Billboard JAPAN


Special Contents

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー



椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー

「僕の人生そのもの。今でもSURFACEというものがデカいです」

 来年2018年にSURFACEでのデビューから20周年を迎える椎名慶治。このタイミングで彼にとってSURFACEはどんな存在だったのか、解散後のソロ活動をどんな想いで送ってきたのか、そして「自分を代表する1曲になると思う」と自ら語る感涙必至のバラードシングル『凹凸』、20周年への意気込みについて赤裸々に語ってもらった。

SURFACEとソロ「あんまり区切っていない。未練があるんでしょうね」

--SURFACEでのデビューから来年で20年。これだけ長く音楽活動を続けられていることには、どんな感慨を持たれていますか?

SURFACE - それじゃあバイバイ
SURFACE - それじゃあバイバイ

椎名慶治:先々のことを考えて「俺は長くやっていくぞ」と思ったことは一度もないんです。デビュー当時、10年続けられるとも思っていなかったし、10周年を迎えたときも20年続けられると思っていなかった。でも気付けば19年、よくもこれだけしぶとく……自分のことこんな風に言うのもアレなんですけど、ターミネーターみたいだなと思って。

--生命力的な話ですよね(笑)?

椎名慶治:うん。ターミネーターみたいな奴だなと(笑)。

--では、これだけ長く続けられないと思っていた?

椎名慶治:歌は好きだし、歌い続けたいと思うけど、自分が「歌っていたい」で続けられるほど甘い世界じゃないことはもちろん分かってるんです。自分が行動を起こすことによってお金がマイナスになれば、もう辞めるしかないじゃないですか? なので、みんな辞めたくなくて辞めてると思うんです。動いても利益が生まれない、CD作っても売れずに赤字になる、ライブやっても赤字になる、それで辞めていく人は本当に多いと思う。そういう意味では、僕はどうにかこうにか利益が生まれているからこその19年だと思うので、そこはイヤらしくちゃんと考えています。ビジネスとしてあたりまえのことはしなきゃいけない、CDを作ったらちゃんと売らなきゃいけない、ライブをやれば動員しなきゃいけない、動員した上でグッズも売らなきゃいけない。っていうあたりまえのことだけを19年ずっとやっていたんじゃないかなと思います。

--その意識もあってか、椎名さんには相当数のコアファンがついてきているじゃないですか。SURFACEの解散からしばらく経ちますが、離れないファンがしっかりいる。この状況はどうして作れたと思いますか?

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー

椎名慶治:やっぱり1人ずつ抱いたからじゃないですかね?

--だとしたら本当に凄いですけどね!

一同:(笑)

椎名慶治:だったら面白いんですけど、そんなことしていたら大変なので(笑)。自分で言うのもアレなんですけど、どこか「ほっとけない」と思わせないとアーティストってダメだと思うんですよ。「自分が居る事によって、この人はやっていけるんだ」と思わせることって大事だと思うんですけど、僕は多分どっかでそれが出ているんじゃないですかね? 意識的にそうしている訳ではないし、計算高くそう思わせようとしている訳でもないんですけど、冷静に分析するとそう思わせる感じが出ちゃっているんだろうなって。実際にみんなのおかげだし、間違いないんですけど、そう思ってくれている人が多いんじゃないかなって感じます。

--椎名慶治の音楽人生を大きくふたつに分けると、SURFACE時代とソロ時代になると思うんですが、本人的にはそれぞれ全く違う活動になっている感覚はあるんでしょうか?

椎名慶治:単純に2人組だったものが1人になっているので、ビジュアル面は変わっているじゃないですか。そこは変わりたくなくても変わるしかなかったところ。でもそれぐらいですね。楽曲のクオリティとか質って言うんですかね。肌触りとか耳触りは変わっていないんじゃないかな。「SURFACEのときはこうだったけど、ソロではこうするぜ」とかもなかったので、だから俺の曲をSURFACEの曲かソロの曲か言い当てられなくなってきていると思います。すごくコアなファンは分かりますよ。でも街行く人に曲聴かせて「誰ですか?」と聞いたら「SURFACEですよね、これ」と答えてしまうと思うぐらい、似てるなと思う曲はあります。でもそれは全然イヤじゃなくて「敢えて寄せてます」という曲もありますし、それぐらい僕の中ではあんまり区切っていない。未練があるんでしょうね。2人組だった頃に全然イヤな思い出がないというか、お客さんもそういう俺だからこそ応援してくれているところもあると思うんですよね。ちゃんとSURFACEの匂いがするから。

--「未練」というワードが出てきましたが、具体的にはどういう想いなんでしょう?

SURFACE / 君の声で 君のすべてで
SURFACE / 君の声で 君のすべてで

椎名慶治:「僕たちのことを、SURFACEが解散することを許さないでくれ」と解散するときのメッセージに書いているんですけれども、「辞めたくて辞めるんじゃない」というところがちょっとあって。だから引きずっているんですよね、解散するときも。具体的には、もちろん多くは語らないですけど、結局いろんなしがらみがある中で解散せざるを得ないような状態だったから解散しただけで、永谷喬夫(g)という元相方と「もうやってらんねーよ、おまえとは」みたいなケンカ別れをした訳でもないし、音楽の方向性の相違で解散した訳でもない。だからこそ僕の中で引きずっている部分がある。「なんで解散しなきゃいけないんだろう?」という気持ちがあって、それにずっと後ろ髪を引っ張られているというか……。なので、今でも「SURFACEっぽい曲良いな」と思うし、過去のSURFACEの曲を聴いても良いなと思えるし、それを二文字に置き換えると「未練」という言葉になる。

--では、極論を言うと、ひとりでSURFACEをやっている感覚が今ある?

椎名慶治:本当に極論ですけど、その通りだと思います。

--実際、今回のバラードシングル『凹凸』からもSURFACEは感じました。いわゆるJ-POP的な音楽はずっと続けていきたい想いは強いですか?

椎名慶治:やっぱり僕は歌謡曲が元々好きなので。洋楽のロックも好きですけど、そこは「洋楽のロックは作るんじゃなく聴こう」と思うタイプなんです。自分がやるんじゃなくて、体現しようなんて思わないで。それはやっぱり餅は餅屋じゃないけれども……いるじゃないですか? すごく悪く言うと、洋楽みたいな人たちっていっぱいいるじゃないですか。でも僕は「だったら洋楽を聴いたほうが良い」と思うんです。僕は日本人で英語より日本語のほうが得意な人間なので、日本語で勝負がしたい。日本語でみんなに何か伝わるものを歌いたい。その気持ちはデビュー当時から変わってなくて、だから変な信念があるんでしょうね。自分からそれをプライドとして掲げたことはあんまりなかったですけど、今こうやって話してみると意外と頑固なのかもしれないですね。曲げずにやってきたということは。今「全く違うことやってください」と言われたら「No」と言うかもしれない。

--バンドやユニット時代にJ-POPをやっていた人が、解散してソロになったらエッジの利いたことをやり出すパターンって多いじゃないですか。でも椎名さんはそっちに行きたいとすら思わなかったということですよね。

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー

椎名慶治:俺はファン心理もすごく持っていて。で、元々TM NETWORKが好きで、小室哲哉さんが作るサウンドが好きだったりとか、大黒摩季さん、B'z、T-BOLAN、WANDS、ビーイング系と言われる人たちも好きで、米米CLUBもすごく好きで石井竜也さんに憧れて「面白いこと言わなきゃ」と思うようになったり、いろんな日本人のアーティストに影響を受けている訳ですよ。そんな中で、解散した後に方向転換しちゃってビックリしたアーティストがいるんですけど、そのときにファン心理として裏切られた感があったんですよね。「あ、ビジネスとしてやっていただけで、本当はあの音楽やりたくなかったんだ」と思っちゃうじゃないですか。それがすごくイヤで、僕は「やりたくてSURFACEをやっていましたよ」ということをすごく提示したいというか、今でも僕は自信を持って「良い」と言えるし、「ソロからSURFACEまで遡ってもらっても良いものを作っているから、ぜひどっちも聴いて」って言えるようなものを作り続けたいと思いますね。

NEXT PAGE
  1. 「宇多田ヒカルが1位で俺たちが2位だった」という結果
  2. Next >
インタビュー写真

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー


「宇多田ヒカルが1位で俺たちが2位だった」という結果

--今振り返ると、SURFACEとしての12年間はどんな日々だったと思いますか?

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー

椎名慶治:12年のうち6年ずつに区切れるんですよ、SURFACEって。最初の6年は右も左も分からないわりには、世の中の評価は高かった。で、後半の6年は冷静に物事が見れるようになったんだけど、世間から忘れ去られ始めていた。そういうギャップがあった。「だったら会社に「ハイハイ」と従っておけばよかったのかな」と思ったりもしましたね。最初は「やれ!」と言われて作っていた時代だったので、「そこに立って。はい、写真はこれで行くから。衣装はこれだから。はい、テレビ決まったから行ってこい」みたいな感じだったんですよね。でもそのときが一番売れているんで、売れていることが正解だとするならば、会社が無理やりにでも俺たちを動かしていた頃のほうが正解な訳ですよ。で、自分たちがどんどん理性を持って、ミュージシャンとしていろいろ分かってくるようになって「ほら、売れなくなったでしょ?」と言われたらぐうの音も出ないというか。それですごく板挟みになったところがあって、そこはツラくもあり、相方ともそれでぶつかったりもしましたし。僕は良いものを作りたい、でもその中で売れたい。相方はもっと自分のやりたいことを貫きたい。っていう時期があったんですね。……いろんな経験をしましたね。

--SURFACEがデビューした当時は、まだレーベルやマネージメントとアーティストが「こうしなきゃ売れねぇ」「そんなことやれない」みたいなぶつかり合いをしていく中でヒット曲を生んでいて、でもだんだんアーティストの主張を尊重する時代に移行していって、世に流れる音楽も変わっていったじゃないですか。SURFACEはその両方を体験してきたユニットなんですよね。

椎名慶治:本当に綺麗に全部味わっているんですよね。僕たちが1998年にデビューしたときが最後の8cmシングルなんですよ。8cmシングル最後の世代で、その次の1999年の途中からマキシシングルになるんです。シングルが全部12cmに変わっていく。そういうところも経験できているし、右も左も分からないときに旗振りの人からあーだこーだ言われたらそれに従っていた時期があって、だけどそれでどんどんどんどん知識がついていって「こうしたらこうなる」って分かってくると、ディレクターともバンバンぶつかる訳ですよ。「そうじゃない」「いや、俺達はこう思う」みたいな。でもそれも良い経験だったというか、「ぶつけ合える人がいるということは良いことだ」と感じながら僕はぶつかっていましたから。で、ソロになったらぶつける相手がいなくなったんですよ。相方ともぶつからなくなったから「俺はこれでやりたい」「分かりました」で終わっちゃう。イコールすべて自分の責任になってしまう。だからぶつけ合えないツラさみたいなものも覚えましたよね。この19年でいろんなことを経験させてもらいました。

--ドラマ『お水の花道』や『ショムニ』のタイアップに恵まれて、その主題歌がヒットしていく状況は素直に嬉しくはあったんですか?

SURFACE - なにしてんの
SURFACE - なにしてんの

椎名慶治:もちろん嬉しいですよ! 楽曲に手は抜いていないので、それは嬉しいです。ただ、オファーの中でいろんなリクエストをされる訳ですけれども、例えば「さぁ」(アニメ『まもって守護月天!』オープニングテーマ)は僕たちが作ったものにアニメ側が何も言わずにOKを出してくれたんです。テレビ朝日ミュージックのアニメだったんですけど、そこで「こういうアニメなんで、こういう本読んでもらっていいですか?」「読みました。書きました」だったら大変だったと思うんですけど、それが一切なかったんですよ。作り終わっていたものを向こうが気に入ってくれて「はい、決まったよ」となったのが「さぁ」だった。しかもそれがオリコンでなかなか良い感じだった。で、次がドラマ『お水の花道』の「なにしてんの」。前回全く迷わなかったのに、何やってもボツな訳ですよ? それで俺がちゃぶ台ひっくり返して「タイアップなんかいるか!」と言い出して、でも相方は「タイアップが絶対必要だと思うし、僕が頑張るのでやりましょうよ」とか言って、結局は俺がほとんど作ったんですけど(笑)。でもそうやってタイアップも両極端あるんだなということを知ったし。なので、苦しんだけれども結局それが実績として残って、セールスも伸びて、その後のファーストアルバムが「宇多田ヒカルが1位で俺たちが2位だった」という結果になったので。それは間違いなく「なにしてんの」のおかげだから、だから「嬉しい」という感情が残っていますよね。

--ただ、今のちゃぶ台ひっくり返したエピソードと「なにしてんの」の歌詞を重ね合わせると、椎名さんの当時の想いも入っているのかなって(笑)。

椎名慶治:まんまです! まんま俺です!

--タイトルからしてそうですもんね。「辛いや イヤ イヤ」歌ってますし(笑)。

椎名慶治:『お水の花道』に寄っている歌詞ではないんですよね。よく読めば分かりますけど、どこにもお水っぽさがないんですよ。なので、本当に自分の想いを熱く書いているというか。それもあってか、今でも支持してくれる人が多いですね。もう二度とあんな曲作れないですけど。ああいう状況の中だからこそ出来た曲だと思います。

--今振り返ると、SURFACEってどんな存在だったと思いますか?

椎名慶治:結局、僕のすべてだと思っています。僕は高校卒業して18歳で一人暮らしを始めて、そんときに俺はもう相方と組んでいるので、そういう意味では当時の年齢を倍にしても36歳じゃないですか。僕、今、42歳なので、実家に居た暮らしよりもひとりで暮らしている音楽人生のほうが長い訳ですし、それで今もSURFACEへの未練があって引きずっている。ソロになってもまだそういうことを言っている。だから僕の人生そのものなんだろうなって。今でもSURFACEというものがデカいです。

--それでもソロになって7年経ちます。この7年はどんな日々だったんでしょう?

JET SET BOYS「ZIPPER DOWN」
JET SET BOYS「ZIPPER DOWN」

椎名慶治:椎名慶治という個人名義で活動していますけど、でも個人名義だけの活動を続けていたらダメになると思っていたんですよ。売れなかったら自分のせいだし、責任の重圧が半端ないので、息抜きが絶対必要だと思っていて、だから寄り道をたくさんしようと初めから思っていたんです。それでいろんな人と音を出そうと思って、そのひとつとして自分の後輩のラッパーでZEROっていう奴がいて、そいつと組んで個人名義じゃない作品を出したんですよ。椎名慶治の成績表とは別の成績表が用意されると思って。あとは仮面ライダーのお仕事をやらせてもらえたりとか、高橋まこと(ex.BOΦWY/ドラマー)さんのバンド・JET SET BOYSに誘われて参加したりして、でもJET SET BOYSはめちゃくちゃ大変で! バンドで、僕はボーカルだからフロントマンになる訳で、結局重圧が凄かったんですよ。「フロントマンって逃げ場ないんだな!」ということに気付かされちゃって。俺がメロディーも全部作ってるし、詞も子供の頃からの旧友の野口圭と全部一緒に作っているので、負荷が一番凄いんですね。でもいざライブをやると最高に楽しくて、そういう大変なことを全部忘れちゃうんですよ(笑)。そんな感じで7年のあいだに4回ぐらい違うことをやっていて、それによってソロもすごく楽しくなっているところもあるので、そういう息抜きってすごく大事なんだなって。

--今現在の音楽へのモチベーションはどうなんですか?

椎名慶治:ゲンキンなんですけど、結局良い曲が出来るとワクワクするんですよね。アーティストなんで。今回の『凹凸』もそうですし、来年出そうと思っているアルバムのデモテープを作ってるんですけど、それもなかなか良いんですね! だから今はすげぇ楽しいです。4枚目のアルバムが自分の最高作品になるように「どう頑張っていこうかな」ってワクワクしている。「やっぱり椎名慶治はこうだよね!」と思いながら作れています。みんなも「私が好きな椎名慶治はこれ!」と思ってくれるんじゃないかな。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 6年ぶりのニューシングル「自分を代表する1曲になると思う」
  3. Next >
インタビュー写真

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー


6年ぶりのニューシングル「自分を代表する1曲になると思う」

--ある意味、そのアルバムへの伏線にもなっていると思うんですけど、今回の6年ぶりのニューシングル『凹凸』。このタイミングでシングルを打ち出そうと思ったのは何故なんでしょう?

椎名慶治/「凹凸」Short Ver. + Review
椎名慶治/「凹凸」Short Ver. + Review

椎名慶治:これは完全にスタッフのヤラセです。

--ヤラセ(笑)?

椎名慶治:来年20周年イヤーで何の布石もないままに4thアルバムを出すよりは、その匂いを少しずつさせていきながら20周年へ向かっていく。まぁすごく王道ですよね。王道だけど、やらなきゃいけないこと。それを引っ提げて今度バラードのライブもあるし、という意味ではあたりまえの作品をあたりまえのところで出している。でもそれを俺は6年間していなかったんです。僕がシングル嫌いだから。今、シングルって握手券付いてないといけない気がしちゃうんですよ。山で捨てられちゃうような気がしちゃうんですよね!

--実際に捨てられている人たちいましたからね(笑)。

椎名慶治:え、いました? いるんですね! 知らなかったなぁー!

--でもそんな気がしていたんですね(笑)。

椎名慶治:なんかね、捨てられちゃうんじゃないかなぁって! なので、俺みたいな人がシングル出しても「なんで?」って言われるだろうなと思っていて。だけど、今、シングルを出すことになって、この曲「凹凸」のMVのショートバージョンがもうYouTubeで観れる、そうなるとツイッターとかで感想が来るんですけど「なんでシングル出すんですか?」みたいな声はひとつもないんですよ。だから世の中的には大したことじゃないんだなって。6年間、何を悩んでいたんでしょうね。山に捨ててもらえばいいんですよ! 良いんです、全然!

--いやいや、これ握手券ついてこないですよね(笑)?

椎名慶治:こないです!

--じゃあ、捨てられないですよ! 聴く為にみんな買いますから!

椎名慶治/RABBIT-MAN from LIVE 2017「RABBIT
椎名慶治/RABBIT-MAN from LIVE 2017「RABBIT "6" MAN -Welcome back-」

椎名慶治:でも総選挙やりましょうか? 椎名の手が好きとか、足が好きとか、目が好きとか、パーツの総選挙(笑)。ま、そんな感じでシングルじゃなくミニアルバムばかり出していたんですけど、逆に今シングルを出したら新鮮に感じてもらえるだろうし、前のベストアルバムのツアーのライブDVDを付けてもらって「そのDVDと新しい曲が入っているという椎名慶治のアイテムとして出せるんだったら、僕は良いと思うんですけど」と言ったら、すごく頑張ってくれてその形で出せるようになったので、嬉しかったですね。

--椎名さんが仰る通り、世間的にCDシングルの価値は薄れてきている訳ですけど、この「凹凸」という曲は絶対的にシングルじゃないですか。こういう曲を久しく聴いていなかった気がします。

椎名慶治:「秋口にバラードのシングル出しましょう!」と言われて作ったんですけど、ケツぶっ叩かれまくって「作んなきゃダメです!」と言われて泣きながら作った曲です(笑)。

--だから泣けるバラードになってるんですね(笑)。

椎名慶治:そうなんです! 僕が泣いてるから! すごくタイトな状況下で作ったんですけど、俺の右腕になってくれている共同プロデューサーの山口寛雄という、レコ大を2回獲っているコンポーザー。俺がぐうの音も出ないぐらい尊敬している人間がいるんですけど、そいつに相談することによって絶対に良い曲が出来る自信もあったから、実際に良い曲が出来たと思いますし、それに対して「良い歌を歌おう」とすごく意識してレコーディングしましたね。

--ソロになってからも良いチームに恵まれているんですね。

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー

椎名慶治:本当にそうなんですよ。しかもエンジニアも山口寛雄も野口圭もみんなSURFACEのときから一緒にやっているメンバーなので、あのときも凄いチームでやっていたんだなと思えますし。

--しかも今回はMVに物凄く可愛い女の子が出演されていて……

椎名慶治:可愛いでしょー? 俺の彼女だったらいいんですけどねぇ。そういう訳にはいかないんですけど(笑)、黛英里佳さんという『秘密のケンミンSHOW』の人気ドラマ「辞令は突然に…」で東はるみ役を演じられている方で。僕はそれで知ったんですけど、本人に会ったらまぁ可愛くて……イラッとしました。

--なんでですか?

椎名慶治:可愛い子と会うとイラッとするんですよ。自分のモノじゃないから(笑)。しかも俺の彼女役ですよ! 俺の手を引っ張って歩いてるんですよ! でもニセモノの恋人ですからね!

--なんか切なくなってきました(笑)。

椎名慶治:でも本当に人としても良い人で、何よりも演技が抜群で、カメラが回った瞬間に泣けちゃうし、怒ってくださいと言われれば怒れるし、本当に素晴らしい演技をしてくれて。もう黛英里佳さんの笑顔だけで成立するというか、5分間観てられるんですよ。だからちょいちょい自分が出てくる度に「もう邪魔! 邪魔!」と思って! だからすごく良いMVになったのは、黛英里佳さんのおかげです。助けられました。

--そのMVを観ながらも感じたんですが、今回の「凹凸」は椎名慶治の新たな代表曲になりそうですよね。

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー

椎名慶治:俺も「自分を代表する1曲になると思う」と言っていたんですよ。理由はハッキリ分かんないんですけど、なんかそんな気がするんですよね。今後、絶対必要になる曲。ここぞというときにイントロが流れてきたらお客さんが喜んでしまうような曲に絶対なっていくと思うので、大事にしていきます。僕も良い曲だと思っていますし、はるみの為にも!

--黛英里佳さんですね(笑)。さて、いよいよ来年は20周年です。どんな1年に出来たら良いなと思っていますか?

椎名慶治:11月11日にこのシングルがリリースされて、これを買うと歌詞カードのところにライブチケット先行の紙っぺらが入っているんですけれども、そこに記されているツアーの日付が来年の下半期なんですよ。それを見たときにファンはこう感じると思うんです。「椎名さん、このツアーの前にアルバム出すな」「5月が記念日だから5月に出すんじゃない?」とか全部バレるじゃないですか。でもウチのスタッフはそうやってバラしたかったと思うんですよね。期待を煽りたい。そうやって椎名慶治を忘れさせないようにする。で、あとは、来年の8月まではスケジュールが決まっているので、その先ですよね。その先に何が起こるのか? 20周年だから何かプラスアルファが出来るのか? そこはスタッフに任せます。「椎名さん、もう1回バラード出しましょうか」と言われたら従うし。ただ、いずれにしても「面白いな」と思う年には絶対にしたいと思いますね。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:杉岡祐樹

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー

椎名慶治/「凹凸」Short Ver. + Review
インタビュー写真

椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー 椎名慶治(ex.SURFACE)『凹凸』(よみ:おうとつ)インタビュー

椎名慶治「凹凸」

凹凸

2017/11/11 RELEASE
POCS-9172 ¥ 2,916(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.凹凸
  2. 02.チッ!
  3. 03.凹凸 (Instrumental)
  4. 04.チッ! (Instrumental)
Disc02
  1. 01.Escape velocity
  2. 02.5 my way
  3. 03.RABBIT-MAN
  4. 04.I Love Youのうた
  5. 05.はないちもんめ
  6. 06.僕等の中
  7. 07.MY LIFE IS MY LIFE
  8. 08.愛のファイア!
  9. 09.ゴゾウ☆ロック
  10. 10.駆け出しのヒーロー
  11. 11.よーいドン
  12. 12.取り調べマイセルフ

関連キーワード

TAG

凹凸
椎名慶治「凹凸」
2017/11/11
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
バードアイ
ジェットセットボーイズ「バードアイ」
2017/06/14
[CD]
¥3,996(税込)
購入画面へ
バードアイ
ジェットセットボーイズ「バードアイ」
2017/06/14
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
ココロのつぼみ
surface「ココロのつぼみ」
2006/03/08
[CD]
¥1,258(税込)
購入画面へ
FLY HIGH
surface「FLY HIGH」
2005/11/23
[CD]
¥1,258(税込)
購入画面へ
Re:START
surface「Re:START」
2005/10/05
[CD]
¥1,258(税込)
購入画面へ
フレーム
SURFACE「フレーム」
2004/10/27
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
フレーム
SURFACE「フレーム」
2004/10/27
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
WARM
SURFACE「WARM」
2003/07/16
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
WARM
SURFACE「WARM」
2003/07/16
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
SURFACE CLIPS 0304
SURFACE「SURFACE CLIPS 0304」
2003/07/16
[DVD]
¥4,320(税込)
購入画面へ
アイムファインセンキューアンジュー?
SURFACE「アイムファインセンキューアンジュー?」
2003/07/02
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
NEWS
SURFACE「NEWS」
2003/03/05
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
Face to Fate
SURFACE「Face to Fate」
2003/02/19
[DVD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
SURFACE CLIPS 0102
SURFACE「SURFACE CLIPS 0102」
2003/02/19
[DVD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
SURFACE「歌」
2002/07/31
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
SURFACE
SURFACE「SURFACE」
2001/12/19
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
as ever
SURFACE「as ever」
2001/11/21
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
ROOT
SURFACE「ROOT」
2001/06/27
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
その先にあるもの
SURFACE「その先にあるもの」
2001/05/23
[CD]
¥1,132(税込)
購入画面へ
Face to Fate
surface「Face to Fate」
2001/03/28
[DVD]
¥6,480(税込)
購入画面へ
Face to Fate
SURFACE「Face to Fate」
2001/03/14
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
5/about love
SURFACE「5/about love」
2001/03/14
[CD]
¥1,132(税込)
購入画面へ
SURFACE CLIPS 0102
SURFACE「SURFACE CLIPS 0102」
2000/11/15
[DVD]
¥5,966(税込)
購入画面へ
ボクハミタサレル
SURFACE「ボクハミタサレル」
2000/11/15
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
Fate
SURFACE「Fate」
2000/06/21
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
ゴーイングmy上へ
SURFACE「ゴーイングmy上へ」
2000/04/26
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
ヌイテル?
SURFACE「ヌイテル?」
2000/02/14
[CD]
¥1,049(税込)
購入画面へ
君の声で 君のすべてで...
SURFACE「君の声で 君のすべてで...」
1999/11/17
[CD]
¥1,258(税込)
購入画面へ
なあなあ/バランス
SURFACE「なあなあ/バランス」
1999/07/07
[CD Single]
¥1,049(税込)
購入画面へ
PHASE
SURFACE「PHASE」
1999/03/17
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
なにしてんの/Room
SURFACE「なにしてんの/Room」
1999/02/03
[CD Single]
¥1,049(税込)
購入画面へ
さぁ/線
SURFACE「さぁ/線」
1998/11/11
[CD Single]
¥1,049(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
かねてより親交の深い2組の対談インタビューがここに実現!
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
50歳を迎えたノエル・ギャラガーが、ソロ3作目で完成させたキャリア史上もっとも美しいアルバムの背景を紐解く
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
渡辺麻友のラストシングル『11月のアンクレット』。渡辺麻友、柏木由紀、向井地美音、小栗有以がその想いを語る。
T.O シングル『BURNING』インタビュー
T.O シングル『BURNING』インタビュー
従業員400名の会社を経営する青年実業家がDJシーンに殴り込む理由とは?
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
プログレCD専門店、カケハシ・レコードがレジェンド・バンドを解説。
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
飲み仲間であり盟友でもある二人に、これまでの歩みを訊く
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
黄金時代~再評価、そして変わりゆく変わらないグループの魅力。
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
彼らに訪れた試練と復活とは?

Chartsmore