Billboard JAPAN


Special Contents

<インタビュー>THE YELLOW MONKEYは“ヴィンテージ”な存在へ ~結成30周年のロック・バンドが放つ、原点回帰と進化を示す新作



 同じ“古さ”を形容する言葉でありながら、「オールド」と「ヴィンテージ」にはニュアンスの違いがある。前者は時間を置き去りにした、懐かしさに重きが置かれたもの、対して後者は古きから磨かれ続け、使い込まれ続け、風味も加わった現行感のある逸品を指すことが多い。

 現在のTHE YELLOW MONKEYは明らかに後者だ。四半世紀以上に及ぶ熟成期間を経て、今年12月に結成30周年を迎える彼らは、明らかに「ヴィンテージ」な存在となっている。その証明として、今年4月にリリースされた19年ぶりオリジナルアルバム『9999』は、ビルボードジャパンのダウンロード・チャートで初登場首位を獲得、そして同作を引っ提げた全国アリーナ・ツアーでは、トランプのマークになぞらえた4種類のセットリストを用意し、全国15か所27公演を行うなど、今年に入ってからの彼らの活動には、まさしく現役バンドとしてのバイタリティが漲っている。なお、その『9999』は先日、『輝く!日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞したことが発表された。

 そしてこのたび、前述のツアーで獲得した糧と自信、そしてファンへの想いをヴィンテージ感満載で味付けした新曲「DANDAN」を配信開始。また12月には、『9999』に収録音源+追加4曲を含む最新マスタリング音源、ライブ映像、豪華ブックレットを同梱した完結版とも言える『30th Anniversary『9999+1』-GRATEFUL SPOONFUL EDITION-』をリリースするほか、自身初となるドーム・ツアーもスタートする。何ものにも代えがたい「ヴィンテージ」の魅力を宿し、それでもなお研鑽を積み続けるTHE YELLOW MONKEY。その現在地を示す新作と最新ツアーについて、メンバー4人に語ってもらった。

新しいTHE YELLOW MONKEY

――最新アルバム『9999』のリリースから半年が経ち、2019年も残すところ2か月となりましたが、今年の活動を振り返ってみて、皆さんはどんな手応えを感じていますか?

吉井和哉(以下、吉井):再集結以降では初めてのフルアルバムになる『9999』を出して、それを引っ提げた全国ツアーも回ることができたので、ようやくバンドが新しい形になったなって思います。もともと自分たちはそういう活動を続けて成長してきたので、ここにきて次の段階に上がれたなと。今回のツアーは「この歳になってもまだ成長できるんだ」って改めて確信できた日々でもありました。

廣瀬洋一(以下、ヒーセ):再集結してから去年までにも新曲はリリースしたし、それをツアーで披露したりもしましたけど、やっぱりどことなく今の自分たちを出し切れていなかった実感もあって。でも今回のツアーでは、新作(『9999』)に入っている曲たちがちゃんと進化していく感じがしたんですよね。その手応えを再集結後にも体感できたことはとても嬉しかった。間違いなくバンドの成長を促したと思うし、『9999』が自分たちにとって大事な作品であったことに改めて気づかされましたね。

――新曲群をこれまでのレパートリーと融合させながらプレイしてみても、落差や違和感などを感じることはなかった?

菊地英昭(以下、エマ):全くなかったですね。やっぱり再集結以降はある種のお祝いムードもあって、ライブではどうしても昔の曲が中心になっちゃっていたんですけど、この『9999』を出したことで、ようやく最新の自分たちをアルバム全体で表現することができた。それによって、昔の曲たちもまた違った聴かせ方ができるようになったんです。ステージに立っている自分たちの気持ちも新鮮でしたからね。非常に良い相乗効果を生み出せたと思います。



吉井和哉(Photo by 渡邉一生)



――お客さんのリアクションはいかがでしたか?

菊地英二(以下、アニー):こと新曲に関してはライブ初披露だったこともあって、昔の曲たちに比べてじっくり聴く態勢のお客さんが多いだろうと予想していたんです。ところが、全くそんなことはなくて。しっかりアルバムを聴き込んできてくれたんでしょうね。過去の曲に交えて演奏しても何の遜色もなく、同じように盛り上がってくれました。

吉井:そうそう。中には新曲のほうが盛り上がる場面もあったり。あれは嬉しかったし、自信にもなったよね。

アニー:そう考えると『9999』を完成させたことは、改めてこのバンドにとって大きなことだったなって思います。アルバムって、それぞれの時代に置いていくマイルストーンのような存在でもあるじゃないですか。今年に入るまで、単発シングルはリリースしてましたけど、アルバムという大きな石は置くことはできていなかった。なので、なんとなく浮遊感みたいなものを抱いていたんですよね。ちゃんと活動はしているけど、バンドとしてまだ着地できていない感覚というか。でも、ようやくこの2019年という時代に『9999』という新しい大きな石を置くことができた。そのおかげで、バンドがより地に足をつけて活動することができるようになったと思います。

吉井:アルバムのリリースはもちろん、ツアーを経たことで得たものは大きかったですね。THE YELLOW MONKEYの吉井和哉って、自分の中では2001年の解散ライブをもって消滅したと自覚していて。その後は違うベクトルでソロ活動を始めて、それでもやっぱりこの3人が愛しくて再集結してもらった。その時点で「もう一度THE YELLOW MONKEYの吉井和哉になるため、昔に戻るのか?」っていう葛藤は正直すごくありました。でも、アルバムのリリースとツアーを経て、あの頃と同じ自分に戻るのではなく、全く新しいTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉を誕生させることができた気がしたんです。



菊地英二(Photo by 渡邉一生)



――『9999』を携えた全国ツアーは、2016年の再集結以降では最大規模となるものでしたが、ハート、ダイヤ、クローバー、そしてスペードといった、トランプのマークになぞらえた計4種類のセットリストが用意されたことも特徴的でした。

吉井:その4種類のセットリストに関しては、もちろんちゃんと理由があって。例えば同じセットリストで何か所も回るツアーだと、何度か来てくれるお客さんやプレイしている自分たち自身、無意識のうちに繰り返しのルーティーンになっていってしまうんじゃないかって恐れがあったんです。でもセットリストを毎回変えれば、バンドとしては常に緊張感を持って臨めるし、お客さんにとっても新鮮ですよね。

アニー:持っている曲が多いだけに、最初は「これは覚えるの大変だな」って思いましたけどね。

ヒーセ:でも、不思議とやっていくうちに楽しくなってきたよね。

吉井:あと、今回のツアーは各地によって会場の規模が違ったんですよ。だから会場によって入るセット、入らないセットがどうしても出てきちゃう。その問題を4種類のメニューを用意することでカバーしたんです。色んな意味で斬新な発想でした。早くみんなマネして欲しい(笑)。ただ、当の本人たちはものすごく大変でしたけど(笑)。

アニー:新曲も会場によって演奏する位置を変えていたので、それぞれ響き方やお客さんの受け取り方が違ったのも面白かったです。例えば「この恋のかけら」はアルバムの1曲目なんですけど、ライブでは最初にやる日もあれば、アンコールの最後にやる日もあったり。だけどその都度、オープニングとして相応しく響いたり、最後を締めるのに相応しく響いたりするんですよね。同じ曲でも、やりようによってどうにでも変化させることができる。与えられた条件や環境の中でいかに最大限でパフォーマンスするか、みたいな意味でもミュージシャンとしての真価を見せることができたと思います。



グランメッセ熊本(Photo by 渡邉一生)




原点回帰を今の解釈でやる

――ツアーで感じた手応えの数々は、やはり今回の新曲「DANDAN」にも影響を与えていますか?

吉井:確実に影響していますね。あの曲はツアー直後に作ったんですけど、今だと間が空いちゃった分、たぶん書けないと思う。充実した日々を送った直後だったからこそ書けた曲だと思います。

――作詞においても、あの日々の経験がインスパイアした部分は大きいのでしょうか?

吉井:今改めて読んでみると、日記みたいな歌詞になってますね。例えば冒頭の<ビリーは朝から並んだ お目当てのブツを狙いに>っていう部分もそうで、ツアーを回っている最中、福島と熊本で被災者支援のチャリティー企画を開催したんですけど、ファンの方々は朝早くから並んでくださって。その光景がとても嬉しかったこと、そこで感じたことが歌詞に反映されている。あと、主人公のビリーに関しては、バンドのオフィシャルファンクラブ『BELIEVER.』から取っているんですけど、実はヒーセが少しモデルになっているんですよ。特に2番はヒーセそのものだよね。

ヒーセ:曲自体はシンプルで分かりやすいんだけど、実は歌詞に色んな意味が重なっていたりします。それこそ2番は僕の体験談だし、他にも聴く人によって色んな捉え方ができると思いますよ。

――冒頭で描かれている通り、一度誰かが手放したものを別の誰かがまた手に入れて、今度はその人が愛着を持ってそれを育んでいく。そのウキウキ感のサイクルだったり、原点回帰を思わせる軽快なサウンドも含めて、新品には出せない1周回った“ヴィンテージ感”を感じました。

吉井:分かります。もしかしたらTHE YELLOW MONKEYというバンド自体、すでにヴィンテージとして捉えられているかもしれないし。今は中古として扱われているものでも、あと10年我慢すればヴィンテージの仲間入りできるかもしれないのに、なぜかそこまで待てずに手放しちゃったりするじゃないですか。まさにバンドもそうだと思います。10年、20年と経って、いつかは古いものとして捉えられてしまう日が来るかもしれないけど、僕らみたいに30年経てば新しく生まれ変わることができるかもしれない。その辿り着いたヴィンテージ感はこの曲からも感じ取ることができるかもしれないです。



▲THE YELLOW MONKEY – DANDAN (Official Music Video)


――サウンド・メイクに関してはいかがでしょう?

アニー:例えばドラムで言うと、一聴したらシンプルな8ビートに聴こえるけど、随所にこれまでやったことのないアプローチで向き合った部分もあるんですよ。古き良きものも大事にしつつ、回顧主義にはならない。その両立による新しさは出せたと思います。それこそ仰ってくださったヴィンテージ感なのでしょうね。

吉井:きっと以前だったら、もっと自分たちらしさを色濃く反映させようとしたと思うんです。でも、強く意識せずとも自分たちの色が自然に滲み出てくるようになった。その実感は今回すごくあったかな。

エマ:楽曲の第一印象はアマチュア時代からデビュー当初にかけてのテイストだけど、その原点回帰をこれまでの経験も踏まえながら今の解釈でやる。そんな感覚に近かったです。当時だったらもうギラギラのギンギンになって、余計なものを足したりもしていたでしょうね。今だからこそシンプルに表現できたんだと思うし、そういう意味でも30周年に相応しい曲だなって思います。



菊地英昭(Photo by 渡邉一生)



――良い意味で非常に聴きやすいです。

吉井:歌もすごく口ずさみやすいし、一緒に「ヘイ!」って言いたくなりますよね。最近は親子連れの方がいたり、お客さんの幅も広がってきたので、たくさんの人が歌いやすいような曲にしたくて。それこそドームで映える楽曲でしょうね。

――ヴォーカルを入れる際にはどんなことに気をつけましたか?

吉井:この曲の歌に関しては、サウンドに導かれたところがありますね。余計なことはやらず、素材だけでしっかり香りを醸し出している楽曲なので、個性を出そうという意識も特になくて。むしろ滲み出ちゃったり、垣間見えたりするほうがこの曲には合っているなと。グルーヴも安定していたし、非常に歌いやすかったですよ。レコーディングの最中も「お、これは幅広い人に受け入れられそうだぞ」っていう予感がありましたし。

――レコーディングは吉井さんのプライベート・スタジオで行われたんですよね?

ヒーセ:あのスタジオの雰囲気も、まさに昔を思い出させるような感じでしたね。スタジオにいたのも最小限の人数だったし。

吉井:狭~いスタジオで膝を突き合わせるような感じでね。

エマ:うん、あの感じはすごく作品に反映されていると思う。

吉井:ぜひそういう場面も思い浮かべながら聴いてもらいたいですね。


未来に繋げていくようなライブをする

――そして12月4日、件の全国ツアーの公演映像やデモ音源なども追加収録した『9999』の“完結版”『30th Anniversary『9999+1』-GRATEFUL SPOONFUL EDITION-』が12月4日にリリースされます。

吉井:ようやく完成しました。特典やアウトテイクも含め、再集結以降のドキュメント性がさらに増した作品になりましたね。中でもやっぱりライブ映像が入っていることは大きなポイントで。それを観たあとに再度アルバムを聴くと、また違った感じ方ができるかもしれない。

ヒーセ:収録曲で言うと、最初に作った曲と最後に作った曲の制作時期には3年の隔たりがありますからね。加えてライブ映像やフォト・ブックレットも入っているので、サウンド面でもヴィジュアル面でも、僕らのこの3年間の歩みをコンプリートした作品になっていると思います。“+1”とは銘打ちながら、非常に大きなプラス・ワンですよ。



廣瀬洋一(Photo by 渡邉一生)



――デモ音源の収録は勇気が要りそうなものですが、ファンにとっては嬉しいでしょうね。

吉井:今後きちんとレコーディングして、いつか完成版を出す可能性もじゅうぶんありますよ。

――収録されているライブ映像は宮城セキスイハイムスーパーアリーナ公演の模様で、ツアーの中間地点となるわけですが、何か特別な思い入れがあったのでしょうか?

吉井:その日はダイヤの最終日でもあったんだよね。

ヒーセ:中間地点だったからこそ、そこを切り取ったのにはすごく意味があって。ダイヤの公演としては最終日だったけど、ツアーの中では中間地点なので、ちょうどその両面が混在している日なんですよ。

――なるほど。ちょうどアブラが乗ってきた頃であると同時に、気を引き締め直すタイミングでもあったと。

ヒーセ:あの日は、一つのロックンロール・ショーとして完成されたものをお見せできた自信が特にあります。もちろん写真集も素晴らしいですよ。これだけ別売りしてもいいんじゃないかってレベル。全て未公開の写真になっているので。

アニー:綺麗な写真なんだけど、ちゃんとアートっぽいんだよね。

ヒーセ:特典のトランプにも写真が載っているんですけど、それはそれですごくイイんです。改めて『9999+1』は、『9999』のヴィジュアル面を完全に補完できているパッケージになっているなって思います。

――そして、いよいよ年末からは計4公演のドーム・ツアーがスタートします。東京ドームは2年半ぶり、京セラドームは19年ぶり、ナゴヤドームに至っては自身初になりますね。

吉井:実はもうリハを始めていて、すごく手応えを感じています。前回のツアーから時間が経っていない分、いい流れを保ったままなので、本当に楽しみにしていただきたい。最新のTHE YELLOW MONKEYを堪能していただけると思います。



▲THE YELLOW MONKEY – 30th Anniversary DOME TOUR (teaser)


――4公演それぞれセットリストが異なるとか。

吉井:先のアリーナ・ツアーで味を占めました (笑)。ある意味で予告だったんじゃないかっていう(笑)。

ヒーセ:30周年のタイミングでドーム・ツアーができるのは本当に喜ばしいことですよ。日本で言ったら最大規模の会場で祝福してもらえるわけですから。僕らも新しく手に入れたもので、未来に繋げていくようなライブをするつもりです。このツアーが本当の意味での集大成になると思います。再集結以降では披露していない曲もまだまだあるので、それらも上手くセットリストに散りばめたいですね。

エマ:もはや毎日が初日であり最終日みたいなものですから、一本一本への向き合い方、気合の入れ方に関しては、これまでのどのライブやツアーとも違った感じになるでしょうね。この4日間は自分のキャリアにおいても、最大限のことに挑戦する日々になるんじゃないかな。

アニー:今年は19年ぶりのオリジナルアルバムを出して、それを掲げた全国ツアーを回ったことで、ものすごい武器を手に入れた手応えがあるし、何かが体中に漲っているのが分かるんです。それはきっと、ドームで表現するのに相応しいものなんじゃないかって思います。もう早くやりたくてしょうがない。このドーム・ツアーを見たら、また次のTHE YELLOW MONKEYを見たくなる、そんなライブにしたいと思っています。

吉井:もちろんお祝いに集まってくださるファンの方々に向けて、感謝の気持ちも強く込めるつもりです。次の周年に向けた新たなスタートの日でもあるので、その節目の瞬間を皆さんと分かち合いたいですね。



▲THE YELLOW MONKEY『9999+1』-GRATEFUL SPOONFUL EDITION-ティザー映像




Interview by 池田スカオ和宏

THE YELLOW MONKEY「30TH ANNIVERSARY 9999+1 GRATEFUL SPOONFUL EDITION」

30TH ANNIVERSARY 9999+1 GRATEFUL SPOONFUL EDITION

2019/12/04 RELEASE
WPZL-31703/4 ¥ 8,580(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ボナペティ -OPENING-
  2. 02.この恋のかけら
  3. 03.天道虫
  4. 04.Love Homme
  5. 05.Stars (9999 Version)
  6. 06.Breaking The Hide
  7. 07.ロザーナ
  8. 08.Changes Far Away
  9. 09.砂の塔
  10. 10.Balloon Balloon
  11. 11.Horizon
  12. 12.Titta Titta
  13. 13.ALRIGHT
  14. 14.I don’t know
  15. 15.ボナペティ -ENDING-
  16. 16.ダレカニ -demo-
  17. 17.eien -demo2015-

関連キーワード

TAG

関連商品

1228
吉井和哉「1228」

2018/06/06

[Blu-ray Disc]

¥35,648(税込)

オトトキ 豪華版
THE YELLOW MONKEY「オトトキ 豪華版」

2018/03/28

[Blu-ray Disc]

¥7,480(税込)

オトトキ
THE YELLOW MONKEY「オトトキ」

2018/03/28

[Blu-ray Disc]

¥5,280(税込)

オトトキ
THE YELLOW MONKEY「オトトキ」

2018/03/28

[DVD]

¥4,180(税込)

39108
吉井和哉「39108」

2015/05/27

[CD]

¥2,547(税込)

STARLIGHT
吉井和哉「STARLIGHT」

2015/03/18

[CD]

¥3,300(税込)

STARLIGHT
吉井和哉「STARLIGHT」

2015/03/18

[CD]

¥4,180(税込)

クリア
吉井和哉「クリア」

2015/01/28

[CD]

¥1,320(税込)

18
吉井和哉「18」

2013/01/23

[CD]

¥3,666(税込)

18
吉井和哉「18」

2013/01/23

[CD]

¥6,076(税込)

The Apples
吉井和哉「The Apples」

2011/04/13

[CD]

¥3,143(税込)

The Apples
吉井和哉「The Apples」

2011/04/13

[CD]

¥4,085(税込)

The Apples
吉井和哉「The Apples」

2011/04/13

[CD]

¥3,143(税込)

The Apples
吉井和哉「The Apples」

2011/04/13

[CD]

¥4,085(税込)

LOVE & PEACE
吉井和哉「LOVE & PEACE」

2011/02/16

[CD]

¥1,257(税込)

LOVE & PEACE
吉井和哉「LOVE & PEACE」

2011/02/16

[CD]

¥1,257(税込)

VOLT
吉井和哉「VOLT」

2009/03/18

[CD]

¥3,143(税込)

VOLT
吉井和哉「VOLT」

2009/03/18

[CD]

¥4,085(税込)

VOLT
吉井和哉「VOLT」

2009/03/18

[CD]

¥3,143(税込)

VOLT
吉井和哉「VOLT」

2009/03/18

[CD]

¥4,085(税込)

ビルマニア
吉井和哉「ビルマニア」

2009/01/28

[CD]

¥1,047(税込)

ビルマニア
吉井和哉「ビルマニア」

2009/01/28

[CD]

¥1,047(税込)

バッカ
吉井和哉「バッカ」

2007/12/19

[CD]

¥1,047(税込)

バッカ
吉井和哉「バッカ」

2007/12/19

[CD]

¥1,572(税込)

バッカ
吉井和哉「バッカ」

2007/12/19

[CD]

¥1,047(税込)

バッカ
吉井和哉「バッカ」

2007/12/19

[CD]

¥1,572(税込)

1228
吉井和哉「1228」

2018/06/06

[Blu-ray Disc]

¥35,648(税込)

オトトキ 豪華版
THE YELLOW MONKEY「オトトキ 豪華版」

2018/03/28

[Blu-ray Disc]

¥7,480(税込)

オトトキ
THE YELLOW MONKEY「オトトキ」

2018/03/28

[Blu-ray Disc]

¥5,280(税込)

オトトキ
THE YELLOW MONKEY「オトトキ」

2018/03/28

[DVD]

¥4,180(税込)

砂の塔
THE YELLOW MONKEY「砂の塔」

2016/10/19

[CD]

¥1,320(税込)

ヨジー・カズボーン~裏切リノ街~
吉井和哉「ヨジー・カズボーン~裏切リノ街~」

2015/12/09

[CD]

¥3,300(税込)

SUPERNOVACATION
吉井和哉「SUPERNOVACATION」

2015/05/27

[CD]

¥2,750(税込)

The Apples
吉井和哉「The Apples」

2015/05/27

[CD]

¥2,547(税込)

VOLT
吉井和哉「VOLT」

2015/05/27

[CD]

¥2,547(税込)

39108
吉井和哉「39108」

2015/05/27

[CD]

¥2,547(税込)

STARLIGHT
吉井和哉「STARLIGHT」

2015/03/18

[CD]

¥3,300(税込)

STARLIGHT
吉井和哉「STARLIGHT」

2015/03/18

[CD]

¥4,180(税込)

クリア
吉井和哉「クリア」

2015/01/28

[CD]

¥1,320(税込)

バンチド バース
THE YELLOW MONKEY「バンチド バース」

2013/12/04

[CD]

¥1,650(税込)

パンチドランカー
THE YELLOW MONKEY「パンチドランカー」

2013/12/04

[CD]

¥2,640(税込)

THE YELLOW MONKEY「8」

2013/12/04

[CD]

¥2,640(税込)

ソー・アライブ
THE YELLOW MONKEY「ソー・アライブ」

2013/12/04

[CD]

¥2,640(税込)

シックス
THE YELLOW MONKEY「シックス」

2013/12/04

[CD]

¥2,640(税込)

マザー・オブ・オール・ザ・ベスト
THE YELLOW MONKEY「マザー・オブ・オール・ザ・ベスト」

2013/12/04

[CD]

¥3,630(税込)

フォー・シーズンズ
ザ・イエロー・モンキー「フォー・シーズンズ」

2013/12/04

[CD]

¥2,200(税込)

スマイル
ザ・イエロー・モンキー「スマイル」

2013/12/04

[CD]

¥2,200(税込)

ジャガー・ハード・ペイン
ザ・イエロー・モンキー「ジャガー・ハード・ペイン」

2013/12/04

[CD]

¥2,200(税込)

18
吉井和哉「18」

2013/01/23

[CD]

¥3,666(税込)

18
吉井和哉「18」

2013/01/23

[CD]

¥6,076(税込)

18
吉井和哉「18」

2013/01/23

[CD]

¥3,666(税込)

18
吉井和哉「18」

2013/01/23

[CD]

¥6,076(税込)

RED TAPE “NAKED”
THE YELLOW MONKEY「RED TAPE “NAKED”」

2012/12/03

[DVD]

¥11,000(税込)

The Apples
吉井和哉「The Apples」

2011/04/13

[CD]

¥3,143(税込)

The Apples
吉井和哉「The Apples」

2011/04/13

[CD]

¥4,085(税込)

The Apples
吉井和哉「The Apples」

2011/04/13

[CD]

¥3,143(税込)

The Apples
吉井和哉「The Apples」

2011/04/13

[CD]

¥4,085(税込)

LOVE & PEACE
吉井和哉「LOVE & PEACE」

2011/02/16

[CD]

¥1,257(税込)

LOVE & PEACE
吉井和哉「LOVE & PEACE」

2011/02/16

[CD]

¥1,257(税込)

VOLT
吉井和哉「VOLT」

2009/03/18

[CD]

¥3,143(税込)

VOLT
吉井和哉「VOLT」

2009/03/18

[CD]

¥4,085(税込)

VOLT
吉井和哉「VOLT」

2009/03/18

[CD]

¥3,143(税込)

VOLT
吉井和哉「VOLT」

2009/03/18

[CD]

¥4,085(税込)

ビルマニア
吉井和哉「ビルマニア」

2009/01/28

[CD]

¥1,047(税込)

ビルマニア
吉井和哉「ビルマニア」

2009/01/28

[CD]

¥1,047(税込)

バッカ
吉井和哉「バッカ」

2007/12/19

[CD]

¥1,047(税込)

バッカ
吉井和哉「バッカ」

2007/12/19

[CD]

¥1,572(税込)

バッカ
吉井和哉「バッカ」

2007/12/19

[CD]

¥1,047(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    Kis-My-Ft2、東京ドーム公演の模様がユニカビジョンで放映決定

  2. 2

    【ビルボード 2019年間 HOT 100】米津玄師「Lemon」計5冠で日米ビルボード HOT 100史上初の2年連続制覇達成<12/6修正>

  3. 3

    『BOURGEOIS MAGAZINE』カバーモデルにSixTONESのジェシー、イ・ハイ、 片寄涼太

  4. 4

    【ビルボード 2019年間 シングルセールス】AKB48がTOP3独占、乃木坂46、BTSが続く

  5. 5

    Spotifyが2019年の日本・世界の音楽シーンを振り返るランキングを発表

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像