Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>中村正人も期待する日本初上陸フェス【LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL 2022】の見どころ



中村正人インタビュー

 2013年から英イースト・サセックスで開催されてきたヨーロッパ最大規模の野外ジャズ・フェスティバル【LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL】が5月14日・15日に埼玉・秩父ミューズパークで開催される。国内外の豪華アーティストが集うこの初上陸フェスの目玉のひとつはDREAMS COME TRUEと上原ひろみの共演だろう。世界の上原ひろみと日本を代表するシンガー・吉田美和が繰り広げるステージで「何かスゴイものが生まれそう」な気配がするのは、否めない。

 それを誰よりも間近で体験することになる当の中村正人は、当日どのような気持ちで挑むのだろうか。ジャズを愛する中村が考えるジャズフェスとは。

――日本で初めて開催される新世代ジャズ・フェスティバル【LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL 2022】への出演を決められた経緯から聞かせてください。

中村正人:【グラストンベリー・フェスティバル】などは知っていましたが、イギリスに【LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL】のようなオープンなジャズフェスがあることは知らなくて。ユニバーサルミュージックの担当スタッフからの薦めもあって出演させていただくことになりました。

――二つ返事で?

中村:いやいやですね(笑)。60代の僕からすると、ジャズフェスと言えば【Aurex Jazz Festival】(1980〜1983)で、60〜70年代をベースとしたジャズの流れの真っ只中にもいたマイルス・デイビスやジョン・コルトレーンの後、マイルスの一派が新しい流れを作り出したでしょ。ハービー・ハンコックやチック・コリアやロン・カーターの流れと、当時はクロスオーバーが始まって、フュージョンになっていった。だから、ジャズフェスと聞いて「なぜカシオペアやT-SQUAREがいないの?」って思いましたが、ちゃんと話を聞いてみると、イギリスではシックが出ていたりとか、結構、幅広いアーティストが出てるってことを知って。

 あとね、野外はしんどいんですが(笑)、僕たちくらいキャリアが長くなると、偉い・偉くないは別にして、決められたことしかやらなくなってくる。実はそれはあまり良くなくて。特に吉田美和は、本当に歌のために生活の全てを捧げていて、スポーツ選手と一緒で、音楽のために当たり前に私生活を犠牲にしている。だから、仕事でいつもとは違うチャンスを作らないと、なかなか新しい空気を吸えない。(今回の出演には)そういう理由もあるかな。ジャズはこうあるべきっていう概念が今まではあったんですが、僕もオープンな気持ちを持たないといけないし、吉田美和にとっても、いいチャンスだなって思って。それが“いやいや出る”っていうことですね(笑)。僕は、心の狭いジャズファンだから。

――(笑)。中村さんの心の狭いジャズファンの部分も知りたいです。もともとジャズも好きだったんですか?

中村:そうですね。クロスオーバー/フュージョンが一番流行った時代……70年代の半ばくらいかな。元々はソウルミュージックが好きで、マーヴィン・ゲイのバック・ミュージシャンのクレジットを見ていて。ただ、当時はクレジットまで書いてあるものが少なかったんだよね。中古レコード屋に行っても、僕が尊敬してるデヴィッド・T.ウォーカー(Gt)の名前が全然見つからない。でも、音を聴くと、間違いなく、ジャクソン5のヒットシングル(「ネヴァー・キャン・セイ・グッバイ」「アイ・ウォント・ユー・バック」「ABC」「アイル・ビー・ゼア」などに参加)に入っていたりする。バリー・ホワイトもすごく好きだったし、クルセイダーズのテナーサックス奏者でベーシストでもあるウィルトン・フェルダーも好きでしたね。てっきり同姓同名の違う人だと思っていたら、同一人物だと知ってびっくり。

――(ウィルトンは)ジャクソン5(「アイ・ウォント・ユー・バック」「ABC」「ザ・ラヴ・ユー・セイヴ」)やマーヴィン・ゲイ(「レッツ・ゲット・イット・オン」)でもベースを弾いてました。

中村:そうそう。ジャズ・クルセイダーズからザ・クルセイダーズになっていって、そこでジョー・サンプル(Key)やウェイン・ヘンダーソン(Tb)も知った。そこからミュージシャンに注目し始めて、フュージョンのセッション・ミュージシャンやスタジオ・ミュージシャンからジャズの本流に遡っていった感じ。当時、マイルスはもちろん、ギル・エヴァンスのアレンジが好きで、『死刑台のエレベーター』といったジャズメンがやる映画音楽も大好きだった。どんどん深掘りしていって、「こうじゃないといやだ!」っていうのが強くなっていったんだよね。(スティーヴ・)ガット(Ds)が叩いてないと嫌だとか、(フュージョンバンド)スタッフのドラムもクリス・パーカーまでは許す、とか(笑)。狭い領域で、新参者が来るのがすごく嫌で、最初はマーカス・ミラー(Ba)がすごく嫌だった。「なんでマーカスがデヴィッド・サンボーンやるんだ!?」みたいな。とはいえ、スパイロ・ジャイラもシャカタクも好きだった。

――シャカタクはイージーリスニング扱いされたりもしてました。

中村:そうそう。僕みたいな視野の狭いジャズ/フュージョン・ファンからは敬遠されたけれど、僕は好きだった。今、聴きなおしてみて欲しいよ。すごくいいから。シンセの音色1つにしても、ポップさの中にあるフレーズ1つにしても、やっぱり秀逸だよね。あと、ウェザー・リポートは死ぬほど好きだし、ジャコ(・パストリアス/Ba)も好きだね。イノベーターというか、あの時代には、すでにあった楽器の概念を変えてしまった人たちがいて、今、考えてみると、子供心に、その人たちをもっと評価して欲しいと思ってたんだね。日本は歌謡曲真っ最中だったから、周りは誰も知らなくて。フュージョンは一時期、報われなかったけれど、細野(晴臣)さんや大村憲司さん、ポンタさん(村上“ポンタ”秀一)たちが高中(正義)さんと共演したり、後にSMAPがそういう方々といいアルバムを作ったりしたよね。

――吉田美和さんのソロアルバム『beauty and harmony』では、デヴィッド・T.ウォーカーをはじめとしたフュージョン・アーティストたちと共演されてますね。

中村:マリーナ・ショウの『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ?』という素晴らしいアルバムがあって。あれはジャズというよりも、ヴォーカル・アルバムだね。究極の芸達者が歌ものでひけらかす演奏が大好きでさ。ジョニ・ミッチェルのアルバムに参加したパット・メセニーやジャコ、マイケル・ブレッカー、ドン・アライアスもそう。吉田美和がソロアルバムを作ることになった時、「ドリカムとは別のものを作りたい」って、最初は僕にプロデュースの話は来なかった。でも、吉田が頼みたかったプロデューサーが合わなくて、しょうがなく僕に来て(笑)。どうせ作るなら、マリーナ・ショウのアルバムのメンバーにお願いしようと思って、ピアノだけはスケジュールが合わなくてダメだったけれど、オールスターが集まった。吉田のソロとはいえ、僕の夢を叶えたアルバムかな。

――ちなみにジャズフェスにも行ってましたか?

中村:【Aurex Jazz Festival】には毎年行っていたし、田園調布でやっていた【ライブ・アンダー・ザ・スカイ】やあの時代のジャズフェスには必ず行っていました。後期のジャコのバンドも見ていて。ただコンディションがいい時のジャコをあまり見られてないんだよね。ウェザー・リポートで何回か見たくらい。もっと見たかったし、もっと映像を残しておいてほしかったよね。マイルスも生で見てるし、(パット・)メセニー(Gt)も(アル・)ディ・メオラもラリー・カールトンも見てる。それが全部ジャズかっていうと……ね? テーマがあって、アドリブを楽しむのがジャズだとしたら、それもジャズだったかもしれない。マイルスやコルトレーンの難しいやつがジャズだと思っていた当時の僕の考えもズレてたんだろうね。ジャズは変遷していて、(今回の)ラインナップを見ても、僕が知っている頃のジャズフェスとは程遠い。でも、1つ1つの参加アーティストを勉強させてもらうと、これが今のジャズで、大きな支持を得ているのかと思うと頷ける。

――今のジャズはどう捉えましたか。

中村:あまり知らないんですが、ヒップホップが当たり前にある時代のジャズだなと思っています。日本のアニメやボカロ、ラップやDJも当然にあって。音楽ってそういうものなんだなって思う。そう考えると、今のジャズを定義するのは難しいけれど、楽しくやっていていいなと思う。上手い人たちは、やっぱりジャズが楽しいからやってるんだよね。言い方は悪いけれど、上手じゃないとダメなんだよ。デタラメと上手って境目が難しいね。

――フリージャズも適当に演奏してるわけじゃないですからね。

中村:もちろん誰がどんな演奏をしてもいいんだけれど、そこには表現力が必要だなと思っていて。デッサンが天才的に上手かったピカソが、長年かけてああいう形に至ったのと一緒。音楽ファンとして、デタラメは嫌いだし、そういうのは楽しくない。でも、今回出るアーティストたちはうまくて、自由で、垣根がない。ちょっと悪そうなところもあって、いいじゃない?

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ドリカムと上原ひろみのステージについて
  3. Next >


――今回のステージは【“beauty and harmony” Special Session】と題し、吉田美和さんのソロアルバムを中心としたセットリストを予定してると聞きました。

中村:吉田美和のソロツアーはもうできないかもしれないなと思って。ジョー(・サンプル/Key)もいなくなっちゃったし、いい機会かなって。最初の話じゃないけれど、吉田に違う空気を吸わせてあげないといけないかなと。それに、このメンバーだからね。

――そのメンバーですが、ドリカムと上原ひろみの13年ぶりの共演が話題になってます。

中村:去年はドリカムとして、今やっているようなアコースティックでやろうと思ってたんだよね。ちょうど(上原)ひろみちゃんのスケジュールも調整できることになり、ドラムも生にしたいなと思って、スティーヴ・ガットかソニー・エモリー(元アース・ウインド&ファイアーでドリカムとも共演経験あり)がいいなと思ったんだけど、二人ともエリック・クラプトンに抑えられてて(笑)。僕がガットと共演する夢はなかなか叶わないんだな~。僕、宇宙で一番ガットが好きだから。生まれ変わったらガットになりたいくらい。

――あはははは。いつか叶えてほしいですよ。

中村:いやいや、憧れたままでいいですよ。今回だって、僕、このメンバーでベース弾くのイヤだもん。

――いや、それこそドリカムのステージなんですから。

中村:ドリカムだけど、ドリカムじゃないんだよ。吉田美和VS上原ひろみだよ。僕は、アドリブのファンだけど、アドリブができなくて。不器用だから、決まったことしか弾けないの。チャック・レイニーとウィル・リーのオリジナルを完コピしていこうと思っていて、ひろみちゃんが暴れ始めたら、手を離そうかと(笑)。

――そんなに嫌ですか(笑)。

中村:吉田とひろみちゃんは親友だけど、仲が良いからと言って、一緒に音楽ができるわけじゃない。ひろみちゃんも今や“世界のひろみ”だから。ただの“世界のひろみ”じゃなくて、ピアノに楔を打ち込んだ人だと僕は思っている。秋吉敏子さんと並んでもおかしくないと思っていて。だから、プレイヤーとしてはやりたくない。あんな偉大な人と僕が一緒にステージで弾くのは、ちょっと……すごく嫌だなって。「やめさせてくれ。僕を外してくれ」ってずっと言ってる。お客さんとして見ていたいと思う。

――プロデューサーという立場だったら、誰をベースに呼ぶんですか?

中村:こういうジャズフェスだったら、ウィル(・リー)がいいね。見ても楽しいし、なんだったら歌い出しちゃう。ジャコやいろんなベーシストのファンだけど、プレイヤーとしてはウィル・リーみたいなプレイヤーになりたかった。ポップでもいいし、ジャズでもいい。

――上原さんとは2006年1月に【SWITCH ON LIVE Vol.4】で、恵比寿リキッドルームで共演してますよね。

中村:当時のひろみちゃんは、すでに凄かったけれど、まだ新進気鋭のピアニストで、今のひろみちゃんと比べると、まだ僕は一緒にできた。今はもう恐れ多くてできない。

――2009年3月には代々木第一体育館で開催された【みんなでドリする?DO YOU DREAMS COME TRUE? SPECIAL LIVE!】でも共演してます。

中村:あれはまだ僕のテリトリーだったから、そんなに気にならなかった。60過ぎると、己を知るんですよ。

――今回もテリトリーじゃないですか。

中村:いやいや、このメンバーはもう僕のテリトリーじゃないよ。ミュージシャンは30年以上、僕自身が選んできたけれど、今回のクリス・コールマンはひろみちゃんの推薦、古川昌義さん、馬場智章さんは、ユニバーサルミュージックのスタッフに紹介してもらいました。この3人にはまだお会いしたことがないですが、譜面の責任は僕が持つけれど、どう彼らを活かすか、構成やソロ回し、フィーチャーの仕方をそろそろ詰めていかなければと思っている。

――どんなステージになりそうですか。

中村:まだわからないけれど、できるだけひろみちゃんが暴れないようにしないと(笑)。どこが頭かわからなくなっちゃうから。

――(笑)。吉田美和さんも同じタイプに見えるんですが……。

中村:そうそう、勝手にやらせたほうがいいの。ただ、野外ということもあり、歌もののポップさは残しておきたいなと思っていて。ひろみちゃんは自分で曲を書いて、自分でプロデュースする人だから、自分の曲だと全開になっちゃうでしょ。手枷足枷をつけた、ちょっと押さえ込んだ上原ひろみを楽しみにしてるんだよね。制限がある上原ひろみなんて、もう見られることないと思うから。

――アコピで行くのか、ローズやノードを弾いちゃうのかも気になってます。

中村:そうだね、できればアコピでね。エレピは弾かせたくないけど、弾くって言って、暴れたら弾かせる(笑)。

――あははははは。

中村:だって言うこと聞かないもん(笑)!

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「ホントはお酒でも飲みながら聴いていたい」
  3. Next >


――もう打ち合わせしてますか?

中村:選曲は始まっています。

――中村さんご自身が楽しみにしてることはありますか?

中村:うちの吉田やひろみちゃんをはじめ、素晴らしいミュージシャンの生音が聴けることかな。ステージ上での僕の場所は特等席だと思っていて、それが嬉しい。プレイヤーとしては嫌だけど(苦笑)。音楽ファンとしては二度とないようなチャンスをいただいているので、彼ら、彼女らの音を楽しみたいと思っています。

――ご自身のステージ以外で、中村さんがぜひ観たいと思っている方はいらっしゃいますか?

中村:セルジオ・メンデスがいるだけで、もう充分じゃない? このイベントに関わっている間になんだか僕が主催者みたいな気持ちになってきちゃって。どうやったら盛り上げられるのかなって。こういうフェスを日本で広めるのって難しいじゃないですか。ハマりにくいけれど、ハマったら抜けられないジャンルだからさ。僕たちの出演日には佐藤竹善さんやさかいゆうさんがいるし、SOIL & "PIMP" SESSIONSは上手で、守備範囲も広いし、ファッショナブル。WONKも楽しみだね。

 この歳になると、自分ができることしかしなかったり、自分が良しとする人としか共演しなかったりするから、自分が戦ってきた陣地から出るのは怖いけれど、新しい出会いを与えてもらえて嬉しいですね。ホントはベースを弾かずに、お酒でも飲みながら聴いていたいけれど(笑)。

――ドリカムファンには、ジャズフェスが初めての方もいるかもしれないです。最後に野外フェスの魅力や楽しみ方を教えてもらえますか?

中村:上原ひろみと吉田美和が一緒に音楽するなんて滅多にないことだから、僕がドリカムのメンバーじゃなくても、何がなんでも見に行くよね。あと、今は配信ライブもたくさんあるでしょ? とてもいいことだし、配信でも音楽をきちんと伝えないといけないんだけれど、音楽はやっぱり空気を通して伝えるものだとも思う。これだけの素晴らしいミュージシャンと出会えるチャンスが、人生で一回でもあったら、ものすごい財産や宝物、思い出になると思うんだよね。ましてや、コロナの状況が悪化したら開催できないし、ここで話している間に、ウクライナでは戦争が始まっている。ミュージシャンにできることは何かないのかって考えています。コロナも戦争も無視はできないよね。

 今日、阪神淡路大震災や東日本大震災の時のことを思い出して、音楽はなんの役にも立たないなと思った。『ONE PIECE』のおだっち(作者・尾田栄一郎)は、エンターテイメントは衣食住が整ってからみんなのものになれるって言っていた。そうだなとも思いつつ、いや、ちょっと待てよとも思ってね。

 9.11の時、ちょうど僕たちはニューヨークにいたんだ。吉田のアパートはワールドトレードセンターの真下で、一棟目が崩れる直前に吉田をアパートから引っ張りだして逃げた。僕のアパートに向かう途中で一棟目が崩れて。でも、あんなに小さなマンハッタンでも、14丁目より下、カナルストリート以下は別世界なわけ。アップタウンに住んでいる人たちは、ダウンタウンで何が起きているのかをすごく知りたがって、「お前、ダウンタウンからきたのか? 一体どうなってるんだ?」って。

 そしてある晩、音1つなくなった。どこかで「カチャン」という音がすると、みんながうわーって逃げ惑うような街の中で「イマジン」が鳴り始めたんだよ。どこからともなく。ドアがほんの少しだけ開いていたスーパーから流れていたのかな。でも、それですっごく救われたんだよね。ニューヨーカーが全員、「イマジン」でユナイトした。今、思い出してもゾクゾクってするんだけれど、それを今日、思い出した。音楽にもできることがあるじゃんって。そういう時のために音楽を作っておくことも大切だと思って。音楽って大事だよね。

 僕は発言しないほうだけど、このイベントも平和の中で音楽を鳴らさないとね。だから、みんなで平和の祭典にしましょう。僕も音楽が断然必要だという思いを持ちながら、フェスができることの素晴らしさを噛み締めて演奏します。

関連商品

LIES,LIES.
DREAMS COME TRUE「LIES,LIES.」

2010/10/27

[CD]

¥1,362(税込)

生きてゆくのです□
DREAMS COME TRUE「生きてゆくのです□」

2010/07/07

[CD]

¥1,572(税込)

生きてゆくのです□
DREAMS COME TRUE「生きてゆくのです□」

2010/07/07

[CD]

¥1,047(税込)

ねぇ
DREAMS COME TRUE「ねぇ」

2010/06/30

[CD]

¥1,047(税込)

ねぇ
DREAMS COME TRUE「ねぇ」

2010/06/30

[CD]

¥1,572(税込)

何度でも
DREAMS COME TRUE「何度でも」

2005/02/16

[CD]

¥1,153(税込)

DIAMOND15
DREAMS COME TRUE「DIAMOND15」

2004/12/08

[CD]

¥3,204(税込)

DIAMOND15
DREAMS COME TRUE「DIAMOND15」

2004/12/08

[CD]

¥3,600(税込)

DCT CLIPS V1
DREAMS COME TRUE「DCT CLIPS V1」

2004/11/17

[DVD]

¥3,080(税込)

羽を持つ恋人
DREAMS COME TRUE「羽を持つ恋人」

2022/07/07

[CD]

¥1,980(税込)

DOSCO prime
DREAMS COME TRUE「DOSCO prime」

2020/10/14

[CD]

¥3,520(税込)

ATTACK25
DREAMS COME TRUE「ATTACK25」

2014/08/20

[CD]

¥4,180(税込)

the Monster
DREAMS COME TRUE「the Monster」

2014/07/16

[CD]

¥2,530(税込)

SING OR DIE
DREAMS COME TRUE「SING OR DIE」

2014/07/16

[CD]

¥2,530(税込)

AGAIN
DREAMS COME TRUE「AGAIN」

2014/03/26

[CD]

¥1,210(税込)

AGAIN
DREAMS COME TRUE「AGAIN」

2014/03/26

[CD]

¥1,760(税込)

裏ドリワンダーランド 2012/2013
DREAMS COME TRUE「裏ドリワンダーランド 2012/2013」

2013/06/19

[Blu-ray Disc]

¥6,600(税込)

ナミダのうた
(V.A.) DREAMS COME TRUE 今井美樹 古内東子 松田聖子 CHAGE and ASKA 浜田省吾 德永英明「ナミダのうた」

2012/10/03

[CD]

¥3,300(税込)

LOVE CENTRAL
DREAMS COME TRUE「LOVE CENTRAL」

2010/11/30

[CD]

¥3,204(税込)

LOVE CENTRAL
DREAMS COME TRUE「LOVE CENTRAL」

2010/11/30

[CD]

¥3,645(税込)

LIES,LIES.
DREAMS COME TRUE「LIES,LIES.」

2010/10/27

[CD]

¥1,047(税込)

LIES,LIES.
DREAMS COME TRUE「LIES,LIES.」

2010/10/27

[CD]

¥1,362(税込)

生きてゆくのです□
DREAMS COME TRUE「生きてゆくのです□」

2010/07/07

[CD]

¥1,572(税込)

生きてゆくのです□
DREAMS COME TRUE「生きてゆくのです□」

2010/07/07

[CD]

¥1,047(税込)

きみにしか聞こえない
DREAMS COME TRUE「きみにしか聞こえない」

2007/06/13

[CD]

¥1,572(税込)

きみにしか聞こえない
DREAMS COME TRUE「きみにしか聞こえない」

2007/06/13

[CD]

¥1,153(税込)

大阪LOVER
DREAMS COME TRUE「大阪LOVER」

2007/03/07

[CD]

¥1,153(税込)

もしも雪なら/今日だけは
DREAMS COME TRUE「もしも雪なら/今日だけは」

2006/11/29

[CD]

¥1,320(税込)

THE LOVE ROCKS
DREAMS COME TRUE「THE LOVE ROCKS」

2006/02/22

[CD]

¥3,457(税込)

THE LOVE ROCKS
DREAMS COME TRUE「THE LOVE ROCKS」

2006/02/22

[CD]

¥3,204(税込)

何度でも
DREAMS COME TRUE「何度でも」

2005/02/16

[CD]

¥1,153(税込)

DIAMOND15
DREAMS COME TRUE「DIAMOND15」

2004/12/08

[CD]

¥3,204(税込)

DIAMOND15
DREAMS COME TRUE「DIAMOND15」

2004/12/08

[CD]

¥3,600(税込)

DCT CLIPS V1
DREAMS COME TRUE「DCT CLIPS V1」

2004/11/17

[DVD]

¥3,080(税込)