Billboard JAPAN


Special Contents

アレも、コレも、全部1,000円!お正月に聴きたい名盤21枚+1 ソニーミュージック「ヨーガクトクセン」特集

“THE YEAR of AOR

 ソニーミュージックの超お買い得な洋楽シリーズ「ヨーガクトクセン」が12月21日に一斉にリリースされた。グラミー賞で最優秀レコードを受賞した「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」を含むマーク・ロンソンの最新アルバム『アップタウン・スペシャル』など最新のヒット・アルバムから、先日ノーベル文学賞を受賞して世界中で話題となったボブ・ディランの『ブロンド・オン・ブロンド』など歴史的な名盤まで、ジャンルを問わず洋楽ヒット・アルバム100タイトルがすべて1000円!10枚買っても1万円!
年末年始に改めて聴きなおすのにうってつけ「ヨーガクトクセン」だが、100タイトルもあるがゆえ、「何を買ったらいいのか迷っちゃう!」そんな方のために、お正月の過ごし方に合わせた7つのテーマで3枚ずつピックアップした。

祝・ノーベル文学賞受賞!お正月はボブ・ディランの名盤をじっくり。

 2016年の音楽シーンで最も大きなトピックとなったのは、やはりボブ・ディランのノーベル文学賞受賞。名作が1枚1000円とはうれしい限り。ファンはもちろん、今回の受賞によってボブ・ディランに興味を持った人も、お正月は”偉大なる米国音楽の伝統の中に、新たな詩的表現を創造した”ボブ・ディランの豊かな詩世界に触れる絶好の機会。是非聴いてみてはいかがだろう。


CD

『追憶のハイウェイ61』
ボブ・ディラン

(SICP-5270)
詳細・購入はこちらから>>

(1965年作品)約6分にわたる長尺の曲ながら、ディランにとって初の全米トップ10入り(全米2位)を果たし、彼の代表曲となった「ライク・ア・ローリング・ストーン」を収録。時代の変革をヴィヴィッドな感性で捉え、アーティストとしてのアイデンティティを確立したといわれ、激動の60年代を象徴するようなロックの名盤である。録音にはアル・クーパー(オルガン)、マイク・ブルームフィールド(ギター)らが参加している。全米3位/全英4位を記録。


CD

『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』
ボブ・ディラン

(SICP-5271)
詳細・購入はこちらから>>

(1965年作品)初めてエレクトリック・サウンドを取り入れた5作目。全米チャートで初めてトップ10入り(全米6位/全英1位)した作品であるとともに、“フォーク・ロック”という新たなジャンルを確立した作品といわれ、ロック史に残る重要作である。代表曲のひとつである「ミスター・タンブリン・マン」はバーズによってカバーされて、全米シングル・チャート1位を記録した。次作『追憶のハイウェイ61』につながると同時に、60年代後半の激動期の幕開けを印象付けた歴史的な名盤。


CD

『ブロンド・オン・ブロンド』
ボブ・ディラン

(SICP-5272)
詳細・購入はこちらから>>

(1966年作品)ロック史上初の2枚組アルバム(約71分収録)として発表された通算7作目。全米9位/全英3位を記録。詩人とロックンローラー、2つの個性が見事に融合され、ディランの長いキャリアの中でも最高傑作との呼び声も高い作品。LP片面すべてを使った「ローランドの悲しい目の乙女」など、クリエイティヴィティ溢れる意欲的な試みが随所に見られ、後に活動を共にするザ・バンドの面々も本作から参加している。60年代のロック史を代表する名盤である。

正月は家でゆっくり・・・シンガーソングライターの歴史的名盤に浸るならこの3枚

 お正月くらい、街の喧騒を離れ家でゆっくり過ごしたい・・・そんなあなたにはこの3枚。3枚買っても3000円だし、ちょっといいスピーカーでも買って、じっくりと歌声とメロディに浸ってみるものいいかもしれない。こたつでみかんを食べながら、暖炉の前でワインでも飲みながら、たまにまどろんだり・・・贅沢なお正月になるに違いない。


CD

『時の流れに』
ポール・サイモン

(SICP-5275)
詳細・購入はこちらから>>

(1975年作品) スティーヴ・ガッド(ds)、マイケル・ブレッカー(ts)、ボブ・ジェイムス(key)、リチャード・ティー(p)らジャズ系のスタジオ・ミュージシャンを多数起用して制作された5枚目のソロ・アルバム(全米アルバムNo.1を獲得)。フィル・ラモーンが共同プロデュース。「昔の恋人に偶然出逢い・・・」と歌う表題曲は実際に観た映画にインスパイアされ書かれたもの。サイモン&ガーファンクルを解散してから久しぶりにアート・ガーファンクルとデュエットした「マイ・リトル・タウン」が先行シングル・カットされ、全米9位を記録。他にシングル「恋人と別れる50の方法」は全米1位を獲得した。翌年のグラミー賞で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」など2部門を獲得した。


CD

『イノセント・マン』
ビリー・ジョエル

(SICP-5250)
詳細・購入はこちらから>>

(1983年作品) オールディーズやモータウンのエッセンスを散りばめた、50~60年代のアメリカン・ポップス黄金時代を再現して大ヒット!1949年生まれのビリー・ジョエルが育ったNY周辺のシンガーやコーラス・グループへのオマージュをコンセプトにした、キャッチーでメロディアスな楽しいアルバム。全米No.1ヒット「あの娘にアタック」、フォー・シーズンズ風の「アップタウン・ガール」(全米3位)、ドゥーワップ調のアカペラ・ナンバー「ロンゲスト・タイム」など6曲がシングル・カット。全米アルバム・チャート4位/全英2位/日本でも3位まで上昇した、80年代ポップス史に輝く人気作。プラチナ・アルバム獲得。


CD

『愛の回想録』
ジャニス・イアン

(SICP-5268)
詳細・購入はこちらから>>

(1975年作品) 弱冠15歳でデビューした早熟な天才少女が、紆余曲折を経て24歳の時にリリースした7作目で、全米アルバム・チャート1位を獲得。私小説のような内省的な歌詞、ジャズやボサノヴァの要素を取り入れたアレンジ、室内楽を思わせる静かなアンサンブルに心が洗われるような作品。自身の経験をもとにしたとされる「17才の頃」は、全米シングル・チャート3位の大ヒットになった他、最近でも携帯電話のテレビCMで使用されリバイバル・ヒットした。グラミー賞で最優秀女性ヴォーカル賞にも輝き、彼女の代表作といわれる。本作以降も「恋は盲目(ラヴ・イズ・ブラインド)」「ウィル・ユー・ダンス?」など大ヒットが続き、日本では高い人気を集めた。

2017年もテンション全開でスタート!正月からアゲていくならこの3枚

 寝正月なんてありえない!がっつりアゲていこう!というパリピには、4年連続で「世界で最も稼ぐDJ(年間約63億4,800万円)」に輝いた世界No.1 DJ、カルヴィン・ハリスと、世界のお祭り番長、ピットブル、そしてグラミー賞で2冠を達成した 今をときめくプロデューサー、マーク・ロンソンの代表作3枚を。鉄板ダンス・チューンで新年会を大いに盛り上げてくれるに違いないが、くれぐれもハメを外しすぎないように。


CD

『モーション』
カルヴィン・ハリス

(SICP-5213)
詳細・購入はこちらから>>

(2014年作品)名実ともに世界No.1 DJに君臨するカルヴィン・ハリス。世界各地の大型フェスでのDJ、リアーナやピットブルなど多くのアーティストのプロデュース、自身の名義でも「ウィ・ファウンド・ラヴ feat.リアーナ」などヒットを連発。米ビルボード誌から“ニュー・キング・オブ・ポップ”と称されるスーパースターに登りつめた。本作にも57カ国のiTunesでNo.1を獲得した大ヒット・アンセム「サマー」、全英No.1を獲得した「ブレイム」、前作同様エリー・ゴールディングをフィーチャーした「アウトサイド」などヒット曲満載。アルバムも日本を含む全世界55カ国のiTunesアルバム・チャートで1位を獲得している。ポップやバラード、ヒップ・ホップやロック調の曲もあり、彼の幅広い音楽性が窺える濃厚な作品に仕上がっている。


CD

『グローバル・ウォーミング~最強盤~』
ピットブル

(SICP-5242)
詳細・購入はこちらから>>

(2013年作品)単独来日ツアーは各地でソールド・アウトを記録し、特大のダンスフロアと化す熱狂のパフォーマンスを披露した、“お祭り番長”、“Mr.ワールドワイド”ことピットブル。2013年リリースの本作は、オリジナル盤に収録されていた「ドント・ストップ・ザ・パーティー」や「フィール・ディス・モーメント」、「バック・イン・タイム」(映画『メン・イン・ブラック 3』主題歌)などヒット曲に、新たにNo.1パーティー・ガール=KE$HAを迎えた「ティンバー」(全米1位)など新曲5曲を追加収録した最強盤!2016年はオリジナル・アルバムもリリースし、日本で再びでっかい祭りを開催してくれることを期待したい。


CD

『アップタウン・スペシャル』
マーク・ロンソン

(SICP-5200)
詳細・購入はこちらから>>

(2015年作品) 故エイミー・ワインハウスのプロデューサーとして一躍脚光を集め、その後もアデルやブルーノ・マーズなどのヒット曲を量産しながら、ポール・マッカートニーなど大御所のプロデュースまで手掛けるマーク・ロンソン。本作は世界中のミュージシャンたちから熱い視線を注がれる中、2015年初めにリリースしたシングル「アップタウン・ファンク」には、旧知のブルーノ・マーズをフィーチャー。ファンク・ミュージックの熱気を現代によみがえらせ、全米シングル・チャートで14週連続1位を記録するメガ・ヒットとなり、2016年のグラミー賞では「年間最優秀レコード賞」を含む2冠を達成した。

2017年もブーム継続!お正月ディスコならこの3枚

 昨今のディスコ・ブームは衰えることなく、2017年も継続しそうだ。「ファミリー・ディスコ」も盛況となっているシーンで、ピッタリのアルバムをご用意。オトナなディスコ世代から、その血を受け継ぐ子供たちまで、お正月は家族や友達みんなで2017年の踊り初めを飾ってみては?


CD

『黙示録』
アース・ウインド&ファイアー

(SICP-5281)
詳細・購入はこちらから>>

(1979年作品) 「セプテンバー」で確立したディスコ・スタイルに磨きをかけつつ、デヴィッド・フォスターら気鋭の若手作家の力を借りアダルト・コンテンポラリー(AOR)に接近したポップなアルバム。全米アルバム・チャート3位を記録。ブラスの華やかなアレンジが気分を高揚させる「石の刻印」から始まり、アル・マッケイのカッティング・ギターが冴えわたる「旋風の使者」など勢いを感じさせるナンバーが続く。レーベル・メイトの女性グループ、エモーションズを招いた「ブギー・ワンダーランド」はディスコ全盛期を象徴するダンス・クラシック。デヴィッド・フォスター作の至極のバラード「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」(全米2位)も収録。


CD

『グレイテスト・ヒッツ』
レイ・パーカーJr.

(SICP-5282)
詳細・購入はこちらから>>

(2011年作品) 幼い頃からギターの腕前を見込まれ、地元モータウンのセッションに参加するほどだった。17才の時にスティーヴィー・ワンダーのバックバンド、ワンダーラヴに抜擢され、名作『トーキング・ブック』のレコーディングにも参加し、音楽関係者の間で一躍その名が知れわたる。その後活動の拠点をLAに移し、数々のセッションを経験し、1978年に自身のグループ、レイディオを率いてデビューを果たす。「ジャック&ジル」「ウーマン・ニーズ・ラヴ」などメロウなブラック・コンテンポラリー~AOR的なヒットを量産。1984年の映画『ゴーストバスターズ』の主題歌は3週連続全米1位を獲得し、80年代を代表するヒット曲になった。2016年は映画『ゴーストバスターズ』のリメイク版が公開され、プレミア上映&レッドカーペットイベントに登場した。2017年3月には来日公演も決定している。


CD

『ディスコ・ナイツ』
V.A

(SICP-5285)
詳細・購入はこちらから>>

 「ディスコ・ナンバーといってもどれから聴いたらいいか分からない!」という方は、まずこの1枚を聴けば大丈夫。70年代~80年代のディスコ全盛時代に一世を風靡したダンス・クラシックスをたっぷり収録した捨て曲なしのお買い得盤。1978年のEW&Fの代表曲「セプテンバー」、TOTOの面々を従えたシェリル・リンのデビュー・ヒット「ガット・トゥ・ビー・リアル」、フィリー・ソウルの雄、オージェイズ全米3位のヒット曲「裏切り者のテーマ」、現在でもダンスフロアを揺らす定番中の定番「リライト・マイ・ファイヤー/ダン・ハートマン」など、いずれ劣らぬ人気曲ばかりを集めた「間違いない」ディスコ・コンピレーション。往年のディスコ・ラバーも、ディスコ初心者も楽しめる日本独自企画盤。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. まだまだ続く、お正月セレクション!
  3. Next >
女子だらけの新年会には胸キュンなこの3枚

 「普段はなかなか予定が合わないけど、お正月は毎年みんなで集まるの」なんていう女子会にはこの3枚がドンピシャ。90年代、00年代、そして10年代のアイドル・グループの名盤、ベスト盤が1000円で。人気絶頂を経て、メンバーの脱退、解散、再結成・・・どのグループにもドラマがあり、そのドラマを見守ってきたファンがいる。黄色い歓声を上げ、胸をキュンキュンさせながら見ていた、聴いていたあの頃の思い出話に大いに華が咲くに違いない。


CD

『ミレニアム』
バックストリート・ボーイズ

(SICP-5270)
詳細・購入はこちらから>>

(1999年作品) バックストリート・ボーイズ最大のヒット「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」を収録した3作目。BSBの人気が絶頂に達しようとする時期の本作は、1999年5月にリリースされ、全米アルバム・チャート10週連続1位を記録するなど社会現象となり、年内に売上げ1000万枚を突破(現在は5000万枚)。“1999年アメリカで最も売れたアルバム”と認定される。またこの年は『MTVビデオ・ミュージック・アウォーズ』を始め世界各国のアワードを受賞している。日本でもドラマ『彼女たちの時代』の挿入歌として使用され大ヒットを記録。他にも「ラージャー・ザン・ライフ」、「ザ・ワン」がシングル・カットされた。現在もポップ・シーンで活躍するマックス・マーティンが全面プロデュース。


CD

『ミッドナイト・メモリーズ』
ワン・ダイレクション

(SICP-5201)
詳細・購入はこちらから>>

(2013年作品) 英・オーディション番組『Xファクター』から誕生した、21世紀最大の人気を誇るグループ、ワン・ダイレクションの3作目。史上初めて、デビュー作から3作連続して全米チャート初登場1位を記録したグループとなると同時に、世界31カ国でもNo.1を獲得している。彼らのツアーに密着した映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』のメイン・トラックにもなった「ベスト・ソング・エヴァー」が先行シングル・カットされ、全英・全米共に2位まで上昇。続くシングル「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」(全英2位・全米6位)は、日本では「ドコモの学割」のテレビCMに使用され、本人たちも出演して話題を呼んだ。「ハッピリー」は映画『好きっていいなよ。』主題歌に使用された。


CD

『ネヴァー・フォゲット』
テイク・ザット

(SICP-5272)
詳細・購入はこちらから>>

(2005年作品) 英・マンチェスター出身の5人組ボーイズ・グループ。ゲイリー・バーロウやロビー・ウィリアムスらが在籍し、8曲の全英No.1ヒットを放つなど、90年代を代表するUKポップ・アイドルとして一時代を築いた。1992年に「イット・オンリー・テイクス・ア・ミニット」(全英7位)から火が着き、「プレイ」、「リライト・マイ・ファイア」、「ベイブ」(1993年)、「エヴリシング・チェンジズ」(1994年)の4曲が連続して全英チャート1位を記録。1995年に「バック・フォー・グッド」(全米7位)でアメリカ進出を果たすが、1996年にグループの解散を表明した。2005年にリリースしたこのベスト盤も、本国ではミリオン・セラーを記録。

合わせるのは日本酒?ワイン?素敵なハーモニーに酔うならこの3枚

 伝統的な和風おせちから、洋風おせち、スイーツおせち、お肉おせちといった変わり種まで、お正月の「おせち」も多様化している。色とりどりのおせちを、日本酒、ワイン、シャンパン、カクテル・・・それぞれにあったお酒とともに楽しむのもまた贅沢なひととき。食卓に華を添える美しくも高揚感溢れるハーモニーとともに、ほろ酔いな新年を迎えてみてはいかがだろう。ただし、くれぐれも飲みすぎにはご注意を。


CD

『PTX Vols. 1 & 2(ジャパン・エディション)』
ペンタトニックス

(SICP-5204)
詳細・購入はこちらから>>

(2014年作品) 異次元のクオリティでこれが全部“声”だけ!?耳を疑うほどの音楽体験を提供し、今もっとも勢いのある新時代のアカペラ・コーラス・グループ=ペンタトニックスの日本デビュー盤。このアルバムは、本国でリリースされていた2枚のEPに加え、デジタルだけで配信されていた楽曲や初公開曲などを網羅した初期ペンタトニックスのすべてがわかる日本独自の最強盤。ネット上で話題を呼んだ「ダフト・パンク・メドレー」を筆頭に、ニッキー・ミナージュの「スターシップス」など最新ポップを大胆にアカペラ・カヴァーしている。最近ではテレビCMにも登場し、さらに認知を広げている。


CD

『グリー 踊る♪合唱部!?〈シーズン1〉Vol.1』
グリー・キャスト

(SICP-5206)
詳細・購入はこちらから>>

2009年に全米で放送を開始して以来、テレビと音楽というエンターテイメントの世界を完全制覇!全世界でヒットを記録している米TVドラマ『glee/グリー 踊る♪合唱部!?』。『グリー』は、片田舎の高校の合唱部を舞台にした青春感動ストーリー。ブロードウェイで活躍する歌って踊れる実力派キャストが、「ドント・ストップ・ビリーヴィン」(ジャーニー)など毎回ストーリーとシンクロした新旧のヒット曲を熱唱。このカヴァー音源をサウンドトラックに収録している。2010年のゴールデングローブ賞で作品賞受賞、エミー賞では最多20部門ノミネートし4部門受賞し、サントラ盤も爆発的なヒットを記録した。


CD

『ドリーム・ガールズ』
オリジナル・サウンドトラック

(SICP-5235)
詳細・購入はこちらから>>

(2006年作品) 華やかなエンターテインメントの世界の栄光と挫折、友情を描き、1981年にNY・ブロードウェイで大ヒットしたミュージカルの傑作を、2006年に映画版でリメイク。現代最高のディーヴァ、ビヨンセと、『Ray/レイ』でアカデミー主演男優賞に輝いたジェイミー・フォックスらスーパースターに加え、この映画がデビュー作にもかかわらず見事アカデミー助演女優賞を受賞した新人ジェニファー・ハドソンなどが出演。ジェニファー・ハドソン演じるエフィの十八番「アンド・アイ・アム・テリング・ユー~」の熱唱や、ビヨンセが歌いヒットした「リッスン」など、ミュージカル映画史に残る珠玉の20曲を収録している。

初日の出ドライブをクールにキメるならこの3枚

 彼女や友達と一緒に初日の出を見にいく途中のドライブ・ミュージックを選ぶならこの3枚。2016年に来日ツアーを行ったり、再結成を果たしたりと、ヒップホップ・R&Bシーンに話題を振りまいてくれたレジェンドの名曲の数々は、徐々に白み始め、美しいグラデーションを描く空の下を颯爽と走るドライブをクールに演出してくれるに違いない。


CD

『ブラック・メサイア』
ディアンジェロ&ザ・ヴァンガーズ

(SICP-5244)
詳細・購入はこちらから>>

(2014年作品) 2000年にアルバム『ヴ―ドゥー』をリリースし、ヒップホップ/R&B/ジャズを革命的なスタイルで再構築し、“ネオ・ソウル”ムーヴメントの中心的人物として名を馳せたディアンジェロ。本作は『ヴ―ドゥー』から14年ぶりのリリースとして“事件”とまでいわれた注目作。ファーガソン事件など人種問題で揺れる真っ只中に突如リリースされ、全米5位を記録。クリス・デイヴ(ds)やピノ・パラディーノ(b)など旬の実力派ミュージシャンたちが脇を固め、レコーディングからミキシングなどすべての作業をアナログな手法で制作されたという。翌2015年夏には、デビュー20周年目にして、前述の実力派ミュージシャンを率いて初の来日公演(サマーソニック'15)を実現。2016年も再び来日ツアーを行い、その圧倒的なパフォーマンスで当時のファンから若い世代をも惹き込んだ。


CD

『ロウ・エンド・セオリー』
ア・トライブ・コールド・クエスト

(SICP-5245)
詳細・購入はこちらから>>

(1991年作品) NY出身のMC:Qティップ、ファイフ・ドーグ、ファイフに、DJのアリ・シャヒードの4人で、1988年に結成。ジャングル・ブラザーズやデ・ラ・ソウルらと共に「ネイティブ・タン」と呼ばれ、“ニュー・スクール”というヒップホップの新たな潮流を生み出した、90年代のヒップホップ黄金時代を代表するユニット。生音と重低音にこだわった“ジャジー・ヒップホップ”路線を打ち出し、ジャンルを超え多くの支持を集めた。名盤1stアルバムが25周年を迎えた2016年、ファイフが45歳の若さでこの世を去ったが、生前にレコーディングしていた最新アルバムをリリース。本国のTV番組でパフォーマンスを行いファンの胸を熱くさせた。本作は1991年リリースの2ndアルバムで、リリースから四半世紀を経た現在でも、色褪せることのない真のクラシック・アルバムだ。


CD

『グレイテスト・20イヤーズ・ヒッツ』
TLC

(SICP-5236)
詳細・購入はこちらから>>

(2013年作品) T-ボズ、チリ、そして亡きレフト・アイの3人によるガールズR&Bグループの最高峰、TLC。1992年にデビュー。4枚のオリジナル・アルバムをリリースし、「クリープ」、「ウォーターフォールズ」、「ノー・スクラブズ」、「アンプリティ」の4曲の全米シングル・チャートNo.1を放ち、グラミー賞4部門を受賞している。このアルバムは、彼女たちのヒット曲を網羅したベスト。2002年、レフト・アイの不慮の事故死を乗り越え、現在も2人で活動を続け、2016年は久々の来日ツアーを行い、新曲もリリースしたのも記憶に新しい。現在制作中の最後のアルバムに世界から注目が集まっている。

おまけの1枚-2016年最後の衝撃…

CD

『メイク・イット・ビッグ』
ワム!

(SICP-5265)
詳細・購入はこちらから>>

クリスマスを終えたばかりの世界に衝撃をもたらしたジョージ・マイケルの訃報。ここまで7つのテーマに括って紹介してきたが、最後はやはりこれを紹介しないわけにはいかない。
学生時代からバンド仲間だったジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリーからなるロンドン出身のポップ・デュオ、ワム!のセカンド・アルバム。全英・全米共にNo.1に輝いた彼らの代表作にして、80’s洋楽を代表する1枚。「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」(全英・全米1位)、「ケアレス・ウィスパー」(全英・全米1位)、「フリーダム」(全英・全米3位)、「恋のかけひき」(全米1位・全英2位)とカットしたシングルがすべて大ヒットを記録した。
ジョージ・マイケルが残したこの名作を改めて聴きなおしたい。

ペンタトニックス(最強盤)
ペンタトニックス「ペンタトニックス(最強盤)」
2016/07/27
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
フォールン・エンジェルズ
ボブ・ディラン「フォールン・エンジェルズ」
2016/05/25
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
エレメンタリー
ワー・ワー・ワトソン レイ・パーカーJr. デヴィッド・T.ウォーカー ルイス・ジョンソン ウィリー・ウィークス ウィルトン・フェルダー ジェイムス・ジェマーソン ジョー・サンプル「エレメンタリー」
2016/04/27
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
時代は変る
ボブ・ディラン「時代は変る」
2015/12/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ボブ・ディラン
ボブ・ディラン「ボブ・ディラン」
2015/12/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
フリーホイーリン・ボブ・ディラン
ボブ・ディラン「フリーホイーリン・ボブ・ディラン」
2015/12/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
テンペスト
ボブ・ディラン「テンペスト」
2014/12/24
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
クリスマス・イン・ザ・ハート
ボブ・ディラン「クリスマス・イン・ザ・ハート」
2014/12/24
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
トゥゲザー・スルー・ライフ
ボブ・ディラン「トゥゲザー・スルー・ライフ」
2014/12/24
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
モダン・タイムズ
ボブ・ディラン「モダン・タイムズ」
2014/12/24
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
ラヴ・アンド・セフト
ボブ・ディラン「ラヴ・アンド・セフト」
2014/12/24
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
タイム・アウト・オブ・マインド
ボブ・ディラン「タイム・アウト・オブ・マインド」
2014/12/24
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
エンパイア・バーレスク
ボブ・ディラン「エンパイア・バーレスク」
2014/08/27
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
リアル・ライブ
ボブ・ディラン「リアル・ライブ」
2014/08/27
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
インフィデル
ボブ・ディラン「インフィデル」
2014/08/27
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
ショット・オブ・ラブ
ボブ・ディラン「ショット・オブ・ラブ」
2014/08/27
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
セイヴド
ボブ・ディラン「セイヴド」
2014/08/27
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
PTX VOLS.1&2[ジャパン・エディション]
ペンタトニックス「PTX VOLS.1&2[ジャパン・エディション]」
2014/07/30
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
激しい雨
ボブ・ディラン「激しい雨」
2014/04/23
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
欲望
ボブ・ディラン「欲望」
2014/04/23
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
地下室(ザ・ベースメント・テープス)
ボブ・ディラン「地下室(ザ・ベースメント・テープス)」
2014/04/23
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
血の轍
ボブ・ディラン「血の轍」
2014/04/23
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
偉大なる復活
ボブ・ディラン「偉大なる復活」
2014/04/23
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
プラネット・ウェイヴズ
ボブ・ディラン「プラネット・ウェイヴズ」
2014/04/23
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
ディラン
ボブ・ディラン「ディラン」
2014/04/23
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
ビリー・ザ・キッド
ボブ・ディラン「ビリー・ザ・キッド」
2014/04/23
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
ボブ・ディラン・グレーテスト・ヒット 第2集
ボブ・ディラン「ボブ・ディラン・グレーテスト・ヒット 第2集」
2014/04/23
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
新しい夜明け
ボブ・ディラン「新しい夜明け」
2014/04/23
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
セルフ・ポートレイト
ボブ・ディラン「セルフ・ポートレイト」
2014/04/23
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
THE X FACTOR ベスト
(V.A.) レオナ・ルイス ワン・ダイレクション オリー・マーズ JLS リトル・ミックス アレクサンドラ・バーク ジェームス・アーサー「THE X FACTOR ベスト」
2014/04/23
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン
ボブ・ディラン「アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン」
2014/03/26
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
時代は変る
ボブ・ディラン「時代は変る」
2014/03/26
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
フリーホィーリン
ボブ・ディラン「フリーホィーリン」
2014/03/26
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
ボブ・ディラン
ボブ・ディラン「ボブ・ディラン」
2014/03/26
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
サイド・トラックス
ボブ・ディラン「サイド・トラックス」
2014/03/26
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
ボブ・ディラン30周年記念コンサート
ボブ・ディラン「ボブ・ディラン30周年記念コンサート」
2014/03/26
[CD]
¥3,888(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

KAI TAKAHASHI(LUCKY TAPES)×KENTO(WONK) Billboard Live対談インタビュー
KAI TAKAHASHI(LUCKY TAPES)×KENTO(WONK) Billboard Live対談インタビュー
3月に初共演を果たす新世代2バンドのフロントマンが対談
映画『ラ・ラ・ランド』に出演、楽曲提供、エグゼクティブ・プロデューサーも務めるジョン・レジェンドの魅力に迫る
映画『ラ・ラ・ランド』に出演、楽曲提供、エグゼクティブ・プロデューサーも務めるジョン・レジェンドの魅力に迫る
音楽、映画、その他の幅広い領域で活躍するジョン・レジェンドとは
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
「BiSと言えば、プー・ルイとアヤだよね」って言われるようになりたい
チームしゃちほこ インタビュー
チームしゃちほこ インタビュー
“VICTORY YEAR”を振り返り
メンバーの卒業を経験し5人になって初めてリリースされる2ndアルバム『おわりとはじまり』について
『プリンスとパープル・レイン 音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏 』刊行記念特集
『プリンスとパープル・レイン 音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏 』刊行記念特集
映画『パープル・レイン』の謎に迫ったドキュメンタリー本が発売。その概要と魅力をDU BOOKSが語ってもらった。
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
祖母の死から紡がれた新曲「愛を両手に」完成
生命や宇宙を表現してきた20年―――
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
どんなにネガティブな声や視線にも怯まず、
バンドシーン全体を唸らせる存在になるまで―――
大塚 愛『私』インタビュー
大塚 愛『私』インタビュー
転職? もう辞める? 新たなスタンダードソング誕生!?
切実な状況を爆笑トークでお届けする新感覚インタビュー

Chartsmore