Billboard JAPAN


Special Contents

スティーヴ・ルカサー来日記念インタビュー



ルカサー

 2017年もあと少しで幕を閉じてしまう。これからの師走の時期、仕事も宴会もまさにピークを迎えることであろうが、今年最後の”ロック・ロール・パーティー”は、ここビルボードライブで、この人と一緒にやるのが最高にゴキゲンだ! TOTOのフロントマンとして多くのギター・フリークを魅了してきたスティーヴ・ルカサー! リンゴ・スター・オールスター・バンドでのツアーから自己のバンドまで実に精力的にライヴをこなし、まさにノン・ストップで走り続けている彼だが、12月18日の名古屋ボトムラインを皮切りに、12月19日、20日にビルボードライブ東京、12月21日、22日にビルボードライブ大阪とクリスマス前の活気付く時期をさらにホットにしてくれる。そして、そんなルークが多忙を極める中、電話インタヴューに答え、今回のライヴの話、そして、TOTOの最新情報等をいろいろと語ってくれた。

Interview & Text: 中田利樹 / 電話インタビュー協力:丸山京子

サプライズとしてTOTOの曲も考えている

――今日はお忙しい中、時間を作って下さり、どうもありがとうございます。


ルカサー:いや、確かに忙しいんだよ。でも日本は大好きな国だし、日本には本当によくしてもらっている。日本のためだったら、忙しい時間を割いても構わないって思ってるさ。

――そして、ビルボードライブでのギグがあともう少しですね。意気込みを聞かせていただけますか?


ルカサー:今回のバンドは殺人級ジャム・バンドで、7年前に結成したバンドだが、このバンドが活動するのは12月だけ。12月限定バンドなんだ。Nerve Bundleと名乗って5年。その前2年は別の名前だった。

――Nerve Bundleというバンド名ですが…


ルカサー:Head of your cock(ペニスの先端)っていう意味の卑猥な言葉さ。医療用語ではnerve bundle(神経の束)って呼ぶのさ。

――そうなんですか??


ルカサー:(笑)ガハハハ! 知らなかっただろう? ルカサーが考えたことなんだから、これくらい当然だよ! でも日本じゃきっと誰も知らない。それがおかしいんだ。アメリカだったらみんなわかるが、それでもこの名でやってる。こちらで何回かライヴをやって行くので、日本に行く頃には十分にウォームアップもされた状態だろう。とにかく最高のミュージシャン達だ。キーボードのジェフ・バブコ、ドラムにトス・パノス、ベースはガヴァメント・ミュールのヨーゲン・カールソン、そして俺。いろんな音楽が渾然一体とな ったクレイジーなフュージョン・バンドだ。

――曲は新曲をやるんですか?


ルカサー:以前、ジェフ・バブコなんかと出したクリスマス・アルバムの曲もやるよ。でもあれはだいぶ昔のアルバムなんで、アレンジは変える。ジェフがアレンジをするよ。他にも一緒に書いた新曲、クラシック・チューンも。あとはその時、ステージの気分でやることも考えてる。ロビン・トロワーのカヴァーとか。短い曲から20分の曲までなんだってありさ。自分でもどうなるかわからないし、同じ曲をやったとしても、同じ演奏にはならないからね。だからエキサイティングなのさ。サプライズとしてTOTOの曲も考えているの で、それは期待しててくれていいよ。あ、でも「I’ll Be Over You」じゃないからね。

――(笑)


ルカサー:それよりは、もう少し”筋力”を使う曲だ! とにかくジェフ・バブコを含め、全員友人だ。これは仲良しの友達と一緒に何かをやる、よい口実だってことさ! でもハッピー・ジャズ、スムーズ・ジャズじゃないことだけは約束する。ジャズ、ロック、フュージョン、ブルースのいいとこも悪いとこも全部合わせたような、言葉じゃ説明できない折衷的な音楽なんだ。肩の怪我をしてしまってから、プレイの方法自体を自分なりに工夫して変えなきゃならなかったから、俺の演奏の仕方は少し変わったかもしれないが、俺であることには変わりない。でも心配しないでくれ、もう大丈夫なんで。癌になった、とかそういうことじゃないから。ここ数年は自分にとっても興味深い数年だった。本来の自分を取り戻す、という意味で。でもうまくいっていると思うよ。

――グループ、TOTOとしては1978年のデビューから満40周年が目の前に迫っていますね。

CD
▲『40 Trips Around The Sun』


ルカサー:ああ。20歳やそこらでグループを始めて、今では60歳のOld Guyになってしまった。TOTOの40周年ツアーの計画も着々と進んでいる。新しいアイディアや3曲の新曲も加え、ジェフ・ポーカロ、マイク・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト時代の曲もやるし、特別なものになる。新曲のレコーディングも終わった。ドラムはヴィニー・カリウタが叩いて、ベースは俺が弾いている。「Spanish Sea」という新曲は『Isolation』(1984年)のレコーディングの時に未完のまま終わった曲で、その時のジェフとマイク(・ポーカロ)の演奏を使っているんだ。サビを書き直したり全く新しいものになっているけれど、愛するポーカロ兄弟と再び一緒にやれて、いろいろな想い出が甦ってくるよ。アルバムは2月にリリースだ。その後はツアー!アメリカ、そして日本は2019年の予定だ。

――今、自伝を書いていらっしゃるそうですね。


ルカサー:ああ。TOTOのレコードのリリースと同じタイミングで来年、刊行されるよ。そこではスタジオでのいろいろな話も書いているよ。『The Gospel According to Luke』っていうタイトルで、表紙も最高だ。ところで、マジな話、毎週のように誰かが死んでいく。(2017年10月2日に66歳で死去した)トム・ペティのことは全くの寝耳に水、ショックで誰に電話をしていいのかもわからないし、オロオロするばかりで。俺がトムに会ったのは1回きり。ジェフ・リンのコンサートでだ。ずっと会いたかったのにチャンスがなくて、 ようやく会えた。とっても優しくて謙虚で、ガシッと俺を抱きしめ「まだこうして仕事を続けてるって、信じられるか?」と笑ったんだ。俺は「トム、冗談やめてくれ。君はこの世で書かれた最高の曲を書いた人間だぜ」と言い、素晴らしい音楽を作ってくれたことに礼を述べた。1度しか会えなかったが、少なくとも、それを言えたことが救いだよ。リンゴはトム・ペティと仲が良くて、今もリンゴがそのことでの電話をしてきてくれたんだ。誰かとの電話の最中、リンゴから電話が入ってくるのが俺の日常なんだ! 信じられないけどね(笑)しかし自分でも信じられないよ。もともとビートルズが好きでギターを手にしたガキが、50年後、そのうちの3人と共演をし、そのうちの2人(ポールとリンゴ)とレコーディングもしてるんだぜ。そんなクールな話ってあると思う?! 金星に行った初の人類みたいなもんさ!

――あなたはアグレッシヴなギターワークで多くの崇拝者を生んでいますが、一方であなたが書く、そして歌うバラードも人気です・・・


ルカサー:(笑)あらゆるタイプの音楽が好きなんだよ。ベラ・フレックを聞くのも、マイルス・デイヴィスも、スラッシュも好きだ。ヘヴィなものも好きだよ、それこそスリップノットだって。同様に素晴らしいポップ・ソングも好きだ。俺は決して音楽スノッブじゃない。未だに誰よりも好きなのはビートルズだ。リンゴ・スターのバンドでやるようになった今もね! 悪いね! それ以上にはなれないんだよ。俺は60歳だからね。今の自分でハッピーだ。これでいいんだ。世の中には俺よりうまいギタリストが100万人はいるだろうけど、それで構わない。誰と競うわけでもなく、俺だけの場所を見つけたから、これでいい。なぜかわからないが、100年後振り返ってみると、俺の名前がここにもあそこにもある。「なんでこいつはそんだけいるんだ?」と思われるだろう(笑)。でもそれでいいんだよ。人間が100年後も生きていられる世界ならいいけどな。

――ありがとうございました。

(V.A.) TOTO ライオネル・リッチー ケニー・ロギンス ジミー・ウェッブ ザ・チューブス エアプレイ アース・ウインド&ファイアー「スティーヴ・ルカサー セッション・ワークスⅡ」

スティーヴ・ルカサー セッション・ワークスⅡ

2017/11/22 RELEASE
SICP-31101 ¥ 2,160(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ホワイト・シスター
  2. 02.ラニング・ウィズ・ザ・ナイト
  3. 03.アイム・フリー
  4. 04.ヒズ・ワールド
  5. 05.シーズ・ア・ビューティ
  6. 06.リーヴ・ミー・アローン
  7. 07.悲しみを越える道
  8. 08.ロンリー・ビート・オブ・マイ・ハート
  9. 09.スクール・ガール
  10. 10.ユー・アー・ザ・フラワー
  11. 11.ミドル・マン
  12. 12.トップ・オブ・ザ・ワールド
  13. 13.エクスティンクション・ブルース
  14. 14.イッツ・オンリー・マイ・ハート
  15. 15.愛は果てしなく
  16. 16.サムバディ・ライク・ユー
グルーヴィン・ユー
ハーヴィー・メイソン マイク・ポーカロ スティーヴ・ルカサー デヴィッド・フォスター シーラ・E ジェイ・グレイドン レイ・パーカーJr. ビル・チャンプリン「グルーヴィン・ユー」
2017/11/08
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
未来への誓い
ケニー・ロギンス「未来への誓い」
2017/08/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ヒューマン・ヴォイス
ケニー・ロギンス「ヒューマン・ヴォイス」
2017/08/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
キープ・ザ・ファイア
ケニー・ロギンス「キープ・ザ・ファイア」
2017/08/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
レス・ポール 90thバースデイ・ライヴ
スラッシュ、ジョー・ペリー、スティーヴ・ルカサーなど「レス・ポール 90thバースデイ・ライヴ」
2017/01/13
[DVD]
¥4,320(税込)
購入画面へ
ディスコ・ナイツ
(V.A.) アース・ウインド&ファイアー ワイルド・チェリー ヒートウェイヴ シェリル・リン ダン・ハートマン オージェイズ エモーションズ「ディスコ・ナイツ」
2016/12/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
黙示録
アース・ウインド&ファイアー「黙示録」
2016/12/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
太陽神
アース・ウインド&ファイアー「太陽神」
2016/12/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
EW&F・ザ・バラード
アース・ウインド&ファイアー「EW&F・ザ・バラード」
2016/12/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ザ・バラード
TOTO「ザ・バラード」
2016/12/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・モントルー1991
TOTO「ライヴ・アット・モントルー1991」
2016/09/14
[Blu-ray Disc]
¥16,200(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・モントルー1991
TOTO「ライヴ・アット・モントルー1991」
2016/09/14
[DVD]
¥5,940(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・モントルー1991
TOTO「ライヴ・アット・モントルー1991」
2016/09/14
[DVD]
¥4,320(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・モントルー1991
TOTO「ライヴ・アット・モントルー1991」
2016/09/14
[Blu-ray Disc]
¥7,020(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・モントルー1991
TOTO「ライヴ・アット・モントルー1991」
2016/09/14
[Blu-ray Disc]
¥5,400(税込)
購入画面へ
エンジェル・ハート
ジミー・ウェッブ「エンジェル・ハート」
2016/08/17
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
宇宙の騎士
TOTO「宇宙の騎士」
2016/08/17
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ファーレンハイト
TOTO「ファーレンハイト」
2016/08/17
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
TOTO ⅩⅣ~聖剣の絆
トト「TOTO ⅩⅣ~聖剣の絆」
2015/03/18
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
エル・ミラージュ
ジミー・ウェッブ「エル・ミラージュ」
2015/03/11
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
ランズ・エンド
ジミー・ウェッブ「ランズ・エンド」
2015/03/11
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
ダイアログ
スティーヴ・ウェインガート&リネイ・ジョーンズ サイモン・フィリップス スティーヴ・ルカサー ヴィクター・ウッテン レニー・カストロ「ダイアログ」
2014/12/19
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
ホリデイ
アース・ウインド&ファイアー「ホリデイ」
2014/11/05
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
キープ・ザ・ファイア
ケニー・ロギンス「キープ・ザ・ファイア」
2014/06/25
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ナイトウォッチ
ケニー・ロギンス「ナイトウォッチ」
2014/06/25
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
未来への誓い
ケニー・ロギンス「未来への誓い」
2014/06/25
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
エンジェル・ハート
ジミー・ウェッブ「エンジェル・ハート」
2014/06/25
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
セイ・ユー、セイ・ミー
ライオネル・リッチー「セイ・ユー、セイ・ミー」
2013/10/16
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
オール・ナイト・ロング
ライオネル・リッチー「オール・ナイト・ロング」
2013/10/16
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
NOW 80’s Deluxe
(V.A.) ワム! ケニー・ロギンス J.ガイルズ・バンド ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ スティクス バグルス「NOW 80’s Deluxe」
2013/10/02
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
スティル・ウィズイン・ザ・サウンド・オブ・マイ・ヴォイス
ジミー・ウェッブ「スティル・ウィズイン・ザ・サウンド・オブ・マイ・ヴォイス」
2013/09/18
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
フォーエヴァー
アース・ウインド&ファイアー「フォーエヴァー」
2013/09/11
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
フォーエヴァー
アース・ウインド&ファイアー「フォーエヴァー」
2013/09/11
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
ファーレンハイト
トト「ファーレンハイト」
2013/07/24
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
アイソレーション
トト「アイソレーション」
2013/07/24
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ハイ・アドヴェンチャー
ケニー・ロギンス「ハイ・アドヴェンチャー」
2013/07/24
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ハイドラ
トト「ハイドラ」
2013/03/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ターン・バック
トト「ターン・バック」
2013/03/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
TOTO Ⅳ~聖なる剣
トト「TOTO Ⅳ~聖なる剣」
2013/03/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
黙示録
アース・ウインド&ファイアー「黙示録」
2013/03/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
太陽神
アース・ウインド&ファイアー「太陽神」
2013/03/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
暗黒への挑戦
アース・ウインド&ファイアー「暗黒への挑戦」
2013/03/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
トランジション
スティーヴ・ルカサー「トランジション」
2013/01/23
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
フォーリング・イン・ビトゥイーン・ライヴ
トト「フォーリング・イン・ビトゥイーン・ライヴ」
2013/01/23
[Blu-ray Disc]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ライヴ・イン・アムステルダム25th
トト「ライヴ・イン・アムステルダム25th」
2013/01/23
[Blu-ray Disc]
¥2,571(税込)
購入画面へ
太陽神
アース・ウインド&ファイアー「太陽神」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
創世紀
アース・ウインド&ファイアー「創世紀」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
ベスト・オブ・EW&F Vol.1
アース・ウインド&ファイアー「ベスト・オブ・EW&F Vol.1」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
ヘリテッジ
アース・ウインド&ファイアー「ヘリテッジ」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
フェイセス
アース・ウインド&ファイアー「フェイセス」
2012/03/07
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
タッチ・ザ・ワールド
アース・ウインド&ファイアー「タッチ・ザ・ワールド」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
エレクトリック・ユニヴァース
アース・ウインド&ファイアー「エレクトリック・ユニヴァース」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
地球最後の日
アース・ウインド&ファイアー「地球最後の日」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
太陽の化身
アース・ウインド&ファイアー「太陽の化身」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
灼熱の狂宴
アース・ウインド&ファイアー「灼熱の狂宴」
2012/03/07
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
アース・ウインド&ファイアー「魂」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
暗黒への挑戦
アース・ウインド&ファイアー「暗黒への挑戦」
2012/03/07
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ジャネット・ケイ来日記念特集
ジャネット・ケイ来日記念特集
「Lovin' You」の大ヒットから40年…“ラヴァーズ・ロック”の女王のサクセス・ストーリーを追う。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。

Chartsmore