Billboard JAPAN


Special Contents

野宮真貴、音楽とファッションを語る。 ~渋谷系のポップアイコンがファッション指南をするのはなぜ?



 気温もグッと下がり、冬の足音が大きくなってきたこの頃。元祖渋谷系の女王こと、野宮真貴の周辺が賑やかだ。先週、10月18日にはミニ・アルバム『野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。』をリリース。11月からは同作を引き下げたツアーがビルボードライブ大阪から開始する。

 また、今週10月25日には書籍『おしゃれはほどほどでいい~「最高の私」は「最少の努力」で作る~』が発売。こちらは、前作にあたる書籍『赤い口紅があればいいいつでもいちばん美人に見えるテクニック』(2016年)からわずか1年というショート・スパンで届けられたファッションの指南書となった。これまでにも音楽とファッションの両面で時代をリードし、ライブや作品のディテールにおしゃれのエッセンスを詰め込んできた野宮真貴。2017年のホリデイ・シーズンのスタートを切るような冬のツアーを前に、“音楽とファッション”のつながりという点から話を聞いた。

「バンドの中に1人はおしゃれな人っているんですよ」

――野宮さんは音楽とファッション、どっちが好きになるのは早かったんですか?

野宮:ファッションですかね。物心ついたころからの服の記憶は全部あります。でも、そのすぐ後に、当時の歌謡番組をテレビで観て、歌手の方々に憧れていましたね。もともと歌をうたうのが好きで、歌番組も好きだったので、よく真似して歌ったりしていました。当時のテレビの中の歌手は、最先端の衣装を着て歌っているわけだから、歌と洋服という自分の“二大好きなもの”が歌手という職業ならできるんだ、と思って子供の頃から憧れていました。

――今でこそミュージシャンの格好も多様化していますが、当時テレビに出ていた人たちは本当に流行の最先端の格好をしていたんですね。最先端の服を着て、当時としては最先端の歌を人前で歌を披露する。そういう姿が野宮さんのロールモデルになったんですね。

野宮:そうですね。ヘアメイクとかも素敵でした。

――そこから中学生の頃には、すっかりロック少女になっていたそうですね。

野宮:中学校に入ってからは、友達からビートルズのレコードを借りてすごくハマって、その後はグラム・ロックに行きました。もともと洋服も好きだったから、ビジュアルと音楽の両方がすてきなアーティストに憧れていたんですね。当時だったら、デヴィッド・ボウイとかTレックス、あとニューヨーク・ドールズもすごく好きでした。まだMTVとかも無かったので、動く姿を観たことはなかったですね。


▲New York Dolls - Personality Crisis

――グラム・ロックって、当時はおしゃれというより少しエキセントリックな存在として見られていたんじゃないですか?

野宮:そうですね。おしゃれとダサいの紙一重的な感じなんだけど、そういうキッチュな感じが自分のベースにはあるんですよね。だから今でも、本物のダイアモンドももちろん好きだけど、ガラス玉でもデザインが良ければ同じくらい好きって言えますね。

――ある意味、それって渋谷系的なセンスですよね。ピチカートファイブの音楽とかも、“本物”へのリスペクトはありつつも、どこかにあえて荒っぽい部分を残している感じがするというか、パンクな感じがします。

野宮:そういうスピリットみたいなものは実はあるんですよね。全然ロックっぽく見えないかも知れないけど、ロックな気持ちというか、魂みたいなものを秘めている感じはある。

――野宮さんも中学生の頃からロックな魂を秘めていた?

野宮:そうですね(笑)。グラム・ロックの後はハードロックが好きになって、高校生の頃はKISS、クイーン、エアロスミスっていうのが三大バンドでした。女子がやっとロックを聴き出した時期でしたね。中学生の頃はロックの話が出来る女子って学校に一人くらいしかいなかったんですけど、高校生になったら女性もロックを聴くようになって、若干アイドルっぽい扱いもありましたね。『ミュージック・ライフ』でも、その三バンドが特集されて、コンサートでもみんなが「キャー!」って言っちゃう、みたいな。

――なるほど。でも、クイーンとかはおしゃれとは言い辛いですよね?

野宮:クイーンもフレディ(・マーキュリー)とかは、やっぱりちょっと真似出来ないけど(笑)、ドラムのロジャー・テイラーはすごくおしゃれさんなんですよ。ハードロックやメタルでも、バンドの中に1人はおしゃれな人っているんですよ。エアロスミスだったらジョー・ペリーはおしゃれですよね。


▲New York Dolls - Personality Crisis

――じゃあ、自分が注目して真似するのはその人?

野宮:そうそう(笑)。その頃からは、自分も音楽を聴いているだけじゃなくて、やってみようっていう感じで、アマチュア・バンドとかを組んでいましたね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「音楽的にもファッション的にもすごく変化のあった時代」
  3. Next >

「音楽的にもファッション的にもすごく変化のあった時代」

――当時はどんな音楽をやっていたんですか?

野宮:ちょうど70年代から80年代に移るギリギリの頃で、音楽の流れもロックからニューウェーブに移っていく時期でした。その前から自分でも歌いたかったんですけど、声質的にハードロックって歌えなかったんですよね。シャウトとかも出来なかったし。でも、時代がニューウェーブに移行して、日本だったらプラスチックス、洋楽だったらB-52'sとかが出てきた。彼らは見た目もおしゃれでファッションもイケていて、私の中では、その前のロックが一瞬にして古臭いものになってしまったんです。自分も髪も刈り上げにして、服も全部変えました。音楽的にも、私が歌える音楽に巡り合ったと思いました。今思うと、そのことがすごく今の自分の基本になっていますね。

――今回、“音楽とファッションのつながり”の具体例ということで、ファッション面で影響を受けたミュージシャンや、ビジュアルも含めて好きなミュージックビデオを事前にリストアップして貰いました。

野宮:ちょうどニューウェーブの頃から、MTVとかも広がりはじめましたよね。中でも、プラスチックスにはすごく影響を受けました。メンバーにスタイリストの佐藤チカさんがいらっしゃって、すごく真似してましたね。彼女は本当におしゃれでした。あと、立花ハジメさんがグラフィックデザイナーだったみたいに、メンバーがミュージシャン以外の職業を持っているみたいなバンド自体のあり方もステキで。ミュージックビデオもどれを観てもおしゃれでした。

――そこから中学生の頃には、すっかりロック少女になっていたそうですね。

野宮:中学校に入ってからは、友達からビートルズのレコードを借りてすごくハマって、その後はグラム・ロックに行きました。もともと洋服も好きだったから、ビジュアルと音楽の両方がすてきなアーティストに憧れていたんですね。当時だったら、デヴィッド・ボウイとかTレックス、あとニューヨーク・ドールズもすごく好きでした。まだMTVとかも無かったので、動く姿を観たことはなかったですね。


▲The Plastics - Top Secret Man

――この曲はちょうど80年頃ですね。ご本人たちと面識は?

野宮:あります。81年に私もデビューして、何年か後に風船ガムのCMで歌をうたってテレビにも出ることになったんですけど、その時のスタイリストが佐藤チカさんでした。すごく感動しましたね。でも、チカさんとトシちゃん(中西俊夫)はご夫婦でロンドンに住んでいたから、その後はあまりお会いする機会はなくて。トシちゃんとは後々バンド(Plastic Sex)も一緒にやって仲良くもなったんだけど、私が尊敬し過ぎていて友達にはなれなかったですね。その頃に一回、東京でプラスチックスの再結成みたいな企画があって、チカさんともお会いしました。後は、ピチカート時代に雑誌で対談もしました。でも、会った回数自体はそんなに多くはないですね。

 プラスチックスは本当にピチカートの先輩っていう感じがあって、ワールド・ツアーも彼らの方が先でした。B-52'sとかトーキング・ヘッズとか、すごい人たちとツアーを回っていたんです。


▲The B-52's - Private Idaho

野宮:私達がワールド・ツアーに初めて行く前、ちょうどレコーディングでプラスチックスの「GOOD!」をカバーしていて、作曲者の立花ハジメさんにギターとコーラスで参加して貰いました。その時に一応、先輩に聞いておこうということで、「海外ツアーに行く時のアドバイス下さい」みたいなことを聞いたんです。その時、ハジメさんには「トランクの半分は日本食を持って行った方が良いよ」って言われました(笑)。実際にそうしましたけどね。

――なるほど(笑)。野宮さん個人にとっても、プラスチックスからの影響は本当に大きいんですね。他に“音楽とファッション”という点で印象的だった人はいますか?

野宮:今回「ミュージックビデオを選んで下さい」って言われた時に、色々と考えたんですけど、やっぱり良いなと思うのは、大体この時代のものなんです。音楽的にもファッション的にも、すごく変化のあった時代で、結局この辺が自分の一番好きなところなんだって改めて気が付きました。音楽的には打ち込み系で、歌もヘタウマというか、歌唱力ではなくセンスが命みたいな。

 一番分かりやすいところだと、ブロンディとかもそうですよね。デボラ・ハリーは、パンクっぽいけどファッションアイコンとしても注目していました。あとはあまり有名じゃないけど、フランスの80年代のテクノ・ポップの人たちもすごくおしゃれなんです。このElli and Jacnoっていう人たちも好きでしたね。


▲Elli and Jacno - Main dans la main

野宮:こういう世界観(笑)。男女ふたり組で、ミカドとかレ・リタ・ミツコとかもいましたよね。やっぱりファッションがおしゃれだなと思ったのはフランス、イギリスの人たちだったかな。

――他には、ゴールドフラップのミュージックビデオも選んで頂いていますね。

野宮:そうですね。彼女達は最近の人で、やっぱり男女のふたり組なんだけど、この曲はどこかグラムっぽいんです。ビデオもそうで、女の子も超グラムな格好をしていますね。大好きですね。曲も“打ち込みグラム”みたいな感じですよね。


▲Goldfrapp - Ooh La La

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「自分を決めちゃわないで、もっと楽しんで欲しい」
  3. Next >

「自分を決めちゃわないで、もっと楽しんで欲しい」

――改めてお話をうかがって、野宮さんのルーツやテイストが分かってきた気がします。ファッションに関して言えば、新作の『おしゃれはほどほどでいい』も発売されましたね。前作の『赤い口紅があればいい』(2016年)から非常に短いスパンで第二作が届けられたので驚きました。

野宮:『赤い口紅があればいい』を色んな女性に読んで貰えて、ジェーン・スーさんとトークショーも行ったんです。その時にスーさんは「おしゃれがそもそも分からない」って言っていて。私はおしゃれが大好きだから、それで悩むということが今まで全然なかったんです。コーディネートとかも、「これはこれと合わせたら良い」とか。すごく想像力が働いて。だから、スーさんに質問された時も「自分がすてきだと思う物を何でも着ちゃえば良いんですよ!」って答えたんです。そしたら「自分が何を好きかすら分からない」って返ってきて。それ以来、おしゃれが分からないっていう人に、どう説明したら良いかをずっと考えていたんですね。

 それで本にも書いたんですけど、私は料理が得意じゃないんです。料理の献立を考えることが洋服のコーディネートと同じようなものだとすると、献立ってどうしても想像力が働かない。同じような味つけのものばっかり出して、家族から笑われたり(笑)。だから、おしゃれが苦手な人と、料理が苦手な私の感覚や気持ちは同じなのかな、と考えるようになって。ちょうどそういう頃に、料理研究家の土井善晴さんの『一汁一菜でよいという提案』という本に出会ったんです。その本に「日常の家庭の食事は、具だくさん味噌汁とご飯とお漬物で良い」って書いてあるのを読んで、私自身も苦手意識から解放されて。やっぱり、いつも一汁三菜くらいは揃えないと、妻として母としてダメなんじゃないかなって勝手に思っていたんですね。

 そういう風に考えていくと、一汁一菜が食事の基本であるように、毎日のコーディネートも基本が分かれば、おしゃれが分からない人も、もっと楽になるんじゃないかなと思って。それで今回の本を書いたんです。おしゃれで悩んでいる人のために、前作よりももっと具体的に書いてみようと思ったんですね。前作が入門編だったとしたら、今回は実践編というか。

――指針になるものがなくて一人で悩んでいたり諦めていたりするとしたら辛いですよね。特に今のひとは、友達のような中の良い人との距離感でさえ難しいところがあるかも知れません。

野宮:どういう風に見られてるか? とかもすごく気にするしね。

――野宮さんはそういうのは子供の頃から気にしないんですか?

野宮:うん、ぜんぜん気にしないですね。人の目とかも気にしないし、自分の好きな格好をしちゃう。それは、うちの母親が「人と同じ格好をしなくて良い」っていう教育をしていた影響もあって。「ちょっと変」って思われるくらいが気持ち良いっていう感じでした(笑)。

――なるほど。では、今回のようなファッションの指南書と、アーティストとしての野宮さんの活動には、どのようなつながりがあるのでしょうか?

野宮:私にとって、ステージに“野宮真貴”として出ている時と、そうじゃない時って少し違うんです。歌の部分だと、私はシンガーソングライターじゃないから曲は書かない。でも、本は全部自分が書いているので、より“自分の作品”っていう感じがするんですね。

 そもそも、本を書こうと思ったのは、女性って年齢を重ねて、色んな嬉しくない変化がある中で、おしゃれを諦めたり音楽を聴かなくなって、ライブに行くことも減っちゃったりする。年を重ねることで、自分で自分を決めちゃうというか。「こんな派手な服は着れない」とか「ライブに行く歳じゃないし」とか。

 でも、私はそういう風に自分を決めちゃわないで、もっと楽しんで欲しいなと思うんです。「おしゃれはどのようにすればよいか分からない」という声や、「若い時は何でも似合うと思っていたのに、今は何を着ても似合わない感じがして、どうしていいいか分からない」っていう質問を、『赤い口紅~』を出版してからよくされるようになりました。でも、本当はちょっとしたことで、自分をよく見せることは出来るんです。そのために、私が持っているノウハウを提案して、女性が一歩踏み出せると良いなと思って本を書いているんですね。

 あと、最近はJINSさんと協力してリーディンググラス(老眼鏡)をプロデュースしたんです。歳をとって、いざ自分が使おうと思ったら、おしゃれなものが全然売ってなかったんですね。だから作っちゃいました(笑)。ブルーライト・カットが入っていて普通に掛けて使うタイプが3つと、折りたためてパーティー・バッグとかに入るタイプが1つ。パッケージにもこだわりました。こうやって、新たに使えるおしゃれなアイテムが増えると思えば、歳を取るのも怖くないかなと思って。

――大げさかも知れないですけど、音楽やパフォーマンスを通してステージからリスナーに“楽しさ”を届けている、ポップ・アイコンとしての野宮真貴と、形は違っても、役割意識としては同じ?

野宮:そうですね。赤い口紅を付けてみるだけでも、意識が変わると思うんです。みんな「そうしてみたいけど、きっかけがない」みたいなところもあるから。だから、本を読んで「なんだ、つけちゃえば良いんだ」とか「着ちゃえば良いんだ」って思って貰えれば嬉しいですね。私自身は、音楽がメインだからライブに来て欲しいし、ライブに来る時は、ちょっとおしゃれをして来て欲しい。そういう場を自分の日常の中にどんどん作っていくことが大事だと思うんですよね。


▲『野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。』アルバム・ダイジェスト・ムービー

野宮真貴「野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。」

野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。

2017/10/18 RELEASE
UICZ-4406 ¥ 2,800(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.雪やコンコ [feat.Smooth Ace]
  2. 02.Winter’s Tale ~冬物語~
  3. 03.ザ・ベル・ザット・クドゥント・ジングル
  4. 04.おもて寒いよね
  5. 05.ウィンター・コンサート
  6. 06.冬がはじまるよ
  7. 07.Fun Fun Christmas -Maki Nomiya’s Tiny Magic de Paris [Bonus Track]
  8. 08.MC [Bonus Track]
  9. 09.哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット) [Bonus Track]
  10. 10.Melody Fair [Bonus Track]
  11. 11.ラブ・スコール [Bonus Track]
  12. 12.夢みる渋谷 YOU MAKE SHIBUYA (盆踊りヴァージョン) [feat.カジヒデキ & 長谷部健 渋谷区長] [Bonus Track]
シングルス
PIZZICATO FIVE「シングルス」
2006/03/31
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
ピチカート・ファイヴ R.I.P.
PIZZICATO FIVE「ピチカート・ファイヴ R.I.P.」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
さ・え・ら ジャポン
PIZZICATO FIVE「さ・え・ら ジャポン」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
PIZZICATO FIVE
PIZZICATO FIVE「PIZZICATO FIVE」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
プレイボーイ・プレイガール
PIZZICATO FIVE「プレイボーイ・プレイガール」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ピチカート・ファイヴ JPN
PIZZICATO FIVE「ピチカート・ファイヴ JPN」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ハッピー・エンド・オブ・ザ・ワールド
PIZZICATO FIVE「ハッピー・エンド・オブ・ザ・ワールド」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ロマンティーク96
PIZZICATO FIVE「ロマンティーク96」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ピチカート・ファイヴ TYO
PIZZICATO FIVE「ピチカート・ファイヴ TYO」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
オーヴァードーズ
PIZZICATO FIVE「オーヴァードーズ」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ボサ・ノヴァ2001
PIZZICATO FIVE「ボサ・ノヴァ2001」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
インスタント・リプレイ
PIZZICATO FIVE「インスタント・リプレイ」
2006/03/31
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
さ・え・ら ジャポン
PIZZICATO FIVE「さ・え・ら ジャポン」
2001/01/01
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
readymade TV Vol.3
PIZZICATO FIVE「readymade TV Vol.3」
2000/11/22
[DVD]
¥4,860(税込)
購入画面へ
12月24日
PIZZICATO FIVE「12月24日」
2000/11/22
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
romantique 96
PIZZICATO FIVE「romantique 96」
2000/09/30
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
OVERDOSE
PIZZICATO FIVE「OVERDOSE」
2000/09/30
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
bossa nova 2001
PIZZICATO FIVE「bossa nova 2001」
2000/09/30
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
宇宙組曲
PIZZICATO FIVE「宇宙組曲」
1996/06/21
[CD]
¥1,888(税込)
購入画面へ
ベイビィ・ポータブル・ロック/悲しい歌
PIZZICATO FIVE「ベイビィ・ポータブル・ロック/悲しい歌」
1996/03/20
[CD Single]
¥1,049(税込)
購入画面へ
ROMANTIQUE ’96
PIZZICATO FIVE「ROMANTIQUE ’96」
1995/09/30
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
「ウゴウゴルーガ」音楽集
PIZZICATO FIVE「「ウゴウゴルーガ」音楽集」
1994/02/10
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ
EXPO 2001
PIZZICATO FIVE「EXPO 2001」
1993/11/01
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
スーヴニール2001
PIZZICATO FIVE「スーヴニール2001」
1993/07/01
[CD]
¥3,460(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
かねてより親交の深い2組の対談インタビューがここに実現!
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
50歳を迎えたノエル・ギャラガーが、ソロ3作目で完成させたキャリア史上もっとも美しいアルバムの背景を紐解く
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
渡辺麻友のラストシングル『11月のアンクレット』。渡辺麻友、柏木由紀、向井地美音、小栗有以がその想いを語る。
T.O シングル『BURNING』インタビュー
T.O シングル『BURNING』インタビュー
従業員400名の会社を経営する青年実業家がDJシーンに殴り込む理由とは?
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
プログレCD専門店、カケハシ・レコードがレジェンド・バンドを解説。
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
飲み仲間であり盟友でもある二人に、これまでの歩みを訊く
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
黄金時代~再評価、そして変わりゆく変わらないグループの魅力。
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
彼らに訪れた試練と復活とは?

Chartsmore