」かな。地声とファルセットがずっと行き来しているような曲なので、その切り替えがかなり難しかったです。

:僕も「流星群」です。この曲は、ライブの時にみんながライトを振ってくれて、それが夜空に降り注ぐ流星群のようになったらいいなという思いで作りました。もともと僕が1コーラスだけ作ったものを、メンバーとスタジオに入って綿密に作り込んでいったので、そういう意味でも思い出深い曲ですね。早くライブで演奏したいです。

ねぎ:音作りも含めてチャレンジしたのは「Too Late」という曲。海斗くんのデモを聴いた時から「洋楽っぽいな」と思ったので、ドラムのフレージングからサウンドまで洋楽のテイストを取り入れようと、色々勉強しながら作りました。

圭吾:僕は「Kii-Kii Cat」ですね。これまでは割とアクセント的に「スラップ奏法」を取り入れていたのですが、この曲ではかなり長いスラップソロを突如入れることになり、メンタルもボロボロになりながらも何とか録音出来た思い出の曲です。

novelbright

山田:僕は「戯言」ですね。この曲はNovelbrightにとって初の三拍子ですが、よく聴くと世間一般ではよくないとされているような、「淫らな恋愛」を歌っています(笑)。恋の形なんて人それぞれ違うのに、それを否定する風潮はよくないと僕は思っているので、それをどう楽曲に落とし込むか、日本語ならではの美しい表現をどう取り入れるか、とことんこだわったとても思い入れ深い楽曲です。

novelbright


――現在Novelbrightはツアー中で、6月には武道館でファイナル公演が行われますね。


竹中:武道館は初めての上に2DAYS。ツアーのファイナルということもあり、バンドとして大きな登竜門をくぐることができることにワクワクしています。ただ、「武道館でよくやったなあ」で終わるのではなく、もう一つ先のステージが見えるような、お客さんにもそう思ってもらえるようなライブにしたいですね。



――さらに7月よりビルボードライブ東京、大阪、横浜にてアコースティックツアーが行われます。こちらの意気込みをお聞かせください。


竹中:Billboard Liveはいつかやりたいという話は、結構前からしていたので、今回こういう形で実現できることがまず嬉しいです。ご飯を食べたりお酒を飲んだりしながら観られるのが、ちょっとディナーショーみたいでいいですよね(笑)。普段はバンドセットでがっつりロックサウンドを演奏しているんですけど、Billboard Liveでは普段とは違うアレンジを楽しんでもらえたら嬉しいです。大人なNovelbrightを見せたいと思うので、是非とも癒されにきてください。

novelbright
NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. メンバーやスタッフと力を合わせれば、自分の想像を余裕で超える作品ができると確信できた

Novelbright「Assort」

Assort

2022/05/18 RELEASE
UMCK-1712 ¥ 3,300(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Okey dokey!!
  2. 02.ファンファーレ
  3. 03.seeker
  4. 04.ワンルーム
  5. 05.愛とか恋とか
  6. 06.戯言
  7. 07.ライフスコール
  8. 08.Anima
  9. 09.The Warrior
  10. 10.Kii-Kii Cat
  11. 11.優しさの剣
  12. 12.Too Late
  13. 13.流星群

関連キーワード

TAG

関連商品