Billboard JAPAN


Special Contents

アンジェラ・アキ 『始まりのバラード』インタビュー

アンジェラ・アキ 『始まりのバラード』 インタビュー

 ドラマ「名前をなくした女神」主題歌として震災前に生み出した『始まりのバラード』が、奇しくも“今、日本で生きている人々”と強烈にリンクする楽曲となっている。何故にこのようなことが起きたのか。そして我々は今、どのような意志を持って新たなスタートを切っていくべきなのか。アンジェラと同じ年齢なのをいいことに人生論を交わさせて頂きつつ、その真相に迫った。

今年は大きな壁を乗り越えないといけない

--昨年はデビュー5周年でしたが、自分にとってどんなアニバーサリーイヤーになったと感じましたか?

アンジェラ:やっぱり節目って感謝の気持ちを表す良い機会だったりするじゃないですか。今までお世話になった人に向けて感謝する。5年続けられたことへの歓びをその人たちを分かち合いたいと思っていて。ふるさと徳島で里帰りライブをさせてもらったりとか、大阪城ホールや5回目の日本武道館での公演とか、5回目の「紅白歌合戦」とか、いろんな場所でそれが出来たのですごく感慨深い1年でした。

--僕は日本武道館での『組曲「宇宙~レクイエム~モラルの葬式~宇宙」』が印象に強く残っています。

アンジェラ:私は中島みゆきさんの【夜会】が大好きなんです。曲の世界観によって2時間ぐらいの舞台になっている。そういう自分の曲が中心になっていて、曲からストーリーが成り立つものを作りたかったんですよね。あの組曲はそれぞれ単体でも凄い集中力を要する曲たちなので、疲れましたけど(笑)。

--で、新たな夢に向かっていくことになる2011年。まず前半はどんなモードで過ごしていたんでしょうか。 良いテンションで音楽と向き合えていた感じだったんですか?

アンジェラ:ドラマ「名前をなくした女神」主題歌の話も頂いていたので、何曲か作っていました。で、今年は大きなツアーがないから制作モードに入ろうと思っていたんだけど、その矢先に大震災が起きてしまって。まぁアーティストに限らず、誰もが思い通りに動けなくなってしまったと思うんですけど、それはそれとして今年は大きな壁を乗り越えないといけない年だと感じていたんです。それで大学に通ったりとか、ギターのレッスンを毎週受けたりしていて。今後の自分に繋げる為の作業をコツコツしていく1年なのかなって。

--大きな壁って具体的にはどんな壁なの?

アンジェラ:目に見えないガラスの壁みたいなものがあって、あっち側に行けない感じがあるんですよ。凄く葛藤してる。スラスラ曲が出てくる訳でもなく。長い目で見ると、そういう時期なのかなって言う気もするけど。2011年、半年経ってそんな事を言っても仕方ないんだけど、そういうことを自覚するってすごく大事かなと思って。すべてが飛躍の年ではないし、こういう1年をきちんと受け止めてからじゃないと次のステップへは進めない。

--いつ頃から2011年はそういう年になると感じていたの?

アンジェラ:実は去年の終わりぐらいからそういうモードで。思ったより曲がスラスラ出来ないから「おかしいな」とは思っていたんですよ。多分、知識だったり、いろんなものを身に付けたことによって、それに縛られていて自由になることを遮られている。上手く言えないんだけど。でもこれはもう突き進んでいくしかないと思う。

--震災のショックは影響してますか?

アンジェラ:私は9.11もワシントンで経験して、ペンタゴンの飛行機の音が聞こえるぐらい近くにいた経験があるから、ああいうことがどういう感じで広まっていって、どんな影響を及ぼしていくか、リアルに体感しているの。その上で自分に何が出来るかを考えると、もちろん出来る限りの金銭的な寄付はするにしても、その後どう生きていくのかが重要で。もっとミクロな部分で、震災を受けて自分がどういう風に振る舞うのか、人や物事と接するのか。それによって生まれる影響みたいなものを今回はすごく感じているから、自分に何が出来るかは今年だけじゃなく来年も再来年も考えていきたいと思っている。

--被災地の為に何が出来るかを考えるのは大切なんだけど、この状況下で自分の人生をどうするか考えることもすごく重要ということですよね。それが結果として周囲に影響を及ぼしていく訳で。

アンジェラ:そうそう。

--で、今ってアーティストがこれまでどんな姿勢でどんな音楽を発信してきていたのか。すごく意味を持つようになっていると感じていて。今になって慌てて、張りぼての希望や愛の歌を発信されたところで何の効果もないと思っているんですよ。ずっと自分なりの希望や愛を模索しながら懸命に表現してきた人の歌じゃないと。

アンジェラ:そうやって表現してきた結果として、聴いてくれる人と発信するアーティストとの絆がどこまで深くなっているか。っていうことだよね。私の歌を聴いてくれる人とか「好き」って言ってくれる人は自分とすごく距離が近いと思うんですよね。今はそういう絆みたいなものを再確認する機会なのかなとは感じています。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 頑張る人って実は頑張れない人よりすごく辛い
  3. Next >
頑張る人って実は頑張れない人よりすごく辛い

--だから自分はアンジェラの新曲をすごく待ち望んでいたんですけど『始まりのバラード』を聴いて驚きました。あまりに待ち望んでいた歌そのもので。今作を生み出すことになった理由、ストーリーを教えてください。

アンジェラ:デビューしてから一番葛藤した歌詞かもしれない。歌入れの瞬間まで歌詞を変えたりしていたので。そういうことって私はあんまりないのね。でも今回はすごくシンプルな曲にしたくて最後まで悩んだの。ドラマの内容があんなに緊張感のあるものだからこそ、とにかく分かり易くてすごく透明度のあるものにしたいなって。透明であればあるほど、そこに反射した自分が見えるじゃないですか。この曲は私の言葉を押し付けるんじゃなくて、自分の気持ちを投影してほしかったんだよね。だからすごく削ぎ落とした。

--なんでそういうモードになったんでしょうね? ドラマとのバランスだけじゃない気がする。

アンジェラ:さっきの壁の話とリンクするかもしれないんだけど、曲を大きくしていけばいくほど流れが淀むというか、止まるんですよ。ホースの水の流れをキュッと止めてしまっている感じがあって。それで「これは偽りっぽいかな。作り物っぽいかな」って思うところを排除すればスーッと通る。それを『始まりのバラード』は最初の段階から経験していて「これは何かの啓示なのかな。サインなのかな」と思いながら、何度も何度もつっかえて。とにかく透明感が欲しくなっちゃったんですよね。

--その結果“今の日本で生きている人”と強烈にリンクする曲になりましたよね。

アンジェラ:自分は今ここで壁にぶち当たって「どうして乗り越えられないの?」っていう想いがあったから、今回は“始まり”っていう言葉がすごく使いたかった。いつでもゼロに戻せるし、いつでもイチから作り直すことは出来るっていう意味を持たせたかったんです。

--それが結果的に今の日本の状況と重なったんですね。

アンジェラ:多分、このタイミングで制作している人の曲には同じようなことが起こっていると思う。なかなか切り離せない部分があるし。

--あと『始まりのバラード』の「世界一長い夜にも必ず朝は来る」「世界一長い冬にも必ず春は来る」というフレーズ。これらはアンジェラ・アキが掲げ続けてきたテーマのひとつでもあるとも思うんですが。

アンジェラ:そうですね。そこに必ず答えは待っていないかもしれないけど、とにかく夜の次には必ず朝が来る。物が見え出してからまたその答えについて考えればいいと思うし。一番最悪なところからは必ず脱出できるから、そこは歌いたくて。

--そのフレーズもそうですけど、この曲はきっとアンジェラの人生感が根付いてますよね。「簡単に倒れない人だと思われたくて」とか。

アンジェラ:頑張る人って実は頑張れない人よりすごく辛いんですよね。意志が真面目な人ほど、痛い恋愛をしたりするんですよ。これは33年生きていた中での統計上(笑)。だから不倫をしたり、悪循環のスパイラルに陥っていく事もある。頑張るとか、真面目であるって実はすごく辛いことなんだっていうのをこの『始まりのバラード』の詞では表したかったんですよね。意地みたいな。でもそれがあるから秩序を保てる部分もあるから、どっちが良いとは一概には言えないんですよ。頑張りすぎた方が良いときもあるし、投げやりな方が良い事もある。

--アンジェラはそこをコントロールできる人?

アンジェラ:出来ない(笑)。なので、すごく乱れます。気が付いたらどん底というか、ドロドロした真っ直中にいる。「いつの間にこうなったの!?」みたいな(笑)。それはもうすべてにおいてですよ。恋もそうだし、音楽もそうだし、善悪の判断もそうだし。でもそれは人間臭さっていうかね、一生のテーマだから。私が歌いたいのもそういうところだし。

--ちょっと33歳トークしていい?

アンジェラ:はい(笑)。

--自分は30代過ぎてから、なかなか凄い人生を歩んでいるなと思う出来事が多かったんですけど、最近は「凄い人生」というか「凄い時代」を歩んでいるのかもしれないなと思って。アンジェラはどう?

アンジェラ:大人になるってことは客観性を増していくっていうことだから、周りの状況の変化に対しては敏感になってくるよね。若いときは自分でいっぱいいっぱいだから、周りの動きをあんまり感じられないけど。例えば、家庭崩壊とか学級崩壊とか、ウチらが10代の頃からあることなんだけど、それが今は自分の出来事のように感じられるようになっているから「凄い時代」だなと思う。税金のことも20代の頃は気にしたことないけど、今は「もっと政治的に変えていかないと、誰も子供を産まないよ」とか言うようになる。その瞬間に「あ、歳取ったんやな」って思うんだけど(笑)。あのさ、悲しくなる瞬間ない? 若者の会話とかアクションに対して。

--すごくありますよ。いろんなことに対して「もっとガンガンやればいいのに」とかね。

アンジェラ:良い意味でも悪い意味でも体育会系じゃなくなってきたんだよね、もちろん体育会系が良いって事が言いたいんじゃなくて、たとえば年功序列とか無くなってきてしまっているじゃない?こういうムードにはすごく違和感を覚えるの。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「今、自分に何が出来るか」っていうことでしかない
  3. Next >
「今、自分に何が出来るか」っていうことでしかない

--ハングリー精神とか死語になりそうな勢いだもんね。

アンジェラ:そう。だから自分のアクションに対して責任を取らなくなってくるし、恥じらいとかも無くなってくる。それは本当に良くないと思うよね。

--で、僕らの年代って社会の真ん中あたりにいるじゃないですか。仕事関係においても、親族関係においても、上も下もいっぱいいてさ。僕らがどう生きていくかでいろいろ変わっちゃいそうじゃないですか。特に今って。そこの責任とかって感じたりしてます?

アンジェラ:2日ぐらい前の朝刊に書いてあったんだけど、30代の政治家が増えていて、若い人たちが権力を持つと年配者の天下りとかを排除していくから、怖がる人もいっぱいいる。でも30代がそれをしていかないと次の世代が苦しむことになるし、本当の意味での民主化が出来なくなってしまう。その記事を読んだときに、今の30代ってすごく大事なんだなと思って。で、私の場合はファンクラブに70代の人がいたり、小学生の子が手紙くれたり、自分のリスナーが正に上と下の両方にいるから、なおさら30代の責任って考えちゃうんだよね。ちゃんとしたリスペクトも持ちながら、導いていく気持ちも持ちつつ、自分の日常の行いが影響を与えるってことを理解しなきゃいけないなとは思う。

--多分、問題あると思うんですけど、自分はそこまで考えられないんですよね。アンジェラ・アキをはじめ、いろんな音楽に育ててもらっているから“自分をどう生きるか”“今をどう生きるか”ということに向き合うのはめちゃくちゃ得意なんですよ。でも“他人の人生をどうするか”とか“未来の為に何をすべきか”とか、考えるのは不得意で。それぞれが自分で判断して生きていくしかないじゃん!って思っちゃうんだけど、アンジェラはどう?

アンジェラ:すごくそう思う。それはさっき話していた、ミクロで考えるっていうことなんだよね。自分の魂は、心は自分のものでしかない。例えば、イエス・キリストが新約聖書を通して伝えようとした一番大事なメッセージって「隣人を愛すこと」なんですよ。隣人を愛すって、隣人に「こうしなさい」って言うことじゃなく、自分に問い掛けるってことじゃないですか。要するに自分に何が出来るかっていうことなのよ。そこから隣人を愛す人が増えれば増えるほど平和になっていく。そこなのよね、革命を始めるきっかけというものは。

--今って“どうすべきか?”って悩んじゃってる人がたくさんいると思うんですよね。あたりまえですけど、すごく迫られるじゃないですか、今って。ただ「隣人を愛す」とか「自分は自分で生きていくしかない」とか「わたしは今歌うよ」って思えていれば、そこで過剰に悩む必要ってないんですよね。

アンジェラ:だから私は「わたしは今歌うよ」って『始まりのバラード』で歌っているけど、それを「今聴きたくないよ」っていう人に聴くように強制は出来ない。でも聴いてくれた人が「わたしも歌うよ」っていう繋がりが生まれたら良いなと思う。

--そういうことですよね。

アンジェラ:今、本屋さんでジャケ買いした社会的繋がりの本を読んでいるんだけど(笑)自分ひとりがやることの影響はどこまで広がっていくのか。それが書いてあるのよ。例えば、自分がタバコを辞めれば、旦那もタバコを辞めて、その友達もタバコを辞めて、すごく末端まで広がっていく。また、自分が人を殺したとすると、その人の周りに憎しみが生まれて、悪の連鎖が始まっていってしまう。自分のアクションって実はすごく責任があるんだってことを伝えようとしている本なのね。それを読んでいても、結局は「今、自分に何が出来るか」っていうことでしかないと思うし、それで良いんだよね。

--だからアンジェラは「わたしは今歌うよ」を選択し続けると思うんですよ。それで何が解決するのか? 人生や社会や世界にとって正しいのか? 解らないけど、歌う。リアリストからすると馬鹿げてるかもしれないし、今なら不謹慎と言われるかもしれないけど、そうやって自分にとって強烈なひとつを選べるのは、強さですよね。

アンジェラ:強さと言えば強さだし、無責任と言えば無責任かも知れない。でもやるべきことはいっぱいあるけど、やれることはそこまで多くないんだよね。

--今日もたくさんの人に読んでほしい話をしてくれましたが、そんなアンジェラ・アキのニューシングル『始まりのバラード』。どんな風に世に響いていってほしいですか?

アンジェラ:あんまり私のことを知らないけど、ドラマを通して「良いな」って思ってくれる人がひとりでもいれば嬉しいなと思う。『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』が学生たちに知ってもらうキッカケになったように『始まりのバラード』も出逢いのキッカケになればいいなって。

--今作のリリース以降はどんな動きを考えたりしているんでしょうか?

アンジェラ:アルバムに向けて新曲を……、ガラスの壁を叩きながら(笑)。

--その壁の向こう側は見えているの?

アンジェラ:なんでガラスっていう言葉を使うかと言うと、実は向こう側が見えているから。でも行けないのよ。何があるか分からなくて進めないんじゃなくて、何があるのか見えているのに進めないもどかしさが今はある。だから今は女性の仕事における“ガラスの天井”って非常に歯がゆいんだろうなと思うし、なんで“ガラスの天井”って言うのかよく分かるし。“ガラスの靴”だと乙女な感じで響きは良いんですけどね(笑)。

--では、次回以降、ガラスの向こう側に見ていたものについて、詳しく話を聞かせてください。

アンジェラ・アキ「始まりのバラード」

始まりのバラード

2011/06/08 RELEASE
ESCL-3699 ¥ 1,028(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.始まりのバラード
  2. 02.I Have a Dream
  3. 03.CREEP

関連キーワード

TAG

関連商品

告白
アンジェラ・アキ「告白」

2012/07/11

[CD]

¥1,080(税込)

告白
アンジェラ・アキ「告白」

2012/07/11

[CD]

¥1,337(税込)

SONGBOOK
アンジェラ・アキ「SONGBOOK」

2012/01/11

[CD]

¥3,292(税込)

SONGBOOK
アンジェラ・アキ「SONGBOOK」

2012/01/11

[CD]

¥3,146(税込)

WHITE
アンジェラ・アキ「WHITE」

2011/09/28

[CD]

¥2,571(税込)

WHITE
アンジェラ・アキ「WHITE」

2011/09/28

[CD]

¥2,880(税込)

始まりのバラード
アンジェラ・アキ「始まりのバラード」

2011/06/08

[CD]

¥1,028(税込)

始まりのバラード
アンジェラ・アキ「始まりのバラード」

2011/06/08

[CD]

¥514(税込)

始まりのバラード
アンジェラ・アキ「始まりのバラード」

2011/06/08

[CD]

¥1,337(税込)

LIFE
アンジェラ・アキ「LIFE」

2010/09/08

[CD]

¥3,146(税込)

LIFE
アンジェラ・アキ「LIFE」

2010/09/08

[CD]

¥3,600(税込)

輝く人
アンジェラ・アキ「輝く人」

2010/04/14

[CD]

¥1,258(税込)

輝く人
アンジェラ・アキ「輝く人」

2010/04/14

[CD]

¥1,620(税込)

愛の季節
アンジェラ・アキ「愛の季節」

2009/09/16

[CD]

¥1,258(税込)

愛の季節
アンジェラ・アキ「愛の季節」

2009/09/16

[CD]

¥1,620(税込)

ANSWER
アンジェラ・アキ「ANSWER」

2009/02/25

[CD]

¥3,456(税込)

TODAY
アンジェラ・アキ「TODAY」

2007/09/19

[CD]

¥3,600(税込)

たしかに
アンジェラ・アキ「たしかに」

2007/07/11

[CD]

¥1,049(税込)

孤独のカケラ
アンジェラ・アキ「孤独のカケラ」

2007/05/23

[CD]

¥1,049(税込)

サクラ色
アンジェラ・アキ「サクラ色」

2007/03/07

[CD]

¥1,258(税込)

サクラ色
アンジェラ・アキ「サクラ色」

2007/03/07

[CD]

¥1,620(税込)

Home
アンジェラ・アキ「Home」

2006/06/14

[CD]

¥3,456(税込)

Home
アンジェラ・アキ「Home」

2006/06/14

[CD]

¥3,146(税込)

This Love
アンジェラ・アキ「This Love」

2006/05/31

[CD]

¥1,543(税込)

This Love
アンジェラ・アキ「This Love」

2006/05/31

[CD]

¥1,258(税込)

Kiss Me Good-Bye
アンジェラ・アキ「Kiss Me Good-Bye」

2006/03/15

[CD]

¥1,543(税込)

Kiss Me Good-Bye
アンジェラ・アキ「Kiss Me Good-Bye」

2006/03/15

[CD]

¥1,258(税込)

心の戦士
アンジェラ・アキ「心の戦士」

2006/01/18

[CD]

¥1,258(税込)

心の戦士
アンジェラ・アキ「心の戦士」

2006/01/18

[CD]

¥1,543(税込)

HOME
アンジェラ・アキ「HOME」

2005/09/14

[CD]

¥1,258(税込)

ONE
アンジェラ・アキ「ONE」

2005/06/20

[CD]

¥1,500(税込)

夢の終わり 愛の始まり
アンジェラ・アキ「夢の終わり 愛の始まり」

2013/07/03

[CD]

¥1,543(税込)

BLUE
アンジェラ・アキ「BLUE」

2012/07/18

[CD]

¥3,146(税込)

告白
アンジェラ・アキ「告白」

2012/07/11

[CD]

¥1,080(税込)

告白
アンジェラ・アキ「告白」

2012/07/11

[CD]

¥1,337(税込)

SONGBOOK
アンジェラ・アキ「SONGBOOK」

2012/01/11

[CD]

¥3,292(税込)

SONGBOOK
アンジェラ・アキ「SONGBOOK」

2012/01/11

[CD]

¥3,146(税込)

WHITE
アンジェラ・アキ「WHITE」

2011/09/28

[CD]

¥2,571(税込)

WHITE
アンジェラ・アキ「WHITE」

2011/09/28

[CD]

¥2,880(税込)

始まりのバラード
アンジェラ・アキ「始まりのバラード」

2011/06/08

[CD]

¥1,028(税込)

始まりのバラード
アンジェラ・アキ「始まりのバラード」

2011/06/08

[CD]

¥514(税込)

始まりのバラード
アンジェラ・アキ「始まりのバラード」

2011/06/08

[CD]

¥1,337(税込)

愛の季節
アンジェラ・アキ「愛の季節」

2009/09/16

[CD]

¥1,258(税込)

愛の季節
アンジェラ・アキ「愛の季節」

2009/09/16

[CD]

¥1,620(税込)

ANSWER
アンジェラ・アキ「ANSWER」

2009/02/25

[CD]

¥3,456(税込)

手紙~拝啓 十五の君へ~
アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君へ~」

2008/09/17

[CD]

¥1,620(税込)

手紙~拝啓 十五の君へ~
アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君へ~」

2008/09/17

[CD]

¥1,258(税込)

TODAY
アンジェラ・アキ「TODAY」

2007/09/19

[CD]

¥3,146(税込)

TODAY
アンジェラ・アキ「TODAY」

2007/09/19

[CD]

¥3,600(税込)

たしかに
アンジェラ・アキ「たしかに」

2007/07/11

[CD]

¥1,049(税込)

サクラ色
アンジェラ・アキ「サクラ色」

2007/03/07

[CD]

¥1,258(税込)

サクラ色
アンジェラ・アキ「サクラ色」

2007/03/07

[CD]

¥1,620(税込)

Home
アンジェラ・アキ「Home」

2006/06/14

[CD]

¥3,456(税込)

Home
アンジェラ・アキ「Home」

2006/06/14

[CD]

¥3,146(税込)

This Love
アンジェラ・アキ「This Love」

2006/05/31

[CD]

¥1,543(税込)

Kiss Me Good-Bye
アンジェラ・アキ「Kiss Me Good-Bye」

2006/03/15

[CD]

¥1,258(税込)

心の戦士
アンジェラ・アキ「心の戦士」

2006/01/18

[CD]

¥1,258(税込)

心の戦士
アンジェラ・アキ「心の戦士」

2006/01/18

[CD]

¥1,543(税込)

HOME
アンジェラ・アキ「HOME」

2005/09/14

[CD]

¥1,258(税込)

ONE
アンジェラ・アキ「ONE」

2005/06/20

[CD]

¥1,500(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】NEWS「トップガン」が184,664枚を売り上げ3冠で総合首位獲得

  2. 2

    BTS、チャーリーXCXとのコラボが米ビルボード・ワールド・チャートで初登場首位、自己記録を更新

  3. 3

    【先ヨミ】King & Princeの1stアルバムが売上40万枚目前 2位にサカナクション『834.194』が続く

  4. 4

    スピッツ、タワレコスタッフによる応援特設ページがオープン

  5. 5

    Billboard Japan Hot 100

HOT IMAGES

注目の画像