Billboard JAPAN


Special Contents

大塚 愛 『I ■ ×××』インタビュー

大塚愛 『I ♥ ×××』 インタビュー

 大塚 愛が『ゾッ婚ディション』リリース後にまさかの結婚。今回のインタビューでは、まずその驚きを本人にぶつけさせて頂いた。そして「第77回NHK全国学校音楽コンクール」中学生の部 課題曲であるニューシングル『I ♥ ×××』についてはもちろん、CDが売れない音楽シーンへの苛立ちや、表現者としての現在のモード。変わる自分に、変わらない自分。あらゆる角度から彼女の本音に前のめりで迫った。これを読まずに大塚 愛は語れませんっ!

結婚の真相~大塚 愛のイメージ

--まず今日会ったら言いたかったことがあって。『ゾッ婚ディション』出した後に結婚って!

大塚 愛:(笑)。いや、本当にたまたまそういう順序になったんですよ! 全然狙ってないですね。『ゾッ婚ディション』は結構前に創っていた楽曲だったし、Slat(すらっと)さんのタイアップの関係でリリースが先延ばしになったりしてたんですよ。で、それが春に落ち着いて『ゾッ婚ディション』のPVを撮るときに「どうする?“大塚 愛 結婚疑惑!”みたいなの創っちゃう?」「ウェディングドレスで逃亡するPVを創ろう」って提案されて。私は「それだったらPV解禁の翌日に本当に結婚しないと面白くない」って言ったりしてたんですけど、そのときに結婚の予定はなくて。まぁ今になってはやっておけばよかったな~って。

--結婚疑惑PVは実現しなかったにしても、今年の大塚 愛のストーリーは凄いですよ。その結婚相手と『aisu×time』で共演してるし。それが入ってるアルバム『LOVE is BEST』には『ふたつ星記念日 ~新婚日和~』『甘えんぼ ~Wedding~(New Rec)』ですからね。

大塚 愛:(笑)。

--ここまで露骨にそのときのモードが音楽に出る人は本当に珍しいと思っていたんですが、すべて偶然であると?

大塚 愛:偶然なんですよね。だからこれから『LOVE is BEST』が縁結びのお守りになればいいなと思って。で、みんなが買ってくれた後に「大塚 愛 離婚!」とかなって、今度は「あれ買うと離婚するよ」ってなっちゃう(笑)。

--いつまでも“縁結びのお守り”であることを願ってます。で、そんなめでたいトピックもあったところで、今日は改めて大塚さんの真相に迫りたいんですが、自身では大塚 愛ってどんなアーティストだと思ってますか?

大塚 愛:家のない人。「どこに住んでるの?」って聞かれたら「昨日は渋谷で、明日は池袋」みたいな。ひとつのところに止まれない人。その理由としては、すごく飽き性なんです。あと、好きなものがとっちらかってるし、顔も声も歌も創るものも多分全てが中途半端なんですよね(笑)。だからひとつのところに集中して打ち込めないというか。あれもこれもそれもどれもやるから、幅がボーン!って広がってるんだと思います。

--そのすべてに相当な気合いを入れて創ってきましたよね。

大塚 愛:でも今振り返ると『蚊取線香』って何だよ!って思います。この前、久々に聴いてビックリしましたね。なんですかね、あれ。怖いですもん。

--(笑)。では、逆に世間では大塚 愛ってどんな人に思われていると感じていますか?

大塚 愛:元気で可愛い人みたいな。未だにそういうイメージだと思いますよ。例えば、タイアップとかでアッパーな楽曲がメディアにたくさん流れたりすると、そこだけピンポイントにスポットが当たったりとか。ライブDVDを紹介してもらうときも大体アッパーが流れちゃったりとか。そういうので偏ったイメージが付いていってるのかなって。

--でも本当はそこだけじゃない訳ですよね。

大塚 愛:どちらかと言ったら逆の方が多いですもんね。曲数的にもアッパー系の方が少ないし。

--どう思われる、見られるのが大塚さんにとっての理想なんでしょう?

大塚 愛:「心に残る」って言われるのが一番嬉しいかもしれない。例えば「美人なんだけど、何故か顔を憶えられないよね」っていう人よりも「あんまり可愛くないけど、何故か頭に残っちゃうんだよね」みたいな。そんな感じが良い。

--そこに自分が行けている気はしてないの?

大塚 愛:初期のイメージが先行しちゃってるので、そのせいで「あ、大塚 愛か」みたいな感じになっちゃって聴いてもらえてない楽曲も多分たくさんあると思うんです。

--そこをどうにか出来ないか試行錯誤してきた訳ですよね?

大塚 愛:今はもう諦めてます(笑)。

--大塚 愛というアーティストは『さくらんぼ』のときのイメージを大事に大事にしながら走ってさえいれば分かり易いポップスターだったり、もしかしたらアイドル的な存在にもなれたと思うんです。でもそこに興味はなかったんですよね?

大塚 愛:やっぱりアイドルっていうのは天性的に可愛くないと、私の中で許せないです。私は全然そういうビジュアルでもないので、ちょっと『さくらんぼ』で可愛いことをやったのもギャグ的な感覚だったし。全くアイドルには不向きですよね。アイドルは下ネタとか言っちゃいけないです。

--いや、アイドルじゃなくても。

大塚 愛:ハハハハハハハ!

--(笑)。話を戻します。では、元気で可愛いっていうイメージに固執したままの人が未だにたくさんいたりするのは、大塚さんにとっては誤算だったの?

大塚 愛:そう受け取られるとは全く思ってませんでしたからね。私は「あの人、何?」「この歌、誰が歌ってんの?」みたいに言われると思ってて。その後に違うタイプの楽曲を出して「えっ?同一人物なの?」ってなる予想だったんですよ。それで「嘘でしょ?本当はこの人、全部作り物でしょ?」ってなると思ってた。大塚 愛という人自体が本当は存在していないイメージに。

--初期の強烈なインパクトがある故の「こんな楽曲もやっちゃうの?」という驚き。そこの気持ち良さが大塚 愛にはあって。シンガーソングライターでここまで毎回新しいものを創造して提供している人っていない訳で。そこを楽しんでもらいたい想いは強くある?

大塚 愛:「楽しんでもらいたい」とか、そうやって聴く人のことを楽曲を創る段階では考えてないんですよ。自分が楽しんでいる感じで。もう自分の作品を創ることにガーッ!って入っちゃってる。

--でも少し前までは、あれもこれもそれもどれも本当は聴いてほしいとよく言ってましたよね。そこは変わってきたの?

大塚 愛:いや、それは思うんですけど、言ったところでそうはならない。もう治らない。ちょっと諦めてきちゃってるんですよね、いろんなことを(笑)。どんなにオフィシャルであーだこーだ言ったって、ちょっと時間が経っただけでそことは相反する、全く違うことを新聞とかに書かれていたりして。「ダメだわ、これ」って思っちゃった。

--じゃあ、これからはどうするの?

大塚 愛:もう自分のやりたいようにやる!って感じですかね。今までも周囲を気にして楽曲を創ったりはしてなかったんですけど、その反響に対して凹む自分もいたし、辛いなと思うところはあったんです。でもそんなこと思っても仕方ないから。誰か1人の為になら楽曲は創れるんですけど、大勢の為にってなるとハチャメチャ過ぎちゃって創れない。ってなると、自分が「この作品を創ってよかった」って思うものを目指すしかないんですよ。自己満になるんですけど、そこが一番として無いと、それを自信持って「聴いてください」とは言えないので。

--音楽の聴かれ方も含めたところで、大塚さんが思う理想的な音楽シーンの在り方ってどんなものなんでしょう?

大塚 愛:とりあえず最近の“美味しいところだけ”っていう方向性が何とかならないかなと。Aメロだけとか、サビだけとか、あの楽曲を千切ってる感じとか、テレビ尺というめちゃくちゃな音楽の流し方とか、何とかならないかなと思ってます。そういうのをちゃんとしていかないと、どんどん音楽の伝わり方が無茶苦茶になっていく。それで受け取る側も楽曲全体の流れを聴かないようにどんどんなっちゃうと、怖いなって思います。だって楽曲を切り取るのって無理なんですもん。自分の人生でいきなり4歳から12歳に飛べるかって言ったら飛べないし、繋げられない。それと一緒なんですよ。だからもうちょっと音楽をちゃんと伝える場があっても良いんじゃないかなって。それが今は少ないと思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 現代音楽シーンへの想い~『I ♥ ×××』への願い
  3. Next >
現代音楽シーンへの想い~『I ♥ ×××』への願い

--ケータイで音楽を聴かれること自体にはどんなことを思いますか?

大塚 愛:必死にTDとかマスタリングをやってる身からすると「ケータイで聴かれるのか……」って正直思っちゃったりはしますね。それはハイの部分がシャリシャリ聞こえたりしちゃうからなんですけど。やっぱり本当に良質な音とかが伝わらないと、せっかくミュージシャンたちが生音で感情を伝えるプレイをしてても「これだったら打ち込みでいいんじゃないか?」って思ってしまう。

--今のCDが売れなくなっている状況には危機感を感じる?

大塚 愛:嫌ですね。

--その嫌な状況の中でどうあろうと思ってます?

大塚 愛:…………どうしたらいいですかね(笑)? でも「こうしたらきっと上手くいく」って提案したり実行したりする力なんて私にはないので、どちらかと言うと「この状況は一体どういうところに着地するんだろう?」ってちょっと遠目から見ていたい感じ。なので、今このタイミングでは「積極的に音楽をどんどん出していこう」っていう気分ではないです。

--では、シーンについての話は置いておいて、大塚さんが表現者として辿り着きたい自分だったり場所ってどんなものだったりするんでしょう?

大塚 愛:ちょっとこれは説得力に欠けそうなんで嫌なんですけど、私がRIP SLYMEのファンになったのは、音楽的に突き詰めていく感じと大衆に好まれる感じのバランスがすごく上手く取れていたからで。そこが「すごく素敵だな」と思って「あの位置に行きたい」と思ったんですよ。まぁそんなこと言っても結婚しちゃったから説得力に欠けると思うんですけど。「おまえ、旦那だからって言ってんじゃねーよ」ってなったら嫌だな~(笑)。あ、説得力を持たせられるアーティストさんがいます。桑田佳祐さんの位置が私の理想です!

--具体的に言うと?

大塚 愛:弾き語りですごくシックでシンプルなものをやってみせたり、それとは逆に下ネタ全開だったり。

--今日2度目ですね。話を続けてください。

大塚 愛:(笑)。すごくくだらないこともやるし、いろんな楽曲を創ることができる。あの桑田さんの位置が行きたいところですね。

--その桑田佳祐やRIP SLYMEの在り方が目標として、どの程度までは進めたと自分では感じていますか?

大塚 愛:まだまだ踏み出そうとしているぐらいで。でも私が憧れている位置の人たちですら、本人から話を聞いてみると別の悩みがあって「このままじゃいかん」と思ってる。そう考えると「安定ってないんだな」って。

--でも自分にとってそれだけ高い目標があると、やることがいっぱいあって良いじゃないですか。

大塚 愛:どうなんですかね。でも「ここからしっかり歩いていかないと」とは思ってます。もう失敗はできないなって。デビュー当時の「知られてほしい」ってところから「知られた」「安定した」までのストーリーは多分歩めたと思うんですけど、ここからは本当に一歩一歩積み上げていかないと、そこの理想って遠いので。ちょっと間違って違う方向に行っちゃったりすると、もう後戻りできない。

--ただ、その理想への確実な一歩として、今作『I ♥ ×××』はあると思うんですけど、自身では仕上がりにどんな印象や感想を?

大塚 愛:「すごく良い子そうだなぁ~」って(笑)。

--悪い子ではないですよね。

大塚 愛:性格がすごく良さそうな感じですよね。

--…………あとは?

大塚 愛:(笑)。今まで出してきた楽曲の中で最もシンプルな歌詞と、誰にとっても歌いやすいメロディになってるなって。だから聴いてもらえる人の幅は広い楽曲だなと思います。構成はいわゆるJ-POPのAメロ、Bメロ、サビっていう流れじゃなくて、サビ、サビ、サビ? サビ、サビみたいな感じで、変形プレイでシュールなんですけど。そこが面白いですね。

--変形プレイなのに真っ直ぐ響く。それが大塚 愛のラブソングにおける集大成であり、新境地であるように感じました。

大塚 愛:確かにフィナーレっぽい楽曲ですよね。

--これで終わりじゃないですよね?

大塚 愛:終わったらどうしましょう(笑)?

--ちなみに「第77回NHK全国学校音楽コンクール」(以下、Nコン)中学生の部 課題曲ということで、最初にこの話を頂いたときはどう思いました?

大塚 愛:合唱コンクールの課題曲というのが最初は重荷で。「合唱の歌なんて創れないよ」って思って、どうしたらいいのか分かんなくなっちゃって。合唱の歌って言われても『翼をください』ぐらいしか思い付かなくて「こういう歌を創らなきゃいけないのかな?」とも思ったし。でもそれって私が最も不得意な正統派っていうもので。過去の課題曲を聴いたりもしたんですけど、ドリカムの吉田美和さんが創ってる歌なんてすごく合唱っぽい感じになってるんですよ。それを聴いて更に困って。で、考えに考えたんですけど、最終的に「合唱というネタが私にはない」と。でもゴスペルなら知ってると。

--なるほど。

大塚 愛:楽しくみんなで教会の中でワァ~~!って歌う感じ。そっちにしようと思って。合唱コンクールでみんなしてピシッと立って、真っ直ぐに同じ方向を見て、口を大きく開けて……みたいな教えられたものではなくて「歌って本来こういうものなんだ」というか、歌ってて本当に気持ちが前に飛んでいく、聴いている方も楽しくなる。そういう合唱コンクールをやってほしいなと思って『I ♥ ×××』は創ったんです。

--結果、Nコンにとっても大塚さんにとっても新しい楽曲が完成した訳ですが、実際に歌ってみるとどんなことを感じさせる楽曲ですか?

大塚 愛:この楽曲を歌うと本当にフィナーレっぽくて、自分が死ぬときに思い出すようなうな歌だなって。いろんなことを思い出すときの感じっぽい。

--難しさは感じなかった?

大塚 愛:ちょっとでも気持ちに打算的なものがあると、歌えないです。

--それを全国の中学生が歌っていく訳ですけど。

大塚 愛:(笑)。

--個人的な最初の印象としては「これは難しいだろう」でした。ただ、中学生たちが合唱しているのを想像しながら聴いてみると「これが綺麗にハマったら凄まじい感動が生まれるだろうな」と感じて。そこは意識したところ?

大塚 愛:心の底から「うわぁ!楽しいな!」って歌うことを中学のうちに味わってほしいなと思って。カラオケで一人で歌うときじゃなくて、みんなで歌うときに。イメージとしては、ライブ中にバンドの音を無くしてアカペラでみんなで歌う。そのときの感動を合唱コンクールで味わってもらいたかった。

--もう中学生たちが合唱している『I ♥ ×××』は聴いたの?

大塚 愛:聴きました。

--どんな感想を?

大塚 愛:わっ、まじめ。

--(笑)。僕も聴かせてもらったんですが、鳥肌は立ちました。ただ、個人的には、最後の「そして sky, sky, sky」から「I ? you ラララララ」の流れは残してほしかったなと。あそこが合唱で綺麗にハマったときの感動を大塚さんはきっとイメージしてましたよね?

大塚 愛:そうなんですけど、最後はディズニーみたいになってましたよね。もっと型破りで、もっと自由でいいんじゃないかなとは思いました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 結婚後のラブソング~感涙必至のアニバーサリーライブ
  3. Next >
結婚後のラブソング~感涙必至のアニバーサリーライブ

--なので、Nコンで『I ♥ ×××』を知った人には、オリジナルの『I ♥ ×××』もぜひ聴いてほしいなと思うんですが、この楽曲の歌詞はどんな想いやイメージがあって生まれたものなんでしょう?

大塚 愛:楽曲を創りながら浮かんできた言葉をダ~~って書いたんですよ。誰もが「素敵だな」と思うことをとにかくひたすら書き続けていましたね。夢とか、趣味とか、自然とか、いろんなジャンルの素敵なことを。

--前回のインタビューで大塚さんは「最近は感じていることがもう少し広いというか、少しずつ本格的な“愛”というものに近付き始めていると思う」と語っていたんですが、この楽曲はそれが顕著に出たんじゃないですか?

大塚 愛:そうですね。前に書いた『愛』という楽曲よりも更に普遍的な、幅広いものにはなってるのかなって。

--こういうあたりまえのように大切なものへ「I love you」を贈ろうっていうのは、数年前の大塚さんでは歌えなかった、歌わなかった気もするんですが、自分ではどう思われますか?

大塚 愛:そうですね。数年前なら「こんなの嫌だ」って言うタイプだったと思います。こうして普通に素直に感謝できる人になれたのは、出逢った人たちがすごく素敵な方々だったので、浄化されたんだと思います(笑)。

--大塚さんってラブソングに関してはリアルな感情を乗せられるかどうかを大切にする人じゃないですか。ということは『I ♥ ×××』のようなモードの楽曲がこれから増えていくんですかね?

大塚 愛:うーん……、でも多分またあまのじゃくの虫が湧いてくるので。

--あと、以前『クラゲ、流れ星』の話を聞かせてもらったときに「仮の話ですけど、大塚さんが幸せな結婚をしたとして、こういった楽曲たちはどうなっていくんでしょうね?」って僕が質問したんです。そのとき大塚さんは「結婚したことがないので分からないです」と答えたんですけど。今はどう思いますか?

大塚 愛:まだ結婚して一ヶ月なんで……。

--分かりません?

大塚 愛:アハハハハハ! いや、でも自分が落ち込んだりすることがある限りは、切ない楽曲も出来ると思います。ちょっとズレがあったりとか、言葉足らずだったりとか、そういうことって結婚してもあると思うので。ずーっと「最高よ!」みたいな、そんな結婚生活は有り得ない(笑)。

--結婚したからってずっと「あー幸せだー!」って言ってたらリアリティがないですからね。でも僕はこれからの大塚 愛にしか歌えないラブソングをとんでもなく素晴らしいラブソングにして響かせてほしいなって。

大塚 愛:なんスか!?そのハードル上げてきた感じ!怖いわぁ~(笑)。

--ムカつくぐらいのハッピーソングがあっても大塚さんならアリですよ。

大塚 愛:今となっては、それを出すと「あー出た、のろけ」ってなる。それは嫌なんで、当分出さないですね。まだ未発表で今アレンジに取り掛かってる楽曲があるんですけど、多分それは「嘘でしょ?結婚したでしょ?」「裏切られた!」ってなると思います。

--そこは結婚しても変わらないんですね。

大塚 愛:(笑)。

--他にはどんな詞や楽曲を書きたいモードなんでしょう?

大塚 愛:「一日中だらだらしながら酒飲んでたーい」みたいな歌ですかね。「海外に逃亡しよう」みたいな。そういう自由な人の歌を書きたいです。

--なるほど。今後の大塚 愛がどうなるのか全く見えなくなってきましたけれども。

大塚 愛:アハハハハハ!

--逆に楽しみが増えました。まだリリースは決まってないと思うんですが、次のアルバムはどんなアルバムになったらいいなと思いますか?

大塚 愛:大塚チームの交換日記があるんですけど、そこに「次のアルバムは“私の人生、超楽しい”がモットーだ」って書きましたね。「本当にこの人は楽しんでんだな」って思われるような感じにしたいです。

--年内には出そうですかね?

大塚 愛:え? そうなの?

スタッフ:要検討です。

大塚 愛:やだ! もっとゆっくり創りたいんですよ。厳選して楽曲も選んでいきたいんですよ。もう本当に怖い、エイベックス。

一同:(爆笑)

--その前に大塚さんには大きなイベントが待っています。9月12日 横浜赤レンガパーク 野外特設ステージにて【大塚 愛 LOVE IS BORN ~7th Anniversary 2010~】開催。どんなライブにしたいですか?

大塚 愛:それはもう泣きっぱなしのライブです。泣かずにはいられない。

--本当ですか? めちゃくちゃハードル上げてますよ。それって最高のライブってことですよ?

大塚 愛:最高ですよね?

--聞いちゃいましたね(笑)。

大塚 愛:強引に友達に連れてこられて「大塚 愛なんてどうでもいいよ」って思っている人と「今日の歌はよくねーな」って思ってる人とかは泣かないと思います。

--普通じゃないですか、それ。

大塚 愛:(笑)。いや、ほぼ泣く予定です!

--分かりました。今のくだり、載りますからね。みんな泣きにきますからね。泣きに来ると人って泣けないですからね。

大塚 愛:それが泣いちゃうんですよ~! ここでも大塚のエンタテインメントが走ると思います。

--では、最後になるんですが、読者の皆さんにメッセージをお願いします!

大塚 愛:明後日も、10年後も……、飛んだな。え~、明後日も、3ヵ月後も、2年後も、10年後も、今のその人に合った形での『I ♥ ×××』になっていく。人と一緒になって変化していくであろう不思議な楽曲が出来ましたので、ぜひCDを買ってくださいっ!

大塚愛「I LOVE ×××」

I LOVE ×××

2010/09/08 RELEASE
AVCD-31895 ¥ 734(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.I LOVE ×××
  2. 02.I LOVE ××× (Instrumental)

関連キーワード

TAG

関連商品

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥3,259(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥6,009(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥6,009(税込)

ドラセナ
大塚愛「ドラセナ」

2018/09/05

[CD]

¥1,320(税込)

ドラセナ
大塚愛「ドラセナ」

2018/09/05

[CD]

¥3,630(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥3,025(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,620(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,290(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,730(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,320(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,980(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,400(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,950(税込)

モアモア
大塚愛「モアモア」

2014/05/21

[CD]

¥1,100(税込)

モアモア
大塚愛「モアモア」

2014/05/21

[CD]

¥1,980(税込)

AIO PUNCH
ai otsuka「AIO PUNCH」

2014/03/26

[CD]

¥1,980(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,320(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,980(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,980(税込)

裸人
Rabbit「裸人」

2012/12/12

[CD]

¥2,934(税込)

裸人
Rabbit「裸人」

2012/12/12

[CD]

¥3,666(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,204(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,981(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,981(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,320(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,980(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,320(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/09/26

[CD]

¥3,204(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/09/26

[CD]

¥2,608(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,204(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,981(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,981(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,320(税込)

恋愛写真
大塚愛「恋愛写真」

2006/10/25

[CD]

¥1,980(税込)

ユメクイ
大塚愛「ユメクイ」

2006/08/02

[CD]

¥1,100(税込)

ユメクイ
大塚愛「ユメクイ」

2006/08/02

[CD]

¥1,980(税込)

Chime
大塚愛「Chime」

2019/09/04

[CD]

¥1,320(税込)

Chime
大塚愛「Chime」

2019/09/04

[CD]

¥8,580(税込)

Chime
大塚愛「Chime」

2019/09/04

[CD]

¥7,480(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥3,259(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥6,009(税込)

愛 am BEST, too
大塚愛「愛 am BEST, too」

2019/01/01

[CD]

¥6,009(税込)

ドラセナ
大塚愛「ドラセナ」

2018/09/05

[CD]

¥1,320(税込)

ドラセナ
大塚愛「ドラセナ」

2018/09/05

[CD]

¥3,630(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥3,025(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,620(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,290(税込)

LOVE HONEY
大塚愛「LOVE HONEY」

2017/04/12

[CD]

¥4,730(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,320(税込)

大塚愛「私」

2017/02/15

[CD]

¥1,980(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,400(税込)

LOVE FANTASTIC
大塚愛「LOVE FANTASTIC」

2014/07/16

[CD]

¥4,950(税込)

モアモア
大塚愛「モアモア」

2014/05/21

[CD]

¥1,100(税込)

Re:NAME
大塚愛「Re:NAME」

2013/10/09

[CD]

¥1,980(税込)

裸人
Rabbit「裸人」

2012/12/12

[CD]

¥2,934(税込)

裸人
Rabbit「裸人」

2012/12/12

[CD]

¥3,666(税込)

LOVE is BEST
大塚愛「LOVE is BEST」

2009/11/11

[CD]

¥3,204(税込)

LOVE is BEST
大塚愛「LOVE is BEST」

2009/11/11

[CD]

¥3,981(税込)

ドットラブ モア
(オムニバス) 浜崎あゆみ 大塚愛 倖田來未 m-flo loves YOSHIKA Every Little Thing BoA Crystal Kay「ドットラブ モア」

2009/11/04

[CD]

¥2,619(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,204(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,981(税込)

LOVE LETTER
大塚愛「LOVE LETTER」

2008/12/17

[CD]

¥3,981(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,320(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,980(税込)

クラゲ、流れ星
大塚愛「クラゲ、流れ星」

2008/09/10

[CD]

¥1,320(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/09/26

[CD]

¥3,204(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/09/26

[CD]

¥2,608(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,204(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,981(税込)

LOVE PiECE
大塚愛「LOVE PiECE」

2007/09/26

[CD]

¥3,981(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,320(税込)

PEACH/HEART
大塚愛「PEACH/HEART」

2007/07/25

[CD]

¥1,980(税込)

愛 am BEST
大塚愛「愛 am BEST」

2007/03/28

[CD]

¥4,180(税込)

CHU-LIP
大塚愛「CHU-LIP」

2007/02/21

[CD]

¥1,100(税込)

恋愛写真
大塚愛「恋愛写真」

2006/10/25

[CD]

¥1,980(税込)

ユメクイ
大塚愛「ユメクイ」

2006/08/02

[CD]

¥1,100(税込)

ユメクイ
大塚愛「ユメクイ」

2006/08/02

[CD]

¥1,980(税込)

フレンジャー
大塚愛「フレンジャー」

2006/04/12

[CD]

¥1,980(税込)

LOVE COOK
大塚愛「LOVE COOK」

2005/12/14

[CD]

¥3,204(税込)

LOVE COOK
大塚愛「LOVE COOK」

2005/12/14

[CD]

¥3,981(税込)

ネコに風船
大塚愛「ネコに風船」

2005/07/13

[CD]

¥1,100(税込)

ネコに風船
大塚愛「ネコに風船」

2005/07/13

[CD]

¥1,980(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    通信カラオケDAMが「年間カラオケランキング2019」を発表 1位は米津玄師「Lemon」

  2. 2

    【先ヨミ】TWICEの日本2ndアルバム『&TWICE』が10.1万枚を売り上げ首位独走中 GENERATIONSが続く

  3. 3

    【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」、31週目のチャートインにして初のダウンロード・ソング首位に

  4. 4

    【先ヨミ】アンジュルム『私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY』7.7万枚で現在シングル首位 HIROOMI TOSAKAが追う

  5. 5

    【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」がストリーミング26連覇 King Gnu「白日」が総再生回数1億回突破

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像