Billboard JAPAN


Special Contents

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー



風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー

「どこかおニャン子クラブやモーニング娘。の初期を思い出させる」

 ミニアルバム『風光ル梟』でメジャーデビューを果たした、猛禽系5人組ダンス・アイドルユニット 風光ル梟(カゼヒカルフクロウ)。10月末日までに都内23区でライブを行い、その達成式(http://bit.ly/2hNCBBd)では「メジャーデビューをする日本クラウンには、PASSPO☆、predia、そしてBiSの2度目のメジャーデビューも決まっていて、アイドルの先輩が沢山いますが、その中で風光ル梟の出し抜き方みたいなのって考えていたりしますか?」と訊かれ、「そうですね、どこよりもフレッシュなんで絶対それは負けないと思うんでこの若さで乗り切ります。はい、勝ちにいきます。(猛禽類は)生態系の頂点にいますから。やっぱりアイドル界で頂点に」とコメントしていた彼女たち。

 今回のインタビューでは、そんな風光ル梟がどんな想いを胸にアイドルシーンで戦っていこうとしているのか。Dancing DollsのメンバーでもあるMisaki(プレーイングプロデューサー)含む全員揃い踏みで語ってもらった。

BiSやPASSPO☆のブレイク「正直「悔しいな」という気持ちもありました」

--風光ル梟は、Dancing Dollsから生まれたアイドルグループになる訳ですが、このグループを結成することになった経緯から聞かせえもらえますか?

風光ル梟「翼 -TSUBASA-」MUSIC VIDEO
風光ル梟「翼 -TSUBASA-」MUSIC VIDEO

Misaki:Dancing Dollsというユニットは元々メンバー個々でも活動していたり、いろんな活動形態があって、それが私たちの強みでもあるんですけど、その中のひとつとして新たに風光ル梟という新しいプロジェクトを立ち上げることになりまして。で、私自身もDancing Dollsではセルフプロデュースをメインに活動してきたんですけれども「いつか誰かをプロデュースしてみたいな」とずっと思っていて、そのタイミングで風光ル梟の話があったので「じゃあ、プロデュースさせて頂こう」と思って勉強し始めて。なので、スタッフさんとかメンバーに頼りなくて迷惑をかけている部分もあるんですけど、私自身も精一杯勉強しながら頑張ってます!

--植木美心さんと山崎カノンさんもDancing Dollsのメンバーですよね。風光ル梟のメンバーとしても活動することが決まったときは、どんな気持ちになりました?

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲植木美心

植木美心:純粋に嬉しかったです。また新たな一面を見てもらえるチャンスだと思っていて、このチャンスをぜひ掴み取りたいと思っています。Dancing Dollsでは先輩たちのダンスがすごく本格的でついていくのに必死で、それでもガッツリ踊ることが好きなので頑張っているんですけど、でも自分の歌をもっとお客さんに聴いてもらいたいなとも思っていて。なので、風光ル梟でメインボーカルを務めさせて頂いて、すごく気合いが入ってます。

--メインボーカルに選ばれたときはどんな気持ちになりました?

植木美心:嬉しかったんですけど、緊張してレコーディングの前日は眠れなかったりしました(笑)。でも人前で思いっきり歌えるのは嬉しいです!

--カノンさんはいかがですか?

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲山崎カノン

山崎カノン:Dancing Dollsでは年齢が下のほうなんですけど、風光ル梟の中では最年長になりまして、責任感とか「引っ張っていかなきゃな」という気持ちは強くなりました。

--ちなみに、今おいくつなんですか?

山崎カノン:17歳です。

--17歳で最年長って凄いですね。でも14歳と13歳が入ってきた訳ですもんね。

山崎カノン:そうなんですよ(笑)。

--そんな14歳と13歳、大西凜さんと植木琳美さんは風光ル梟のメンバーになってどんな気持ちになりましたか?

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲大西凜

大西凜:オーディションがあって「風光ル梟になります」と言われたときに、新しい自分が始まるみたいな感覚があって。なので、ここで頑張って良い結果を残そうと思いましたし、自分らしさをたくさんの人に見てもらいたいなと思いました。

植木琳美:私は今までアクターズスクールに通っていたんですけど、上京してきて「こっちでも歌ったり踊ったりしたいな」と思っていたときに、お姉ちゃんが新しいグループに入ると知って「私もやりたいな」と思って。

--なるほど。植木美心さんと植木琳美さんは姉妹なんですね。

植木美心:はい!

--ちなみに、琳美さんは広島のアクターズスクール出身ということで、あのPerfumeやモーニング娘。鞘師里保の後輩になる訳ですね。

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲植木琳美

植木琳美:そうです!

--そんな4人をプレーイングプロデューサーとしてリードしていくMisakiさん。風光ル梟がメジャーデビューする日本クラウンには、BiSやPASSPO☆といったDancing Dollsとほぼ同期のアイドルグループが所属しています。かつてBiSやPASSPO☆が先にブレイクしていく姿を見ていたときはどんな気持ちだったんですか?

Misaki:「自分たちもいつかあそこに行く為にもっともっと頑張っていかなきゃ」と思っていたのと……正直「悔しいな」という気持ちもありました。でもその中でも自分たちのスタイル、自分たちの音楽やパフォーマンスを信じて、それを貫いてやっていこうという気持ちも強くあって。そんな中で今こうしてDancing Dollsの血を引き継いだグループが生まれて、良い方向に向かっているんじゃないかなと思っています。

--今やDancing Dollsはアイドルというより本格的なダンス&ボーカルグループになっていると思うんですが、風光ル梟はアイドルシーンに対してアプローチしていくグループですよね。そこでMisakiさんが2011年あたりから沸々とさせてきた「悔しいな」という想いを昇華する、言ってしまえばリベンジを果たしてやろう!みたいな気持ちはあったりしますか?

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲Misaki

Misaki:リベンジ……どうなんだろう? でも私自身が対バンとかして感じていたことは、いろんなことをやっているアイドルさんがすごく多くて、テーマにしても何にしても何をやってもどこか被ってしまう状況にまでなったじゃないですか。だからこそ王道のアイドルって新鮮なんじゃないかなと思ってるんです。風光ル梟のメンバー個々が持っているフレッシュさやパワーみたいなものって、どこかおニャン子クラブだったりモーニング娘。の初期を思い出させる感じがしていて、そういう要素も大事にしながら音楽的にはR&Bとかヒップホップ、それこそDancing Dollsで培ってきた音楽性も取り込んでいけたら、良い意味での違和感みたいなものも作り出せると思うし、他にないグループになると思うんですよね。そういった部分を武器にして戦えるんじゃないかと思って私は今プロデュースしています。

--では、Misakiさん的にはかなり本気のプロジェクトなんですね。

Misaki:そうですね! 気合い入れて頑張ってますし、勝ちに行きたいと思ってますね。プロデューサーということで「どこまでやってるの?」ってよく聞かれるんですけど、ロゴのデザインも作詞も本当に全部プロデュースさせて頂いていて。で、自分がプレイヤーとしても活動しているという部分では、スタッフの中でメンバーといちばん近い距離で接していますし、メンバーたちの気持ちもちゃんと分かるので、そこも他のグループにはない強みかなと思っています。

NEXT PAGE
  1. お母さんが「お金、失くすと大変だから」って持たせてくれない
  2. Next >

お母さんが「お金、失くすと大変だから」って持たせてくれない

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲左から:Misaki/植木琳美/大西凜/植木美心/山崎カノン

--Misakiさんはパフォーマーとしてはまだまだ若い年齢だと思うんですけど……

Misaki:そうなんです! それ、悩みなんです(笑)!

--それなのに、いちばん下のメンバーとは9歳ぐらい差があるんですよね。

Misaki:そうなんですよね。22歳ってすごく若い感覚だったんですけど、風光ル梟のみんなと居ると「めっちゃ上やん」と思われて(笑)。

--それだけ若い子たちをプロデュースしていくのって簡単なことじゃないですよね。いろいろ難しさを感じたりすることはないんですか?

Misaki:でもDancing Dollsを結成したときってみんなと同じぐらいで、今の美心とカノンの年齢ぐらいのときにメジャーデビューしたので、その当時の気持ちを思い出しながらプロデュースしてますね。例えば「こういうこと言われたら不満だろうな」とか分かるので(笑)、そこは良いバランスでやっています。

--風光ル梟の4人にとって、Misakiさんはどういう存在だったりするんですか?

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲左から:植木琳美/大西凜/植木美心/山崎カノン

植木美心:お母さんみたいな……

--お姉さんじゃなくお母さんなんですね。

Misaki:(笑)

植木美心:プロデューサーではあるんですけど、年齢が近いから相談にも親身になって乗ってくれるし、私が初めてのメインボーカルで分からないところがあると、Misakiさんが歌って教えてくれたりするんです。だから憧れの存在でもありますね。

山崎カノン:Misakiさんは頼りになる人です。何でも話せる関係ですね。

大西凜:私も美心ちゃんと一緒で「お母さんみたいだな」って。「ここはこうしたほうがいい」とか言ってくれるし、ご飯も作ってくれるんですよ。本当にお母さんみたいにすごく優しい。

植木琳美:ダンスとか教えてくれるときは先生なんですけど、移動中とかは近所のおねえさんみたいです(笑)。

-->Misakiさん的にも娘とか妹みたいな感覚はあるんですか?

Misaki:そうですね。娘とは思わないですけど(笑)、妹的な感覚はあります。

--続いて、風光ル梟の4人がどんな女の子で、どういう経緯でこの世界に入りたいと思ったのか教えてもらいたいんですが、まず美心さんからお願いします。

2017年夏 風光ル梟 始動!
2017年夏 風光ル梟 始動!

植木美心:全然人見知りしない女の子だったんですけど、それもあってかお母さんの友達に「アクターズスクールのオーディション、受けるだけ受けてみなよ!」って小学1年生のときに勧められて。それで受けたらグランプリを頂いて「私、向いてるかも」と思ってアクターズスクールに入ったんですけど、当時はまだ「楽しい」だけで本気じゃなかったから、お母さんに「もっと大きくなって、本当に自分から「やりたい」と思うときがあったらやらせてあげる」と言われて辞めちゃったんです。それからずっと歌だけとかダンスだけとか続けていたんですけど、やっぱり「両方重なってないとイヤだな。歌って踊りたい」と思って小学6年生のときに広島のアクターズスクールに戻って、そこでソニーさんに声を掛けて頂いて事務所に入ることになりました。

--いざ、この世界に入ってみていかがですか?

植木美心:もう抜け出せないですね! 足突っ込んじゃったんで、もうやるしかない(笑)。それで4月に広島から上京してきたんですけど、それによってもっと自分の意思も固まったので、このグループで頑張りたいなと思っています。

--ちなみに、そこに妹もついてきた訳じゃないですか。姉妹で同じグループで活動するのはどんな気分だったりするんですか?

植木美心:ちょっと不満ですね(笑)。

--どの辺が不満なんでしょう?

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲左から:植木美心/山崎カノン

植木美心:支え合えると思っていたんですけど、ケンカも多くなって(笑)。あと、お世話も大変ですね。切符も自分ひとりじゃなく妹の分も買ってあげなきゃいけないし!

Misaki:そこは自分で出来るようになんなきゃいけないんじゃないの?

植木琳美:お母さんが「お金、失くすと大変だから」って持たせてくれないんですよ。

--本当に子供なんですね(笑)。

Misaki:たしかにすごくおっちょこちょいなんですよ。毎日のようにヒヤッとする部分が多いんです(笑)。だからお姉ちゃんはお姉ちゃんなりに悩みがあるんだと思います。それを和らげる為に近々お悩み相談を開きたいと思います(笑)。

植木美心:でも妹と活動できるのは楽しいですよ。

--では、妹の植木琳美さん。なんでこの世界に入りたいと思ったんでしょう?

植木琳美:お姉ちゃんがアクターズスクールに入って、なんか楽しそうだったから「私も入ってみようかな」と思って。で、5年生の終わりぐらいに入って、楽しくなって、お姉ちゃんが東京に行くってなったのでついていって、それで入ることになりました。

--琳美さんからすると、お姉ちゃんと同じグループで活動するのはどんな感覚なの?

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲左から:植木琳美/大西凜/植木美心/山崎カノン

植木琳美:意外にお姉ちゃんは出来ないことが多い。

一同:(笑)

植木琳美:靴のヒモを通すのがすごく下手。それで「やって」って言われたり……意外と私が面倒見てる。

--お互いに面倒見てるんですね(笑)。でも姉妹で同じグループって珍しいから……

Misaki:そう思うじゃないですか? Dancing Dollsも姉妹いたんです。

--あ、そっか。ちょっと伝統みたいになってるんですね。

Misaki:だから姉妹にはもう慣れてるんですよ。姉妹ゲンカとかしてもらってもOK。全然ウェルカムです(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「唯一無二のエンターテインメントを届ける」というのがテーマ
  3. Next >

「唯一無二のエンターテインメントを届ける」というのがテーマ

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲山崎カノン

--カノンさんはどういう経緯でこの世界に入りたいと思ったんですか?

山崎カノン:私は小学2年生の頃から地元の劇団に入っていて、そのときから歌とダンスとお芝居をずっとやっていたんですけど、その3つが全部大好きで「とにかく何でもやってみたいな」という気持ちはずっとあって。それでずっと続けていたら「Dancing Dollsに入らないか?」と声を掛けて頂いて、「あ、やってみよう」と思って入りました。

--実際に入ってみていかがでした?

山崎カノン:すごく大変なことのほうが多くて、やっぱりダンスのレベルも全然違ったからついていくのにすごく必死でしたね。

--やっぱり先輩たちは凄かった?

山崎カノン:凄かったです! もう迫力が全然違う。なので「私、大丈夫かな?」と思いながら何とかついていっていたんですけど、風光ル梟では逆に「カノンたちが引っ張っていかなきゃいけない」という立場になっちゃったので、今は今で必死です。ダンスもレコーディングも先に順番がまわってきたりするので、そこでダメだったりしたらお手本になれないじゃないですか。だからそこらへんは頑張らなきゃなと思っています。

--凜さんはどんな経緯でこの世界に?

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲大西凜

大西凜:小学1年生のときに金沢のアクターズスクールに通っていて、中1の12月ぐらいに辞めたんですけど、小学4年生のときから石川県のご当地アイドルもやっていて、そこも卒業してからソニーさんの特待生レッスンに通っていたんです。そしたらオーディションに声を掛けて頂いて、それがきっかけで風光ル梟に入りました。

--小学4年生のときからアイドルをやっていたんですね。

大西凜:元々歌って踊るのは大好きで、だからご当地アイドルもすごく楽しかったです。でも今は石川県から東京に飛び出してきて活動しているので……東京ってすごく人が多いじゃないですか(笑)。なので「たくさんの人に知られる」ということを考えると、もっともっと自分磨きもそうだし、いろんなことを頑張っていかなきゃなと思っています。

--そんな4者4様のメンバー擁する風光ル梟ですが、これからアイドル戦線を勝ち抜いていく為にどんな活動をしていきたいと思っていますか?

Misaki:やっぱりライブに足を運んで頂けるアイドルグループにしたいなと思っています。「唯一無二のエンターテインメントを届ける」というのがこのチームのテーマでもあり、メンバーと私の課題でもあるんですけど、そういう意味では、もちろんCDでも曲を聴いて頂きたいですし、それを聴いてライブに足を運んで頂いて、そこでどんどんどんどんファンの皆さんを魅了できるグループに成長していけたらなと思っています。

--4人の中でも今後やってみたいことって何かあったりしますか?

植木美心:今はまだ結成して半年も経っていないから曲も少ないんですけど、将来的にワンマンライブが出来るようになったら、もっと自分たちの良さが伝わるんじゃないかなと思っていて。だから早くワンマンライブが出来るぐらいのグループにしていけたらなって思います。

--カノンさんは何かありますか?

山崎カノン:東京23区制覇が終わったので、今度はもっと全国に飛び出したいですね。

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲左から:植木琳美/大西凜/植木美心/山崎カノン

--まずは関東制覇、そして全国制覇みたいな?

山崎カノン:まず北海道へ行きたいです。

一同:(笑)

大西凜:上から順番に(笑)。

Misaki:出身地でもあるからね。

山崎カノン:北海道のいちばん上から。

--稚内から(笑)。凜さんは何かありますか?

大西凜:このグループはみんな地方出身なので、みんなの出身地をまわりたいです。楽しそう!

--琳美さんは?

植木琳美:私だけだと思うんですけど、ふくろうカフェの1日店長がやりたいです。

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー
▲左から:Misaki/植木琳美/大西凜/植木美心/山崎カノン

--急に具体的な案が出てきましたね(笑)。でも流行ってますもんね。

植木琳美:ふくろうと触れ合いたい。

--あわよくばイメージキャラクターとかね。

Misaki:ちょうどそういう話をみんなでしていました。だから大丈夫だよ。「私だけ」じゃないから(笑)。みんなやりたいと思ってる。

--では、最後に。これから風光ル梟のファンになっていってもらいたい皆さんへメッセージをお願いします。

Misaki:11月22日にメジャーデビューミニアルバム『風光ル梟』でデビューさせてもらうんですけど、このアルバム1枚で私たちの意気込みも感じてもらえると思いますし、例えば「これから上京して頑張っていくぞ」という方のパワーになるような曲もいっぱい入ってますし、皆さんの初恋を思い出させるような曲も入っていたりするので、まずこのアルバムで風光ル梟のいろんな一面を知って頂いて、少しでも興味をもって頂けたらぜひライブにも足を運んでほしいなと思います!

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー

風光ル梟「翼 -TSUBASA-」MUSIC VIDEO
インタビュー写真

風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー 風光ル梟 メジャーデビュー『風光ル梟』インタビュー

風光ル梟「風光ル梟」

風光ル梟

2017/11/22 RELEASE
CRCP-40533 ¥ 2,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Intro ~猛禽の女神~
  2. 02.梟伝説
  3. 03.翼 -TSUBASA-
  4. 04.夢の国
  5. 05.初めて恋を知って
  6. 06.トキメキ□バレンタイン
  7. 07.上京Story

関連キーワード

TAG

風光ル梟
風光ル梟「風光ル梟」
2017/11/22
[CD]
¥2,000(税込)
購入画面へ
風光ル梟
風光ル梟「風光ル梟」
2017/11/22
[CD]
¥2,500(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore