Billboard JAPAN


NEWS

2019/11/29

<コラム>ポップでありながら、深みを増していく、ベリンダ・カーライルの歌声

ベリンダ・カーライル「<コラム>ポップでありながら、深みを増していく、ベリンダ・カーライルの歌声」1枚目/1

思い出を彩るヒット曲の数々 1981年。P.I.L の『フラワーズ・オブ・ロマンス』、ジャパンの『錻力の太鼓』、トム・トム・クラブの『おしゃべり魔女』、ストーンズの『刺青の男』などを夢中で聴いていた年に、僕(たち)はそのバンドと出会った。アメリカの…

記事全文を表示する

ベリンダ・カーライル その他の画像・最新情報へ

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    <ライブレポート>上白石萌音、25歳を迎え大きな愛に包まれた初のビルボードライブ公演

  2. 2

    <ライブレポート>稲葉浩志、約7年ぶりとなるソロライブで再認識したファンとの“縁”「生まれ変わったような気分です」

  3. 3

    <ライブレポート>ずっと真夜中でいいのに。 時代も次元も超えて踊り明かした“ボーナスステージ”

  4. 4

    The 1975のマシュー・ヒーリー、オアシスは“大人になって”再結成すべきと語る「ふざけるのをやめてほしい」

  5. 5

    <ライブレポート>THE LAST ROCKSTARS、デビューライブで見せた奇跡のステージ

HOT IMAGES

注目の画像