Billboard JAPAN


Special Contents

FABLED NUMBER 『I Bet My Life (or Death)』 インタビュー



FABLED NUMBER 『I Bet My Life (or Death)』 インタビュー

「シンプルに自分たちの一番アッパーな曲を今リリースするのには意味がある」

昨年行われた【SUMMER SONIC 2017】大阪公演でも注目を集めた関西出身の6人組ロックバンド FABLED NUMBERが、2018年6月20日に1stシングル『I Bet My Life (or Death)』をリリース。本作について「(自分たちにとって)今まで以上にアッパーな曲で、ダンス・ミュージックの新しいカタチ」だとN'Taichi(Ba/Cho)は言う。また、N'Eita(Gt/Vo)は「シンプルに自分たちの一番アッパーな曲を今リリースするのには意味がある」と、その心境を語った。

せめて音楽は好きなものを聴いてほしい

FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー
▲(左)N'Eita、(右)N'Taichi

--まずFABLED NUMBERってどんなバンドか教えていただきたく。過去作含め聴いていると、パンク要素も持ち合わせていたり?

N'Taichi:だいぶパンクですね、パンク精神という意味合いですけど。音楽的にはポップ・パンクなんですよ。聴いてきたのもポップ・パンクの時期は長かったかな。バンドをやりはじめた頃によく聴いてたのはヘヴィメタルとかなんですけど、自分で作る音楽はこれじゃないなと思ったときに、海外のポップ・パンク、いわゆるアメリカ西海岸系ね、そういった疾走感があって開放感のあるような楽曲をよく好んで聴いてましたね。今回の『I Bet My Life(or Death)』の曲も、そこからとってきたもの、自分の経験からとってきたものが大きかったかな。

N'Eita:僕もオール・アメリカン・リジェクツだったらアルバム全部持ってるし、ポップ・パンク系の音楽もだいぶ好きです。それとマルーン5とか、ボーカルにセクシーな雰囲気があってパンク過ぎないというか、歌声の絶妙な細さとかにハマりましたね。

--現在バンドはダンスロックとして打ち出しいますよね?

N'Taichi:海外で主流となっている音楽のジャンルが日本では浸透していなかったりするじゃないですか。それは日本の人にも分かりやすい言葉にして伝えていかなきゃなという意識は常にあって、そうしたりすることもありますね。文言決めたりするときとか、何するにしても。

--最近の活動において、リスナーに対してのアプローチはどんなことを心がけていたり?

N'Taichi:俺もエイタもライブキッズ出身っていうのもあって、メロコアとかポップ・パンクにのってダイブやモッシュをしていた事もあるんです(笑)。自分たちが楽しんできたようにお客さんにも楽しんでほしいといった思いもやっぱりあるんで、今回のシングル曲とかはその原点回帰できたんじゃないかなって意識は強いですね。

N'Eita:僕らはバンドやったり好きなことをやって暮らせる状況になってるけど、そう出来ない人もいるし、大きい夢を持ってる人間はすべてじゃない。なんか意識高い人が正義みたいな風潮っていま感じるんですよね。いまこんだけ色んな人が繋がって、いろんな情報にアクセスできて、その中には見たくないものもあったりして。本当はあの人みたいに生きたいなって思っても、環境とかによって無理な人もいるわけで。そんな社会のなかで、「せめて好きな音楽くらいは聴いてほしいな」と思う。友達とか、だれか自分にとって影響力のある人が「これいい」って言ってたからその音楽を聴くってのは違うと思う。で、そんな好きな音楽の一つに自分たちも入りたいって思うし、その人の一番好きなバンドになりたいって思いますね。一つの音楽だけではなかなか叶わないかもしれないけど、6人揃って、FABLED NUMBERだったらそれができるかもしれないって思いますね。まあ僕らでさえ気に食わないことはたくさんあるけど、学校や会社に行ってたらもっとあるんだろうし、好きに生きてて好きなこと出来て、好きな音楽を聴けたらなおよしだと思うんですけど、現実そうもいかない。「なんか俺の人生もっと好転していったらな」とか思ってるような人も、別に目的意識なく生きるのも良いと思ってるんで、その中でもせめて音楽は好きなものを聴いてほしい。そのなかに僕らも入り込みたい。そうなったら、自分らも一生懸命曲を作って、歌って演奏してやっていくことが意味のあることなのかなって思いますね、最近特に。

俺たちの音楽は前向きじゃなきゃ絶対できない

FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー
▲ N'Taichi

--SNSでのコミュニケーションが当たり前ですからね、インフルエンサーみたいな存在もいたり。個人的にはそれも良いと思うんですけど。

N'Taichi:そうそう。そんで集団心理っていうのがはたらくじゃないですか、それこそ日本中でこれだけの人がやっていたら頻繁に。「みんながこれ好きって言ってたら、私もこれ好き」って、だからバンド自体がその(好きって言われる)レベルに行かないと、とは思いますね。そこへ行ったら単純に今以上の人に音楽を届けられるわけだし、そりゃ好きになってもらえるほうがいいですよね。俺たちは皆が「FABLED NUMBERが好き」って、いつでも自信持って言ってもらえるような活動をずっと続けてますから。

--社会に対しても前向きに適応していく的な?

N'Taichi:まあ俺たちの音楽は前向きじゃなきゃ絶対できないような音楽なんで、ライブ性だったり、人間性も含めて。だから前向きにやっていかなきゃモチベーションを保つのも結構しんどいこともあるんですよね(笑)。俺は俳優じゃないから、ライブ出るときもそうだし、曲作るときもそうだし、「こういうのがやりたい!」って思った通りに表現してしまうんで。

--N'Eitaさんはフロントマンとして、FABLED NUMBERをどう見せていきたい?

N'Eita:イベントによってFABLED NUMBERに求められるものはあるわけじゃないですか。自分らのワンマンと、他のバンドのお祝いとか対バンで呼ばれるライブとでは、そりゃ全然違ってくると思うんですけど、30分やろうが1時間30分やろうがどっかで「俺達はこうだぞ!」って姿を見せる瞬間はそれぞれにあるんですよ。今日はこういう切り口で攻めようとかっていう変化はあるんですけど、ピークをどこに置くかなんてのは当たり前ですけど考えませんよね。バンドの色みたいなものが自分らの売りものなので、そりゃどこかで見せなきゃという意識はあるんですけど、というか見せなあかんよね(笑)。

--大阪出身のお二人ですが、関西と関東でライブをやっていて感じる違いはあります?

N'Taichi:関西の人は熱量が異常なところまで達するんですよね。それが(関東との)人数の差もあるとは思うんだけど、こっちの想像を超えてくる熱さと言うか、思わず「本当にありがとうー!」って叫んじゃうみたいな感じで、それは関東でもあるんですけど。でも、強いて比べるならちょっと曲の捉え方が違うのかなって思うところもあって、東に行けば行くほど、しっかり曲を聴きたい人の割合が少し多いのかなって思うことはありますね。

N'Eita:大阪と名古屋はずっと活動してきた土地ですし、昔からFABLED NUMBERをずっと見てくれている方もいて自分なりの盛り上がり方も知ってると思うし、僕らの音楽も変わってきているんで、場所で比べたらお客さん層も違いはでてきますよね。まあワーッ!ってくるのは地元(大阪)のお客さんですよ、土地柄もあるかもしれないですけど(笑)。

N'Taichi:たぶん自分らもそうだからかもしれないですけど、同じ地元だから湧いてくるもんとか、熱みたいもんはあるんじゃないんですかね(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「あー楽しかったな!!」って爽快感がうまれるような、明快な豪快なイメージ
  3. Next >
インタビュー写真

FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー


前向きに激しく演奏して、激しく暴れて、
「あー楽しかったな!!」って爽快感がうまれるような、明快な豪快なイメージ

--(「I Bet My Life(or Death)」MV鑑賞中)

N'Eita:ここ東京にあるクラブなんですよね。よく撮れてるわー。

N'Taichi:きたー! リンキン・パークばりのカット!(笑)

一同:(笑)

N'Eita:この最後、7階から1階まで落ちてるんですよ!(笑)

FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー

N'Taichi:うわーっ!てな。あれは一番大変だった、キャッチする身のことも考えてほしいわ。

--バンドメンバーでそういった演出も?

N'Taichi:そうそう、細かいところまで自分らでやって、こうやって映像もちゃんと仕上げてもらいましたね。

N'Eita:この(MVにある)シーン以外に、金ピカのクラブのトイレで3回丸々歌ったんですけど、全部カットされてるんですよ! 「便器も映ってるけど、それ以上にカッコよく歌ってくれれば大丈夫!」って言われて、めっちゃカッコつけて3回も歌ったのに丸々カットですよ(笑)。

一同:(笑)

--FABLED NUMBERの届ける最新ダンスナンバー「I Bet My Life(or Death)」ということで、安直ですが「人生かけて楽しむ姿」だとか「命かけて一生懸命になる姿」などを素直に感じました。

N'Taichi:まあ簡単に言うのは大事(笑)。まず俺らも、これをリードにするってなったときも今まで以上にアッパーな曲で、ダンス・ミュージックの新しいカタチとして、そのシーンの好きな子達には特に浸透していったら良いなと皆で話し合って、こういった作品を作っていったんですよ。俺らの根底にあるポジティブシンキングで、俺らのライブパフォーマンスでテンションを上げてもらって、汗かいて、ぐちゃぐちゃになってもらいたいってのを目指しているのがこの曲「I Bet My Life(or Death)」だから、前向きに激しく演奏して、激しく暴れて、「あー楽しかったな!!」って爽快感がうまれるような、明快な豪快なイメージを持ってつくってますね。

--まさしくライブバンドの在り方ですよね。

N'Taichi:それはそうですよ! 限界値を超えれるようなテクニックというか、要素はところどころに散りばめているし、お客さんには「なんかこの部分カッコいいな」とか、サウンドも疾走感とかも、そういうFABLED NUMBERの新しい最高にアッパーな曲で、英詩がメインというのもあるから、まず外側の部分というか「ライブ行ってわちゃわちゃ楽しみたいな」って思ってもらえたら一番いいっすね。

--カップリング曲「Windshield」もまたシンプルなEDMといいますか、ディスコナンバーを感じさせますね。

N'Taichi:こっちはザ・EDMみたいな感じですよね。メジャーデビューしてからアルバム2作を出して来たんですけど、そこからバンドとしてもこういった曲調を押しているのもあって、「I Bet My Life(or Death)」のアッパーさに釣り合うくらいのテンポ感にしてますね。簡単に言うと、激しいアップテンポのダンスミュージック……をやった。

一同:(笑)

N'Taichi:あとシングルでもバランスを考えますね。「Windshield」は2曲目だったし、1曲目と3曲目の間で一番いいバランスのテンポ感がいいなとか。

--それも踏まえてなんですが、FABLED NUMBERの楽曲や作品にドラマチックさを感じます。

N'Taichi:それはね、なんか作ってたらそうなってしまうんですよね(笑)。例えば、アルバムでリードトラックはこの曲って決めてても、次につくる曲つくる曲にもドラマ性があってその感じもいいなって思って、リードトラック候補がどんどん増えていく。そして、悩んじゃう、みたいなのはありますね。

--どの曲にも愛着がどんどん湧いていって悩む、的な(笑)

N'Taichi:だからもう「これはリードじゃなくても一番いい曲にしてやるんだ」って意気込んで作ってて、でもその後に「これは作品のリードじゃない!リードじゃない!」ってバランスを考えてちょっとアレンジしたり。作業量的にも、ちょっと今後は作品の構成とかもしっかり考えていきたいとは思ってますね(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. シンプルに自分たちの一番アッパーな曲を今リリースするのには意味がある
  3. Next >
インタビュー写真

FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー


シンプルに自分たちの一番アッパーな曲を今リリースするのには意味がある

--FABLED NUMBERというバンドが目指しているサウンドとかはあるんでしょうか?

N'Taichi:目指しているサウンドはありますね。でも、いまやっている音楽の作り方はDJとかトラックメイカーの作業に近くて、バンドと少し違うんですよね。

FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー
▲ N'Eita

N'Eita:ホント違いますね。今回のシングル関連で少し話しますと。以前から思ってるんですけど、FABLED NUMBERは6人のバンドでやっていて、別にDJやっているわけでもない。そして海外のEDMと日本のEDMの環境が違っていて、日本だと【ULTRA JAPAN】行く人と【ROCK IN JAPAN FESTIVAL】行く人の客層はまったく違う。自分たちは去年【サマーソニック】に出させてもらったんですけど、初日がバンド・メイン、2日目がDJメインで2日間の客層もまったく違った。それで僕らは2日目が出番で、ヘッドライナーがカルヴィン・ハリス、海外の著名なDJアーティストもたくさん出ていて、それを楽しみにしているような多くのお客さんを前にしてライブをやって、それがめちゃくちゃ気持ちよかったんですよ。EDMにある程度曲調が寄っている、自分たちが目指してきたやり方でその時「本当にやっていきたい」って思えたし、「(これからも)そういう音楽性で攻めたらいい」と思ったんですけど、そもそもそのスタンスで自分らが立てるステージは日本にどんだけあるんだと。もし【サマソニ】のヘッドライナーになるなら海外での知名度も必要、【ULTRA JAPAN】とか【EDC Japan(エレクトリック・デイジー・カーニバル)】とか、そもそもバンドって呼ばれるのかって、そりゃまあ将来的には立ちたいとは思ってますけどね。で、アヴィーチーが好き、カルヴィン・ハリスが好きって言う人も結構サウンドの好みで選んだりとかしてると思うんですよ。あの王道のEDMの曲調で出してくるDJのリミックスしたサウンドが少し違って……とか、このアーティストはこういった音色、ミックス感を武器に勝負してるなっていうのが好きな人には分かるじゃないですか? でも、僕らが日本のメロコアバンドだとしたら、こういう明るく歌っているやつ好きなんだけど、こういう英語で攻めてるのも好きだとか、そもそもそんなこと思われないんですよね。

N'Taichi:枝分かれができてないよな……。

N'Eita:一番驚きなのが、僕らからしたらAメロ、サビ、間奏でガッと上げるっていうのが当たり前なんですけど、この間奏がサビと勘違いしているというか、ある意味サビの延長線上ではあるんですけどそれを「新しい!このサウンド!」みたいにびっくりする人もいたりするんですよね。でも、それをずっとやっていく覚悟もあって、例えば「I Bet My Life(or Death)」じゃなくて「Windshield」的なEDM曲調のやつでテンポ感変えて、もっとゆっくりなカタチに変えたりしてこっちをリードにするみたいな。

N'Taichi:そうそう、ザ・チェインスモーカーズみたいにな。

N'Eita:色々考えたんですけど、今バンドシーンの中でやっていて、自分らのライブパフォーマンスも結構アッパーになっていったんですよね。お客さんに期待されているものがそうだったというか、リクエストライブをやったときに求められるのが、激しいアッパーな曲、テンポ感も早めだとかそういった曲のリクエストが多いんですよね。もちろん自分たちも演奏していて気持ちよかったし、そういう曲をもっと作りたい。でも、今回シングルを出させてもらうからには、もっと広めていかなければならない。それはみんなに好きになってもらえるような曲を作るってことじゃなくて、あるジャンルのなかで自分たちの地位をバーって上げたいなっていう思いであって。いまの6人の気持ちに、自分たちの背中を押せて、バンドの地位を上げれて、ガーッと気持ち的にもあげていきたいっていうのが凄いあったんで、だから歌詞の内容と曲調もしっかりとそのテンションに合わせられる。6人で一つ、FABLED NUMBERとして、また事務所・レーベルとかにも相談してチームみんなでまとめた意見として、「ラウドミュージックのなかで自分たちができる一番アッパーな曲がこういう曲なんだ」って出して、あとは作ってきたサウンドとボーカルでFABLED NUMBERというバンドを押せばいい。なんかジャンルと言うか、音楽性にまで自分たちっていうのを凄いストイックに求め続けてきたんですけど、やっぱ凄いしんどいんですよ(笑)。だからといって、それを止めたわけじゃなくて、求められているもので伝わりやすいカタチ、シンプルに自分たちの一番アッパーな曲を今リリースするのには意味があるんですよ。

例えばcoldrainさん、Crossfaithさん、SiMさん、Fear, and Loathing in Las Vegasさんとか、英詩を主体でやってかつエレクトロサウンドを取り入れたりしていて、一括りにしているわけではないですけど、そういった音楽をやっているバンドが好きなリスナー層ってあって、そこのお客さんはここに挙げたどのバンドも好きな方は結構いると思うんですよね。自分らもそういうシーンに立たしてもらうことが凄い多いし、そこで認知度をあげていきたいし、ライブも攻め攻めの状態になっている。この気持ちはバンドで共有していて、こういう曲をつくって、しっかりシーンのなかで上がっていきたい。ただサウンドはEDMを主体としていて、メロラインとかで声を加工したり、サビメロ加工したり、海外ではそういった手法を取り入れることっていま多いと思うんです。そういうサウンドとかは今までの自分たちより進化したものを取り入れていく、合唱とかも今までとはひと味違う力強さをだす、みたいにアプローチしだいで色んな事できるし、そういったFABLED NUMBERが今いる環境でやれることを全部詰め込んでできたのが「I Bet My Life(or Death)」であり、「Windshield」です。いま一通り話したことが、このシングルのいま説明できる全てです(笑)。

--整理できているかわからないですけど、今回のシングルについて、(言葉にしろ、音にしろ)一つの表現をただ単純にしているのではなくて、分かりやすくするためには一見一聴単純にみせる。でも個としては色々と磨いていっているし、その表現一つとってもそこに詰まった情報量、熱量というのは膨大であって、それをすべて理解してほしいという思いは現状ない。だけど、楽曲を聴いて、ライブをみて、なんだか高揚する気持ちを感じてもらえたらいい。その思想というか、そういった感情含め心に響きました。

2人:まあ、自分たちでもよくわからないですけど。ありがとうございます(笑)。

--そして本作リリース後には東名阪のツアーも控えています。

N'Eita:どのライブハウスもFABLED NUMBERを育ててくれた、そんな会場にも(今回のツアーの)意味を持たせたかったし、せっかくツアーをやるんだから、もちろん熱いものを全会場でみせていきたい。前に名古屋でやったときかな、汗の蒸気やらで会場の煙を感知する機械が作動しちゃったこともあるんですよね、それくらい熱いんですよ、俺らのライブは(笑)。だから今回も全公演そんな熱いライブにしたいですね。それと、俺たちのやりたかった、これまで一緒に戦ってきたゲストさんも来てくれるんで、せっかくの対バンなんでいい意味でバチバチにお互いやりあえたらなって思いますね。

N'Taichi:いままで作ってきたFABLED NUMBERの歴史に新たな基盤になるような曲として出した今回のシングルなんで、ひたすら上げまくって、ひたすら暴れたい人は暴れて、もう豪快にやりたいっすね。もうイクサバ、戦場っすよ。

N'Eita:いま荒々しいこと言ってますよ!(笑)

一同:(笑)

N'Taichi:でも本当にそういった雰囲気のライブを目指して作った曲なんで。まあ、そういうこと。

Music Video
インタビュー写真

FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー FABLED NUMBER 1stシングル『I Bet My Life(or Death)』インタビュー

FABLED NUMBER「I Bet My Life(or Death)」

I Bet My Life(or Death)

2018/06/20 RELEASE
CRCP-10397 ¥ 2,200(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.I Bet My Life (or Death)
  2. 02.Windshield
  3. 03.夜の鼓動 (The night beat remix)

関連キーワード

TAG

関連商品

THUNDER
FABLED NUMBER「THUNDER」

2017/11/08

[CD]

¥2,000(税込)

ILLUMINATE
FABLED NUMBER「ILLUMINATE」

2017/02/08

[CD]

¥2,700(税込)

A Revolutionary
FABLED NUMBER「A Revolutionary」

2016/06/01

[CD]

¥1,944(税込)

FIRE
FABLED NUMBER「FIRE」

2015/09/02

[CD]

¥1,300(税込)

ILLUMINATE
FABLED NUMBER「ILLUMINATE」

2017/02/08

[CD]

¥2,700(税込)

A Revolutionary
FABLED NUMBER「A Revolutionary」

2016/06/01

[CD]

¥1,944(税込)

FIRE
FABLED NUMBER「FIRE」

2015/09/02

[CD]

¥1,300(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    miwa、ショートカットの新ビジュアル&サブスクリプション解禁

  2. 2

    PEDRO(BiSHアユニ・Dソロプロジェクト)始動『zoozoosea』インタビュー

  3. 3

    【先ヨミ】東方神起『TOMORROW』が10万枚超でアルバム・セールス首位独走中

  4. 4

    BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

  5. 5

    ASKAの新しい挑戦、" PRIDE "公演が明日チケット一般販売スタート

HOT IMAGES

注目の画像