Billboard JAPAN


Special Contents

『レ・ミゼラブル』名曲の数々

レ・ミゼラブル」名曲の数々

 1862年文豪ヴィクトル・ユーゴーによって発表され、1985年にロンドンでミュージカルとして生まれ変わった「レ・ミゼラブル」。自分を偽りつつも、様々な苦難を乗り越え、正義と愛を貫き通すジャン・バルジャンや、愛の絆の強さが人々の胸を打ち、今なお40カ国以上で上演され続けている。そして、昨年末には映画として生まれ変わり、世界中を感動の渦に巻きこんだ。物語を支える名曲の数々を振り返る。

I DREAMED A DREAM (夢やぶれて)

 恋人に捨てられたことから、女手ひとつで一人娘コゼットを育てるフォンテーヌ。
工場で働きながら、コゼットの里親に仕送りをするというギリギリの生活を送っていたが、子供がいたことが同僚に発覚し、諍いを起こし工場をクビになってしまい、生活苦から娼婦になってしまう。そんな絶望的なフォンテーヌの想いが込められた歌。

I had a dream my life would be
So different from this hell I'm living
So different now from what it seemed
Now life has killed the dream I dreamed
夢見た人生
今地獄に落ちて
二度と私には夢はかえらない。

Stars (星よ)

 混沌としたパリの街中で、テナルディエ一家に襲われるバルジャンとコゼット。ジャベールによって騒ぎは収められるが、いつの間にか消えた父娘を不審に思う。そんな彼が夜空に向かってバルジャンの逮捕を誓う歌。ジャベールにとっての正義とは国家の作り上げた法律であり、罪人はいかなる時も裁かれなくてはいけない。確かに法とは国民を守るものだが、はたしてそれが全てなのか。正義とは、一体何なのか。

There, out in the darkness
A fugitive running
Fallen from god
Fallen from grace
God be my witness
I never shall yield
Till we come face to face
Till we come face to face
さあ、逃げてゆけ。
闇の中 
息ひそめ生きてゆけ。
あいつとは、いつの日か対決する。
対決する。

Do you hear the people sing(民衆の歌)

 レ・ミゼラブルの中でも最も有名な歌の1つ。フランス革命まっただ中のパリで、軍隊や政府に対抗すべく立ち上がる学生たちが自らを鼓舞するべく歌う力強い歌。美しくシンプルなメロディで、一度聴いたら心に残る名曲である。自らの信念を曲げることなく法や圧力に立ち向かう姿と、貧しいながらも自宅の家具などを使って精一杯応援する民衆とともに歌われる大合唱はスクリーン越しでも圧巻である。

Do you hear the people sing ?
Singing the song of angry men ?
It is the music of the people  
Who will not be slaves again !
When the beating of your heart 
Echoes the beating of the drums 
There is a life about to star
When tomorrow comes !  
戦う者の歌が聴こえるか
鼓動があのドラムと響き合えば
新たに熱い生命が始まる
明日が来たとき
そうさ明日が!

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ワン・デイ・モア / オン・マイ・オウン
  3. Next >
One Day More(ワン・デイ・モア)

 革命の前日、ジャン・バルジャン、コゼット、エポニーヌ、マリウス、アンジョルラス、ジャベール、テナルディエ夫妻と、それぞれ立場の違う登場人物が織物のように、思いを歌い継ぐ一曲。今日一日生き延びられた感謝と明日への希望を歌うバルジャン、お互いへ愛を誓うマリウスとコゼット、戦争に紛れて一儲けを企むテナルディエ夫妻、革命の勝利を誓うジャベールとアンジョルラス。それぞれの運命は、あとは神に祈るだけである。

VALJEAN
One day more!
Another day, another destiny.
This never-ending road to Calvary;
These men who seem to know my crime
Will surely come a second time.
One day more!
~ALL
Tomorrow we'll discover
What our God in Heaven has in store!
One more dawn
One more day
One day more!
〔バルジャン〕
今日も一日を生き延びた
終わることなき罪よ
男たちはまた俺を追いかける
明日は
〔民衆〕
明日にはわかる神の御心が
朝が
明日が 
来れば

オン・マイ・オウン

 愛するマリウスのために、コゼットへの手紙を届けるエポニーヌ。マリウスに、恋心を伝えたくても相手にされず、そんなマリウスはコゼットに一目ぼれをしてしまい、皮肉にもキューピッド役を頼まれてしまう。夜になる度に彼に想いを馳せ、彼への想いと共に街を歩き続けるけれど、その願いが叶う日は来ない。いつも私はひとりぼっち。切なく、やるせない恋心を見事に表現しており、ソロ曲としても人気の高い歌である。

I love him
But when the night is over
He is gone
The river's just a river
Without him
The world around me changes
The trees are bare and everywhere
The streets are full of strangers
愛してる 
でも夜明けにはいない
川もただの川
あの人のいない世界は
街も樹もどこも他人ばかりよ

There, out in the darkness
A fugitive running
Fallen from god
Fallen from grace
God be my witness
I never shall yield
Till we come face to face
Till we come face to face
さあ、逃げてゆけ。
闇の中 
息ひそめ生きてゆけ。
あいつとは、いつの日か対決する。
対決する。

Claude Michel Schonberg ヒュー・ジャックマン ラッセル・クロウ コルム・ウィルキンソン アン・ハサウェイ イザベル・アレン サシャ・バロン・コーエン ヘレン・ボナム・カーター「レ・ミゼラブル~サウンドトラック」

レ・ミゼラブル~サウンドトラック

2012/12/26 RELEASE
UICP-1146 ¥ 2,621(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.囚人の歌
  2. 02.司教
  3. 03.独白
  4. 04.一日の終わり
  5. 05.夢やぶれて
  6. 06.対決
  7. 07.幼いコゼット
  8. 08.宿屋の主の歌
  9. 09.サドゥンリー
  10. 10.星よ
  11. 11.ABCカフェ/赤と黒
  12. 12.プリュメ街-心は愛に溢れて
  13. 13.オン・マイ・オウン
  14. 14.ワン・デイ・モア
  15. 15.共に飲もう
  16. 16.彼を帰して
  17. 17.最後の戦い
  18. 18.自殺
  19. 19.カフェ・ソング
  20. 20.エピローグ (「民衆の歌」含む)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】嵐『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が7週ぶりセールス首位返り咲き、累計186万枚に

  2. 2

    ATEEZ(エィティーズ)来日記念特集インタビュー

  3. 3

    BTSのメンバー、釣りや美術館巡りなど休暇を楽しむ様子をツイート

  4. 4

    IZ*ONE、日本初ツアーが開幕「夢の道を歩かせてくださって本当にありがとう」

  5. 5

    9mm Parabellum Bullet、新曲「夏が続くから」をスペシャで先行オンエア決定

HOT IMAGES

注目の画像