Billboard JAPAN


Special

<ロングインタビュー>ENVii GABRIELLAがメジャーデビュー 下積み・YouTube・新曲・今後の展望などを赤裸々に語る



 オネエ3人によるユニット・ENVii GABRIELLA(エンヴィ・ガブリエラ/略称・エンガブ)が、10月22日(金)にデジタルシングル3カ月連続リリース第1弾「Moratorium」でキングレコードからメジャーデビューした。その先鋭的なサウンドによる楽曲とピンヒールでのダンスは、脈々と受け継がれてきた古のオネエ・パフォーマーのムードも纏いつつ、現代的にアップデートされた総合エンターテイメントだ。2017年に結成され、音楽を活動のメインにしながら、YouTube チャンネル「スナック・ENVii GABRIELLA」では、ゲイバーさながらの雰囲気を醸し出すトークやお悩み相談、メイク術などの企画が好評で登録者数16万人を超える人気を得ているエンガブ。メンバーのTakassy(タカシ)、HIDEKiSM(ヒデキズム)、Kamus(カミュ)の3人にこれまでの歩みとこれからの夢について訊いてみた。

アラサーユニットだからこそ考える人生や生活

――メジャーデビューおめでとうございます!

3人:ありがとうございます!

――それぞれ、メジャーデビューした今の心境を聞かせてもらえますか。

Takassy:私は、今まで関わってくれた方への感謝の気持ちが一番強いです。下積みが長かったので、それまで苦労をかけた方が本当にたくさんいたし、それでも応援してくれた人もいて。エンガブを始めてから、乗っかってきてくれる方が多方面にいて、それの最たる例がキングレコードなんですけど(笑)。一緒にやろうよって言ってくれた方への恩返しができたことの1つがメジャーデビューなのかなと思っています。



Takassy


HIDEKiSM:同じくなんですけど、「ついにきた!」というよりは、「報われた」というか、今までやってきたことが、すべて実を結んだのかなっていう印象があります。歌を始めたときからずっと、メジャーデビューに憧れていたので、とても長い道のりの中でもあきらめないでずっとやってきて、がんばってきて良かったなと思います。メジャーデビューの夢が叶ったときにまわりのお友だちや仕事仲間とかみなさんが喜んでくれて、お祝いのメッセージをくれたりして、自分のためにやっていたことなのに、こういう結果が出たことでまわりの人がこんなに喜んだくれるんだって思うと、1つ成し遂げられたんだなってことがすごく嬉しいです。



HIDEKiSM


Kamus:私個人はずっとダンサーだったので、メジャーデビューとはまた別の世界にいたんですけど、2人と出会ってエンガブに加入して、2人の夢だったメジャーデビューが私の夢にもなったので、それを達成できたことは嬉しいです。その裏にはGAVii(ギャビー ※ファンの総称)がたくさんいて応援してくださったからこそなので、GAViiも含めてみんなで達成した夢なのかなって思います。でもここがゴールではないので、再スタートとして始まる1つのポイントになるのかなって思います。



Kamus


――YouTubeの動画を見ても、3人はとても仲が良さそうですよね。ここにくるまでの4年間培ったものを感じます。

Takassy:そうですね。4年間ってパッと聞くと短く感じると思うんですけど、我々、とくにこの2人(TakassyとHIDEKiSM)はずっと下積みをしていたので、このユニットをやるって腹を決めたときから、ラストチャンスだと思っていて。そしてそれに乗っかってくれるKamusがいてっていう、並々ならぬ腹のくくり方でやっているので、一発一発が一球入魂というか。昔、担当してくれていたマネージャーさんが、「“この人たちステージの上で死ぬんじゃないか!?”っていつも思ってました」って言うぐらい鬼気迫る感じでやっていたので(笑)、濃密な4年間だったんです。その中で3人とも違う環境で生活してきて、人間性も全然違うので、まずお互いを知るところから始まって、知らなくても良いようなことも知らなければいけなかったりする状況の中で、だんだん3人の関係ができあがってきたんです。動画でも、「あ、いまこの人は話したいんだろうな」「この子はこう言ったけどフォローしてあげたほうがいいな」とか、それぞれが自然に空気を読めるようになってきた4年間だったと思います。


▲【オネエ女子会】尽くす方?尽くされる方?恋愛相談で女子会開催! エンガブ #285【オネエ】

――結成まで遡ると、2017年にTakassyさんがHIDEKiSMさんに話を持ち掛けたことがはじまりとのことですが、それまでそれぞれが活動していた中で自然な流れで交わったんですか。

Takassy:いや、意図してオネエのユニットを組む名目でHIDEKiを誘って、3名以上のユニットを想定していたので、候補の人間に何人か会ってみました。Kamusと会ったときに、彼がいいということで3人で始めることにしました。最初から構想して誘っている感じです。私とHIDEKiは同じ現場になることもあったり、私がソロの楽曲を提供したりしていたんです。HIDEKiとKamusは『笑っていいとも!』で共演していて。私とKamusはダンサーとして同じ現場になったりして、それぞれに面識がありました。

――メジャーデビューを目指してライブを頑張ろう、というのが始めるにあたっての目標だったわけでしょうか。

Takassy:メジャーデビューとか、どこかでツアー、ライブをやろうというよりも、「どうやってこの3人でお金を稼ごうか」っていうところがメインでした(笑)。

HIDEKiSMKamus:うん、うん。

Takassy:5年、10年後、我々がこのユニットでお金を稼いで、それだけで生活をするためにはどういう活動をすればいいのかっていうのが、活動の根本にあるというか。

――それまでは、経済的にも報われない状況だったということですか?

Takassy:下積みをしていると、音楽で食べられないじゃないですか? そうするとバイトをしたり、売れないミュージシャン的な時代がすごく長くて。10代、20代なら夢や希望で頑張れるモチベーションがあるんですけど、アラサーユニットなので、どうしても人生のこと、生活のことを考えるようになるので。現実的に続けていくために、そこに割く時間に見合ったお金を生まないと、3人のモチベーションが上がらない、なぜなら生活ができないからっていうマインドのサイクルになってしまって。やっぱり、お金が儲かってなかったときって、モチベーションがそんなに高くなかったんですよね。あるとき、トークショーとかを始めて、エンガブで月のお金が賄えるようになったときに、「よし、これで稼げるな」っていう足がかりができて、そこからやりたいことをやりながらどうビジネスにしていくか?っていう段階になったんです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. MAXになりたくて、最初は4人でやりたいと思っていた
  3. Next >

MAXになりたくて、最初は4人でやりたいと思っていた

――その1つとして、結成と同時に立ち上げたのがYouTubeチャンネル「スナック・ENVii GABRIELLA」。

Takassy:そうです。でも広告収入を得ようとしていたわけではないんです。ライブに足を運ぶよりもYouTubeを見る時代だっていうのは既に世間的に出来上がっていたので、宣伝媒体として動画をアップした方が良いよねっていうことで始めた感じです。


▲【タワレコ渋谷店!】CD発売記念!インストアライブレポ! エンガブ #170【ゲイ】LGBT GAY イケメンオネエ

――今は週3回更新してますよね? 最初からそうだったんですか。

HIDEKiSM:最初の頃は週1で更新していたんですけど、どうしてもTakassyに楽曲やアートワークなんかのクリエイティブな部分をほぼお任せしちゃっている状況もあったので、YouTubeをやっている限り全員が編集を出来た方が良いという話になり、Takassyに教わる為に、合宿をしたんです。

Kamus:編集合宿した~!(笑)。

HIDEKiSM:それで、1人ずつ編集するようになってから、それぞれが1つずつ編集して週3回になったんです。

Takassy:なつかしいね(笑)。自分の音楽制作の方が忙しくなったときは、2人がその分請け負ってくれるという分担の仕方をして、基本的には自分たちでやっています。


▲【HANDCLAP】2週間で10kg痩せるダンスをオネエがピンヒールで踊ってみた! エンガブ #211【ゲイ】LGBT GAY

――そもそもの話ですけど、なぜ「3人」だったんですか?

HIDEKiSM:こちらの方(Takassy)は、最初「4人がいい」って言ってたんですよ。

Takassy:MAXになりたかったので!

Kamus:あはははは(笑)。

――そうだったんですね(笑)。

Takassy:4人のガールズグループって結構いるじゃないですか?MAX、SPEED、デスチャ(デスティニーズ・チャイルド)ももともと4人だったりとか。バランスは4人がいいなっていうか、漠然とMAXになりたいと思ってただけなんですけど(笑)。まあでも、3人が結局バランスが良かったですね。

HIDEKiSM:2ボーカルなので、ダンサーも2人いた方がいいのかなっていう考えもあったんです。同様のセクシャリティを掲げて音楽をやってる人もいらっしゃるんですけど、こういうグループをこの気合でやっていくぞっていう方を見つけるのって、すごくむずかしいんですよね。

――なるほど。マインド的には、憧れの4人組ガールズグループへの想いも含まれているというか。

Takassy:そうですね。でも今、メンバーを増やそうかってなったら全然そうしたいとは思わないんです。「3」って一番美しい数字って言われてるぐらいなので、このバランスが整ってるなって。

HIDEKiSM:あと、多数決が取れますよね?「2人が言うなら」っていう風にはなりますね。

――ENVii GABRIELLAというユニット名はどこからきているんですか。

Takassy:もともと好きだった海外ドラマに出てた「ガブリエル」っていう役名の超美人さんがいたんです。私とHIDEKiが名前を考えていたときに、「ガブリエル」っていいねっていう話になって……なんでENViiってつけたんだっけ?

HIDEKiSM:なんでだろう? 私の曲に「Envy Me」っていう曲があるからかな?

Takassy:そうかも。でも、ENViiっていうワードの響きが良かったんだよね。

HIDEKiSM:そう、ENVii (Envy)とか、ジェラシーとか、「嫉妬」を意味するワードをすごく入れたそうだった。

Takassy:「嫉妬」とか「羨望」っていうワードって、ネガティブに使われがちですけど、それが活力になるじゃないですか?人に嫉妬させようとして自分を上げようと思ったりとか。「明るく頑張ろう!」というよりは、そうしたドロッとしたものから生まれる力っていうものが、すごくオネエに合ってるなって漠然と思って、この2つのワードをくっつけたんです。あとは、この方(HIDEKiSM)がいろいろうるさいんですよ(笑)。

HIDEKiSM:(笑)。

Takassy:「ネットで検索したときに一番上にこないとダメ」とか。そういうSEO対策を考えたりしました。それと、ゆくゆくはアパレルとかコスメとか、多ジャンルの仕事展開をしたいと思っていたので、ブランド名としても成立する名前がいいねって言っていたのもあります。


▲【FENTY BEAUTY】オネエも大好きRihannaプロデュースブランドコスメで超絶グラマラス?! エンガブ #257【オネエ】

HIDEKiSM:あとは、略して言いやすい名前。ENVii GABRIELLAって言いづらいじゃないですか?(インタビュアーが冒頭の挨拶で)最初に嚙まれてらっしゃったし。

――あ、優しくスルーしてくれたと思っていたんですが(笑)。

Takassy:ちゃんと受け止めてますよ(笑)。

Kamus:あはははは(笑)。

HIDEKiSM:とにかく略せて言いやすいもの、それでいておしゃれに見えるっていうものを考えて、「エンガブ」で検索したら出てこなかったので、「よし、OK」って(笑)。そのへんは緻密にやりました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ENVii GABRIELLAが思う“モラトリアム”
  3. Next >

ENVii GABRIELLAが思う“モラトリアム”

――曲を聴くと、EDM、クラブ・ミュージックがベースになった音楽をやっていらっしゃいますが、始めるにあたって音楽的方向性ってどう考えたんですか。

Takassy:もともと、私がこのユニットを作りたいと思ったときのイメージがあって、はしゃぐような曲ではなくて、クールなものを作りたいなと思っていたんです。日本でのオネエの概念と違うベクトルのユニットで、パーティチューンというよりは本格的なものを作りたかったので、初めからこのスタイルでやることは決めてました。それで何曲か候補曲をHIDEKiに聴かせたときに、「いいじゃん、イメージが湧く」って言ってくれたので。ジャンル的にはこだわりがなくて、色んな曲を作るんですけど、一貫して自分たちがカッコイイと思うものを出すっていう風に考えてやってます。


▲ENVii GABRIELLA (エンガブ) - LOVER BOY (WHAT ABOUT US) [リリック・ビデオ] Lyric Video

HIDEKiSM:私は、もともとTakassyさんにソロ時代に曲を作ってもらっていたので、クラブミュージックも好きなんですけど、憧れてきたアーティストが、安室奈美恵さんとか浜崎あゆみさんとか倖田來未さんみたいな、“ザ・ディーヴァ”って言われてきた人たちなので、「豪華ネェサン」みたいなキャッチーな曲も好きだし、クールでダンサブルな曲、バラードも好きなので、それを欲張りに出しているグループだと思っています。

Kamus:私はもともとクラブが好きで、自分でクラブイベントもやっていたんですけど、音楽自体はノージャンルで色々好きなんです。このジャンルが好きっていうよりは、「EDMだったらこの曲が好き」とか、「J-POPならこの曲が好き」とかですね。

HIDEKiSM:だから、3人でカラオケに行くといろんな音楽が飛び交うよね?演歌、歌謡曲、洋楽、ロック、ビジュアル系とか。そこらへんが、「ポップス」っていう部分で3人のマッチしている部分っていうのはあるかもね。

Takassy:「何々っぽい」って言われるのがすごく嫌いなので、あえて今すごく日本で流行っているものを避けて作っているところはあります。結構、ワールドチャートとかを聴いたりしてそこからインスピレーションを沸かせたりもします。


▲ENVii GABRIELLA (エンガブ) - SNBusu [リリック・ビデオ] Lyrics Video

――最近はTikTokのチャートなんかもありますがチェックしたりします?

Takassy:チェックするんですけど、TikTokの場合は曲調というよりは、あの数十秒の中で表現しやすいものが流行って、そこから付随して曲を聴いてその曲が耳馴染みがあるから流行るみたいなものだと思うので、あんまり曲を作る上で参考にしたりはしないですね。

HIDEKiSM:この人、この前カッコイイこと言ってましたよ。「時代は自分で創るものだから」って。

Takassy:はははは(笑)、やめてよぉ~、身内だから言ってるだけなんだから!

Kamus:あはははは(笑)。

HIDEKiSM:いやでも、カッコイイなと思いましたよ。

――昨今は、K-POPのグループが世界で飛躍的な活躍を見せてます。そういうところは意識していますか?

Takassy:大好きですよ。こういう曲を作ろうってK-POPを参考にすることはないんですけど、ポップじゃないのに耳馴染みが良いみたいなところを聴いたり観たりして、無意識に参考にしているところはあるかもしれないですね。曲調というよりは、「なんでこの曲ずっと頭に残ってるんだろう?」みたいな。

――ああ、なるほど。確かに、BLACKPINKとかみんなで歌えるような曲ってほとんどないですもんね。なのにどこか耳に残るというか。

Takassy:そうなんですよ。カラオケで歌わないじゃないですか? でもヒットするし、なんでこの曲みんなが良いって言ってるんだろうかって考えたら、TikTokで振りを踊ってる動画がヘビロテされていてなんだか耳に残ってみんなが聴いていたり、ビジュアルもあると思うんですよね。MVにかけるお金もすごいと思うし、あの世界観がダイレクトに伝わってくると、「この曲カッコイイ」ってなるので。そういったところは研究したりします。でも今は幸い、私が好きだった時代の音楽がまた戻ってきて、80'sは去年、一昨年に流行ってたし、90年代~2000年代のR&Bっぽい要素が出てきたりしているので、あんまりどこを意識しなくても、自然に出てくるものが今のトレンドっぽくなってはいますね。

HIDEKiSM:そこの楽曲の部分は、本当に彼に対して信頼している部分なので、「面白いもん、ガンガン投げてきて!」っていう感じなんですよね。それを私は歌うからっていう感じです。

――10月22日に配信リリースした「Moratorium」はラテン調で情熱的だけどちょっと切なく聴こえました。どんなテーマで書いた曲ですか。

Takassy:いつもはライブで盛り上げる曲とか、ガッツリパフォーマンスできる曲とかって考えるんですけど、今はコロナ禍で、アゲの曲というよりは、家で1人でまったり心地良く聴ける曲が良いなと思ったのが始まりです。あとは、我々の曲には恋愛の歌詞があまりないので、今回書いてみました。ラテン調の曲はもともとやってみたかったんですけど、「ラ・バンバ」みたいな感じよりは、チルソングにしたかったです。はじめに「Moratorium」というタイトルから作ったんですけど、トラックを作るうちに恋愛ソングがいいなと思ってこうなりました。


▲「Moratorium」Music Video (Short ver.) / ENVii GABRIELLA

――「Moratorium」(モラトリアム)という言葉には割とネガティブなイメージがあると思うので、これをメジャー第一弾でこれを出してくるというところが気になるのですが。

HIDEKiSM:それはもう、今回の取材でみなさん共通してご質問いただいてます(笑)。そうですよね、私も「Moratorium」ってどういう感じなんだろうって。

――先ほど、下積み時代が長かったことをお話されていましたが、メジャーデビューまでに至る道のりがまさにモラトリアム(猶予期間)みたいなことなのかなって思いました。

Takassy:ああ~面白いこと言いますね。

HIDEKiSM:確かに。でも、それは全然かかってないですね。

3人:(笑)。

――そうでしたか(笑)。自己を確立する期間という意味合いもあると思うで、そういうものとかけてる気がしたんです。

Takassy:なるほど。この楽曲には特にそういった意味はないんですけれども。セクシャリティの話に掛けてお話しするとすれば、自分は、物心ついたときから、男の子のことが気になってはいたんです。でも当時はゲイっていうよりはオカマっていうワードしかなかったのですし、どちらかというと、それは蔑みの対象に向けての言葉だったので。自分の男の子への気持ちと、そういうワードが結びついていないというか、この感情にどんな名前が付くのかもわからなかったし、自覚もないというか。中学高校ぐらいになって、「あ、これは俗に言うゲイってやつなのか」っていう自覚が生まれたんです。自己が確立されたのはその時期だと思います。

――そういう自覚が生まれてから、ミュージシャンとして下積みしていた期間についてはいかがですか。

Takassy:モラトリアムって、“終わりがある”みたいな言葉じゃないですか?僕の場合は、エンガブを始めるときに、「もうこれが駄目だったらやめよう」と初めて明確に覚悟したので、どちらかというと、モラトリアムっていう期間を考え始めたのはエンガブを始めたときからですね。そこからメジャーデビューが決まるまでが我々にとってのモラトリアムだったのかなって思います。

――HIDEKiSMさん、Kamusさんは「Moratorium」という曲にどんな印象を持っていますか。

HIDEKiSM:今までのエンガブにはない、とっても大人なサンセットが見えそうな新しい感じがしました。私はどんな楽曲でも歌詞を見る傾向があるんですけど、この曲の歌詞はみなさん経験したことがあるんじゃないかっていうメッセージ性があって。でも、心の奥底にあるじわじわ燃える炎のような思いを今こそ伝えるぞっていう、闘志みたいなものも感じるので、割と前向きでもある楽曲だと思います。すごく強くなれるんじゃないかなっていうような歌詞にも注目して聴いて欲しいです。

Kamus:猶予期間って、ネガティブなイメージがあるかもしれないですけど、別に悪いことだけじゃなくて、それが終わると新しいことが始まるって私は思っているんです。この曲の歌詞で言うと、この関係が終わるかもしれないし、友だちじゃなくて恋人になるかもしれない、友だち以下になるか以上になるか、言えなかった思いを言うか言わないかっていう葛藤があって、終わりが怖いのかなっていうニュアンスを感じるんですけど、私はその先の方を見ちゃうんですよね。この曲は歌詞に〈4minute54second〉って出てくるように4分54秒の曲なんですけど、私は4分54秒後に主人公がどうなっているかがワクワクするので、逆に期待が膨らんで、みんな勇気を持って動いてくれればいいなっていう思いはどこかにあります。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. メジャーデビューはやっぱりすごく大きいこと
  3. Next >

メジャーデビューはやっぱりすごく大きいこと

――この曲をスタートとして、3ヶ月連続でデジタルシングルをリリースするわけですが、トータルしたテーマってありますか。

Takassy:それが、ないんですよ。

HIDEKiSMKamus:(笑)。

Takassy:ないというか、そもそもキングレコードのチームの方が、「絶対エンガブを世に出して売るぞ」っていう気合で臨んでいてくれて、その最たる例がこの3 ヶ月連続リリースなんです。出すからにはとりあえず名前をガンガン売っていくぞという意味で、矢継ぎ早にリリースしましょうっていうプロジェクトになっている感じなんですよ。だからもうこれは、キングレコードの気合いですね(笑)。それに私たちは全力で「よし、やるぜ!」っていう。

HIDEKiSM:なんかそういう、男らしい瞬間が出ますよね(笑)。

Takassy:どうせ3ヶ月連続でやるなら、今までのファンの人を全部裏切ってやろうと思ったんです。なのでこの「Moratorium」も、1曲目としてすごく推していたわけではないんですけど、結果的にファンの人を裏切ることなると思います。たぶん、「ザ・オネエ」みたいな曲をメジャー1曲目に持ってくるとのかなと思っていたと思うんですけど、キングレコードのスタッフさんたちが「この曲が良い」って推してくれて。この曲が1曲目にくるからには、2曲目3曲目はとことん違うものを作ってやろうと思っているので、この3ヶ月でまったく違うものが出て来ます。

――第3弾は12月24日リリース予定ですから、そのあたりも楽しみです。

Takassy:そこがミソですよね。クリスマスイブにみなさんが何を期待しているかを考えて、その期待を全力でなぎ倒す、と(笑)。ずっと応援してくださるファンがいて、乗っかってくれる方々がいて、プロジェクトが大きくなっているので、この3曲は心血を注いで作りたいなっていう気持ちが強いのです。11月19日配信リリースの第2弾「Dystopia」は既にレコーディングも終わっているんですけど(※インタビュー取材時点)、「できた!」っていう手応えがありますし、第3弾の曲もデモまで出来上がってる段階なんですけど、これも大きな曲になるんじゃないかなって思うので、期待していて欲しいです。


▲「Dystopia」Teaser / ENVii GABRIELLA

――今後活動していく上で、みなさんが今描いている景色はどんなものですか?

HIDEKiSM:幼き頃に歌手を夢見る子どもたちが思い描く、すべての夢を全力で叶えたいです。例えば全国ツアー、紅白歌合戦、ミュージック・ステーション、雑誌のカバー、CMとか。すべてが夢であり展望ですけど、メジャーデビューしたからすべてが叶うなんて一切思っていないので、1つ1つの作品やYouTubeチャンネルの動画もそうですけど、みなさんに楽しんでいただけるものをお届けすることができたら、一歩一歩そういう夢に近づいていくのかなって思います。

Takassy:今の時代はいろんなところでリリースはできちゃうから、「メジャーデビュー? ふ~ん」みたいな風潮もあると思うんですけど、私たちの世代だと、メジャーデビューってすごく大きなことですし、目指してきた大きな夢の1つがメジャーデビューなので、すごく大事にしたい気持ちがあるんです。ツアーなんかも着実にやっていきたいし、そのための努力は惜しみたくないなっていうのが今の本音です。メジャーデビューが決まって、キングレコードのスタッフの方が我々のプロジェクトに絡んできたところから、物理的にもマインド的にも見える景色が変わってきたんですよね。関わってくる方々も変わってくるし、現場の空気感も変わってくるし、また1つ上の段階に行った感覚があるので、それに馴染んで行っちゃうとどんどんすべてがおざなりになって行っちゃうので、この感覚を忘れないでいたいなって。あとはお金を稼がなきゃいけないなって思います(笑)。

Kamus:もともとは2人が目指していたメジャーデビューという夢が、3人が目指す夢になって、それが叶うことになって。今はリスタートとして3ヶ月をダッシュで駆け抜けるところなので、応援してくれるファン、スタッフのみなさんと一緒に、1つ1つ小さなことでもいいのでどんどん叶えていければ良いなって思います。



関連キーワード

TAG