Billboard JAPAN


Special Contents

スノー・アレグラ初来日記念特集 ~コモン、ドレイク、ジョン・メイヤー、そしてプリンスの眼鏡にも適った美貌R&Bシンガーの実像に迫る



top

 コモンを初期から支え、カニエ・ウェストのメンターとなったシカゴの大御所ヒップホップ・プロデューサーであるノー・I.D.。ドレイク、カニエ、ジェイ・Zらの全米トップ5ヒットも手がけた彼が送りだした美貌のR&Bシンガー、スノー・アレグラがこの秋、ついに初来日公演を行う。コモン、ヴィンス・ステイプルズ、ロジックといった実力派ラッパーたちから、ジョン・メイヤーとまでコラボレーションを経験し、ドレイクが大ヒット作の中でその歌声をサンプリングし、生前のプリンスの眼鏡にも適ったスノー・アレグラとは何者なのか? ミステリアスなこの女性シンガーの実像に迫る。

コモン、ドレイク、ジョン・メイヤー、そしてプリンスの眼鏡にも適った美貌R&Bシンガー

 ノー・I.D.が立ち上げた自主レーベル ARTiumの新人としてシーンに登場したスノー・アレグラ。2012年には、ノー・I.D.が当時バックアップしていたミッキー・ホールステッドの「Pain」のビデオにカメオ出演していたが、おそらく多くの人が初めてその名を認識したのは、コモンの2014年作『Nobody’s Smiling』ではないだろうか。この話題作に収録された「Hustle Harder」にフィーチャリング・アーティストとして名を記され、冒頭でブルージーな歌声を聞かせていたのが彼女だった。そして同作発売の3ヵ月後には、そのコモンをフィーチャーした「Bad Things」を発表し、翌月、ノー・I.D.全面プロデュースのEP『There Will Be Sunshine』でメジャー・デビューを果たしたのだった。

 以降、スノー・アレグラは、RZAのプロデュースによる、ソウルフルな「Emotional」といったシングルや、BBNG、フランク・デュークス、ボーイ・ワンダといったトロント勢から、スタジオの外でばったり出会ったジョン・メイヤーまでも駆けつけたEP『Don’t Explain』を発表し、Pitchforkの年間ベスト4位に選出されるなど称賛されたヴィンス・ステイプルズの『Summertime ’06』(2015年)へのゲスト参加など活動を続けていったが、最初に注目されたのは、やはりドレイク『More Life』への参加だろう。これは、『Don’t Explain』に参加していたボーイ・ワンダが橋渡ししたもの。新作をレコーディング中のドレイクのためにボーイ・ワンダが彼女の歌声を求め、ちょうど書き上げたばかりの「Time」というバラードのアカペラ音源を送ったところ、気に入られて、2017年3月にサプライズ・リリースされたドレイク『More Life』の最後を飾る「Do Not Disturb」の全編でサンプリングされることとなったのだ。彼女はちょうど、その1ヵ月後の4月にデビュー・アルバム『FEELS』をリリース予定であり、まさに絶好のタイミングでの採用だったと言える。ちなみに、『FEELS』に収録された「Time」は2009年に亡くなった父親を想って書いた曲であり、奇しくも『More Life』はドレイクの父親がアートワークを飾る作品でもあった。



▲Snoh Aalegra – Emotional



▲Drake – Do Not Disturb

 そして本格的なブレイクは、『FEELS』発売よりさらに1年以上先、2018年後半のこと。『There Will Be Sunshine』のデビューから数えて4年。しかし実は彼女は、すでに10年近いキャリアを誇るシンガー・ソングライターであり、最初にレコード契約を手にしたのは今から19年近くも昔のことだ。

 スノー・アレグラはスウェーデン出身。イランからスウェーデンへと移り住んだペルシア人の両親のもと、1987年に誕生した。本名はシェリー・ノールージといい、スノーは幼少期からの彼女のニックネームから、イタリア語で「陽気な」などを意味するアレグラは「もっとハッピーな人間になれるかも」という想いを込めて付けたもの(綴りは変えてある)。なお、後に彼女はスノーを正式な名前としており、現在の本名はスノー・シェリー・ノールージになっているようだ(ファーギーに触発されたのだろうか?)。

 ペルシア語、スウェーデン語、英語のトリリンガルとして育った彼女だが、一般的なペルシア人家庭とは違い、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、スティーヴィー・ワンダーなどをこよなく愛する母親の影響で、アメリカのソウル~ポップスに幼少期から親しんでおり、9歳で初めて自作した楽曲も、第三言語である英語で書いたのだとか。この頃から歌手になる夢を持ち、母親の応援もあって、13~14歳の時にはソニー・スウェーデンとの契約を手にしている。学校終わりにスタジオに通い、シンガー・ソングライターとしての才能を育む一方、ソニーからのデビューは叶わなかったものの、その後、2009年に「シェリー」名義でデビュー。翌年にはアルバム『First Sign』を発表した。ジャック・スプラッシュからガンズのリチャード・フォータスまで参加した同作からは、映画『イージーマネー』の主題歌に起用された「U Got Me Good」がスウェーデンのチャートで最高2位のヒットとなっている。



▲Sheri時代のプロモーション映像

 しかし、「自分を特別な存在と思ってはならない」といった、謙虚さを尊び競争を忌む価値観(いわゆる「ヤンテの掟」)が根強いスウェーデンにあって、彼女の夢は大きすぎた。なにせ、初めての自作曲を全編英語で書き、子供の頃から母国の小さな町を飛び出してアーティストとして成功したいと考えていたのだから。ほどなくして国外へと飛び出した彼女は、ロンドンを経てLAへと渡り歩き、現在の彼女のホームとなっている。

 レコーディングでも訪れたLAだったが、彼女をかの地に導いた背景には、ノー・I.D.の存在があるだろう。というのも、ノー・I.D.が交際し、2011年に結婚した女性は、スノー・アレグラの従姉妹イザベルだったのだから(スノーのマネージャーでもある)。ゆえに、ノー・I.D.のARTiumと契約することになったのも、自然の成り行きと言えるだろう。
 こうして彼女は「スノー・アレグラ」という新たな名前でLAから心機一転を図るわけだが、彼女が打ち出した「シネマティック・ソウル」と謳うその音楽性は、やはりノー・I.D.なくして語れない。それはサウンドだけでなく、ボーカルにおいても。ポップ・シンガー然としていたシェリー時代とは大きく異なり、エイミー・ワインハウスらと比較される今の彼女の歌唱スタイルは、ノー・I.D.の指導によって確立されたようなのだ。彼女は2015年のi-Dのインタビューの中で、「彼はヒップホップ・プロデューサーだけど、ボーカル面でもプロデュースしてくれた。ノー・I.D.は私に、これまでと全く違う歌い方を教えてくれたの。さながら演技レッスンみたいに。そのおかげで、これまで使ったことのない自分の声を発見できた」と話している。


この投稿をInstagramで見る

Happy born day to my big bro @cubansoze 🖤 ✨ I can’t THANK YOU enough for being the light that you are in my life. I wouldn't be where I am today or be able to handle this bizarre music industry if it wasn't for your help and guidance. You make me feel like anything is possible and you have always lift me up in times when others have doubted me. Thank you for continuing inspiring me and the world with your talent and wisdom, it’s so rare and beautiful to see someone of your caliber stay consistent and true to themselves the way that you have. You never compromise what you stand for and for that you are a living legend. ✨ May God bless you with everything your heart and soul truly desires. ❤️ Love you always

Snoh Aalegraさん(@snohaalegra)がシェアした投稿 -


 そして、生まれ変わった彼女を最初に“発掘”したのは、あのプリンスだった。2014年、まだデビューEPリリース前に数曲をネット上にアップロードしていただけの時点で、プリンスから連絡をもらったのだ。以降、コンサートに招待されるなど交流を持ち、両者にはコラボをしようという話もあった(が、実現する前にプリンスが旅立ってしまった)。そして、彼女が「Emotional」を最後にEpicとのメジャー契約を終え、インディペンデントの道を志したのも、プリンスの影響が大きいのだという。彼女がインディへ移っての第一弾リリースとなったEP『Don’t Explain』は、2016年4月8日――すなわちプリンス逝去のおよそ2週間前に発表されている。



NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 音楽的アイドルたちへのオマージュが散りばめられた最新アルバム
  3. Next >




音楽的アイドルたちへのオマージュが散りばめられた最新アルバム

 さて、ドレイク『More Life』の1ヵ月後、2017年4月にデビュー・アルバム『FEELS』を発表したスノー・アレグラは、同年後半にダニエル・シーザーが敢行した世界ツアー北米公演での前座を務め、2018年8月には収録曲「Out Of Your Way」に新たにルーク・ジェイムスを迎えたデュエット・バージョンを発表するなど、時間をかけて『FEELS』のプロモーションを継続。これが功を奏したのだろう、昨年9月を機に、『FEELS』から「Nothing Burns Like The Cold」と「Fool For You」の人気に火が点くことになる。



▲Snoh Aalegra - Nothing Burns Like The Cold (Lyric Video) ft. Vince Staples

 クリスチャン・リッチが制作し、ヴィンス・ステイプルズとの再共演となった「Nothing Burns Like The Cold」は、ちょうどアレッシア・カーラの前年の大ヒット「Here」でも使用されていたサンプリング・クラシック=アイザック・ヘイズの「Ike’s Rap II」使いのドラマティックなトラックに、彼女のハスキーかつソウルフルな歌声が響く様が、まさに“シネマティック・ソウル”と呼ぶべき楽曲。2018年9月からiPhone XSおよびiPhone XS MaxのCMに起用されたことも大きく影響し、リリック・ビデオの再生回数は150万回を超えるなど、彼女の代表曲のひとつとなっている。またiPhoneのCM抜擢の直前には、人気YouTube番組『A Colors Show』に出演。ここで披露されたメロウなバラード「Fool For You」は、人気ドラマ『インセキュア』第3シーズンでも使用されるなど、こちらもまた彼女の楽曲において一二を争う人気曲だ。



▲Snoh Aalegra - Fool For You | A COLORS SHOW

 この勢いを背景に、2019年、彼女はプロモーションやマーケティング機能なども持つ次世代デジタル・ディストリビューターの雄であるAWALとの契約を発表。ニュー・アルバム『- Ugh, those feels again』をこの8月に発表した。

 前作『FEELS』の続編という意味合いも込められたタイトルのこの新作だが、明確な変化を見せる作品でもある。彼女は、夜が明けるまで続くような深夜のセッションを止め、「健康的なアプローチ」で今回は制作したそうだが、彼女自身も言及するとおり、特に「A面」にあたる前半7曲には「もっとアップテンポだったり、もっとハッピーだったり」とポジティブな――彼女の芸名を借りればアレグラな――雰囲気が漂う。本作からの第一弾リード曲でもあった「I Want You Around」の夢見心地な雰囲気からしてそうだし、続く「Situationship」での90sヒップホップ・ソウル的なグルーヴに乗る姿も新鮮だ。ブライソン・ティラー作品で知られるネスとロブ・ハラデイらによる制作の「I Want You Around」は、8月時点で米アダルトR&Bエアプレイ・チャートのトップ20入りを果たしており、彼女にとって米ビルボード誌に初めてチャートインした楽曲に。相手役をエイサップ・トゥエルヴィが務めている愛らしいミュージック・ビデオのYouTube再生回数も200万回を突破、彼女の新たな代表曲となっている。



▲Snoh Aalegra – I Want You Around

 『- Ugh, those feels again』は、前作に続いてノー・I.D.がエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、自身、数曲のプロデュースも手がけているが、ノー・I.D.を除く、制作陣のほとんどの顔ぶれは一新されている。「Situationship」は、ゴールドリンク最新作『Diaspora』やビヨンセによる『The Lion King: The Gift』での活躍で人気急上昇中のP2Jが手がけたもの。他にも、ダニエル・シーザーのプロデューサー/マネージャーであるマシュー・バーネットから、D・マイル(ビヨンセ&ジェイ・Z、ラッキー・デイなど)、マニーシュ(ドレイク、dvsnなど)、ジョナ・クリスチャン(ノーマーニ&ブラック、ジェイ・プリンスなど)、ジョエル・コンパス(ジョージャ・スミス、ティナーシェなど)といったフレッシュな名が並ぶ。また制作陣で言えば、マーカス・セマージ(マーカス・ジェイムス)の貢献も目を惹くところ。人気を呼んだ「Fool For You」のソングライターだった彼は今回、「I Want You Around」、「Find Someone Like You」など半数の7曲に関わっている。

 前作とは一転、ゲスト・アーティストを一切排しているのも『- Ugh, those feels again』の特徴であり、特長だろう。つまり、改めてスノー・アレグラがどんなアーティストであるのかを表現し、はっきり打ち出そうとするものなのだ。本作には、彼女の音楽的アイドルたちへのオマージュが散りばめられている。「I Want You Around」でスティーヴィー・ワンダー(の『Innervisions』)に言及したかと思えば、トロント勢とトロントで実際にレコーディングされたその名も「Toronto」では自身も認めるとおりプリンスを意識している。「You」で聞かせるハイトーンはジャネット・ジャクソンを想起させるだろうし、ノー・I.D.絡みの「I Didn’t Mean to Fall in Love」ではローリン・ヒルがちらつく瞬間もある。自らを「オールドスクール」だと認める彼女は本作について、「(前作に続いて)変わらずオールドスクールなヴァイブでありつつも、ニュースクールな面もある」と表現しているが、「ニュースクール」という言い回しは、無闇に流行に寄せることなく、彼女のオールドスクールな魅力を現代的な感覚でさらに磨き、引き立たせ、輝かせたようなこのアルバムに相応しい表現ではないだろうか。




 そして、この新作『- Ugh, those feels again』発表から2ヵ月と経たない2019年10月1日(火)、スノー・アレグラがビルボードライブ東京で初来日公演を行う。母国スウェーデンを含む欧州公演を経ての来日ということで、バンド・メンバーとの呼吸もしっかり整っていることだろう。エヴァ・メンデスやナタリー・ポートマンらを引き合いに出される美貌、シンディ・クロフォードら90年代のスーパーモデルたちを敬愛するファッション・センスとスタイルの良さで、伊ヴォーグ誌にもフィーチャーされるスノー・アレグラ。天性の華やかさを兼ね備え、さながら女優の佇まいで響かせる彼女の「シネマティック・ソウル」を間近で味わえる貴重な機会となるはずだ。



関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」がシングル27.7万枚差を逆転、嵐「BRAVE」を抑えて総合1位獲得

  2. 2

    【先ヨミ速報】AKB48『サステナブル』が1,579,966枚を売り上げミリオン突破

  3. 3

    龍玄とし(Toshl)【マスカレイド・展】開催記念インタビュー

  4. 4

    【ビルボード】嵐『BRAVE』が70.8万枚売り上げてSGセールス首位獲得 2位には米津『馬と鹿』が40万枚越えでチャートイン

  5. 5

    Billboard Japan Hot 100

HOT IMAGES

注目の画像