Billboard JAPAN


Special Contents

TOKU&ジョヴァンニ・ミラバッシ対談~国際色豊かな作品がいま伝える愛の重要性~



TOKUインタビュー

 日本を代表するフリューゲルホーン奏者でヴォーカリストのTOKUが3年ぶりとなるオリジナル・アルバム『TOKU in Paris』を発表した。この作品は、タイトルからも分かる通り、TOKUが実際にフランス・パリで制作し、レコーディングしたものだ。共同プロデューサーに、仏ジャズ・ピアニストのジョヴァンニ・ミラバッシを迎え、親交の深い二人だからこそ生み出せるハーモニーが誕生し、それを世界各国で活躍するプレイヤーとともに奏でる。

 フランスでは国内発売に先駆けて、本作がリリースされたが、今年2月に行われたそのヨーロッパ・ツアー中にTOKUとジョヴァンニ・ミラバッシにアルバム制作の裏側について話を聞いた。

――7月1日~7月7日にレコーディングとミックスがされ、7月8日にはマスタリングと、かなり短期間で完成された作品ですね。レコーディング前にできる準備を全て済ませてからレコーディングされたのでしょうか? それとも、話し合いながらレコーディングするくらい、ある程度の余裕はありましたか?

ジョヴァンニ・ミラバッシ(以下:ジョヴァンニ):両方だね。芸術的側面をいくつか事前に準備したし、スタジオで作ったものもあった。ヒットした「Love Is Calling You」なんかは、レコーディングを始めた時は完成していなかった。TOKUがアイデアをいくつか出して、それをスタジオで形にした。プロダクションに関しては、きちんとできるように準備万端で挑んだよ、そこはかなり整理できてなければならなかったからね。ジャズの素晴らしいところは即興で音楽を作れることだ。

TOKU:「Love Is Calling You」は実は意図的に完成させてなかったんです。いくつかアイデアを思いついていたけれど、誰とレコーディングするのか事前に知らされていたこともあり、みんながいい仕事をしてくれるって分かっていたので、スタジオでまとめたかったんですよ。ドラムはキューバ出身のルクミル・ペレスで、彼にはアフリカン・ビートを演奏してもらいたいと以前から考えていました。そしてトーマス・ブラメリーのベース・ラインに関しては、スタジオでアレンジについて話し合ったらあのような感じになりました。メロディーとリズムはすでに頭の中にあったけれど、バンドと一緒にアレンジをして、煮詰めて完成させたかったんですね。

ジョヴァンニ:自分のソロ・アルバムの時もよくそうやっているよ。適任のミュージシャンたちとスタジオで仕事をする利点は、説明しなくても分かってくれるところだ。かなりの頻度で優れたアイデアを出してくれる。自分の楽器を本当によく理解しているし! 例えばドラムの場合、キューバ人にボレロを演奏してくれと頼むと、予想以上の、想像を遥かに超えたボレロを演奏してくれるんだ! それは刺激になるね。

TOKU:曲を作る際、メロディーを思いついていても、わざとギリギリまで曲を完成させないことがあります。我慢できない性格なんでしょうね。昨年、自宅のキーボードが壊れて新品が届くのを待っていたのですが、届いた日に頭の中にあったものを弾いたら、その曲がこのアルバムのために最初に書いた曲「Nuageux」になりました。
 ボレロと言えば、僕はあの曲を誰とレコーディングしたいのか自分で分かっていました。頭の中で、「ルクミルならこうやって演奏するだろうな、トーマスはああやって演奏するだろうな」って。一緒にレコーディングするミュージシャンからは大きな刺激を受けます。彼らのことを考えると、曲が聞こえてくるんですよ。曲が形を成してきて、リズムやメロディーが聞こえてきて、全てが一体となるわけです。


――今回、なぜパリで制作しようと思ったのでしょうか? また、なぜパリなのでしょうか?

TOKU:パリに初めて行ったのは2007年。ここでダニエル・ミン・タン(Daniel Min-Tung)という人物について話しておかなければいけません。彼はもう天国に行ってしまったけれど、ジョヴァンニと僕を紹介してくれた人なんです。彼はビジネスマンだったけれど、ジャズを愛していました。仕事で来日するたびに、用事を終えるとジャズ・クラブに行って日本のアーティストを聴いて、彼らのCDを購入してフランスに持ち帰っていましたね。ジャズの大ファンだったわけです。
 元ジャズ・プロデューサーでダニエルの友人のイヴ・シェンバーランド(Yves Chamberland)と、ドラマーのヒデヒコ・カンが僕をパリに呼んでくれました。僕は3週間ほど滞在して、毎晩ジャズ・クラブ、バー、レストランなど色々な場所で違うミュージシャンと演奏しました。ロンドンとブリュッセルにも行って、チェット・ベイカーと演奏していた偉大なギタリスト、フィリップ・カテリーンとも演奏しました。熟達したミュージシャンはもちろん、若いミュージシャンにも出会ったし、とにかくいい気分でしたね。ルーヴル美術館にもその時初めて行ったし、街そのものに目を見張りましたね。
 それからパリとはしばらく疎遠になっていましたが、ジョヴァンニはしょっちゅう来日していて、そのたびに僕らは会うようにしているのですが、そんな中、ジョヴァンニがプロデュースする素晴らしいヴォーカリストでもありコンポーザーでもあるサラ・ランクマンと演奏してほしいとのことで、彼が10年ぶりに僕をパリに呼んでくれました。彼がサラに僕の音楽を紹介したら彼女が気に入ってくれて、あっという間に実現したんです。それが2017年4月で、翌月にはタイでサラのアルバムのレコーディングをしていました。
 レコーディング・セッションのあとは夜にみんなで遊んで、短期間ながらバンドと親しく過ごせた時間でした。そしてサラのアルバムが発売されると、僕はパリでサラとジョヴァンニと演奏するためにまたパリを訪れるようになりました。彼らを介して、トーマス、ルクミル、アンドレ(・チェカレリ)、ローラン(・ヴァーネリー)といった他のミュージシャンにも出会えました。サックスのピエリック(・ペドロン)とは、ダニエルを介してずっと前にニューヨークで出会っていました。初めて会ってから10年くらいが経ったある日、僕たちはたまたま同じ日本のフェスティバルに出演していて、ホテルのロビーですれ違ったんです。互いに、「こいつ知ってるぞ!」ってなって、そこから再び連絡を取り始めて。こういった全ての出会いがつながり始めたことが、このプロジェクトに導いてくれたんだと思います。


――「TOKU」色を加えるのが大変だったとライナーノーツに記載されていますが、その「TOKU」色を言葉にすると、どんな音色、サウンド、雰囲気でしょうか? また、ジョヴァンニさんが考える「TOKU」色とは、どんなものだと思いますか?

ジョヴァンニ:それはかなり難しい質問だね。僕たちがやっていることにはたくさんの色がある。

TOKU:僕が一番好きな色は紫ですね。でも言わない方がよかったかな、ジョヴァンニ、君が僕のことを紫として見るようになるでしょう(笑)?

ジョヴァンニ:日本のアーティストはスタイルを織り交ぜるよね。そこに引き付けられる。僕たち(ヨーロッパのアーティスト)はあまりそれをしない。
 このレコードには、“アーティスト=サウンド”という共通の色があり、さらに多種多様なスタイルもある。複雑なことをしたから、一つの色を選ぶのは難しいよ。虹のようだ。

TOKU:僕の場合は色々な種類の音楽を聴きながら育ったからだと思います。ジャズが最後に演奏し始めたジャンルだし。ドラム、ギター、ベースを弾いたし、フォーク・ロック、ポップ・ミュージック、ブラスなども演奏してきましたから。

ジョヴァンニ:それからマイルス・デイヴィスが近くを通り過ぎて、君の人生を奪ってしまったんだね(笑)!

TOKU:4年生の時に父がマイルス・デイヴィスのコンサートに連れて行ってくれたんです。色々な種類の音楽を聴きながら育ったからジャンルの壁はなくて、自分の中では全部一緒です。何をしても自分のやり方でやる。それが自分のスタイルってことかな。
 このアルバムでは、リズムとかジャンルに関して多種多様なことをしようとしたのが自分にとって新しかったです。ワルツ、ボレロ、ソフト・ファンク、アフリカン・ビート、ストレイト・アヘッド、ビーバップ、ハード・バップ……全てがここにある。それをTOKU色という一色で彩ったということですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. “愛”が全て、音楽では特に
  3. Next >

“愛”が全て、音楽では特に

――互いの演奏について好きな部分を教えていただけますか?

TOKU:ジョヴァンニはピアノのタッチが美しくて、感受性が素晴らしい。いつも驚嘆させられます。

ジョヴァンニ:TOKUは声が最高で、トランペットの演奏の仕方も素晴らしい。僕がジャズを演奏し始めたのはチェット・ベイカーとだったんだけれど、率直に言うと彼を思い出させるよ。サウンドに聞き覚えがあるんだ、1オクターブ低いチェット・ベイカーだ(笑)。

TOKU:僕がジャズ・スタンダードを歌い始めたのはチェット・ベイカーが理由ですよ。

ジョヴァンニ:彼らの音の間には関連性がある。歌い方がとても似ているし、トランペットの吹き方がとてもまっすぐで安定していて、正確なんだ。あと、人として大好きだよ、いい男でいい人だ。東京の夜の王だしね!

TOKU:ハハハ(笑)。僕は多くのミュージシャンと一緒に過ごして、たくさんのジャム・セッションに行ったりしてきましたから。ジャム・セッションではそのミュージシャンがどう演奏するのかとか、どういう人なのかということが分かるからすごく面白いんです。僕は常にそれぞれのミュージシャンについて知りたいと思っているし、囲まれているのが大好きなんです。

ジョヴァンニ:COTTON CLUBで早い時間にセットを演ってから、その夜の終わり頃にElectrik神社で演る、みたいなことを何度かしたよね。

TOKU:ジョヴァンニがエレクトリック・ピアノを弾いているのを聴くというレアな体験もあります。でもそういったことからインスピレーションを受けるかもしれないし、将来のためのアイデアが浮かんだりするから、そういう時間が僕にとってすごく大事です。


――本作は、実らない恋と分かっていながら、女性/男性に思いを寄せている人物のストーリーを描いているかと思いますが、そういう作品にしようと思った理由はなぜでしょうか? パリ=恋の街だからでしょうか?

TOKU:パリだろうとどこだろうと、“愛”が全てだと思っています。理由はただそれだけで、音楽では特にそうで、他のミュージシャンと演奏している時はステージで愛と敬意をやりとりしています。人生は短すぎるし、結局のところはバンドに、「ありがとう! 一緒に演奏できて楽しかったよ!」とだけ言いたかったりするんですよ。

ジョヴァンニ:音楽は愛だ。アーティストがアートを作る理由は愛だ。自分のために演奏するなんて意味がない。全ては分かち合うためにすることだ。
 もちろんロマンティックな愛だってあるし、曲のいいインスピレーションになる。インスパイアされるには生きなければならない。そして僕たちはそうしてきたと思う! 今後何年も持つほどのインスピレーションを受けてきたと言える年齢に僕たちは差し掛かっている。でも際限なんてないんだ。
 世界は今めちゃくちゃだから、お互いに愛し合う必要があるってことを再認識しなければならない。それだけのことだ。オーディエンスをもう愛せないのだとしたら、演奏する意味なんてない。

――ジャジーな「Strollin’ In Paris」はお二人のワザが光る一曲になっていますが、この曲の構想をお聞かせください。

TOKU:ジョン・ルイスの「アフタヌーン・イン・パリ」みたいな曲を書きたかったんです。僕のデビュー・アルバムを作った1999年にニューヨークであの曲をレコーディングしたんだけれど、メロディーとリズムがとても美しくて、ずっと好きだったんです。あとはホレス・シルヴァーの「Strolling」という曲を演奏するのも大好きで、(「Strollin’ In Paris」は)そういったジャズ・レジェンドへのトリビュートみたいなものなんです。メロディーは、多分家で新しいキーボードで遊んでいた時に浮かんだのだと思います。インスピレーションは、これを一緒にレコーディングしたミュージシャンたちからもらいました。
 別のホーン奏者と一緒に演奏するのは僕にとってレアなことで、自分の他のアルバムとの違いが生まれましたね。基本的な発想としては二つのホーン楽器による曲で、レコーディングの1か月前くらいに思いついていたのですが、結果としてすごくいいものになったと思います。

――「Blue Smoke」のピアノの伴奏がとても美しかったです。この曲はお二人のデュオですが、どういう構想を思い描いて作られたのでしょうか?

TOKU:サラがこの歌詞をくれて、僕がメロディーを書きました。メロディーを書き始めた時から、この曲はジョヴァンニと僕だけでレコーディングをするものだと決めていました。少なくとも1曲くらいは二人だけでレコーディングしたかったので。僕は大抵歌詞先行でメロディーは後から考えるので、歌詞が最初からあったことでメロディーをより感じさせてくれて、すんなり思いつくことができました。「Blue Smoke」はそういう経緯だったんです。今回スタジオでレコーディングした最後の曲だったと思います。他のミュージシャンが帰ったあとに、ジョヴァンニとスタジオに残ってリラックスしたムードで録音しました。


――「Closing」は、最後にこの作品の主人公が元気を取り戻したかのように感じました。曲がどう聞こえるかは聞く人によって変わりますが、実際、この曲はどのような心情で作られたのでしょうか?

TOKU:この曲もまた、別のホーン奏者と演奏したことからインスパイアされたんです。家でキーボードで遊んでいたらメロディーが浮かんで。ショーが終わって観客が拍手して、カーテンが降りるようなシーンをイメージしたから「Closing」と名付けました。

ジョヴァンニ:この曲は、キース・ジャレットのECM“ヨーロピアン・カルテット”、サックス奏者のヤン・ガルバレク、ベーシストのパール・ダニエルソン、ドラマーのヨン・クリステンセンとの作品を思い出させるから好きなんだ。彼らはこういう音楽をよく演奏していた。僕はこういったレコードを聴きながら育ったんだよね。
 ブルージーでありながら、とてもヨーロッパ的でもあり、すごく好きだ。子どもだった頃、1985年から86年にかけてこういうレコードを聴いていた。「My Song」という曲は僕の人生を変えたんだ。このヨーロピアン・カルテットのアルバムは一番好きなアルバムの一つだから、「Closing」を演奏するのはすごく興奮したよ。とても親しみを覚えるけれど、普段演奏するようなものではないから、とても嬉しくなる。

TOKU:すごいな、僕はこれらのECM作品は1995年から96年にかけて聴いていました。ずいぶん昔のことですけど。そしてその直後からジャズを演奏し始めました。このアルバムをヨーロッパでレコーディングするって分かっていたから、心のどこからかこの曲が湧いてきたんでしょうね。

――アーティストによっては音楽を通して平和を伝えたい方もいれば、自己表現の場として音楽を使う方もいます。今作を通して、何を伝えたいですか? また今作だけでなく、ご自身の音楽活動や音楽人生で伝えたいことはありますか?

TOKU:お互いに愛し合って、尊敬し合おう。それだけです!

関連商品

TOKU in Paris
TOKU「TOKU in Paris」

2020/05/20

[CD]

¥3,300(税込)

夜空のベルベット
カレン・ソウサ TOKU「夜空のベルベット」

2017/12/06

[CD]

¥2,420(税込)

SHAKE
TOKU SUGIZO Yasei Collective AISHA Zeebra DABO シシド・カフカ ゴスペラーズ「SHAKE」

2017/06/07

[CD]

¥3,630(税込)

SHAKE
TOKU SUGIZO Yasei Collective AISHA Zeebra DABO シシド・カフカ ゴスペラーズ「SHAKE」

2017/06/07

[CD]

¥3,080(税込)

カントピアノ
ジョヴァンニ・ミラバッシ「カントピアノ」

2009/12/23

[CD]

¥2,700(税込)

テラ・フリオサ
ジョヴァンニ・ミラバッシ・トリオ ジョヴァンニ・ミラバッシ ジャンルカ・レンジ レオン・パーカー「テラ・フリオサ」

2009/12/23

[CD]

¥2,700(税込)

プリマ・オ・ポワ
ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ with フラビオ・ボルトロ ジョヴァンニ・ミラバッシ ジルダ・ブクレ ルイ・ムタン「プリマ・オ・ポワ」

2009/12/23

[CD]

¥2,700(税込)

新世紀
ジョヴァンニ・ミラバッシ・トリオ ジョヴァンニ・ミラバッシ レオン・パーカー ジャンルカ・レンジ「新世紀」

2008/12/03

[CD]

¥3,024(税込)

Love Again
TOKU ATSUSHI 宮本貴奈 ジョエル・パウエル テリオン・ガリィ 山木秀夫 高水健司「Love Again」

2008/11/26

[CD]

¥3,190(税込)

ブルー・ブレス 2
(オムニバス) ケイコ・リー TOKU ザ・バッド・プラス e.s.t. マーティン・テイラー ジェイク・シマブクロ エルダー・ジャンギロフ「ブルー・ブレス 2」

2006/03/24

[CD]

¥2,860(税込)

ア・ブランニュー・ビギニング
TOKU 山本秀夫 高水健司 小沼ようすけ 小島真喜子 塩谷哲 村上“ポンタ”秀一「ア・ブランニュー・ビギニング」

2006/02/22

[CD]

¥3,190(税込)

TKY
TKY TOKU 小沼ようすけ 日野賢二 秋田慎治 大槻“KALTA”英宣「TKY」

2005/02/23

[CD]

¥3,080(税込)

30
TOKU 秋田慎治 荻原亮 佐藤“ハチ”恭彦 藤井伸昭 五十嵐一生 山本剛 大坂昌彦「30」

2004/03/10

[CD]

¥3,080(税込)

TOKU
TOKU「TOKU」

2003/02/05

[スーパーオーディオCD]

¥3,520(税込)

TOKU
TOKU「TOKU」

2003/01/22

[CD]

¥2,860(税込)

DO-RE-MI(ドレミの歌)
TOKU「DO-RE-MI(ドレミの歌)」

2002/11/20

[CD]

¥864(税込)

ケミストリー・オブ・ラヴ
TOKU「ケミストリー・オブ・ラヴ」

2002/07/10

[スーパーオーディオCD]

¥3,520(税込)

ケミストリー・オブ・ラヴ
TOKU「ケミストリー・オブ・ラヴ」

2002/06/19

[CD]

¥2,860(税込)

ウィンズ・オブ・チェンジ
TOKU「ウィンズ・オブ・チェンジ」

2002/02/20

[CD]

¥1,980(税込)

ビィウィッチング
TOKU ロイ・エアーズ クリス・チーク アダム・ロジャース スティーヴン・スコット チャールズ・ブレンジグ アロイシオ・アギア バスター・ウィリアムス 他「ビィウィッチング」

2001/02/07

[スーパーオーディオCD]

¥3,520(税込)

ビィウィッチング
TOKU ロイ・エアーズ クリス・チーク アダム・ロジャース スティーヴン・スコット チャールズ・ブレンジグ アロイシオ・アギア バスター・ウィリアムス 他「ビィウィッチング」

2001/01/24

[CD]

¥2,860(税込)

エヴリシング・シー・セッド
TOKU「エヴリシング・シー・セッド」

2000/02/02

[スーパーオーディオCD]

¥4,180(税込)

エヴリシング・シー・セッド
TOKU カート・ローゼンウィンケル グラディ・テイト バスター・ウィリアムス スティーヴン・スコット ペイシェンス・ヒギンス「エヴリシング・シー・セッド」

2000/01/21

[CD]

¥2,860(税込)

TOKU in Paris
TOKU「TOKU in Paris」

2020/05/20

[CD]

¥3,300(税込)

夜空のベルベット
カレン・ソウサ TOKU「夜空のベルベット」

2017/12/06

[CD]

¥2,420(税込)

SHAKE
TOKU SUGIZO Yasei Collective AISHA Zeebra DABO シシド・カフカ ゴスペラーズ「SHAKE」

2017/06/07

[CD]

¥3,630(税込)

SHAKE
TOKU SUGIZO Yasei Collective AISHA Zeebra DABO シシド・カフカ ゴスペラーズ「SHAKE」

2017/06/07

[CD]

¥3,080(税込)

カントピアノ
ジョヴァンニ・ミラバッシ「カントピアノ」

2009/12/23

[CD]

¥2,700(税込)

テラ・フリオサ
ジョヴァンニ・ミラバッシ・トリオ ジョヴァンニ・ミラバッシ ジャンルカ・レンジ レオン・パーカー「テラ・フリオサ」

2009/12/23

[CD]

¥2,700(税込)

プリマ・オ・ポワ
ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ with フラビオ・ボルトロ ジョヴァンニ・ミラバッシ ジルダ・ブクレ ルイ・ムタン「プリマ・オ・ポワ」

2009/12/23

[CD]

¥2,700(税込)

新世紀
ジョヴァンニ・ミラバッシ・トリオ ジョヴァンニ・ミラバッシ レオン・パーカー ジャンルカ・レンジ「新世紀」

2008/12/03

[CD]

¥3,024(税込)

Love Again
TOKU ATSUSHI 宮本貴奈 ジョエル・パウエル テリオン・ガリィ 山木秀夫 高水健司「Love Again」

2008/11/26

[CD]

¥3,190(税込)

ブルー・ブレス 2
(オムニバス) ケイコ・リー TOKU ザ・バッド・プラス e.s.t. マーティン・テイラー ジェイク・シマブクロ エルダー・ジャンギロフ「ブルー・ブレス 2」

2006/03/24

[CD]

¥2,860(税込)

ア・ブランニュー・ビギニング
TOKU 山本秀夫 高水健司 小沼ようすけ 小島真喜子 塩谷哲 村上“ポンタ”秀一「ア・ブランニュー・ビギニング」

2006/02/22

[CD]

¥3,190(税込)

TKY
TKY TOKU 小沼ようすけ 日野賢二 秋田慎治 大槻“KALTA”英宣「TKY」

2005/02/23

[CD]

¥3,080(税込)

30
TOKU 秋田慎治 荻原亮 佐藤“ハチ”恭彦 藤井伸昭 五十嵐一生 山本剛 大坂昌彦「30」

2004/03/10

[CD]

¥3,080(税込)

TOKU
TOKU「TOKU」

2003/02/05

[スーパーオーディオCD]

¥3,520(税込)

TOKU
TOKU「TOKU」

2003/01/22

[CD]

¥2,860(税込)

DO-RE-MI(ドレミの歌)
TOKU「DO-RE-MI(ドレミの歌)」

2002/11/20

[CD]

¥864(税込)

ケミストリー・オブ・ラヴ
TOKU「ケミストリー・オブ・ラヴ」

2002/07/10

[スーパーオーディオCD]

¥3,520(税込)

ケミストリー・オブ・ラヴ
TOKU「ケミストリー・オブ・ラヴ」

2002/06/19

[CD]

¥2,860(税込)

ウィンズ・オブ・チェンジ
TOKU「ウィンズ・オブ・チェンジ」

2002/02/20

[CD]

¥1,980(税込)

ビィウィッチング
TOKU ロイ・エアーズ クリス・チーク アダム・ロジャース スティーヴン・スコット チャールズ・ブレンジグ アロイシオ・アギア バスター・ウィリアムス 他「ビィウィッチング」

2001/02/07

[スーパーオーディオCD]

¥3,520(税込)

ビィウィッチング
TOKU ロイ・エアーズ クリス・チーク アダム・ロジャース スティーヴン・スコット チャールズ・ブレンジグ アロイシオ・アギア バスター・ウィリアムス 他「ビィウィッチング」

2001/01/24

[CD]

¥2,860(税込)

エヴリシング・シー・セッド
TOKU「エヴリシング・シー・セッド」

2000/02/02

[スーパーオーディオCD]

¥4,180(税込)

エヴリシング・シー・セッド
TOKU カート・ローゼンウィンケル グラディ・テイト バスター・ウィリアムス スティーヴン・スコット ペイシェンス・ヒギンス「エヴリシング・シー・セッド」

2000/01/21

[CD]

¥2,860(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】嵐「Face Down : Reborn」がDLソング首位浮上、NiziUは初登場2位

  2. 2

    BTS、10月公開『きみの瞳が問いかけている』主題歌に 横浜流星「BTSさんのお力をお借りしてこの作品も沢山の方々に観て頂けたら」

  3. 3

    Spincoaster、音楽ライブ配信情報アプリ「TUNE」をリリース

  4. 4

    ルイス・コール、2019年に行われたビッグバンド編成での圧巻ライブ映像&音源を公開

  5. 5

    坂上忍、木下優樹菜の不倫疑惑に「そんなあほなことやるの」 「彼女に新しいスキャンダルがあった」

HOT IMAGES

注目の画像