Billboard JAPAN


Special

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー



はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー

「スイスで超ヒットしてる」みたいなことだって起きるかもしれない

 HALLCA(ex.Especia)×仮谷せいら×AmamiyaMaako=はるかりまあこ特集インタビュー敢行! 普段はソロアーティストとして活動する3人が巡り会うまでの音楽物語から始まり、未だかつてないユニットの在り方から生まれた奇跡のEP『TERMINAL』(思わず笑ってしまうぐらいポップで尖った楽曲群なので、ぜひ聴いてほしい)が完成するまで。そして、この先の夢やヴィジョンについても語ってもらった。

Especia解散からすぐに「ソロシンガーになろう」とは思えなくて

--普段はそれぞれソロアーティストとして活動されている訳ですが、はるかりまあこ結成に至るまではどんなストーリーを歩んでいたのか、まず聞かせてもらってもいいですか?

HALLCA:2012年から2017年までEspeciaというガールズグループで活動していたんですけど、解散してからすぐに「ソロシンガーになろう」とは思えなくて。なので、1年半ぐらいはMCの仕事をしたり、舞台に初挑戦したり。端から見たら迷走していた感があったかもしれないんですけど、今思えば、いろいろ自分の気持ちを確かめる期間だったんですよね。そうした日々を過ごしていく中で、元々Especiaの「海辺のサティ」「くるかな」などの曲を作ってくれていたPellyColoさんとご飯に行く機会があって「ストックの曲があるから、それに歌詞を付けてみない?」と提案してもらって生まれたのが「Milky Way」(2018年リリース『Aperitif e.p』収録曲)というソロ曲なんですけど、その曲を歌いたくてソロデビューすることにしたんです。

--Especia解散後すぐに「ソロシンガーになろう」と思えなかった要因は何だったんですか?

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲HALLCA

HALLCA:本当はやりたかったんです。まわりの関係者からも「賞味期限切れるよ?」とか「元Especiaとしてのネームバリューも早く活動しなきゃなくなるよ?」とか焦らされたりしたんですけど、でも当時の私には自信と勇気がなかった。それで実際に何者でもなくなって「私には全く価値がないんだな」とどん底まで落ちたんですけど、そこで初めて「新しい自分で歌っていこう」と思うことができたんですよね。それからもしばらくは人気的な面とかで現実を突きつけられたりしてツラかったんですけど、初のソロワンマンライブをやって、1stアルバム『VILLA』をリリースしてから新しい自分の形を少しずつみんなに理解してもらえるようになって、ソロから新しくファンになってくれる人たちも増えたりして、また音楽活動がすごく楽しくなっていって。

--ソロシンガーとしての人生も楽しめるようになっていったと。それはEspeciaの延長戦じゃなく、結果的にHALLCAとしてのストーリーをまたゼロからスタートできた功績かもしれないですね。

HALLCA:本当に「結果的に」って感じがします。私、今でも「Especiaという単語を言わないでおこう」とか全く思っていなくて、ライブやYouTube LiveでもバリバリEspeciaの曲は歌うし、MCでもEspeciaに触れたりするんですけど、不思議と「まだEspeciaを引きずってるのか」的な見られ方はしてないと思うんです。実際、引きずってないですし、だからこそ歌えているんだと思うし。そんな中で1年ぐらい前から「ソロ活動の土台が作れたな」と思っていたので、音楽性や活動の幅を広げる為に「コラボしたいな」と。その第一弾が今はるかりまあこで一緒に活動しているMaakoちゃんだったんです。一緒に『Floating Trip』というシングルを作ってリリースしたんですけど、そこからコラボのオファーがすごく増えて、5,6組ぐらいの方々とフィーチャリングなどでご一緒させて頂いて、その流れの中で自然発生的に生まれたのが今回のはるかりまあこ。

--今、名前の挙がったMaakoさんのストーリーも伺わせて下さい。

AmamiyaMaako:元々は細々とタレントっぽい活動をしていたんですけど、所属事務所が変わったりするタイミングで「音楽1本に絞ろう」と決めたのが6年前ぐらい。「自分に何か武器はあるかな」と探したときに、元々部活とかでバンドをやっていたので、その経験を活かせたらいいなと思ってDTMを始めて、そこから作品づくりをしていって、2017年に1stアルバム『Baby scratch』をリリースしたんです。それが音楽の道におけるデビュー作ですね。

--では、はるかりまあこにも通ずる(AmamiyaMaakoは、はるかりまあこのトラックメイカーも務めている)今の音楽性が出来上がったのは比較的最近なんですね。

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲左から:仮谷せいら/AmamiyaMaako

AmamiyaMaako:そうですね。自分らしい音楽を見つけてからは4年ぐらい。フューチャーベースとかダンスミュージックをよく聴くようにしているので、その影響はあると思うんですけど、私はいろんなジャンルの「ここが好きだな」という部分を見つけるのが好きでして、例えば「モータウンのベースがすごく好きだな」と思ったらYouTubeでモータウンの動画をめっちゃ観て取り入れたり。ジャズヒップホップなど好きなジャンルのエッセンスを掻い摘んで自分なりに創作しています。

--ライブパフォーマンスも歌とサンプラーで行われていますけど、あのスタイルで勝負しようと思ったのは何故だったんですか?

AmamiyaMaako:中学生の頃にドラムをやっていて、それもあってフィンガードラムもできるサンプラーに興味を持ちました。サンプラーってピカピカ光って可愛いし、それをライブで使っている人もあんまり見たことがなかったんで「試しに買ってみよう」と思ったんです。ちょうどお正月で特売セールだったこともあって(笑)。それが結果的に運命の出逢いとなって、私の今の音楽スタイルが決まったんです。

--で、そのスタイルでライブをしていたら2人と出逢ったわけですね。

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲HALLCA

AmamiyaMaako:HALLCAちゃんとは代官山LOOPで対バンをセッティングして頂いたときに知り合って、同時期に名古屋のオーガナイザーの方にもHALLCAちゃんを紹介して頂いていて、その流れで「ライブで曲をコラボしなよ」と提案してもらって一緒に歌ったことがきっかけで仲良くなったんです。で、せいらちゃんも同じライブハウスの方が繋いで下さって対バンして、だから以前から顔見知りではあったんですけど、その時点では何かを深く話し合うような仲にはなっていなくて。でも、2019年末の私のミニアルバム『WEAR』のツアーが名古屋と大阪であって、そのときに「よかったらハルちゃんとせいらちゃん出てくれませんか?」とお声掛けしてから急にガッツリ仲良くなって、それで今に至る感じですね。

NEXT PAGE
  1. コロナ禍での「会いたいな」から生まれた「#はるかりまあこ」
  2. Next >

コロナ禍での「会いたいな」から生まれた「#はるかりまあこ」

--せいらさんはどういったストーリーを歩んで来られたんでしょうか?

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲仮谷せいら

仮谷せいら:私は小学校1年生からダンスと歌とモデルとお芝居、いわゆる芸能的なことをやっていたんですけど、そのきっかけはお母さんが「ウチは母子家庭だから何かやらせておけばまっすぐ育つんじゃないか」と。そういう考えがあってアクターズスクールに通わせてもらっていたんです。今思うと、ウチは貧乏だったからどこかへ遊びに行ったり、欲しいものを買ってもらえる自由があんまりなくて、当時は妹も幼くて私が面倒を見たりもしていたから、唯一自由に過ごせる場として用意してくれたのかなと思うんですけど、実際に私は自分の体や喉を自由に使って表現することが好きになっていって、どんどん芸能の道へ進んでいくことになったんです。で、しばらくお世話になっていた方に「ダンスか歌か芝居かどれかひとつを選びなさい」と言われて、ダンスでご飯を食べていくのは難しいだろうし、女優さんとしての道を極める自信もなかったので、歌の道を進もうと。そこで「家にピアノがあるなら曲を作ってみれば?」と提案されたことが大きな分岐点ですね。

--ソロアーティストとしての道を歩み始めたわけですね。

仮谷せいら:あと、偶然出逢ったtofubeatsさんの楽曲「水星 feat. オノマトペ大臣」のPVに出演させて頂いたことも大きかったです。そのPV、本当は別の子が出演する予定だったんですけど、その方が出演出来なくなってしまって、私は代打で起用してもらったんですよ(笑)。でも、そのおかげでたくさんの方に知っていただけて、すごく評価もされて。

--いわゆるブレイクポイントですね。

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲左から:仮谷せいら/HALLCA

仮谷せいら:そう思ったんですけど、それから1年ぐらいはオーディションにも引っかからず、どこからも声が掛からず、勢いに乗れなかったんです(笑)。そこで1回挫折して、もう細々と自分が好きなことをやっていこうと思っていたんですけど、親から「音楽をやらなくてもいいから、上京して一人暮らしをしなさい」と言われて。私はずっと実家で親のスネをかじっていたいから「冒険したくない、イヤだ」って反発したんです。でも「4月から消費税が8%に上がって、今のうちに家電とか買っておかないともったいないから!」って無理やり東京で物件探さなきゃいけない状況にされて。そのタイミングでたまたま今のマネージャーさんに面談する場を設けてもらって、物件を探していたその足で事務所に行ったら「あなたの声が好きです。一緒に作品がつくりたい」と言われたんですよね。そんな風に言ってくれる人なんて今までいなかったので「もうちょっと音楽を頑張ってみようかな」と思って今の事務所に入って、それからリリースやライブを重ねているうちに2人と出逢ったんです。

--それぞれ出逢ったときの印象についてもお話を伺いたいのですが、まずHALLCAさんからお願いできますか。

HALLCA:せいちゃんは2013年にEspeciaで共演していて、しかもせいちゃんの当時のアー写の衣装がNIKEで、私の衣装もNIKEだったんですよ! だから「NIKEの子がいる」と思って(笑)。それで話してみたら溌剌としていてずっとニコニコ笑顔だし、初対面から「めっちゃ良い子」という印象で。あと、体幹がすごくタイプだったんです。

仮谷せいら:体幹がタイプ(笑)。

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲AmamiyaMaako

HALLCA:ダンスしてるからめっちゃ軽やかなんですよ! で、2年前に久しぶりにせいちゃんと対バンしたんですけど、改めて「良い子やな」と思ったし、ライブを観ていてもすごく元気もらえるし、自然と笑顔になっちゃう。で、Maakoちゃんはライブでコラボすることになって会ったんですけど、見た目もめっちゃ可愛いし、なんて言うんやろ……リスみたい。

AmamiyaMaako:(笑)

HALLCA:小動物みたいな印象だったんですけど、曲はぜんぶ自分で作っているし、凄いなと思っていて。で、最近仲良くなっていろんな話を聞いていると、興味持っていることがめちゃくちゃ面白いんですよね。最近、ツイッターってフォローしている人が「いいね」したツイートも流れてくるじゃないですか。Maakoちゃんの「いいね」はかまいたちとネコのツイートが多いんですけど(笑)、Maakoちゃんの「いいね」集をリストにして読みたいぐらい面白くて。

--Maakoさんは2人にどんな印象を?

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲左から:HALLCA/AmamiyaMaako

AmamiyaMaako:HALLCAちゃんは実際に会う前から「絶対に柔らかそうな子なんだろうな」と思っていたんですけど、本当にその通りで。コラボして聴いた声も柔らかい印象だったし、立ち振る舞いからしてアイドル性が凄いというか、すごく素敵な子だなと思いました。その印象は今も変わらないですね。せいらちゃんは360度良い子過ぎて「こんな人がいるんだ?」って驚くぐらい。お客さんへの対応を見ていても完璧すぎて! 気配りも凄いし、まわりがなかなか気付かないことを率先してやったり、手を差し伸べたりすることができる子。

--せいらさんから見た2人はそんな印象ですか?

仮谷せいら:私はいつも年上のスタッフさんについていく末っ子みたいな感じなんで、あんまり自分から現場で誰かに話しかけることがなかったんですけど、はるちゃんと初めて一緒にライブをしたときは「同じ歳のすごく元気な女の子がやってきた!」みたいな衝撃を受けて。はるちゃんから内気な私のもとへ飛び込んできてくれたから「救世主」みたいな感じがしたんですよね。で、仲良くなってからの印象は、喜怒哀楽が激しい(笑)。よく泣いたり笑ったり怒ったり楽しんだりしていて、私とMaakoちゃんのライブ観ているときも泣いてるんですよ! 本当に素直な子だなと思います。

--では、Maakoさんは?

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲左から:AmamiyaMaako/仮谷せいら

仮谷せいら:Maakoちゃんの第一印象はオシャレ! 新しいモノをたくさん持っている人。あと「絶対にお高い人だからこんな関西人が声をかけちゃダメだ」と思っていました(笑)。神聖な感じ。今はもうすごく仲良くなって関西弁でも喋れるけど、出会ってから1,2年ぐらいは「Maakoさん」って呼んでいました。

AmamiyaMaako:私も人見知りするタイプだから「え、タメ語でいいよ」とか言えなかったんです(笑)。

仮谷せいら:でも仲良くなってみたら「え、今の面白かった?」みたいなことでもキャーキャー騒いでて(笑)、いちばん高い声で笑うタイプだったから驚きました。「めちゃくちゃ人懐っこいやん!」みたいな。

--そんな3人によって結成されたはるかりまあこですが、このユニットは「はるかりまあこ」とせいらさんが3人の名前をくっつけてツイートしたことがきっかけで結成されたんですよね?

仮谷せいら:Maakoちゃんの2019年のツアーがきっかけで結構仲良くなって、それとは別に2020年の3月に3人でスリーマンライブをする予定だったんですけど、コロナ禍で流れちゃって。また3人で会えると思っていた機会がパッと無くなってしまって、誰もがライブもできずにステイホームすることになるんですけど、その時期にこの2人のツイートがよく目に留まって「あ、今日も元気にしているな。2人に会いたいな」みたいな気持ちになっていたんです。それで、なんとなく「#はるかりまあこ」ってツイートしたんですよね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 夢はフェスや『ミュージックステーション』出演、海外ツアー
  3. Next >

夢はフェスや『ミュージックステーション』出演、海外ツアー

--そこからどんな流れでユニット化することになったんですか?

HALLCA:最初は私たち3人だけで勝手に曲を作ったりしていて。

AmamiyaMaako:2020年3月のスリーマンライブは流れちゃったんですけど、8月に下北沢LOOPさんがこの3人のイベントを企画してくれて、それで「どうせなら1曲作ろうよ」みたいな感じで、今回のEP『TERMINAL』にも収録されている「Glitter」を3人で作ったんです。それをライブで披露したら大好評で、スタッフさんたちも「良いじゃん!」みたいな感じだったから、ノリで「ちょっとリリースとかできませんかね?」って言ったりはしていたんですけど。

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲左から:仮谷せいら/AmamiyaMaako/HALLCA

HALLCA:その時点では、まさかCDリリースできるとは思っていなかったんですけど、それぞれのマネージャーさんのあいだでも「作りましょうよ」みたいなムードになったんです。それで「Glitter」以外の曲も作っていくことになって。

仮谷せいら:11月にも3人でのライブがあって、そこで今回のEPの表題曲でもある1曲目の「TERMINAL」を披露して。

AmamiyaMaako:もうその時点では、その「TERMINAL」から始まるEPを作ることは決まっていたので、あの曲は何かが始まっていくイメージで作りました。

--そのEP『TERMINAL』はもちろん、はるかりまあこというユニット自体も偶然の産物として生まれた訳ですけど、通常時はリリースもライブもソロで行っていて、こういったインタビューもひとりで受けている、そんな3人が今集まって活動していること自体はどんな気分だったりするんですか?

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲EP『TERMINAL』

AmamiyaMaako:この3人のバランスがすごく良いなって感じています。自分が出来ないことを埋めてもらえる関係性になっていて、ひとりでは成し得ないことが形にできたり、ひとりでは絶対に作れない曲が生まれたりもする。その経験によってすごく成長させてもらっているなとも思いますね。

仮谷せいら:あと、私たちは気楽に「やりたい!」と言っていたんですけど、よくよく考えたら3人とも同じ事務所でもレーベルでもないし、そんなバラバラなアーティスト同士でCDを出すことになったら「流通はどうするんだ?」とか現実的な問題っていろいろある訳じゃないですか。それをマネージャーさんたちが動いて下さって形にしてくれたこと自体も凄いことだなって。

--期間限定とは言え、3社間の壁を超えてユニットが結成されてCDまでリリースするって簡単なことじゃないですからね。

仮谷せいら:しかも粋なこともして下さっていて、今回のEP『TERMINAL』はCD番号が「HKMP-0001」になっているんですよ。CDにクレジットされているからご覧になってほしいんですけど、これって「はるかりまあこプロジェクト」の略称なんですよね。このユニットをちゃんとプロジェクトとして捉えて、その上でモノを作りたいんだっていう皆さんの意思を感じるじゃないですか。みんなで「はるかりまあこで面白いことをしたい」と思ってくれている。ここ最近でいちばん嬉しかったことかもしれないです。

--HALLCAさんは元々グループで活動していましたが、はるかりまあこの活動にはどんな感慨を持たれていますか?

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲左から:HALLCA/仮谷せいら

HALLCA:私だけグループ出身なので、今の環境はすごく不思議というか、実はまだ慣れていない部分もあったりするんですけど、Especiaとのいちばんの違いはお家が一緒じゃないこと。Especiaはメンバーそれぞれに仕事をしていたとしても戻る場所は同じ。家族みたいな感じだったんですよね。でも、はるかりまあこは一緒に仕事していても終わったら別々のホームへ戻っていく。それがちょっと寂しいなって。

--付き合いたてのカップルみたいな感覚でもあるんですかね(笑)。

仮谷せいら:私も最近は3人で活動することが多いから、急にこの2人と会えない日があると寂しくなったりします。

--それだけこの3人の活動が好きになっているってことですよね。

HALLCA:そうかもしれないですね。あと、ソロの3人が集まって活動する例って他にないと思うから、本当にこの貴重な機会に感謝しています。それぞれのマネージャーさんもすごく仲良しだし、みんなで「はるかりまあこチーム」みたいな感じで1stEPも作り上げて下さったので、その環境に感謝しながら純粋にはるかりまあこを楽しみたいなとも思ってますね。

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー
▲左から:AmamiyaMaako/HALLCA

AmamiyaMaako:それは私も思います。今回のEPは3人で歌うからそれぞれのパートに分けながら作っていったんですよ。そうすると「はるちゃんはこのメロディー歌わないだろうから変えよう」とか「これだと単調すぎるから、せいらちゃんのパートは少し変えよう」みたいな作り方になるんですけど、これってソロではやってこなかったことなんですよ。だからすごく良い刺激になっていて、これからもっと人をビックリさせるような曲も作っていけるんじゃないかなって。そういう意味でもこの機会にはすごく感謝しています。

--今回、1stEP『TERMINAL』という素晴らしい作品が完成したことで、はるかりまあこの活動はひとつ結実したとは思うんですけど、この3人がまたいつか再集結するとして、そこで実現したい夢やヴィジョンみたいなモノがありましたら最後に聞かせてもらえますか?

AmamiyaMaako:フェスに出て「なんだあいつら? はるかりまあこ?」って言われたいです(笑)。サマソニとか出たいです!

仮谷せいら:私は『ミュージックステーション』に出たいです! 今、Mステってスポットライトという「まだ世間に知られていないアーティストを教えて下さい」みたいなコーナーがあるんですけど、自分ではるかりまあこを推したい(笑)。夢がデカ過ぎるって笑われるかもしれないけど、いつかそういう大きなメディアに「はるかりまあこ」という謎のユニットが出るのは面白いなって。

HALLCA:私は全国ツアーもしたいし、海外にも行きたい! 今ってサブスクで世界中の音楽が聴けて、想定外の国で日本人アーティストの曲がたくさん再生されたりすることもある時代だから「スイスで『TERMINAL』が超ヒットしてる」みたいなことだって起きるかもしれないじゃないですか。なので、このEPを引っ提げて海外も視野に入れたいろんな場所でライブをするのが今の夢ですね。

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー

Interviewer:平賀哲雄|Photo:はるかりまあこ

はるかりまあこ「TERMINAL」Music Video | HALLCA&仮谷せいら&AmamiyaMaako
オフショット

はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー はるかりまあこ:HALLCA×仮谷せいら×AmamiyaMaako『TERMINAL』インタビュー

関連商品

VILLA
HALLCA「VILLA」

2019/09/25

[CD]

¥3,056(税込)

WEAR
AmamiyaMaako「WEAR」

2019/09/25

[CD]

¥2,200(税込)

Cover Girl
仮谷せいら「Cover Girl」

2019/06/12

[CD]

¥1,650(税込)

Aperitif e.p
HALLCA「Aperitif e.p」

2018/07/25

[CD]

¥1,019(税込)

Colorful World
仮谷せいら「Colorful World」

2016/06/15

[CD]

¥1,650(税込)

Colorful World
仮谷せいら「Colorful World」

2016/06/15

[CD]

¥1,650(税込)

VILLA
HALLCA「VILLA」

2019/09/25

[CD]

¥3,056(税込)

WEAR
AmamiyaMaako「WEAR」

2019/09/25

[CD]

¥2,200(税込)

Cover Girl
仮谷せいら「Cover Girl」

2019/06/12

[CD]

¥1,650(税込)

Aperitif e.p
HALLCA「Aperitif e.p」

2018/07/25

[CD]

¥1,019(税込)

Colorful World
仮谷せいら「Colorful World」

2016/06/15

[CD]

¥1,650(税込)

Colorful World
仮谷せいら「Colorful World」

2016/06/15

[CD]

¥1,650(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】江口拓也『EGUISM』14,067枚を売り上げアルバム首位走行中 BTSが後を追う

  2. 2

    藤井風、Honda新CMに新曲「きらり」書き下ろし「最高に気持ちのいい曲が誕生してしもうた!」

  3. 3

    BTSのV、ソロ曲の一部をシェア

  4. 4

    LDHの新ガールズユニット・iScream、デビュー作『Maybe...YES EP』の詳細発表

  5. 5

    平井堅、タワレコ「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターに初登場

HOT IMAGES

注目の画像