Billboard JAPAN


Special Contents

デニス・エドワーズ来日記念!ザ・テンプテーションズ特集~受け継がれるハーモニー、代表曲「マイ・ガール」と不朽の名曲たち&デニス本人が選んだプレイリスト公開

top

 ソウルフルなコーラス・グループの最高峰。そんな言葉が似合うグループを挙げるとなると、ザ・テンプテーションズの名前が真っ先に出てくるのではないだろうか。名門モータウン・レコードを舞台に「マイ・ガール」や「ゲット・レディ」といったヒット曲を量産し、フォー・トップスやスプリームス、ジャクソン5などと並んでドル箱スターの一組として大いに人気を得た。そしてメンバーチェンジを繰り返しながらも、現在もそのハーモニーは今の時代に受け継がれている。

CD
▲『ミート・ザ・
ザ・テンプテーションズ』

 ザ・テンプテーションズの結成は、幼馴染だったエディ・ケンドリックスとポール・ウィリアムスが教会で一緒に歌い始めたことがきっかけ。1950年代なかばからドゥー・ワップのコーラス・グループとしてライヴ活動をする機会が増え、 モータウン・レコードと契約することで、大きく飛躍することとなる。1961年に、エディとポールの他、オーティス・ウィリアムス、メルヴィン・フランクリン、エルブリッジ・ブライアントの5人でモータウンと契約しデビュー。しかししばらくはヒットに恵まれず、地道な活動を続けた。





CD
▲『イン・ア・
メロウ・ムード』

 1964年にエルブリッジが脱退し、デヴィッド・ラフィンが加入。それまでの看板的存在だったエディに加えてデヴィッドが主にリード・ヴォーカリストとしての役割を担うようになり、他のメンバーは厚みのあるコーラスに徹することになった。そんななかで発表されたのが、シングルの「My Girl / マイ・ガール」(1964年)だ。スモーキー・ロビンソンが楽曲を手がけ、5声を生かしたミディアム・ソウルは、瞬く間に全米で1位を獲得する。その後も「It's Growing / イッツ・グロウイング」(1965年)、「Since I Lost My Baby / シンス・アイ・ロスト・マイ・ベイビー」(1965年)、「Get Ready / ゲット・レディ」(1966年)などがヒット。一躍モータウンの看板アーテイストであり、ソウル・シーンのトップ・スターとしての地位を築いた。




 ザ・テンプテーションズの魅力といえば、そのコーラスワークであることに異論はないだろう。デヴィッドとエディのハイトーンを主体に、他の3人の卓越した中低域が心地よく、安心してそのハーモニーに身を委ねることができる。また、ドゥー・ワップをベースにしたリズム感やテクニックも抜群で、ブラックミュージックの粋が詰め込まれている。そして彼らの声を最大限に活かすことができたのは、素晴らしいソングライターに恵まれたからだろう。とくに初期のヒット・ナンバーを一手に引き受けたスモーキー・ロビンソンの功績は多大だ。

CD
▲『クラウド・ナイン』

 しかし、60年代も後半に入ると、音楽シーン自体が大きく変動。それまでのポップなものから、ファンクやサイケデリック・ロックなどが主流となる。ザ・テンプテーションズもその波に乗り、デヴィッドに代わってデニス・エドワーズが加入。また、この頃からノーマン・ホイットフィールドが作家やプロデューサーとしてフィーチャーされ始める。ファンク色の強い「Cloud Nine / クラウド・ナイン」(1968年)や「I Can't Get Next To You / 悲しいへだたり」(1969年)、ドリーミーな雰囲気で全米1位となった「Just My Imagination (Running Away With Me) / ジャスト・マイ・イマジネーション」(1971年)などの新しいタイプのソウル・ナンバーが次々とヒット。

 そして、エディとポールが脱退し、デーモン・ハリスとリチャード・ストリートを迎えて制作した「Papa Was A Rollin' Stone / パパ・ワズ・ア・ローリン・ストーン」(1972年)で、3度目の全米No.1を獲得する。この曲は、インストゥルメンタル部分も重視したコンセプチュアルでプログレッシヴな楽曲で、シングルで7分弱、アルバムでは12分に及ぶ大作だった。このあたりもノーマン・ホイットフィールドの才気の表れであると同時に、ザ・テンプテーションズが柔軟に時代の空気を取り入れ、そこに流されず個性にしてしまえる度量の深さがあったことを象徴している。この曲だけでも、彼らがいかに稀有な存在なのかがよくわかるのではないだろうか。




 その後もいくつかのヒットを飛ばすが、1977年にはモータウンを離れてアトランティックに移籍。ただここは長く続かず、1980年には再びモータウンと再契約する。派手なヒット曲は影をひそめるが、リック・ジェームスをゲストに迎えた「Standing On The Top - Pt. 1 / スタンディング・オン・ザ・ トップ」(1982年)や、アリ・オリ・ウッドソンをメンバーに迎えてからの代表曲「Treat Her Like A Lady / トリート・ハー・ライク・ア・レディー」(1984年)など、佳曲を発表。90年代以降も現在に至るまで、節目でシングルやアルバムをリリース。ツアーも盛んに行い、メンバーチェンジを重ねながらも、今なお精力的に活動を続けている。




 このように歴史を振り返ると、ザ・テンプテーションズが歩んできた道のりは、そのまま新たなトライを続けたソウル・グループのお手本であったことがよくわかる。彼らの音楽が今も新鮮に聴こえるのは当然なのだ。まもなくビルボードライブにおいて来日公演が行われるが、ぜひともその唯一無二のコーラスワークを確かめてもらいたい。


 


デニス・エドワーズが選ぶ「お気に入りのソウル&ファンクソング」20曲


テンプテーションズ「ベスト・オブ・テンプテーションズ」

ベスト・オブ・テンプテーションズ

2016/06/08 RELEASE
UICY-77791 ¥ 1,500(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ザ・ウェイ・ユー・ドゥ
  2. 02.マイ・ガール
  3. 03.イッツ・グロウイング
  4. 04.シンス・アイ・ロスト・マイ・ベイビー
  5. 05.ドント・ルック・バック
  6. 06.ゲット・レディ
  7. 07.エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ
  8. 08.アイム・ルージング・ユー
  9. 09.ユアー・マイ・エヴリシング
  10. 10.雨に願いを
  11. 11.クラウド・ナイン
  12. 12.悲しいへだたり
  13. 13.ボール・オブ・コンフュージョン
  14. 14.ジャスト・マイ・イマジネーション
  15. 15.パパ・ウォズ・ア・ローリン・ストーン
  16. 16.シェイキー・グラウンド
  17. 17.トリート・ハー・ライク・ア・レイディ
  18. 18.ステイ

関連キーワード

TAG

サムシング・モア
エディ・ケンドリックス「サムシング・モア」
2017/03/11
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ベスト・オブ・テンプテーションズ
テンプテーションズ「ベスト・オブ・テンプテーションズ」
2016/06/08
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
タッチ・ミー
テンプテーションズ「タッチ・ミー」
2015/08/05
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ア・ソング・フォー・ユー
テンプテーションズ「ア・ソング・フォー・ユー」
2015/08/05
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
イン・ア・メロウ・ムード
テンプテーションズ「イン・ア・メロウ・ムード」
2015/08/05
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ゲッティン・レディ +2
テンプテーションズ「ゲッティン・レディ +2」
2015/08/05
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
クラウド・ナイン
テンプテーションズ「クラウド・ナイン」
2014/10/22
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
雨に願いを
テンプテーションズ「雨に願いを」
2014/10/22
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ラヴ・キーズ
エディ・ケンドリックス「ラヴ・キーズ」
2014/08/06
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
トゥルーリー・フォー・ユー
テンプテーションズ「トゥルーリー・フォー・ユー」
2013/04/24
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
リユニオン
テンプテーションズ「リユニオン」
2013/03/27
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
ベア・バック
テンプテーションズ「ベア・バック」
2013/03/20
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
オール・ディレクションズ
ザ・テンプテーションズ「オール・ディレクションズ」
2012/09/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
スカイズ・ザ・リミット
ザ・テンプテーションズ「スカイズ・ザ・リミット」
2012/09/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
クラウド・ナイン
ザ・テンプテーションズ「クラウド・ナイン」
2012/09/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

スペンサー・ウィギンス初来日記念特集&思い出ソングのプレイリストを公開!
スペンサー・ウィギンス初来日記念特集&思い出ソングのプレイリストを公開!
“サザン・ソウルの秘宝”スペンサー・ウィギンスが奇跡の来日!鈴木啓志氏が軌跡を辿る。
ジャズの帝王マイルス・デイヴィスの甥ヴィンス・ウィルバーン・Jr.にインタビュー
ジャズの帝王マイルス・デイヴィスの甥ヴィンス・ウィルバーン・Jr.にインタビュー
ヴィンス・ウィルバーン・Jr.のインタビューと、バンドメンバー厳選のジャズプレイリストを公開
小室哲哉『JOBS#1』インタビュー(Billboard JAPAN×RakutenMusic/楽天ブックス)
小室哲哉『JOBS#1』インタビュー(Billboard JAPAN×RakutenMusic/楽天ブックス)
小室哲哉、2017年春の音楽論。
モーニング娘。'17(小田さくら単独/加賀楓&横山玲奈)『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』インタビュー
モーニング娘。'17(小田さくら単独/加賀楓&横山玲奈)『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』インタビュー
小田さくら「その歴史を守らないで何がモーニング娘。だ!」加賀楓&横山玲奈「モーニング娘。を引っ張っていける存在に―――」
マイケル・キワヌーカ 来日直前インタビュー
マイケル・キワヌーカ 来日直前インタビュー
「詞やサウンドの変化は、僕の新たな面だと受け止めてもらえれば」
SPRING FRESHNESS~フレッシュな才能たちによる今春注目の来日公演をピックアップ
SPRING FRESHNESS~フレッシュな才能たちによる今春注目の来日公演をピックアップ
マイケル・キワヌーカ/デヴェンドラ・バンハート/L.A.サラーミ/ユセフ・カマール
japan(finds) vol.14:Stephen Bishop
japan(finds) vol.14:Stephen Bishop
スティーヴン・ビショップが選ぶ”日本人に聴かせたいお気に入りの作品”とは?
NPG来日&プリンス楽曲ストリーミング解禁記念!思い出のプリンス・ソングをプレイバック
NPG来日&プリンス楽曲ストリーミング解禁記念!思い出のプリンス・ソングをプレイバック
西寺郷太/沼澤尚/内本順一/丸屋九兵衛 参加!

Chartsmore